goo

【美容・健康】ゆで卵を食べて、ゆで卵肌に?!

昔のようなゆで卵肌になりたい
という思いを込めて、
卵を使ったフェイスパックに
挑戦してみました

卵を使ったパックというと
泡立てた卵白を使うものと
卵殻膜を使うものがあると
聞いたことがあります

…卵白はちょっともったいないかも
食べ物だもんなぁ
その点卵殻膜なら、
ゆで卵を食べた後の殻なので
貧乏性のワタシでも抵抗がありません

卵殻膜とは卵の殻の内側にある
半透明の薄い膜のこと
人の皮膚と近い成分で出来ており、
日本では戦国武将やお相撲さんも
傷の治療に使っていたそうです

ほうほう、それはちょうど良い
今ワタクシは鼻の頭にできた
できものをつぶしたため
キズが出来ちゃってるんです…

ゆで卵を固ゆで気味にして
その後すぐにお水で冷やし
皮をむきやすくして
早速挑戦してみました

で、まだちょっと温かめの
薄皮をぴりぴりはがし
鼻の頭に貼って、しばし待つと…

半透明だった皮が真っ白になって
乾いてぱりぱりになりました

ちょっと不安を覚えながら
はがしてみると…

パリパリパリッ

きゃ~、くっついちゃってる
まるでかさぶたみたいに
傷口の一部分にぴったりと
白く卵殻膜が残ってしまいました

なるほど、お相撲さんたちは
絆創膏代わりにこれを使っているんですね。

痛みもなく、本当にぴったりと
傷口が保護されている感じです

が、
鼻のアタマに白い何かをつけたまま
会社に行くわけには行きませんので
頑張ってはがしました。

さて、肝心のパック効果はというと
小じわがちょっと目立たなくなったかも
手のカサカサにちょっと効果あり
という感じでした。

みづあさぎ的結論としては
ゆで卵を食べた時のついでに
ちょっと貼る分には
手軽で良いですが
ガッツリ美容効果が欲しい方は
貧乏性を克服して
卵白パックをします

初日から、ちょっとコケ気味で
申し訳ありません…


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【美容・健康】オリーブオイルのパック☆

夏は油分やテカリが気になる時期
でも、温度差やエアコンなどの影響で
お肌は意外と乾燥しているんです

肌が疲れたなーと思ったときにすみれが
やっているのがオリーブオイルパック
オリーブオイルは、ヘルシーなだけでなく
体の皮脂に近い成分で、肌にも安全といわれています。

<用意するもの>
オリーブオイル(食用)
蒸しタオル  この2つだけ

<パック方法>
メイク落とし・洗顔をした顔に
 オリーブオイルを適量なじませます。
 ごしごしこするのではなく、
 やさしくマッサージするイメージで
蒸しタオルを顔に当て、2~3分パック。
 タオルが熱いときは冷まして当ててください
このままでもしっとりお肌
 …ですが、ヌルつきが気になる人は
 ぬるま湯でやさしく洗い流しても

油分による保湿作用のほか
ビタミンA・Eが血行をよくしたり、
お肌の老化を防ぐ効果があるとか
タオルを外したあとはツルツル&
ハリが出てすごくいい感じです

※人によっては合わない場合があるそうです
 あらかじめ顔以外の部分で試し、
 赤みやかゆみが出た場合は使用しないでくださいね。



にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【予告】来週の予告(5/31~6/4)

来週から月に入りますね。
北海道に梅雨はありませんが、
雨の日は、多いです
天候が悪いとストレスが出てきて
肌がダメージを受けそうですね
どんどん気温も上がってきて
汗やホコリで肌に負担が
更に増えるかも

そこで、来週のはやりっちは、
家庭で手軽に用意できるものを
使った栄養たっぷりパックや、
ウワサで聞いた気になる
お化粧パック商品などを
ご紹介します
皆様のお肌のダメージ回復の
お役にたっていただければ…と、
思っています


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レビュー】シーラという子

本棚を漁って
昔読んだ懐かしい本を読み返すことが
最近のマイブームです

同じ本なのに
学生の時と今では感じることも違って
ちょっと面白かったりします

この前読み返した本はコチラ



『シーラという子』
著/トリイ・L.ヘイデン

トリイは情緒障害教室の教師で、
その教室に入ってきたシーラという6歳の女の子の話です。
シーラは恵まれない家庭環境で
常に虐待されて育ったため、
幼い女の子とは思えないほど
敵対心が強く攻撃的です

