岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

2014年 皆様のご愛顧ありがとうございました!

2014年12月31日 | インフォメーション
大晦日の正午 まだまだキーパープロショップ岐阜店は全力で施工中です、
大勢のご来店とご予約を賜り心から御礼申し上げます。

クリスマス前の降雪でスタッドレスタイヤの販売は峠を越えましたが
逆に洗車・コーティングはその頃から集中が始まりました。
今日は総仕上げです。


1年を振り返ってみますと
タイヤ小売業という物販業は
その品質価値はほとんど製品にあり 
我々販売店が提供できる付加価値が「安売り」という不毛な消耗戦に
引きずられる傾向が鮮明になってまいりました。
もちろん「価格」のみが付加価値ではありませんが
消費増税・デフレといった経済環境は 車ユーザー様において
できるだけ出費を控えたいという傾向は 
ハイブリットカーや軽自動車の増加といった
現象に顕著に現われています。

一方で「モノ」を大切にしたい車をキレイにしたい思いは
現場で生み出される品質の上質さが認知され
お客様も満足 働く若者ももやりがいを感じる従業員満足が
ますます強まっている感じです。

タイヤは「使い捨ての消耗品」という一面が 価格競争の激化を生み
車美容業は「もったいない」という価値観の強まりで追い風を感じた1年でした。


この流れを読み取りながら
経営の事業継承と若返りをはかる
構造転換が進行しています、
これも皆様のお陰と感謝するばかりです。


新年がに皆様にとって希望に満ちた年でありますように祈念いたします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「キレイ」が続々「ツヤ」が艶々キーパープロショップ岐阜店!

2014年12月28日 | コーティングビジネス
年末を向かえて「洗車・コーティング専門店」はラストスパートに入りました!
大勢のお客様にご来店いただいています ありがとうございます。

今年はパート・アルバイトに女子力を増強して望んだ年末ですが
ハイブリットとしての専門店の相互補完関係も充分機能してみんなが
高山店長のコントロールの下で全力で取り組んでいます、
お陰で売上げも過去最高を大幅に更新する勢いです。
 

                                                     
開業から42ヶ月(3年半)を経過するキーパープロショップ岐阜店
どうやら誕生期を乗り越えてから成長期に入った感じです。
(開業後3年までの倒産率はものすごく高いのです)


当初 洗車・コーティング専門店という店が 
どういう店なのかなかなか認知されず 忍耐の時期を過ごしましたが
徐々に そこで創りだされる品質に大勢のお客様の支持が集まり
顧客層が厚く充実して来た結果であろうと思います。

顧客層が厚く充実し売上げ高が想定を越えて伸びてきたことは
経営的には「新規事業の開発に成功し成長の足がかりを掴んだ。」という評価になり
人が成長し店が成長し次は会社が成長するシーンを迎えることとなります。

核となる中心が固まったと判断できるので 
後は雪ダルマ式に転がって大きく育てるという局面に入ります。
開業からの詳細なデータを蓄積していますので
次の店の企画を根拠をもって立案できる強味を得ました。
まずはファイナンスに道筋をつける仕事が
新年から始まります。

ありがたいことの連鎖が始まりました!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

極上手洗い洗車で1年を締めくくりましょうキーパープロショップ岐阜店!

2014年12月25日 | コーティングビジネス
年末を迎えるとガソリンスタンドの洗車機前に長い行列ができていたのを覚えています。
まだ私どもが洗車・コーティングビジネスを志す前の風景でした。
迎春の準備として愛車にも締め飾りをつける前に
車を洗っておこうとする人たちでごった返していました、
おそらく今でも変わらずそういった人たちで年末のガソリンスタンドさんは大忙しでしょう。


一方で極上手洗い洗車を提供するキーパープロショップ岐阜店にも
極上手洗い洗車を求めて来店が途切れません、
洗車機を使った格安の洗車ではなく
1年の御礼にと キチンと隅々までキレイにして締めくくりたいと
考える方の根強い需要があるのです。

手軽な洗車機洗車からキーパープロショップ岐阜店の極上手洗い洗車を価値観に共鳴されて
ただのキレイでなく 正月前のキレイは少し特別なキレイを求められる心理です。
普段は並でも正月は特上寿司という心理と同じような感覚でしょう。
世の中を見渡すと そうした極上手洗い洗車を提供する洗車専門店というは少ない存在です。
少ないから需要がないのではありません 潜在しているからそうした需要が見えないのです。

世の中には人には見えないものが見える人がいます。
20年前に洗車機洗車では満足なさらない人たちの存在に気が付いた天才が
我が師匠とするキーパー技研(株)の谷社長です。
同じ風景を見て 私は「洗車機の洗車ビジネスが繁盛しているな」とその表面を見ただけでしたが
師匠は「みんなが違うもっとキレイにしたい人たちがきっといる」とその裏面を見られたのです。
人の見方とは違うから天才なのです もっといえば見ただけでなく
そういう需要層に提供する商品開発と そういう「場」としての洗車専門店を開発して
見事に潜在するマーケットを掘り起す事に成功され「キーパー」をゆるぎない
ブランドに育て上げられました。

                                                   



