喫茶去

徒然に、日々の生活を書き留めたいと思います。喫茶去、まあ、お茶でも飲んで、のんびりしていって。

部首

2016-09-29 01:04:34 | 徒然日記

学生には「漢字で書きなさい」、「誤字脱字が多い」と言うけれど、
そういう私も漢字に弱く、電子辞書が手放せない

映画を連ちゃんで記事の中の
「殴打」と言う字の「殴」、
音読み何だったっけ・・・・・・と、
IMEパットの部首「匚(はこがまえ)」で探して見つからず、
ネットで「殴るの部首」で検索したら、
部首は「匚(はこがまえ)」じゃなくて、
「殳」の方で、ほこづくり又はるまたと言うらしい。
「殴」の音読みも部首もわからず、情けな

部首は200種類以上あるのだそう。
http://www.natubunko.net/kotoba03.html
知らない部首名が多すぎる

せめて自分の名前だけでもと、
「土(つちへん)」・「二(に)」・「田(たへん)」・「里(さとへん)」・「子(こへん)」
と、意外に簡単

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画招待券

2016-09-29 00:00:00 | 映画・コンサート・ミュージカル・演劇等

伏見ミリオン座の3階で「コロニア」を見終わって
1階に下りて、



を見て。

こういう恋愛物は苦手だなぁ。
じゃあ、なんで見るんだよ・・・・・・・・・だよね

そんなわけで、紹介は鎌田先生の
http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/291-8977.html
このブログで。

映画を2本見たので、
ポイントカードがいっぱいになって、



をもらった。

いろんな映画がありすぎて、
取捨選択に困るのです。

今、話題の「君の名は。」、
行こうか行くまいか思案中。

「君の名は」と言えばこれ。

中井貴一のお父さんの佐田啓二と岸 恵子が主演。
1953年の作品らしいから当然私は見たことないのだけど、
母が「銭湯がガラガラになった」とか、「真智子巻き」と話してた。

今、話題の「君の名は。」は、
若者向きかなぁ・・・・・・・・ちょっと、気になるな












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画を連ちゃんで

2016-09-28 17:24:01 | 美術館・博物館

次の実習のオリがあると聞いてたので
今日、出勤する予定だったのだけど、
どうもないらしい

で、映画を2本連ちゃんで見てきた。

まず、



チリにこのような組織というか、コロニーがあったのを初めて知った。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc750.html
ナチの残党で元軍曹だったパウル・シェーファーが教皇として君臨し、
しつけと称した殴打や拷問、性的虐待が日常茶飯事だったそう。
コロニアができたのは
ナチスの崩壊から16年も経った1961年のことだそう。

1973年にチリで発生した軍事クーデターから誕生したピノチェト独裁政権下で、
秘密警察と協力して反乱分子をコロニアに拉致監禁して、拷問にかけたり、
また、武器の密輸・製造基地にもなっていたらしい。

2005年に警察が強制捜査を行った際には、
対空ミサイル・重機関銃・ロケット砲・弾薬・手榴弾などの武器や
サリンなどの化学兵器が発見されたそう。
現在も解明が急がれている現在進行形の歴史的大事件なのだそう。

この映画、
1973年のクーデターに巻き込まれ、秘密警察に連れ去られ、
コロニアに収容された恋人の救出に奮闘する物語。
この2人の主人公は創作だけどその他は歴史的に実証された史実。
ショッキングでスリリングで恐ろしい!

ところで、ヒロインは
「ハリー・ポッター」のハーマイオニー役のエマ・ワトソン。
大人になって、いい俳優になったなぁ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生石と守護石

2016-09-26 08:12:34 | 手作り及び市販の雑貨

片付けしてたら、出てきた。











数年前、岡山の友達と東京へ行ったとき、
立ち寄ったお店で。

自分の誕生石が二つあるの知らなかった。

で、その時買った、




インカローズの

「過去を癒し、未来の幸福をもたらす」

ちなみに守護石は
「ホワイトバッファローターコイズ」・・・・・長!
この石、アメリカのネバダ州でしか産出されない、希少で珍しい石で、
アメリカン・インディアンの間で、
白いバッファローと同等に発見するのが困難な石
という意味を持っているのだそう。
ターコイズってトルコ石のことらしい・・・・・似てると思った

私の誕生石と守護石、なかなかいいじゃん

さあ!掃除しよう。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大佛師

2016-09-25 17:18:01 | 寺・仏像

仏像制作者の主長に対する名称で、
平安中期ごろ組織化された仏所の長上をさし、
・一つの造像に従事した棟梁(とうりょう)の呼称
・寺院の専属仏師の長に対する職称
・仏師の多くの功績に対する尊称
これらの意をも含み、広義に用いられているそうだ。

しかし、その称号はだれから与えられるんだろうね・・・・・。

まあ、それはよしとして、
運慶・快慶の流れをくむ
100年に1人の天才と言われている、
師の山本明慶さんの佛像彫刻展を見に行った。



入場券

 

 





平安や奈良、鎌倉時代の仏像も
色彩が少し残っている仏像もある。
当時はこのように彩色豊かだったんだろうなぁ。

鹿児島の最福寺http://www.saifukuji.or.jp/benzaiten.htmlや、
高野山金剛峯寺の中門http://itoh.undine-noah.com/?p=1705など、
いろいろなお寺に仏像を奉納されている。
とにかくすごい!!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加