岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

今日は60ヶ月と324ヶ月最終日!

2016年06月30日 | 経営
今日 6月30日
弊社の第25期決算締日となり棚卸が行われています。

会社設立は平成4年1月4日ですが
タイヤ専門店イマージン創業は平成元年7月1日、
キーパープロショップ岐阜店開業による
第2創業は平成23年7月1日。

タイヤ屋は今日で324ヶ月=27年最終日
車美容業は60か月=5年最終日 なりました。


                                                    

1日1日の繰り返しで27年 早いものです。
毎日お客様は自動車でタイヤを減らされています、
或る時 機縁が充ちてタイヤを購入してくださるお蔭で今日があります。
ありがとうございます。


時代は変化し グローバル化が進んで
タイヤ業界も大きな変化にさらされて 
私たちのタイヤ専門店イマージンを取り巻く環境も大きく変わりました。
その変化にたいして 
「キーパー」という洗車・コーティングの師匠に学び
キーパープロショップ岐阜店を開業して 
タイヤ販売をベースに車美容業に進路を取り60ヶ月、
2号店となるキーパープロショップせき店も開業させることが出来ました。

まったく奇跡のようです。
進歩でなく進んで化けているので 
進化と言ってもよいのかもしれません。

毎日タイヤを減らしてくださるお客様に加えて
毎日自動車を汚してくださるお客様にサービスを提供するという
新しい道へ進むことが育ちだしました。





よく使うたとえですが
狩猟採取で生活していた縄文人が 
氷河期に遭遇して獲物が取れなくなって困ったとき
稲作を営む人から学ぶことで 生活の基盤を変えていった
弥生時代への変化と同じことです。

ちゃんと世の中には 
新しい技術や考え方を持った人たちが出て来られるので
私たちは素直に学んでいくことが出来ます。
まさに食えない状況が
進化やイノベーションを誘発してくれます。
ピンチはチャンスと言いますが
タイヤ専門店のピンチが 
車美容業のチャンスをつかむ元になったのは間違いがありません。



と 一区切りです。

明日からは
タイヤ小売業と車美容業が親子逆転する時の始まりです。
タイヤ販売は引き波にありますが
車美容業は第二波の寄せ波にのって成長発展に向かいます。
歴史の交差点が明日から始まります。


生き残リ成長するか 足をすくわれて沈んでいくか
天下分け目の決戦というのは大袈裟ですが
会社という生き物が長く続くために 
避けて通れない難所です。



イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観葉植物の植え替え!

2016年06月28日 | 日記
今年頂いた胡蝶蘭の新しい葉が育ってきました、
大切に育てると来年また花を咲かせてくれそうです。




個別の美は お客様の車を「キレイ」にすること、
全体の美は お店やその周辺をキチンとキレイにすること。

全体の美の一環として へご仕立てのポトスがへたり気味だったので
植え替えることにしました。




鉢から出すと根が詰まっていました!











1鉢を5鉢に!

しばらく日陰で養生させ 各店舗に送り出します。


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

情報発信ワークショップ第1回!

2016年06月27日 | 経営
(公財)岐阜県経済産業センターの
よろず経営支援拠点様が主宰する「情報発信ワークショップ」に参加してきました。

会場はふれあい福寿会館14F レセプションルームです。





3回連続して行われます。

無邪気にブログで書くのは苦にならず
気ままに所管を書いていますが、
企業活動をキチンと紹介するのはいまいち苦手です。


新規事業の車美容業 「カーコティングと洗車の専門店」を
世間様に認知を広げるという
問題意識を持って勉強に行ってきたわけです。
他人様の力をお借りして 
もっと広く認知が進むようにしようと考えています。


タイヤ専門店は陰の役割ですが 
車美容業は陽の捉え方で 
若者が主体となる新しい事業として大きく成長すると思っていますので
そのPR広報分野を意識していこうという考えです。
だんだん視界が開けてきます!

2回目は7月6日(水)です。
まだまだ勉強することいっぱいあります。


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「キレイ」が ここぞとばかりにキーパープロショップ岐阜店!