そんなシーラを受け入れ、
苦戦しながらも信頼関係を築いていく様子が
ノンフィクションで書かれています。


高校生の多感な時に読んで
大きな衝撃を受けたせいか、
トリイ・L.ヘイデンの
「○○の子」シリーズの中で
この本が一番オススメです

続編の『タイガーと呼ばれた子』
と合わせて読むと
二人の関係にまた違った印象を受けると思います


それにしても
この本を読んでいると
日本人があまり言わない
「自分ってこんなに凄い」という言い回しが
チラホラ出てきて気になります

みんなができなかった○○を
私はできた私にはわかった

国民性の違いだとは思うけど、
こんな風に堂々と自分を褒められるって凄い!
と、変な所で感動…


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レビュー】wine入門書♪

変わらずお酒好きのたんぽぽです

イタリア料理が好きで
よくゴハンに行くのですが
一緒に楽しむお酒は
やっぱりワインが多い
そしてたくさん飲めるのでボトルで頼んでしまう

そんなとき
自分が好みのワインを知ってたら
「失敗した」と思わなくてすむのに
というわけで

買ってみました


好きなワインと出会う賢い選び方
エイ出版社

…完全にタイトルで購入です

でも、買ってよかった

ワインの原産地から好みを探せたり
チーズとの相性を知れたり
ぴったりな料理を教えてくれたり

いろんな視点から自分が好きなワインを探せます

ワインを勉強したい
いろんなワインを知りたい
という人にオススメです


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レビュー】お風呂に入りたくなるマンガ♪

最近、家族にすすめられて読んだ
『テルマエ・ロマエ』
(ヤマザキマリ著、BEAM COMIX)



公衆浴場が栄えたローマ帝国を舞台に
設計士(風呂限定)がドタバタする生粋の風呂マンガ
まさに「テルマエ(浴場)・ロマエ(ローマ)」です

マジメな主人公・ルシウスは
風呂のことばかり考えていたためか、
ことあるごとに現代日本(風呂限定)に
タイムスリップしてしまう体質に

突然裸で現れた(風呂なので)外国人に
ちょっぴり戸惑いつつも、あたたかく接する
「平たい顔族」こと日本の皆さん
そして垢すりやのれんなど日本文化(風呂限定)に
いちいち感動し、貪欲に学ぼうとする
ルシウスのリアクションが面白いです

かなりマニアックなテーマにも関わらず
風呂好きの「平たい顔族」の心をガッツリとらえ、
マンガ大賞2010大賞を獲得しました

ちなみに、完全な歴史マンガではないので
古代ローマのことを知らなくても
風呂のことがいっぱいのっているので
バスタイムにいいかもしれません


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レビュー】はじめてのおうち野菜☆

野菜が値上がりしているし、
自分で野菜を作ってみたくてみつけた本です



お庭がなくても手軽に野菜をつくれるアイデア
紹介してくれています

卵パックや紙コップで
小松菜や水菜、バジルなどがつくれて
もちろん食べられるんです

家庭菜園がはじめての人でも
わかりやすい説明になっていますよ

おうちに緑も増えて、
見た目でも癒されるので、
ひとり暮らしの女性におすすめです


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レビュー】「カタリベ」


「カタリベ(全一巻)」
(石川雅之著 リイド社)


絵柄を見て気づかれた方も
いるかもしれません。
あのもやしもん
一躍名が知られるようになった
石川雅之さんの作品です

海辺の村で育ったひとりの少年が
奴隷商人や海賊、海の守り神など
様々な人々とかかわりながら
自分の生きる意味を模索する物語です。

倭寇や村上水軍など
海の歴史ものが好きな方には
たまらない要素が詰まっています

詳細を知りたい方はコチラ
ウィキペディア カタリベ

1998年の作品なのですが
丁寧に描きこまれた画面、
魅力的な人物たちは
この頃から健在です

でも、惜しむらくは
このお話未完なのです…
本当、めっちゃいいところで
終わってしまってます

掲載誌がなくなってしまい
単行本化もされていませんでしたが、
もやしもんの人気を得て
2006年に単行本が出版されました



作者の意向はわかりませんが
もし出来ることならばいつか
完全版が読みたいなぁ

そんな「いつか」を気長に待てる方は
ぜひ手にとってみてください


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レビュー】猫好き和もの好きの方におススメ♪

時代は、江戸時代
ネズミ除けの猫絵を描く「絵師」の
主人公 十兵衛。
普段は、背中に背負う絵の道具箱の中で、
共に行動する三毛猫のニタ
ニタの正体は、妖術を使う猫又
彼らと出会う人々や猫たちの笑いあり
涙ありのお話です。

猫絵十兵衛 御伽草紙

少年画報社 永尾まる

絵も丁寧で、綺麗です
猫たちの仕草や表情もリアリティが
あります。コミカルで思わず笑っちゃう
くだけた表情の猫たちも可愛くて
たまりません
お話も一話完結で、読みやすいです

猫たちと人々のふれ合い、
思いやりの心温まる物語なので、
猫好きの方に、多く気に入って
もらえそうですが、
猫に興味がない方でも、中身のしっかりした
読みやすい話なので、気に入ってくださると
思います
是非、一読してみてくださいね


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【予告】来週の予告(5/24~28)

来週は、月1恒例の【レビュー】本です。
みなさんは「本」読んでますか

暖かい季節になって、
外に出る機会も多くなったのではないでしょうか

まだ、日差しも強くないので、
たまには気分を変えて、
ピクニックがてら、
公園などで読書っていうのもいいですよね

木々の揺れる音とかききながら
敷物に寝転がりながら
お菓子をバリバリ食べながら………?

みなさんの好みにあった
ご紹介できれば幸いです


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