岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

マネージャーは「点でなく流れを見る人」に限る!

2017年02月28日 | コーティングビジネス
早いもので明日から3月です、渓流ではアマゴ釣りのシーズンです。
子供のころから祖父の手ほどきで
アマゴ釣りに夢中になりましたが
目に見えない川の中で
アマゴが餌を獲るポイントに
餌を流すことが釣果につながる事を会得しました。

餌を獲るポイントにピンポイントで振り込むのでなく
流れに乗せて餌を水中のアマゴの前に流すのがポイントです。
それは点を見るのでなく 
「流れ」を見る・見抜くことで それから釣果は倍増しました。
その時培った「流れ」を見ることが
商売において とても役立っているのです。
                                           

人を「点」で見ると美点と欠点に分けて 
「あの人にはこういう欠点がある」というように決めつけて
その人を理解したような錯覚に陥ります。

部下に対して 
「アルバイトだから」この仕事は任せられない。とか
「まだ経験不足だから」ここまでしかやらせない。 
などと知らず内に決めつけをしている人がいます。
何となく正論のような気がしますが 
実は無責任な人という一面が張り付いています。


アルバイトさんの今の時点では 
確かに任せられないかもしれません、が しかし
流れを見れば 出来ない事が出来るようになるのが自然な流れです。
すると 上に立つ人は「任せる=責任は自分が持つ」という
スタンスを持つ必要があります。


いつまでたっても「アルバイト」だから・・・・これは責任放棄な「点」の見方になります。
アルバイトさんであっても自らの責任で 
より上位の仕事を与えることによって
アルバイトさんも出来ない仕事が出来るようになる喜びを感じ
仕事を与えたほうはより上位の仕事に向かうことが出来るのです。
どういう人をマネジャーに据えると良いかは
流れを見る人に限ります。
別な言い方では「木を見て山を見る人より 山を見て木を見ない人」です。
山を流れに 木をポイントと言い換えれば
点を凝視する人にはアマゴは釣れません、
流れを見る人にアマゴは釣れます。
仕事の仕方ひとつとってもまったくそうなっています。
どしどし仕事を与える人は 人も育てながら自分も育ちます。
自分が自分がという人は 人も育てることなく自己満足で人心も離れていくものです。


キーパープロショップせき店に赴任した大山さんは
お客様に「また人が変わったの」と言われるそうです。
U→M→O→大山さんと一年で4人代わったのだから
まさにその通りです。 
しかし 大山さんは「流れ」を見れる人ですから ここで真打登場なのです。
マネジャーのポジションに据えてみて 
しっくりこないと感じる人は
モノゴトを「点」で見る面が強いようです。

店舗や組織は「流れ」を見る人が 新しい流れを創り出せるのです。
タイヤ屋ですが タイヤに拘っていたらじり貧に向かう流れが見えた時
キーパーとの出会いによって
車美容業の新しい流れが見えだして
最初はちょろちょろの流れでしたが 
これからいよいよ本流の流れになりそうな予感です。


イマージン車美容室の高山マネージャーも 
せき店の大山さんも確実に流れが見えています 
武藤君も奥田君も 流れが見えだしているはずです。
それは仕事ぶりを見ればわかるものです。
これからこの会社は若い力によって伸びます!

ありがたいことです。


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キレイはやさしさに包まれる キーパープロショップせき店!

2017年02月27日 | キーパープロショップせき店
下呂市で友人の葬儀に参列しての帰り
通り道なのでキーパープロショップせき店へひょっこり立ち寄りました。


事故で突然他界した友人は小学校の幼馴染 
早すぎる帰天に悲しみの涙があふれました。


悲みの涙で洗われた目にキーパープロショップせき店は
店全体が鮮烈なキレイさで飛び込んできました!
見ると脚立に上った穂科君が 店舗の壁をスポンジ擦っています。
下にはキーパーケミカルファイナル1があります。
それは店舗にピュアキーパーを掛けている風景でした。

来月の3日で 1周年を迎えるキーパープロショップせき店は
運営のスタッフが短期間で入れ替わる不安定な状態でしたが
急遽リリーフに立った奥田君が厳しい期間をしのいでくれたので
今月 真打ち登場のように大山さんがコントローラーのポジションについて
収まるところに収めることが出来た感じです。

