喫茶去

徒然に、日々の生活を書き留めたいと思います。喫茶去、まあ、お茶でも飲んで、のんびりしていって。

西国第八番 長谷寺

2017-06-26 | 西国三十三所





この登廊(のぼりろう)、平安時代の1039年に
春日大社の社司中臣信清が子の病気平癒のお礼に造ったもので、
下・中廊は明治27年に再建。
また、登廊周辺はボタンが植えてあり、春には大輪の花が咲き誇り、
ボタンの寺として名高い。


ホームページより

本堂は国宝で、1650年に徳川家光より寄進され、
初瀬山の中腹の断崖絶壁に懸造り(舞台造)で造られている。






ホームページより

特別拝観期間だったので、
11m余りある大きなご本尊の十一面観世音菩薩像の足元まで行けて、
拝観することができて、ラッキー!











名 称   長谷寺(西国三十三所第9番)
山 号   豊山(ぶざん)
宗 派   真言宗豊山派(総本山)
本 尊   十一面観世音菩薩(1018cm
創 年   686年(朱鳥元年飛鳥時代)
開 基   徳道上人(道明上人が天武天皇の病気平癒を祈願し、
              銅版法華説相図を安置したのが始まり)
所在地   奈良県桜井市初瀬
拝観日   H29(2017)6.16

長谷寺は万葉集に「隠国(こもりく)の泊瀬(はつせ)山」と詠まれ、
また、古今集や源氏物語など多くの古典に登場しているのだそう。
「隠国」は泊瀬山にかかる枕詞。

『隠国の 初瀬の山の 山の際(ま)に いさよふ雲は 妹にかもあらむ』
この歌は妻を泊瀬山に火葬した時、柿本朝臣人麻呂が詠んだ歌だそう。
意味は
「瀬の山々のあたりにいつまでも去りやらずにいる雲は
           あれは妹のかわった 姿でもあろうか」

奥さんを亡くされた海老蔵さんの心境や
亡くなった麻央さんのさりがたい思いに重なるなぁ・・・・・・・・・。








 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西国第九番 南円堂

2017-06-25 | 西国三十三所

先月の初め、快慶展を観に行った時、
特別開扉していた北円堂は見て来たばかり。

昨年の巡礼の時、





三重塔と五重塔(どちらも国宝)の
同時開扉(同時はこの時が初めて)をしていて、
三重塔だけは拝観してきた。
三重塔と五重塔を共に有しているのは興福寺だけだそう。

興福寺は天智8年(669年)、藤原鎌足の病気平癒を願い
妻の鏡女王が山階寺を建立したのが始まり。
藤原不比等が平城遷都にともない寺を移転し、
興福寺と改名されたのだそう。


その境内にある、


西国第九番所の南円堂。
八角円堂で、八角は観音菩薩の浄土、
補陀落山の山の形に由来するのだそう。









名 称  
興福寺 南円堂(西国三十三所弟9
山 号   なし(飛鳥・天平時代に建立された ※ 南都七大寺には、
          山号がないのだそう・・・・・・なぜだろう?)
宗 派   法相宗
本 尊   不空羂索観世音菩薩(国宝 康慶作)
創 年   813年(弘仁4年平安時代)
開 基   藤原冬嗣(父親の追善供養のため建立)
所在地   奈良市
拝観日   H29(2017)6.16



興福寺の伽藍の中でも最も重要で中心になる、
中金堂が再建中で、来年落慶予定だそう。
是非、見に行きたいと思っている。


 ※南都七大寺とは
  東大寺・大安寺・西大寺・興福寺・法隆寺・薬師寺・元興寺

 







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西国第十一番 上醍醐 准胝堂

2017-06-24 | 西国三十三所

麻央さんが、幼い子どもさんを残して、亡くなった。
もう、ブログにお顔出さなくていいよ。と思っていた矢先。
私も血液のではあるけど、癌を体験し、
麻央さんの無念がよく分かる。
ご冥福をお祈りします。

今週から、1時間20分ぐらいかけて、車通勤。
帰るとグッタリで、ブログの更新が滞って、あしからず

さて、先日の西国巡礼の続き。
標高400mの山上にある、西国巡礼随一の難所。
のはずだったけど、平成20年に落雷によって消失。
現在は醍醐寺の下伽藍の観音堂に、
ご本尊は祀られている・・・・ホッ!



ここは、豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名。





去年の巡礼で撮った山門。



今回、内側から。


去年撮った金堂



金堂の朱と深緑、陰と陽がきれい・・・・・自我自賛








名 称   上醍醐 准胝堂(西国三十三所第11番)
山 号   深雪山
宗 派   真言宗醍醐派(総本山)
本 尊   准胝観世音菩薩
創 年   874年(貞観16年平安時代)
開 基   理源大師聖宝
所在地   京都市伏見区
参拝日   H29(2017)6.16

敷地内の雨月茶屋でお昼をいただき



醍醐寺は三宝院の庭園や、薬師堂の国宝の薬師三尊像や、
10万点以上の寺宝を順次公開している霊宝館など見所いっぱいで、
また、来たいお寺の一つです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1000万ドル

2017-06-22 | 外食

100万ドルだと思っていたら、1000万ドルらしい。

先日、六甲山ホテルに泊まって、
ホテルの屋上から夜景を撮ったのだけど
上手く撮れなかったので、こちらを↓
https://www.feel-kobe.jp/kobe-yakei/area/mountain/05/

そして、ホテル内の「エトワール」でのランス料理。










グラニテ


神戸牛



パン、美味しかった。
もう少し食べたかったんだけど、
「パン、いかがですか」って、来なかったなぁ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第一番から散華を並べると

2017-06-21 | 西国三十三所

先日、主人用の散華の台紙を買って、
前回満願、気づかなかったのだけど、
その中に散華に書いてある字の説明が入ってた。

観音経の中から取った一文字で、
一番から三十三番の順に並べると、



観音経の一節が完成するのだそう。
それが、こちら↓

観音力

汝聴観音行   汝、観音の行の
善応諸方所   善く諸の方所に応ずるを聴け
弘誓深如海   弘誓の深きこと海の如し
歴劫不思議   劫を歴とも思議しえざらん
侍多千億仏   多千億の仏に侍えて偈
発大清浄願   大清浄願を発せり

意味は、『妙なるお相(すがた)を完成しておられる仏陀世尊は、
偈(うた)でもって無尽意に答えられた。
「君よ、観音の行(はたらき)は、よくあらゆる方所(ところ)にこたえて
はたらいていることを聴きたまえ。
そのおおいなるちかい(弘誓)は、海のように深く、
どんなに時間をかけても(歴劫)、人間のものさしでは、
はかり知ることはできないでしょう。
なぜなら、千億ほども多くの仏につかえて、
無限のいのちの力につきうごかされて、
人々の苦しみと悲しみに共鳴して、
けがれた人間的意識のはたらきだす以前の純粋な(大清浄)
いのちの願いをおこしているからです。」』

わかったような、わからないような・・・・・・

まあ、とにかく、この字何だろう?、
と思っていたので、その答えが解けただけでも良しとしよう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加