岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

1年のご愛顧に心から御礼申しあげます!

2013年12月31日 | 経営
穏やかな天気で年の暮れを迎えましたが 洗車・コーティングはお客様の車で溢れています。
「1年をリセットして新しい年を迎えたい いろんなことがあったけれど今年も何とか無事に過せた
愛車に感謝の気持ちをプロの手を借りて表現したい」
このようなお客様のお気持ちにお応えしようと 店長以下一丸となって笑顔を添えて最後の一日をフル回転です。


「若者が主役となれる店を」というのがタイヤショップを運営しながら考え続けたテーマでした。
個人店のタイヤショップを創業して タイヤ屋のオヤジを続けながら いや続けるうちに
経営の継承という 創業初期には思いもよらなかったテーマに気がついて
あれこれ試行錯誤をして それこそいっぱいの失敗をして 
たどりついた結論が洗車・コーティング専門店こそが 「若者が主役」にピッタリということでした。

次にどのような洗車・コーティングを 誰を師匠にどのように学んでいくか?
この部分でも私はツキを持っていました。 

それまでいくつかのコーティングを取り入れたことはありましたが
どちらかというと技術論に終始する技術屋的な職人肌の考え方の人が多く
小さなタイヤショップが求める不特定多数の一般のお客様ではなく
優れた技術さえ持てば 後はお客様のほうから押しかけてくるというような
特定少数のお客様(例えばカーディラーや自動車屋さん)を対象とした方面を見るといった具合です。

「求めよさらば与えられん」とうのは真実です。
洗車・コーティングを広く一般ユーザーに受け入れられる洗車・コーティング商品ををつくり
「日本に新しい1洗車文化を」広めようとしているアイタック技研(株)と谷社長との出会いが
私たちの運命を求める方向に開いてくれました。
それが「キーパー」との出会いであり 始まりの始まりで今から10年ほど前の出来事です。
洗車といえばガソリンスタンドというのが当たり前の中
タイヤショップでありながら洗車に取り組むという事が 
関心を引いたのか 手取り足取りで親切に洗車技術と運営ソフトを伝授してくださいました。

タイヤショップ内でコラボという考え方でスゴウ店でノウハウを吸収し
専門店同士を隣接させるというハイブリットでKPS岐阜を開業
それから30ヶ月 新しい車美容業への挑戦は目標としている粗利益指数を突き抜けました。
「タイヤ屋の隣に撒いた種が発芽した」といえます。






洗車・コーティングはお客様にとって欲求商品であること 
店側にとってはリピートが見込めることから それにふさわしい設備をいう事で
当社の身の丈を越えた大きな投資をもって望んだわけでしたが
指数を突き抜けたことから 当社の構造転換が成功する確率が高まりました。

タイヤもかつて欲求商品だった時代もありましたが
今は消耗商品という捉え方が幅を利かせるようになっています。
若者が主役になれる理由はこの一点です。
欲求商品を購入されたお客様は大喜びをされ素直に感謝の気持ちを与えてくださるのです。
消耗商品を購入されたお客様からはあまり発せられる事がないことです。
苦労が報われる仕事こそが若者が奮い立つ大切な要素なのです。

成長の時代は 確かにタイヤも欲求商品でした。
かっこよいロープロタイヤが欲しい 他人よりグリップの良いタイヤがほしいなど
まさに車こそ欲をかなえる武器だったのです。
幸い私はその時代に創業することが出来ました 当社のベテラン第一世代は
その時代にかかわることが出来たからこそ商売を覚えることが出来ました。
しかし成熟した時代になった今 消耗商品を売るのはネットや大型量販店が
幅を利かせています。 
若者の役割は タイヤに関して言えば「取り付けのパート」役としか
与えられなくなっています。
それでは若者は育ちません 面白みを感じれません。

車美容業は ベテランはバックアップとして控える安心感を与えつつ黒子に徹し
主役が思い切って立ち回れる環境を作りだすことが出来ました。

タイヤから車美容業への転換は
主役の交代という隠されたテーマへの挑戦でもあるわけです。
これが会社の事業継承に絶対必要だという経営の意志でありました。


お客様は 最初店に来られないという当たり前の行動を通して若者に試練を与えてくれました。
店側から言えば集客に苦労するという表現ですが 
どんな店なのか?歓迎されるかもわからない店に行きにくいというお客様にとっては当たり前のことです。
最初はいろいろな研修で自信があってもいざ本番となると 厳しい洗礼を受けるわけです。
ところが この試練こそが若者を育てる苗床なのです。
自然の風雪に耐えてこそたくましく育つのです。
一年目はまさにそういう時でありました。
それでもくさらず辛抱できたのは お客様から発せられる感謝の言葉「ありがとう」のお陰なのです。

