goo

疲れ対策

おはようございます。
こんな時刻に日記を打つのは何年振りでしょうか。いつもの時刻に起きて、着替え、洗面、ストレッチ等をすませて朝の練習に入っています。
指慣らしのあと、バッハの「シャコンヌ」の前半部分を弾いたところでわざと中断、この間にとどいた牛乳を冷蔵庫に入れ、パソコンに向かいました。
いつもならこんな野暮なことはしません。
今日は昼過ぎに訪問演奏が入っています。市内の「ステップワン作業所」までリコーダーのIさんと出向き、演奏を聴いてもらってきます。もともと今日は二人の練習日にどうかなという日でしたが、日程が見事に重なりまして、「それだったら、二人で行って練習している曲をそこで聴いてもらおう」てなことになった次第です。
私のソロは「主題と4つの変奏KV331」「エリーゼのために」「アルハンブラの思い出」「アストリアス」の4曲です。問題は来月4日のコンサートで弾くと決めている「シャコンヌ」です。これに向けて毎日最低1回は通していますが、演奏時間が(私で)約14分かかり、それだけでもけっこう疲れ、昼間の演奏に支障がきます。そうです。わざと中断したのは「疲れ対策」です。
これだけ時間を置けばいいでしょう。
練習にもどり、「シャコンヌ」の後半部分を弾いておくことにします。その後また軽く休憩をとり、今日の訪問演奏の準備をしておきたいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

もったいない

若いころ買って、結局、あまり使っていないフラメンコギターのブリッジを交換し、弦高を少し上げてもらいました。最近、指の力が弱まり、もてあまし気味で残ってきたハードテンションの弦を、この楽器に張ってみたところ、明るくて張りのあるいい音がします。「フラメンコを断念したからといっても、このまま休ませておくのはもったいない」と、ずっと前から思っていましたが、これ(弦の交換)を機に、クラシックギターの代用品として、ある程度使えるようにしておいたというわけです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ひとくぎり

昨日、今月のコンサート「チェロとピアノとギターの名曲」を終えました。ろくにPRもしていないので……というよりは私の知名度が低いので、お客さんは常連さんばかり。でも、私自身はなじみの方々の前で弾くのが一番好きなんです。たしか、かのフランシスコ・タレガもそう言ってみえたとか(笑)。
ともあれ、ひとくぎりです。ただ、6月のコンサートは4日(日)なので休んでいる暇は全然ありません。また、ありがたいことに「伊勢市クラシックギターを楽しむ会」以外の企画にも少しお呼びがかかっています。この分では今年のCDもまた遅くなってしまいそうです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

追い込み

今月のコンサートはこの週末です。「今日は火曜日だからまだ大丈夫だな」……いや、よく考えたら、毎日午前中は実家(市内)に行く用があるし、午後はレッスンや打ち合わせ、重奏の練習で実質満杯の状態になっていて、昼間にまとまった時間をとって自分の練習を進めるのは、ほとんど無理のようです。
仕方ありませんね。CD制作と譜面作り、「シャコンヌ」その他の曲の通し練習は一時中断としましょう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

これはいけない

今朝、少し用があって市内を車で走ったら、ほんの少しですが渋滞に出くわしました。
GWはいかがでしたか?
私の方は休み中に仕上げたかった譜面のチェックが、やはりまだ残っています。気がつけば今週末が今月のコンサート。来月のコンサートも上旬に予定しています。
「これはいけない。作業している場合じゃないな」という気持ちが日増しに強くなってきました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

やむなく辞退

今日と明日、大阪で日本ギタリスト会議主催のコンクール「ギター音楽大賞」が行われます。私は今年も審査員の末席を汚す予定でしたが、この春先から長時間伊勢を離れられない事情ができ、やむなく今回の審査を辞退させていただくことにしました。今も実家へ来ています。
年齢的には誰しもあり得る状況でして、そういう意味では若い方々に道をお譲りする時期なのかなという気がします。何はともあれ、盛会でありますように。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

平和憲法の行く末

昨日の日記に憲法のことが記されていないと気づき愕然としました。
日本が世界に誇る平和憲法はこれから先どこへ行くのでしょう。
行く末を危うくしているのはほかでもありません。私たちです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

先送りの一手

先日、手製CD「オリジナルアレンジ第3集」に向けての収録を完了したと記しました。
実は「編曲したけれどまだ録音していない」という曲がいくつかあります。「さっさと仕上げなきゃ」という思いもありますが、意図的に先送りすることで、次のアルバム(第4集?)制作につなげていこうという気になるからです。実際、「浜千鳥」などは「第1集」から入れるつもりで準備しましたが、少し修正箇所が見つかったり、入れるのを忘れたりして(笑)、「今度のアルバムは、この曲から入れよう」と、2度も先送りを決めて今回に至っています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

