岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

創業25周年前夜 ありがとうをどう伝えるかを考えてきました!

2014年06月30日 | 日記
4半世紀というと25年ですが 25年前は平成元年(1989年)です。
7月1日に小さなタイヤショップ ラ・タイヤーズイマージンを開業してから
私の商売人生はスタートしました。
お陰さまで明日25周年を迎えることが出来そうです。

イマージンのHPです。



タイヤとタイヤを扱う店を通して 大勢の人と知り合うことが出来ました。
ある人は大家さん ある人は同じ地域で生活する人 ある人は友人・知人
ある人はお客様 ある人は社員・スタッフ ある人はやめていく役目の人
ある人は死に別れの縁を  ある人は新たな家族として
ある人は仕入先 ある人は銀行関係者 ある人は同業者
ある人は批判者 ある人は賛同者 ある人は傍観者
ある人は師匠 ある人は反面教師 ある人は信仰者
ある人はブログの読者 
それぞれの役目で接していただいて
私の今があるわけです。
そうした人様や タイヤを筆頭としたモノや かかわる事の全てが
周囲に溢れている事に 気づかされた25年間です。



ありがたいことに触れたり気づいたりするうちに 
すぐ忘れてしまう自分がいることにも 思い至り
「ありがとう」を表現し残すことを考えてきました。


その無形的なことが タイヤを買っていただき外して「廃タイヤ」となり
産業廃棄物として扱われるタイヤを 洗って処分しようというタイヤの葬式です。
非生産的な行動ですが これを継続するうちに
「俺らっておそらく日本一タイヤを大事にしている」という
自信みたいなものが湧きあがりました。

5月6日をゴムの日として執り行う タイヤ感謝式も
無形的な表現です。 祭りです。


次に有形的なこととしてモニュメントの製作を依頼し
使い終わった道具に感謝を捧げました。





ある人は長年アルバイトとして働いていただきましたが・・・突然他界され。


またある人は 店を始めたら一緒に働こうと約束していましたが
その前にバイクの事故で・・・・長らく形見の十字レンチが役立ってくれました。




また大勢の若者が社員としてアルバイトとして働いてくれました。
小さな引き出しにはその時の名刺が入っています。




忘れっぽいうえ ありがとうを上手く伝えられなくて すぐ過信してしまう。
店といいつつ私の書斎でもあった創業店舗の中に
配置されています。


足元を見なさい・タイヤを見なさい 酷使されても無言で使命を果しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「タイヤ」と「キーパー」そして観葉植物!

2014年06月29日 | インフォメーション
日曜日 朝から天候が回復し洗車・コーティング専門店は
待ちわびたお客様が大挙ご来店です
店長のコントロールで淡々と作業が進みます。

混雑時にはご予約が便利ですが ご予約がなくてもバックアップ
(この時期閑なタイヤ専門店からすぐ施工応援が・・・全スタッフキーパー1級資格取得者です)
も整っていますので 予約がなくても充分対応出来る体制になっています。

店舗の人もモノも 主役も脇役も小道具もみんな 
お客様をお待ちしています。
いらっしゃいませ お待ちしておりました。
font>                                                   
専門店を構成する観葉植物も元気です。
「ボディーと会話しろ」・・・技術者の心得ですが
観葉植物もお客様をおもてなしする重要な役割りを果しています。
「観葉植物の声」もちゃんと聞いて 役割りを果せるようにしてあげる仕事も
大切なのです。
「水が欲しいです・根が詰まっています・少し肥料が欲しいかんじです・
アブラムシに攻撃されています・日差しが強すぎます」など
いろんなメッセージを発信してくれますから
状況に応じて ちゃんと手入れをすると観葉植物も喜んでくれて
店がなんとなく潤い華やかでそして質素でありながらも瑞々しいといった
演出に大きく貢献してくれています。

 





舞台裏はこのようになっています。










パンク検査の水槽が 土再生となっています。
昨年はプランターを作りすぎ その後始末が大変だったので
今年は少ないプランターでさりげなくするように方針を変更しました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ボディーと会話しろ」のキーパー技術者と「三角コーンと会話しろ」の寺子屋教育!

