goo

【美容・健康】食事で爪を健康に♪

爪は栄養がかたよると割れやすくなったり、
デコボコに波打ったりしやすくなります

ぽぴぃさんの記事のような
体の「外」のケアにプラスして
食事による「中」からの爪ケアも大切

爪に良いといわれる大栄養には
タンパク質、ビタミン、ミネラルがあります。

【タンパク質】
ケラチン…爪の主成分。丈夫で割れにくい爪をつくる。
        卵、乳製品、大豆など
コラーゲン…細胞どうしの結びつきを強める。
        鶏の手羽先、魚のアラなど

【ビタミン】
B6…ケラチンの生成に関わる。
        鶏肉、バナナなど
B2…タンパク質の再生を助ける。
        レバー、カレイなど
C…コラーゲンの生成を促進。
        緑黄色野菜、柑橘類など

【ミネラル】
鉄分…不足すると中央が凹んだスプーン爪になりやすい。
        ほうれん草、ひじきなど
亜鉛…不足すると爪の変形・変色につながる。
        カキ、牛肉、アーモンドなど

もちろん、これだけ食べればいいわけではなく
「バランス良く」が鉄則。
ちなみに、爪がすべて生えかわるには
半年ほどかかるのだとか…
キレイな爪は日頃の食事から、ですね


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ネイルケアグッズ☆

爪に関するグッズはいっぱいあるのですが、
私が注目しているグッズはこれです。
ガラス製爪やすり

爪やすりっていうと、地味なデザインのものを
想像する方も多いと思います。

これは、ガラス製なので
もきれいだし、立派な感じなんです
シャリシャリ細かく削れるので、がたがたにならないし、
削り心地も優しくていいですよ

さらに、水洗いもできるので、
いつでも清潔に使えるのがいいですよね

価格も、お手軽価格の1,000前後なので、
気軽に購入できますよ

次に紹介するのが、
ネイルオイル
ネイルケアをしたあとなどは、
爪の周りが感想しやすいんです。

そんなときにおすすめなのは、
植物性のネイルオイル。

肌に浸透しやすいので、乾燥にはもってこいです。
植物の香りもするものがあるので、
癒し効果も発揮してくれます
ぜひお試しあれ



にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【美容・健康】そもそも爪って?

普段あまり気にしていませんが、
実は私たちが当たり前のように
している動作に不可欠な爪

今週はこの爪に注目していきますよ~。

爪は、表皮が角質化してできたもので
哺乳類や鳥類、爬虫類などで発達しています。

爪には主に 種類あって

ノノノ鉤爪…武器になったり、木に登る時に便利
   鳥や猫、爬虫類はこのタイプ

Ωひづめ…走ったり、大きな体を支えられる
    大型の草食動物がこのタイプ

平づめ…つまむ、握るなどの細かい動きに向く
    人間やサルなどの霊長類に見られる

というように、その動物の
得意なことにあわせて発達しました。

私たち人類に着目してみると
爪は主に つの役割を果たしています。

.指先の保護
 
. 指の力を増加させ、触覚を敏感にする

.歩行時に力を入れやすくし、
  バランスを取りやすくする
 
指先は繊細な作業をするために
柔らかいものですが、
骨は指先の半分までしかありません
そこで爪が「フタ」のように
絶妙に力を受け止めつつ
指先を支える役目を担っています。

自分で自分の指先と指の中間くらい
を触ってみるとわかるのですが
骨のある部分はそれほど
感触を敏感に感じませんよね

人体ってつくづくよく出来ているなぁ

というわけで、明日からは
この大事な爪を健康に保つため
また、女子らしくキレイにするため
の情報もお送りしていく予定です

どうぞおたのしみに~


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【予告】6/28~7/3♪

PCのキーボードを打っていたら
カツカツという爪の音が気になりました

忙しさにかまけて
手元のケアを怠った証拠でしょうか…

そもそも爪ってなんで生えてくるのでしょうか
だって必要なくないですか?