「日本に新しい洗車文化を」というキャッチフレーズは
キチンとした極上手洗い洗車を購入したい人たちの存在を意識したものです、
また極上手洗い洗車だけでなく付随する車内空間の清掃やガラス面の撥水加工 
メインメニューのクリスタルキーパーやダイヤモンドキーパー
洗車に10分の時間をプラスするだけで見違えるようにキレイになるピュアキーパーや 
他でコーティングされていてもそれを生かしてさらにキレイになるコーティングケアなどといった
「車のあらゆるキレイ」が実現できるメニューが揃っています。

それが洗車・コーティング専門店なのです。


半自動片持ち洗車機快洗ウイングで水を掛けられる施工中の車
まるで滝に打たれているかのようです。


禊払い=滝に打たれる=行者=六根清浄=ケガレが落ちる=身綺麗=迎春・・・極上手洗いの洗車専門店!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一陽来復 流れが切り替わる!

2014年12月23日 | 日記
一年で一番日の短い冬至に無病息災を願い「ゆず湯」をいただきました。
日が短くなる流れから 日が長くなる流れに切り替わりです、
陰の極みから一つの陽が始まるから「一陽来復」と呼ぶそうです。
易経から来た言葉らしく陰陽の調和が循環しながら巡るという思想は
易占いにも応用されています。

春が来て夏の盛りを過ぎ秋の気配を感じやがて極寒の冬に到る
その冬の極みに 雪ノ下にはやがて来る春を待つふきのとうが育ちつつある。
大自然の大いなる循環は 生き物に恵みを与えながら太古から同じように繰り返される、
その様を見て 易経にまとめた太古の人の観察力に感銘を覚えます。

一番日の短い冬至の頃が一番寒いわけでなく 時が進んだ大寒の頃に一番寒く
そのズレを「兆し」と「旬」と「名残り」にわけたのは
寒い凍土に種をまいても育たないから 何時蒔くのが良いのかを知るために
暦が発達したものらしい 先人の智恵は自然観察から学び取った深さがある。

現代人は 手軽に入手できる情報に頼るばかりで自ら考え学ぶ事を失っているようです。

何か変です!  そうですナットが逆に装着されています。
お話を伺うとご自分でタイヤ交換をされたそうですが・・・・・・。
1年に数回はこういったケースと遭遇します。
平面でなく60度の角度が付いたほうがホイールを締めこみます、
この場合は全て平面で締め付けています。


                                                    
平成元年(1989年)から始まったスモールタイヤ商売の流れと
平成二十三年(2011年)から始まった車美容業の流れが
お互いが協力しながらも上を目指す波と 下へ潜ろうとする波の流れがもつれ合っています。

別な言い方をすると「高齢化」するスモールタイヤ商売と
「少子化」の時代に若者が集まる車美容業が織り成す陰陽の調和が
経営のマネジメントです。
次に来るのは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「啐啄同時」という禅語があります。啐啄同時とは、鶏の雛が卵から産まれ出ようとするとき、殻の中から卵の殻をつついて音をたてます。これを「啐」と言います。そのとき、すかさず親鳥が外から殻をついばんで破る、これを「啄」と言います。そしてこの「啐」と「啄」が同時であってはじめて、殻が破れて雛が産まれるわけです。これを「啐啄同時」と言います。

このチャンスを待ちましょう!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「天気力」商売はありがたいなぁ~!

2014年12月22日 | 日記
スタッドレスタイヤが売れるのも雪が降るからで 
たくさん売ろうとチラシや宣伝をしなくても お客様はタイヤ屋を訪ねてきてくださる。

こんなありがたいことはありません。

雪が降ると 今度は雪解けの泥水で車が汚れて
お客様は洗車・コーティング専門店を尋ねて来られ 
洗車したり汚れがすばやく落ちるコーティングの施行をしてくださる。

こんなにありがたいことはありません。


みんなもちろん努力も頑張りもするけれど 「天気」というあたり前の事象に
どれほど恩恵を受けているか感じとることができれば
もっと素直にもっと謙虚になれるだろう。


素直になることができれば お客様の声なき声がどこからともなく聞こえてきて
大勢の人から信頼を寄せていただける。

雨の日も晴れの日も雪の日も あるがままでありがたいのである。
私心を無くせば 「あたり前のありがたさに包まれた世界」が見えてくる。
私心とは欲心ともいえる、 
「たくさん売ろう・もっと儲けよう」を先頭に立てた考え方だ。

もちろんそろばん勘定は商売の基本であるが
まずは天気を含めた他力に敬意をはらえば
自力の使い方が解かる気がする。

生きているから生かされているへ 
この観の転換が素直な人に起こる。


「にんげんだもの」
なかなかそうなれない自分と格闘するのも・・・・・と 相田ミツオさんはおっしゃった。

「イマージン」だもの
タイヤも洗車も 風まかせ雪まかせ天気まかせあるがままに!

                                                    


時は年末 ケガレを清め真っ白になって新年を向かえたい。
そんな気持ちにお応えできる環境が整っています!

真っ白な雪の世界へ行きたいをかなえるスタッドレスタイヤも揃っています!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加