試練を与え 次に感謝の言葉を添え 春夏秋冬の洗車需要期という波を起こし
引き波の時 新しい仲間を増やす時間を与え 次の寄せ波にはより高みに登らせる。
時代が育てようとしてると思えてなりません。


今がどのような時代なのか? 
若者が育つ波は車美容業にあることがはっきり解かってきたことから
当社の進路も ヨーソーローなのです。
新たに若者を採用しその波の乗せて育てつつ 
新しい船を造り進水させる 当初の推力はタイヤが燃やしましたが
この循環が確定すれば タイヤを燃やす釜は不要になっていくでしょう。
その期間は次の巳年 私が65歳の時かもしれません。


「お客様」にも二通りあり 
買い物をしてくださるお客様を「正のお客様」
買い物をしてくださらないお客様を「虚のお客様」
数学の正数と虚数のような考え方です。

商売は「正のお客様」ばかりではなく「虚のお客様」の役割も感じてみると
客観的視点の大切さがわかります。


どなた様にも新しい年が 希望に満ちて 明るい門出となりますように!
また皇室の安寧も祈念させていただきます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抜群の商品力 クリスタルキーパー!

2013年12月30日 | コーティングビジネス
今日も洗車・コーティングラッシュが続いています。
1年の締めくくり「清め」の儀式=極上手洗い純水洗車
極上は極楽浄土 手洗い純水は滝行 洗車は洗い清め
日本人のメンタリーにマッチしているようです。

洗車して家もお掃除して初詣という正月を!


開業から30ヶ月のキーパープロショップ岐阜店を
隣のタイヤ屋からじっとその成長を見守る立場で思うことは
クリスタルキーパーの商品力が抜群であると認識させてもらいました。
店の設備 スタッフのモチベーション 洗車・コーティング商品力の三要素が
認知され今日の大繁盛に繋がっているのは間違いありません。
その中でも目立つのが
主力商品のクリスタルキーパーという1年耐久ボディーガラスコーティングの
リピート率が物凄く高いのです。

それは購入されたお客様が まず施工した時
効果を視認されることから始まります。 
ガラスコーティング特有の艶と輝きがはっきり体験できるのです。
次に雨降りにその水はじきに驚愕されます。
そして汚れまで弾き飛ばすので 汚れにくくなったのを実感されます。
ほとんどのお客様が クリスタルキーパー効果に驚かれます。
そのうえに15.000~25.000の費用がものすごくお値打ちに感じられます。
5年耐久に比べ1年毎に繰り返すのが楽しみになっておられるようです。
リピート率の高さは驚異的です。


「キレイ」の作り手を紹介します。

高山店長 目標ラインを突破して自信にあふれています。


大山さん しもやけを乗り越え笑顔がはじけています。


武藤専務 タイヤが一段楽したのでヘルプに大活躍です。


頼れるアルバイト西口君 昨日は疲れでリタイヤしましたがもう完全復活です。


ポルシェカイエンを車内清掃中の武藤君 頑張っています!


5番中の岡田くん 自動車免許を取得中です。


スタッフルームでくつろぐ八代さん タイヤアルバイトを今日で卒業です ありがとうございました。


タイヤショップ大掃除中の上村タイヤ課長 しもやけが痒くなると1週間後に雪が降る人間センサーです
今年も大当たりです。


タイヤアルバイトの尾崎くん 大掃除中です。



天の時 地の利 人の和 
潜龍のときから躍龍の時へ 龍は成長して行きます!







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スモールタイヤ商売の研究!  その2

2013年12月29日 | タイヤビジネス
年の暮れを迎えて 1年の「清め」ということでしょうか洗車が大繁盛です。
手洗い極上洗車ですので洗車というよりは 
1年をリセットするというような意味をこめて
「清め」の行為といったほうが的を得ていると思います。



今年は巳年でございました。
ヘビは脱皮しながら成長します そして来年は午年「うまくいく年」になりそうです。

53歳の巳年の次 干支が一回りして次の巳年を迎えるとき私は65歳になっています。
そういう意味で脱皮ということを考えると
祖業である小さなタイヤ商売から 車美容業に12年掛けて転換していくという意味があります。
これを粗利益の比率という面から見ると コラボでもハイブリットでもない
コーティング・洗車専門店を次に単独出店したときタイヤ・コーティング比率は50:50となり
その後車美容業の店舗数が増えるにしたがってタイヤコーティング比率が逆転していきます。
12年後には果たしてどのようになっているか楽しみです。
0:100ということはありえません 
小さなタイヤ商売は力の続く限り細々でもやっていくつもりです。

タイヤ小売から車美容業への転換という大方針が着々と進んでいく中で
祖業である小さなタイヤ小売業から学んだ考え方やノウハウを全て公開していくつもりです。
タイヤ商売への感謝を込めて!