でも、きちんと手入れをした
手元って男性でも女性でもステキだなーと思わせられることもしばしば
逆に爪が手入れせずにのびのび状態だったら
あら?なんだか不潔
と思ってしまうこともあったりしますよね

来週のはやりっちは
そんな爪について大注目
そもそも爪って?
爪の健康のためにいい食べ物とは?
爪のトラブルと解決法など
爪の基礎知識でお送りします

ゼヒ来週も見に来てね


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レビュー】ピンクが大好きな女の子♪におすすめ

はやりっちのラブコメ担当(自称)たんぽぽです

ラブコメといえば
みんなが憧れてしまうような
可愛い女の子が主人公なことが多いですよね

たんぽぽがオススメしたい映画は

キューティ・ブロンド(2001) - goo 映画

主人公の女の子は
タイトルの通りブロンズヘアー

ファッションもピンクやチェック柄
パステルカラーを着こなしていてとってもcute

そんな女性が一念発起して
弁護士を目指すお話

裁判で助手を務める彼女ですが
見た目のことでいぢわるを言われたり
いやな目にあったりします

でも、めげずに頑張る姿が
ステキでついつい応援してしまいます

ラブコメとはいえ
頑張ることの大切さを教えてくれる映画だと思うので
たんぽぽのオススメです

おしゃれも
恋も
仕事だって頑張りたい

そんなあなたを応援してくれる映画です


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レビュー】チェコアニメ『パットとマット』

はやりっちのサブカル担当(自称)すみれです。

アニメ映画といえば、熱いのが
ロシアやチェコなどの中・東欧圏
「チェブラーシカ」やもぐらの「クルテク」など
かわいいだけではない、
味のあるキャラクターが多いです

最近DVDで観たのが『パットとマット』という
二人組の男性が主人公のショートコメディ
チェコスロバキア時代の1976年から
制作がはじまったパペットアニメです。

洗濯機が壊れた!
おうちが雨漏りする!
凍ったチキンが切れない! などなど、
日常のちょっと困ったことを直そうとして
なぜかものすごく破壊的なことになるんです

二人ともしゃべらないし、表情も変わらないのですが
とぼけた行動やしぐさに思わずニヤリとしちゃいます

レトロな雰囲気や作りこまれたセット、
色づかいなんかも見入ってしまうポイントです

チェコアニメが好きな人は要チェックですよ


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レビュー】「マーサの幸せレシピ」

気が付くと癒し系の作品ばかりを
見ているみづあさぎ

だって、癒されたいんだもん

そんなココロの叫びに共感できる方は
ぜひこちらの作品をどうぞ

マーサの幸せレシピ(2001) - goo 映画
監督:サンドラ・ネットルベック

出演:マルティナ・ゲデック、
   セルジオ・カステリット

主人公はドイツ人の女性シェフマーサ。
料理の腕は良いのですが、
自分の料理にケチを付けた
お客さんにケンカを売ったり
他人とのコミュニケーションが
うまくできない面も…

そんなトゲトゲしていたマーサが
突然一緒に暮らすことになった
歳の姪リタや
ライバルシェフのマリオの影響で、
まぁるく柔らかく変わっていく所が
とても微笑ましくて、キュンとしました

あとはすごくステレオタイプな
見方かも知れませんが
生真面目で職人気質のマーサ
陽気で仕事も人生も楽しむマリオ
という対比が、ドイツイタリア
な感じで個人的にとても面白かったです