奥田君も岐阜店で 
水を得た魚のように生き生きと生まれ変わった感じです。



【啐啄同時】

仏教のほうで【啄】は、
親鳥が殻をつついて雛の出るのを助けることを意味します。
【啐啄】は、禪宗において、今まさに、悟りを得ようとしている弟子に、
師匠がすかさず教示を 与えて悟りの境地に導くことをいいます。
【啐啄同時】は、何かをするのに絶好のタイミングを表す四字熟語になりました。




せき店の開業時 大山さんはキーパー技術コンテストに予選から挑戦中でした、
その時点では全国優勝が目標でしたので 
仕事の環境を変えることは考えられませんでした。
しかし今年 コンテストの参加基準が変わり参加が出来ない事になり
新天地というチャンスが訪れました。

本人が成長する時期に 
巡りあわせは 
せき店のコントロラーというポジションを開いたのです。
この人事は高山マネジャーのジャッジで 
私は承認しただけですが まさに【啐啄同時】な感じで
「持っている人」と「見ている人」がドンピシャのタイミングです。


キーパープロショップせき店という舞台は
大山さん主演 穂科君助演という
コンビを待っていた、言い過ぎではなくそう思います。


今日 「店がとても喜んでいる」ように感じました、
なんていうか空気が変わったのです。
2016年 キーパー技術コンテスト
全国チャンピオン戦準優勝者をコントロラーに迎え
店が優しい表情を表しだした気がします。
ユーミンソングの「やさしさに包まれたなら」をせき店が歌っています。


大山さん穂科君の表情も 輝いていました。

ありがたいことです、
うれしいことです。
写真は出しませんので 是非 ご自身の目で確かめに行ってくださいませ。


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キーパーコーティング技術を生かす「おもてなしマインド」!

2017年02月26日 | 社内・社員さん・スタッフ向け
岐阜市と関市に3店舗のキーパープロショップを展開するイマージン車美容室は
キーパープロショップ専門店の岐阜店とせき店に続いて
タイヤ店併設の岐阜スゴウ店に
キーパーSUSシステムを導入し
情報共有化が可能となりました。


これは店舗管理システムであると同時に
お客様に対し「おもてなし」を高いレベルで実現するものです。

店舗で働く従業員さんをキャストと呼び 
洗車・コーティングの技術者であるうえに 
サービス業として「おもてなし」を表現するを求めています。
SUSシステムは「おもてなし」の強力な道具という一面を使いこなしましょう。

「おもてなし」って何ですか?
そのひとつが笑顔であったり礼儀正しい態度やしぐさですが
お客様がお買い求められた
サービスの履歴が分かることによって
「前回のコーティングはいかがでしたか、施工後5ヶ月経っていますが・・・・。」
このようにお客様の履歴を知ることで 
より一体感のある接客対応が出来るための道具が
SUSシステムです。


優れたシステムですので 
日次・月次の店舗運営数値はリアルタイムで把握できます、
しかしそれはすでに過去のデータに過ぎません。
SUSの良いところは未来の先行情報を予測することによって
「より高度なおもてなし」が実現できるところにあります。

お客様のご来店が判ればデータを呼び出して
前回の履歴を確認し その後の具合などを聞き出しやすいのです。
お客様にしてみれば 5か月前の施工から始めての来店だとすると
店が「コーティングがいかがでしたか?」なんて問いかけられれば
「調子よかったよ 今回は洗車を頼みにきた」なんて会話に繋がり
ちゃんと覚えていてくれたんだ。・・・・「うれしい」
それが行きつけの店でなく3店舗が情報を共有しているので
岐阜スゴウ店でコーティングした後に 
メンテナンスは岐阜店であっても
ちゃんとグループとして「おもてなし」が出来るのです。


イマージン車美容室のドミナント店舗網がハードなら
SUSシステムは専門店運営のOSソフトです。
ハードとソフトの充実が 
お客様にとっても便利で信頼のおける店に映ります。
 
岐阜市とその近郊で洗車・コーティングなら
イマージン車美容室の
キーパープロショップ岐阜店とせき店と岐阜スゴウ店で!


サービス業としての車美容業を確立していきましょう。


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「タイヤ大量入荷」がヤル気スイッチをONする!