今日はその2として 「絞込み」という面を考えて見ます。

そもそも在庫というのはスモールタイヤ商売の場合は制約なのです。 
手持ち資金が50万円で 毎月経費が20万円かかるとすると
50-20=30  30万が仕入れに使えるお金という制約からスタートするわけです。
そして次にの月に その30万円から経費にかかる20万以上を稼ぎ出すという種ですから
何回も回転させていかねばなりません 種を食い込んでしまうと商売はジ・エンドになりますから
在庫はすぐ売れるものとする認識をもたねばなりません。
だから在庫は少ないほうが良いという原則を守ることが生き残りの条件となるわけです。

お客様と接する販売員は お客様の要望を聞けるように品揃え重視という姿勢を持ちやすいのですが
スモールタイヤ商売では最低限の在庫しかないわけですか
「何をどういった理由で在庫するか」というと 
お客様が買ってくださる確率の高い商品を吟味するという作業があり
別な言い方をすると換金率の高い商品を  というが第一となるわけです。
それはどういう商品でしょうか?
売れ筋のサイズということと リーズナブルで他社様より安く出来るという要素を当てはめていくわけです。

するとお客様との商談では「このサイズなら この商品を在庫していて ○○という特長があって
たくさん仕入れたのでお値打ちです」などと商人として充分吟味して自信をもってお薦めすることが
可能となるわけです。

幅広い品揃えは 一見お客様に親切なような錯覚を抱きますが
実は商品を吟味する目利きという作業を放棄した専門店としてあるまじきな行為とも言えるわけです。

スモールタイヤ商売は資金力も少ないから 
効率的な在庫=絞込み=換金力を第一にするという当たり前の事実を重視しなければ
生き残れないのですから 本質的に商売人センスを磨く=目利きと提案力が武器となるわけです。
私が選んだこのタイヤ(在庫している)はお薦めですよ!
別な表現を使うと「単品管理」と呼べる手法になってきます。

単品管理によると 100本の仕入れというのは 25人分のタイヤの準備となります。
100人の来客があればそのうち25の人が装着しているサイズ 
例えば195-65-15というように
装着率の高いタイヤは売れ筋というわけになります。

100本の仕入れは25台分 1000本の仕入れは250台分
岐阜地区の年間タイヤ需要は50万本 125000台分
スモールタイヤ商売は商圏を分析するとその中では本当に微々たるものなのです。

品揃えなどという幻想は捨て 自分たちの店の特徴を大切にする事がとても大事です。
自分たち以外の圧倒的多数の店が 圧倒的な品揃えをしているわけですから!
小さなスモールタイヤ商売が逆立ちしても敵わないのです。
それなら充分吟味した品揃えでお客様になり代わって選択しましたという
購入代行業=スモールタイヤ商売と位置づけたほうが
お客様の信頼は必ず高まります。


これが25年掛けて学んだ「絞込み」の活用法です。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

未来を創造する手!

2013年12月26日 | コーティングビジネス
開店から30ヶ月を迎えたキーパープロショップ岐阜店が「爆発点」を迎えているようです。
昨月までとは異次元のコーティング台数を受注しています。
これはキチンとした仕事が評価されて 
それをお客様が知人友人さんを紹介してくださったりして
徐々にリピーターさんが増えて認知度が高まると
あるポイントで一気に受注や仕事量が倍化する これを爆発点と呼んでいるわけです。

新しい店を出した当初は 不特定多数の一般客様を対象にした
洗車・コーティング専門店はまだ世の中に少ないゆえに
お客様に理解される事はとても限られています。

けれど世の中に無かった専門店を利用してみると
とても丁寧な作業ぶりや 思ったよりリーズナブルな価格で
価値のあるサービス商品がそろっていて
コーティング専門店というより車美容の店で使い勝手がよく
任せて安心で想像以上のキレイが実現されるという事を体感され満足されたお客様が
増えていった結果です。


もちろんこの30ヶ月順調だったわけではありません。
当初の1年は店長一人での切り盛りでしたから全責任を背負って
全ての仕事をこなさなければならなかったので肉体的にも精神的にも限界まで追い込まれたはずです。
2年目の昨年は頼りになるアルバイトがひとり入って 仕事の分担で任せることを覚えて余裕が生まれ
そして今年はアルバイトから社員に昇格した大山さんと 複数のアルバイトさんを育成しながら
現場での取り回しに自信を持ってこの12月に臨んでいるわけです。


女性スタッフ大山さんの手はしもやけとアカギレがてんこ盛りです。
それでも彼女は「うれしいです楽しいです」を連発です。
お客様との接遇にも声もよく通り笑顔をたやしません 素晴らしい成長です!

