「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

大正.昭和.平成三代を生きた、ある「防人」102歳の死

2016-12-07 06:33:09 | 2012・1・1
大正3年生まれ102歳の大先輩、今沢栄三郎さんが先月末他界された旨、ご遺族から連絡があった。今沢さんとは10数年前「インドネシアと大東亜戦争」を出版したさい、色々と資料の提供を受け、ご指導を受けた仲だ。昭和15年、教育召集され、そのまま第五師団の給水部隊の一兵卒として、大陸各地を転戦、大東亜戦争勃発とともにマレー作戦を経て、シンガポール上陸作戦にも従軍した。そして、その後、師団の移動に伴い、豪北の南寧の孤島で敗戦まで、国の防人(さきもり)をしていた。(この従軍記は、今沢さんが雑誌に書かれた原稿「わが大君に召されて」を、ご了解をえて小ブログ(2013年4月に10回にわたって転載している)

今沢さんの自伝「徳弧ならず」によると、旧制中学卒業後、書店の店員をしながら、当時の青年の多くが心酔した橋本欣五郎氏(戦前の2,26事件などに関与した右翼活動家。戦後の市ヶ谷裁判で終身刑)の運動に参加、今沢さんはその研究家としても知られている。しかし、その経歴から連想されるような方ではなく、今沢さんは物静かな温厚な紳士であった。

戦後、今沢さんは池袋のキリスト教会にあった東南アジア文化友好協会で事務局長をされていた。この協会は戦争中、インドネシアのアンボンで従軍牧師であった加藤亮一氏(故人)が”今は償いの時”(氏の著書名)として、東南アジアから戦争の犠牲になった孤児たちを集め、寮生活をさせながら留学の面倒を見ていた。数年前、僕は今沢さんの紹介で、シンガポールの虐殺で犠牲になった孤児の一人にあったが、留学中に親切に世話になった今沢さんに感謝していた。また、今沢さんは戦後、インドネシアに残留、独立戦争に参加した元日本兵の組織作りにも尽力された。

ご遺族からの挨拶書面によると、今沢さんは”南方戦地にて病気入退院を繰り返しも内地へ送還されず命拾い40代に肺結核、99歳で再発、最近も2年間で3度の誤えん性肺炎で入退院していましたが病弱な父の生命力、衰えなかった手足、目、耳、毛髪に驚いています”とあった。改めて、大正生まれ、102歳の国の防人の生きざまに、心から合掌。弔辞にさせていただきたい。
(写真は今沢さんの白寿の御祝い。(左)が今沢さん(中)戦友の山下さん(故人)(右)在日インドネシア人回教指導者、イドリスノ師)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

安倍総理の”ハワイ慰霊の旅”と九人の軍神たち

2016-12-06 06:34:34 | 2012・1・1
安倍総理が12月26,27日、ハワイオアフ島の真珠湾を訪れ、オバマ大統領と会談後、75年前の昭和16年12月7日(現地時間)日本軍の奇襲攻撃で犠牲になった犠牲者を慰霊する。これは今年5月、オバマ大統領が米国大統領として初めて広島原爆被災地を訪問した返礼と時期大統領トランプ氏の対日政策への遠慮だという観測が多い。

真珠湾攻撃の日、僕は小学校5年だったが、はっきりと”わが陸海軍が西太平洋上で戦争状態に入り、真珠湾を攻撃、米英両国に宣戦を布告した”旨の大本営発表のラジオ放送を聞いたのを憶えている。そして、それに次ぐ、各地の赫赫たる勝利の報を知り、胸が躍ったものだ。また、真珠湾攻撃では、空からの攻撃と同時に、特殊潜航艇5隻が、真珠湾内奥深く入り、戦艦、巡洋艦を攻撃、乗員9人が戦死されたことも後で知り、その勇敢さに目をみはった。

日本軍の空と海からの攻撃で、米国太平洋艦隊は、戦艦アリゾナ、オクラハマなど8隻など主力艦が壊滅的被害を受け、3652人の戦傷者が出ている。これに対して、日本側の被害は、航空機29、乗員54人が犠牲になっている。一方的な勝利だったが、当時は現地の被害の詳細は伝わってこなかったが、数年前、知り合いから当日朝の、日本軍の攻撃の模様を伝える現地の新聞の号外の拡大コピー(写真)を入手した。