2017年02月25日 | タイヤビジネス
春需に向けてオーダーしたタイヤが
メーカーからの直送便で大量に入荷しました。
その数約400本
デジタル数字で見ても実感は湧きませんが
リアルな現物を見ると 
「ヒュエ~こんなに売れるんか?」とビビります。






現物を見ると その数の多さにビビりながら
「ヤル気スイッチ」がカチりと入るのです。

販売数の予測をして推奨商品を決めて確定オーダーをします。
「利は元にあり」 仕入れ上手は販売上手です。
今ではその一切を上村タイヤ課長が采配してくれます。
注文は数字ですが入荷は現物ですからね
迫力があります!



私たちが注文を出すのですが
実はタイヤが自らが「ここに来たい」と思っている? かもしれません。
というのも 今 個人でタイヤ屋を始めてメーカーさんと取引したいと思っても
なかなか取引口座を開いてくれません。
現金の支払いでなら。とか
保証金を積んでから。とか
リスクを取ることはまずありません。

「注文すればタイヤが入荷する」とはならない時期を
タイヤ屋を始めた時経験していますから
タイヤも「この店に来たくない」と思うし
「この店なら喜んで行きたい」と思われるようにしなくちゃと
思います。



お陰様で 今では注文すればあたり前に入荷します。が
苦しい時代を経験したお蔭で
タイヤの気持ちも理解できる気がします。



これからは お客様とタイヤの良縁を結ばせてもらいます。
ありがたいことです、
よくぞわが店にお越しいただきました。



イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道へ!    その2

2017年02月24日 | 日記
まったく私事ですが
今日2月24日は 57回目の誕生日です。
皇太子さまが23日で 
その翌日という覚えやすい日に
この世に生をうけてまいりました。  

28歳でタイヤ屋創業し28年が過ぎて56歳がおわり
今日から28年後は84歳 
まさに人生の最終コーナーに向かいますが
やりたい事・やれる事とすべき事の整理がついてきた感じです。

やりたい事は タイヤ屋でこれは生涯現役かな。
やれる事は 車美容業のチェーン展開です。
すべき事は 会社後継者の育成に尽きます。

ありがたいことに健康です。

                                            

テストコースでの試乗は
氷盤コースでの制動体験から始まりました。

すみません、テストコースも撮影不可ですので写真はありません。


トヨタプリウス3台に195-65-15で乗り比べです。
1 新製品  
2 IG50 
3 B社製品

氷盤とは 文字通り「氷」の路面です、
時速40キロからフルブレーキで制止するまでを比較しました。


次は圧雪路面のコースを車格の違う車の乗り比べです、
1 ホンダNワゴン
2 トヨタプリウス
3 トヨタアルファード

新製品を装着したそれぞれ違うタイプの車で
雪上コースを周回しました。


最後は D1グランプリで優勝経験にある
チームオレンジの運転する車に乗って
雪上ドリフトの体験です。

ストレートで150キロの爆走後
4台が引っ付きもっ付きでドリフトしながら
コーナリングする車の助手席でビビっていました。
ロードスターとフェアレディZと86が2台のうち
先頭のロードスターと 次は最後を走る86に乗りました。
雪道ですが そんなの関係ない感じで 
なんていうか雪上でのグリップは
タイヤの切断力でもたらされているようです。



今度発売されるY社の新スタッドレスは
とてもポテンシャルが高い!  ですよ。


1時には現地を離れて空港へ
機体に凍結防止剤を散布していました。





糸魚川上空から長野までくると
それまで眼下にびっしりあった雪雲が途切れ
視界が開けてきました。



真下に松本空港です。

南アルプスの向こうに富士山です。

左に八ヶ岳連峰  右に南アルプス北岳  中央に富士山






振り返ると28歳から56歳まで 
タイヤに導かれて商売の世界に入り
試行錯誤しながらも 
タイヤが目的地に向かうため身をすり減らすことから
人生の目的を考えさせられタイヤから教育を受けた気がします。

人生の目的なんて分かりませんが
やりたい事 やれる事 すべき事が わかってきたのが今の実感です。

やりたい事だけでは わがまま過ぎ
やれる事だけを追うと こじんまりし過ぎ
すべき事だけというのは かたぐるし過ぎ
そのバランスが大切だというのが 今感じることです。

グリップばかりが良くてもだめ
燃費ばかりを求めてもだめ
静粛性だけでもだめ
キチンとバランスが取れているのがタイヤに求められるのと同じです。


わが第一の師匠は「タイヤ」なのです。
そのタイヤがこれからは車美容業を進めろと示唆してくれています。
ありがたいことです。


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加