そして映画のあらゆるところに
美味しそうな料理が登場するので
お腹を空かせてみるとツライかも

みづあさぎが特にぐっときたのが
マリオのまかないパスタ
悲しさとか意地とかみんな忘れて、
思わず食べたくなっちゃった
リタの気持ちもわかります

パスタとワインを用意して
ゆっくりと楽しんで欲しい映画です


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レビュー】トイ・ストーリー☆

7月10日(土)公開予定になっている
「トイ・ストーリー3」ですが、
みなさんは、
「トイ・ストーリー」「トイ・ストーリー2」を
観たことがありますか

「トイ・ストーリー」はその名の通り、
オモチャたちのお話です

オモチャも生きていて、
人間の目では見れない世界で
数々の出来事に直面しているんです

小さなころ、人形も生きているのでは?
っという夢が、現実となったお話なんです

子供の頃の気持ちを蘇らせる
大人に観て欲しい作品ですね

ピクサーの映画は、動きなどが鮮明なので、
身近に起きてる出来事のように感じてしまうんですよね
あのドキドキとトキメキを感じてもらいたいです


にほんブログ村に参加中☆

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レビュー】パラノーマル・アクティビティ

はやりっちのホラー・サスペンス担当(自称)のふぢなみです。
ホラー担当としてコレは外せないだろうということで、
パラノーマル・アクティビティ - goo 映画」を観ました

ストーリー
一軒家に同棲しているカップルのミカとケイティー。
夜な夜な怪奇音の正体を暴くために
生活の一部始終をビデオカメラで撮影することに
そこには驚くべきものが記録されていた…



この映画は150万円という少ない制作費で作られ
わずかな映画館でしか公開されなかったにも関わらず、
クチコミで来場者数が増え
最終的に136億円の興行収入になった作品です

スティーヴン・スピルバークがこの作品を絶賛して
リメイク権を持ったのですが、
予算、興行収入、完成度の高さなどから
リメイクを諦めたという話もあります

実際に起きた事件のような始まり方ですが、
この映画はモキュメンターです。


低予算
主観映画
モキュメンタリー
というところから
きっとハズレの映画だろうと、
全く期待せずに見始めました

しかし、
場所が自宅のみで特別なセットがないのと、
特殊メイクやCG等を使っていないので
低予算でもB級感の少ない作品でした

大きい音や動きで
驚かせるようなシーンは少ないのですが、
静かに不気味なシーンはいくつかあり
なかなかツボにハマる演出でした。

凄く怖い映画ではありませんが、
レンタルなら損しない内容だと思います。
旧作になるのを待つ方が


それにしてもこの彼氏(ミカ)、
常に暴走気味

彼氏はビデオに怪奇現象を撮りたいので
「何者か」を刺激したり干渉しようとしたりします。
彼女(ケイティー)が刺激するのは止めてとお願いするのですが、
彼氏はなかなか止めてくれません
もう、嫌がらせとしか思えない。

その結果、怪奇現象が悪化
彼氏役立たず~

でも、一生懸命なのも伝わってくるので
憎めないのですが…

公式サイト
http://www.paranormal-activity.jp/pc/


にほんブログ村に参加中☆

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レビュー】「いまを生きる」

私が学生の頃見た映画なので、ちょっと古いのですが、
大人になっても、時々思い出してしまう物語です。

いまを生きる(1989) - goo 映画

進学校で厳しい規則に縛られながら,
多感な時期を過ごしている学生たちに
新米教師 キーティングの授業は、
若く力強いエネルギーが押さえられるか、
られないかの不安定な彼らには、
とても大きな起爆剤になってしまったと思います。
明るい未来を見いだした青年もいましたが、
反対に悲しい結末を自ら選んだ青年もいました

人として生きていく中で、大切なことを
キーティング先生は、楽しく
わかりやすく生徒に教えていて、
見ているこちらも感化されそうです
しかし、若く眩しいエネルギーを解き放つには、
少々強すぎる起爆剤
生徒たちに与えてしまったような気がしました。

キーテェング先生もまだ若く純粋ゆえに
結末があのようになったのではないかと…
ラストは、本当に感動しました
※ネタちょいばれ→しかし、先生を指示していない
生徒がバックにチラチラみえてちょっとリアル


決して、私はキーティング先生の指導・思考を
批判をしているわけではないですよ~大好物です
学生の頃の私の見方と、今の社会人になった私とは
見方が変わってきたようです
これが、もしも子を持つ親になった時、このストーリーを
またどのように見るのか…
それだけ、感慨深い内容の良い映画だと思いました


にほんブログ村に参加中☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