2014年06月28日 | コーティングビジネス
キーパープロショップに無償提供されるツールに
「100点ビデオ ボディーと会話しろ」というDVDがあります。
http://www.keepercoating.jp/corp/sensya/100.html


それを見ると作業手順や流れと共にポイントやコツを上手くまとめてありよく理解できて
自分の施工技術と照らし合わせて 施工がムラなく均一に高レベルでできる教材として
活用することができて キーパーコーティングの高評価につながっています。
「100点」という最高の動きが確認できて 
無駄な動きや 施工のムラ 手順の間違いなどがチェックできる優れものです。
DVDのネーミングがいいですね「ボディーと会話しろ」という文句は
施工技術者の心に響きます。

                                                   
若者をまずアルバイトとして雇用し 
会社の責任で2級資格を取得させてから
お客様の車の洗車に携わらせますが 
その資格を得るまではひたすら代車やデモカーで洗車技術を向上させます。

そして正式入社を望むのであればおよそ1年のアルバイト実務後
これも会社の責任・費用負担で1級資格に合格させ社員として正式雇用し
さらに実務を通じて洗車・コーティング技術を磨きます。
会社の負担はアルバイト人件費と資格試験費用やユニフォーム代が掛かります。

車美容業は若い業界ですので理容美容業のように美容学校があって
自分の費用で入学しある程度の技術を取得して
就職するというスタイルが確立されておりませんが
将来「車美容業」の社会的認知がすすみ 専門店数が増加すると
車美容学校も生まれる可能性も大きいと考えられます。


それまでは会社・店が基礎教育をしながら洗車技術者の養成を計ります。
実務に携わりながらの寺小屋教育です。

躾の第一歩が三角コーンの配置になります。

ちゃんとキチンとラインが通る並び方を求めます。
「三角コーンと会話しろ」なのです。
三角コーンは自分で並ぶ事はできません。
誰かがキチンと並べてあげて筋が通るのです。
「割れたガラス理論」というものがありますが 
三角コーンが凸凹に配置されていると
いつの間にか店は汚れ士気は下がり繁盛を失う因となる。
逆にキチンと並べられていると 他もキレイが維持され
腕も上達しお客様の信頼はより大きくなる。

そのバロメーターが三角コーンなのです。



これを誰も意識しないと キチンと並ばずラインがずれてしまいます。
車のキレイに携わる人がこういう小さなことをおろそかにしてはダメですね。
キチンと並べる指導が必要なのです。
技術が付いていく事と キチンとした躾を行なう寺小屋教育の人間学
この両車輪が必要な事なのです。







するとキレイにされた洗車場の魅せるショーガラスを 
仕事終了後の日課としてガラス掃除がなされるように工夫されました。
時間にして一日たった5分の後始末で 汚れから解放されたえずキレイが維持されるようになりました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「若者の成長」その影にベテランあり!

2014年06月27日 | インフォメーション
当社の年齢分布は 現在18歳から54歳までの範囲に広がっています。
その中で「若者」というのは 現在34歳のスゴウ店の臼井店長までを指して
それ以上は年輩者ともジジイともベテランとも第一世代とも呼んで区別しています。

臼井店長・高山店長・舟橋君・大山さん・武藤光輝の五人衆が若者で
ベテランと若者の比率が7月1日に逆転します。
というのも武藤光輝君は7月1日にアルバイト待遇から正式に社員になってくれるからです。
昨年の7月1日に大山さんがアルバイトから社員になってくれたのに続いて
二年連続でアルバイトから社員に迎えることが出来ました。
この五人衆が当社の車美容業の現場 キーパープロショップを切り盛りする中核メンバーで
彼らの成長と軌跡をあわせてキーパープロショップ岐阜店も成長しつつあります。





ホームページの写真もキーパー2級資格段階のユニフォーム姿でしたが
二人とも1級資格に合格しましたので写真を7月1日に差し替えます。
7月1日という日は当社にとって重要なメモリアルディーなのです。
創業記念日・第二創業記念日・新年度開始日(6月末決算)。


会社が成長しようとするとき 必ず若者が成長します。
またその影にベテランが補佐しています。
彼らは長く続ける事の裏側に 
まず感謝の気持ちを行動であらわすことを知り
それを日課としています。
それが人間力を発揮させるベースになることを熟知しています。
ようするに根っ子がしっかり張っています。

「良樹細根」
何事も目に見えない根の部分がしっかりしてこそ 若葉も育つものではないでしょうか!
若者とベテランの融合が大切である事を 
タイヤとキーパーが教えてくれています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぞっとするタイヤからの警告!

2014年06月26日 | タイヤビジネス
沖縄地方は梅雨明けしたとか!
冷夏予報が平年並みの暑さに変わりました。


その途端 タイヤがぶれるのですが?というお客様が来店されました。
拝見するとセパレーションを起して剥離しています、
バースト3秒前といった感じです。
それをお伝えすると冷や汗をかかれていました。
「ぞっとするタイヤからの警告です。」大事に到らず良かった。


夏の日差しは路面温度の上昇です
タイヤかかるストレスは一気に10倍増します。
未然にトラブルを防ぐには
空気圧の確認です。  
特に高速道路でのタイヤトラブルの引き金は
空気圧の低下によって引き起こされます。





                      


コメント
この記事をはてなブックマークに追加