また店長はタイヤ屋さんの隣という立地を活かして ホイールコーティングを提案して実績を高めたり
アラカルトを自信をもって販売するなど なかなかの商売人ぶりを発揮しだしています。

彼らのしもやけだらけの手 この手が間違いなしにお客様に喜ばれる仕事をして
自らの運命を開拓し始めました。
タイヤショップはベテランが主役ですが
キーパープロショップ岐阜店は 店長以下若者が主役として力をつけ実力を発揮し始めました! 
人の成長が店の実績を押し上げて 昨年対比200%以上をたたき出すのは間違いありません。



巳年の今年は脱皮して成長し そして来年は午年で 全てうまくいくかもです!
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スモールタイヤ商売の研究!  

2013年12月25日 | タイヤビジネス
店として他にはない特徴を持ちそれを伝える事ができるならば
タイヤを買う機会が訪れた時 お客様は購入候補の一つとして
私の店にコンタクトを取ってくださる・・・・かも


小さな店を運営するのは その小さいという要素を逆手にとって
「あの店は小さいけど ○○で信頼ができる」というような
お客さまに「小さい」という第一印象を抱いていただけたら
それをお客様はいつまでも記憶の隅に残してくださるものです。

これまで運営者として 「小さい」という一点を記憶に残していただけるようにしてきました。
お陰さまで 「小さい店」は立地にも恵まれて 大勢のお客様の記憶に残っているようで
チラシ・ラジオといったメディアに費用をかけることなく
このスタッドレスシーズンも大賑わいです。

他社さんが早期に大幅な割引販売という戦略を取るなら その土俵には上らず
今のような時期にお値打ちに売れる商材を提供したほうが お客様により強い印象を抱いていただけるものです。
弱者はそのズレに着目し お客様の心理と客層の変化に どういう商品を提供するのかという
シナリオを持つと それが商品政策となり 商売自体をより深く理解し さらに面白くなるものです。


お客様という多数系な表現ではあいまいな事柄が 
お客様が購入されるのは単品であるという事実から物事を考えたほうが
スモールタイヤ商売は理解が進みます。
「単品」である以上 品揃えするのも ある思想に基づいた絞込みを必要とするわけです。
その思想を当社では「二番手戦略」と呼んで 一点集中した絞込みを行なっているわけです。

これを説明するのに 「クラウンとセドリックの違い」
ほぼ同クラスなのに セドリックのほうが割安で値引きも多いという表現を用いると
大概のお客様は納得してくださいます。

売り手としての品揃えの理由が お客様にわかっていただけるのです。
その証として 世間様ではB社のシェアーが45%という高率なのに
当社では10%という低い数値なのです。


商売は「考えるから面白い」のであって 
考えることを仮説を立てること
結果というのは検証作業です。


なぜそれを仕入れるのか?
なぜ仕入れた商品が売れるのか? あるいは売れないのか?

「仕入れた者と販売する者ものが同一」「仕入れたものが売る」 商売の基本です。
ですが複数の店で物販にあたる場合 
仕入れと販売が分かれるとするなら 仕入れた人はその考えな狙いを販売に当たる人に披露し
販売に当たる人は 仕入れた人に充分その意図を聞いて納得する必要があります。

二番手戦略 戦略商品 卸値販売品 スルー商品 中古品
当社の考え方(スモールタイヤ商売)は 上記の名称でユルイ統一感をだしています。

なぜヨコハマタイヤを勧めるの?
在庫しているのは何ですか?
何でもいいから一番安いのを紹介して!
タイヤ屋さんの一押しなら安心だね!
お客様のニーズに対して十分対応出来て
迷うお客様の背中を押す事が出来るのが 絞込みの効用なのです。

スモールタイヤ商売は奥が深い 
25年専念していても 
あるいは専念しすぎているから
変化に対応できなくなっているのかもしれません。
まだまだ半人前です。 

人は噂で買って事実で購買意欲を無くすものです。
「今年は寒い冬になりそうだ ということで準備の良い人はほぼスタッドレスを購入された」
「年末を向かえ降雪がなさそうだという事で 買い控えが起こっている」

タイヤ屋が期待するのは 本当の降雪が年末から年初に有か否か!
降雪があれば様子見層が購入行動に出られます。
そして購買意欲が湧く商品は一流品の高いものでなく 
一流品であってもお値打ちになる商品だと断じきって・・・果報は寝てまですか>
「取らぬタヌキの皮算用」するくらい余裕が出来ました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加