喫茶去

徒然に、日々の生活を書き留めたいと思います。喫茶去、まあ、お茶でも飲んで、のんびりしていって。

泣けた!感動した!

2011-06-30 | 徒然日記

インターネット見てたらこの動画が・・・

Soldier homecoming surprise mix

私は夫が、子どもがいて
当たり前になってるんだなぁ・・・・・・・

東日本大震災で、多くの子どもたちが親を亡くし、
孤児になったと聞く。
この子達は二度と親に会えないのだと思うと・・・・・

この子達が、この先、
このような不幸がないよう、幸せであれと、
祈るばかりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラプサンスーチョン

2011-06-30 | お茶関係

紅茶を整理してたら、
2年半前のらでっしゅぼーやの紅茶が出てきた。





ラプサンスーチョンは正山小種ともいって、
正山とは武夷山を指し、
小種(スーチョン)は葉の部位の名称を指します。

参考に↓

『紅茶の辞典』(成美堂出版)より

ラプサンスーチョンは変わった紅茶で、
正式なものは松の枝でスモークしてあります。
そのためにちょっと癖のある香りで
正露丸に例えられます。

いつもは宮崎から取り寄せるどくだし茶を
麦茶代わりにしてるんだけど、
今日は、このラプサンスーチョンで作りました。

2年半前のだけど・・・・
いいんです。紅茶は完全発酵のお茶だから!
本当に???

昼食に帰ってきた娘に、
「ちょっと癖があるかも」と言ったばかりに、
「いいわ、野菜ジュース飲むから」と、
飲んでもらえんかった
「そんなに気にならんから飲んでよ」と、
出かける娘に、しつこく声かける私。



娘が出かけて、優雅にティータイム。

煮立たせず、紅茶の淹れ方で、
沸騰したてのお湯に茶葉を入れて、5分ぐらい蒸らして、
いつもならそのまま茶葉は入れっぱなしにするんだけど、
紅茶だし、ましてや、ラプサンスーチョンなので
茶葉は取り出しました。

40g全部ティーパックに容れたのでギュウギュウで
おそらく茶葉がしっかり開けなかったと思う。
薄めで、癖はさほど気にならい。

このお茶、英国貴族の評価を受け、
アフタヌーンティーのお茶として愛飲されてきたそう。

そんなお茶だよ、飲んでよ!


※和顔愛語
 ‘わがん’と‘わげん’どっちが正しい読みだろう。
   禅の言葉で
  「おだやかな笑顔と思いやりのある話し方で
  人に接する」という意味だそう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつのまにか

2011-06-27 | 植物

最近、早く目が覚める。
歳かな~

栗の実のつき方を調べようと、





携帯で、記録しとったら、いつのまにか



大きな実がついてた。

おかしいな、こりゃ、雄花と雌花があるのかなと、
調べてみたら、



たくさんの雄花の付け根の所に、
全ての雄花の付け根にあるわけではないようですが、
目立たない雌花があって、
そこに実をつけるようです。



だから、雄花がまだこんなに咲いてるうちから
写真のように雌花の下に栗の実がついてたんだ。

いやはや、遠目で見てると気づかんわ。
来年こそは、栗の実誕生を写真に撮るぞ!

ところで、栗の花の匂いは、
精液の匂いとかイカの腐ったような匂いとも例えられ、
好き嫌いが分かれるそう。
私は嫌な匂いとは思わんかったんだけどな・・・・・・

詳しくはこちらのブログを。
http://d.hatena.ne.jp/syulan/20070516/p1



以前書いた記事
いがぐり誕生





 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢判断

2011-06-26 | 徒然日記

何だか変な夢見て、早くに目が覚めた。
目が覚めたら、雷がゴロゴロ鳴っていた。

夢は見てるんだろうけど、覚えていないことが多い。
覚えている夢はろくな夢じゃない。

今朝の夢も、
どこかに出かけてて、仕事に間に合わず、
軽飛行機に乗って帰るという夢。
それなら普通でいいんだけど、
操縦席もない、翼だけの飛行機で、
その翼の上に、私の他に2人乗っていて、
成人男性、小学生の男の子、私の順に乗っていて、
端っこに乗っている私が不安定で、
落ちそうな体勢なので、一旦、着陸。
その間私はトイレに行って、中々戻ってこず、
呼びに来られる。
仕事先に間に合わないと連絡したいんだけど、
山の中で電話がない・・・・・・・で目が覚める。

ユングや明恵上人によると
夢には意味があるらしいけど、
私のこの夢は何を意味してるんだろう。

飛行機の翼に乗って空を飛ぶ(怖い)とか遅刻しそうとか
あまりいい夢じゃないなぁ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浄土寺

2011-06-24 | 寺・仏像

Yちゃんの「久しぶりに神戸のハーブ園行かない」で
新神戸駅で待ち合わせ。
神戸ならこの機会にと、
「小野市にある浄土寺の
国宝の阿弥陀如来像を見に行かない」
「帰りは姫路から新幹線乗ればいいので」ということで、



この、鎌倉時代の快慶作の5.30m、
台座を入れると総丈8.3mの
お堂の天上にとどきそうな
大きな阿弥陀如来像を見てきた。

普通、仏像は丈六といって、
立像で約4.8m、坐像で2.7m前後だそう。
だからかなり大きい。

浄土寺の阿弥陀如来像は逆手阿弥陀といって、
左右逆で、左手を胸のあたりにかざした施無畏印、
右手を下に垂れた与願印で、
宋の画像によったもので、
日本の阿弥陀如来像には見られないのだそう。

写真では格子が開けられていますが、
後に格子があって、その格子から西日が射し込むと、
逆光の中に三尊像が浮かびあがり、
極楽浄土から、阿弥陀如来様が
迎えに来たような光景になるんだそうです。




三尊像が安置してある浄土堂


裏の駐車場側から浄土堂


鐘楼


なぜか神社(八幡神社)があってその拝殿



Yちゃんも仏像に興味持ったよう。
しめしめ、一緒に行く仲間ができた!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加