2016年06月26日 | キーパープロショップ岐阜店
梅雨空が続く中で
今日と明日は晴れ予想となって
続々と「キレイ」を求めてご来店くださっています。



雨も必要です、植物は育ち大地は潤います。
しかも汚れを取ってさっぱりしたい気持ちも育ちます。
結果 ここぞとばかりに洗車・コーティング専門店
キーパープロショップ岐阜店はスタッフを揃えて受け入れ大歓迎です。

土日にはアルバイトさんを総動員できるようになり
アルバイトさんの技量も向上しました、
結果 お客様のご要望にお応えできる環境か充実しています。


是非 この機会にキーパープロショップ岐阜店を
ご利用下さいませ。
また キーパープロショップせき店の
スタッフ研修も岐阜店で同時進行しています
7月1日からダブルスオペレーションを開始します。



7月1日こそ弊社の創業記念日 
第2創業記念日が重なる始まりの日です、
3月3日開業のせき店の本格運用がこの日から始まります。
若武者武藤光希がしっかりせき店を守ってくれました、
ワンオペレーションは貴重な体験だと思います。


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

求めるものは 今も準備されつつあるタイヤ屋のしあわせ!

2016年06月25日 | タイヤビジネス
あれこれ思案することが経営の仕事のように考えていましたが
どうも具合が悪い気がします。
先行きを読もうとすると 心配事がわんさか・・・・取り越し苦労に捕まります。
昔を懐かしむと 今の嘆きとなって・・・・・・・・後悔という魔物が勢いを増します。
考えると答えが見つけることができる万能者を演じようとしてしまうのです。

そのうちにやっと 
自分自身がめちゃくちゃ未熟であることを思い出して
事を起こそうとするより 
起きてくる事に合わせていくことが 
うまくいく秘訣のような気がしてくるのです。

気持ちの切り替えも「かもの法則」の効能でしょうね。


早朝4時12分に妹から着信がありました、
寝ぼけまなこに応答しようとすると切れました。
こんな時間の電話は・・・・・・。
すぐ折り返すと 「お兄ちゃんごめん掛け間違えた!」
看護師で夜勤の最中の出来事だったようです。

                                                    


タイヤ屋は タイヤの売れ行きが気になるのは当たり前のことです。
いろいろな分析や状況判断は 
情報を集めかなり解析を行っているつもりです。
おそらくどのお店も多かれ少なかれ 
自らの商売ですから
関心も人一倍高く情報の収集に
精を出されているに決まっています。


そして他の店もパッとしないと聞けば安心し
あそこの店は売れていると聞けば妙に焦りが出たり
対他意識は競争心であったり闘争本能がベースになるものです。

しかし本当の競争相手は「同業他社でなく変化する顧客ニーズ」と教わって
対他意識が薄まり対自意識が育ってきて
精神的に楽になってきました。
他と比較する考え方でなく 
お客様の変化に対応することを主眼におくことが出来るようになって
比較してしまう苦しみから放れられるようになりました。
これを誰に教わったかというと「セブンイレブン鈴木会長の著書」でした。
「売れる売れない」は競争相手の存在でなく
自分たちがお客様のニーズを理解していない・対応していない事に気がついたのです。


すると「売れる売れない」という自己都合の不満が去って
「今もお客様は車を走らせてタイヤを減らしてくださっている」と
ありがたさが湧いて来るから不思議です。

タイヤ屋が求める「タイヤを売りたい気持ち」に対し
今もすり減りつつある(多数の自動車が走っている事実)ので
いづれかの機縁が来た時に 
販売が出来て「タイヤを売りたい気持ち」が充たされます。
なんとも妙な気持ちの変化ですが
自然体の商売に落ち着いて行くような按配なのです。


恐ろしいものは
自分の中に潜む他と比較する考え方にあるようです。
いやはやありがたい考え方を授けていただきました。



最近 セブンイレブンの経営から退任され話題となりましたが
教えはこれからますます見直されると感じます。


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加