私のGW

5月になりました。今年のGWはいかがお過ごしですか?
私の方はとくに出かける予定も作れず、収録を終えたばかりの今年のCDに添える譜面のチェックをぼちぼちと進めています。まだ残っている作業があるので「できました」というお知らせは出せません。
かといって、一度棚上げしますと、目の前の仕事に追われて、棚から降ろすのを忘れてしまいます。
やはり強引に作業日を決めて、進めてしまいましょうかねえ……。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

収録完了

手製CD「オリジナルアレンジ第3集」に向けて録音を済ませた曲は20を超え、だいたいの曲順も決まってきたのて、とりあえず収録完了とします。
代わって、レパートリー維持のための通し練習を再開しました。今朝はバッハの「シャコンヌ」を3週間ぶりに通しました。ほとんど覚えていましたが、数箇所でつっかえました。長く弾いている他の曲も、きっと似たり寄ったりでしょう。「いつまでも、収録作業にしがみついていてはいけないな」と考える次第です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あと少しです

今朝、「かわいいかくれんぼ」(中田喜直)と「浜千鳥」(弘田龍太郎)の収録を済ませました。
メモリーの中の「新作CD」フォルダをのぞくと20曲を超えています。数字だけ見ると「これで充分」という気もしますが、まだわかりません。だいたい技術的にやさしいものから順に並べることなりますが、CDに入れた状態で順に聴いて行くと、響きやリズム、速度の似た曲が続くと演奏に新鮮味が感じられなくなるのです。したがって、いい並べ方が見つからないと、そのために1~2曲はずしたり、逆に追加したりすることが必要になります。あと、「アレンジはてきているけれど、収録はまだ」というのが4~5曲あるので、まとまった曲数にはできるとは思います。あと少しの作業ですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

間髪を入れず

昨日、今月の例会「ギターと語りと……」が終わったので、CD制作に向けての収録作業を再開させました。
こういうときの選曲は、何をおいても、技術的にやさしいものに限定されます。
今朝入ったのは「春の小川」と「めだかの学校」の2曲です。
大事なのは、生活のリズムを間髪を入れずに録音モードに戻すこと、そして一気にけりをつけることです。そうでなければ、3週間後に控えた5月のコンサートにしわ寄せがいってしまいます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

やっと収録

「魔笛の主題によるやさしい変奏曲」(自作)の収録作業に思いのほかてこずりました。
一昨日は機器の誤作動もしくは操作ミス、昨日はケーブルの接続ミス、そして今日はパソコンに取り込む前にソフトを止めてしまいました(笑)。今日は幸い、音源が録音機に残っていたので、後で作業をやりなおして無事にファイルを作り上げました。
明後日のコンサート、私のソロの冒頭がこの曲です。何度も収録に失敗したおかげで逆に練習は進み、少しですが気持ちにゆとりが生まれました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明日があるさ

今週、手製CD制作のための収録作業は、コンサートが近いので、本番でも弾く「魔笛の主題によるやさしい変奏曲」(自作)だけ……と決めています。
今朝5時半頃、周囲が明るくなったのを確認してギターから弱音器をはずし、録音機をまわしっぱなしにしてこの曲をも何度も弾き、自分なりに納得のいく演奏が2回できたと思ったところで止めました。と、その瞬間、ガチャッという音がしてその瞬間にまったく動かなくなりました(通常は数秒間かかって保存完了となります)。
忘れた頃にやってくるこのトラブル、機械に問題があるのか、あるいは私の操作ミスなのかはさだかでありませんが、経験上わかっているのは、音源が保存できなかったということだけです(笑)。
「しまったなあ」「ま、明日また頑張ればいいか……」
奮闘した翌日の収録作業は順調に進むことが多いので、それに期待しましょう。
明日は無精せずに毎回録音機を止め、音源の保存を確認することにします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

臨戦態勢

今月の例会(コンサート)まであと一週間となりました。いよいよ臨戦態勢に入ります。
ここのところ毎日ほぼ1曲のペースでCD制作にむけて収録作業を進めてきましたが、今週は、その曲目をこのコンサートで弾くものだけにしぼりこみます。
それとは別に、昨年来続けてきたレパートリー維持のための通し練習も、演奏予定のある「無伴奏チェロ組曲第3番」「シャコンヌ」(ともにバッハ)以外には手を出さないことにします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