「Honolulu Star Bulletin」の12月7日付けの第一号号外だが、ワシントン発UP電でホワイトハウス発表の日本軍の真珠湾攻撃を伝えるととに、”(日本軍)オアフ島防御地帯に攻撃6人が死亡、21人が緊急病院へ”という見出しで現地の模様を伝えている。日本軍は攻撃に先立って、民間施設は避け、軍事施設だけを攻撃せよという内意があったが、やはり民間人の犠牲者も出ていた。

安倍総理の慰霊の旅について「Washington Post」(電子版)は、”安倍総理の慰霊は政府内の歴史修正主義者から批判を浴びよう”といった意味のことを書いているそうだが、特殊潜航艇の九人の軍神の話を知っており、広島、長崎での原爆、東京大空襲などで数十万人の民間人が犠牲になっている僕ら戦前の世代にとっては、歴史修正主義者ではなくとも、手放しの安倍総理の真珠湾慰霊の旅には抵抗がある。海外の戦地で亡くなった英霊の遺骨収集が先ではないだろうか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

散逸する従軍の記録を残そう

2016-12-05 05:50:32 | 2012・1・1
屋根裏の古本整理をしていたら、未整理の戦友会誌に混じって大学同窓だったYさんの手書きの「南十字星輝く空の下で体験した戦争とと異文化」という従軍記が出てきた。Yさん(大正9年生まれ)は大学教授で生涯独身、3年前、成人後見人制度で、91歳の生涯を終えた。たまたま、僕は入院中で、老妻が代って葬儀に参列したが、多分従軍記は散逸してしまったのではないだろうか。

Yさんは大分県の出身で昭和16年3月、現役で第48師団歩兵47連隊に入隊、戦争勃発とともに台湾高雄経由でフィリッピンのリンガエン湾上陸作戦に参加、さらにそれを終えると、インドネシアのスラバヤ上陸作戦にも転戦している。その後、Yさんは戦時中の大半を東チモールの南寧の地に駐屯、敗戦は再びジャワで迎え、戦後、連合軍の使役に従事して22年3月復員している。20歳から26歳まで6年間、海外の戦地勤務していたわけだ。

Yさんの従軍記は、几帳面な手書きな原稿で、戦争初期スラバヤで写した同郷の上司との写真や自分が所属していた速射砲隊の対戦車砲の写真、上陸した東部ジャワのクラガン海岸、現在の東チモールのカラー写真などが添えられている。多分、この従軍記は葬儀の後、後見人によって処分されてしまったのではないだろうか。Yさんの死後、後見人からは何も僕には連絡がない。

僕の手元には2002年、「大東亜戦争とインドネシア」という本を出版した際、全国の戦友会や個人から頂戴した資料がある。機会をみて整理し、出来たら本にしたいと思いながら、そのままになっている。学徒兵の記録「聞けわだつみの声」だけでなく、Yさんのような一般兵の従軍記録も散逸しないように、出来たら一か所に集めて後世に残したいものである。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

断捨離で残った120年前出版の「露日辞典」

2016-12-04 05:31:14 | 2012・1・1
師走の声を聞いて普段、断捨離がちな老夫婦だが、人並みにガラクタの整理を思い立った。その手始めに屋根裏の書棚に眠ったままの古本から始めた。そこで、前から母校から届いていた「古本募金」のパンフを引っ張り出して中間業者に電話してみると、所定の手続きをとれば、宅配便が着払いで集配にきて、評価の上買い取り、一部を母校に寄付する仕組みになっている。

早速、二人して屋根上に上がり、断ボールに詰めると、なんと四箱に上った。が、パンフにある”ISBNマーク表記の書籍に限る”の項目が引っ掛かり、再度電話してみると、その通りで、洋書や百科事典、辞書ももダメだという。ところが、わが家の古本はISBN制度(1981年)以前の古いものが多い。

この際、思い切ってと、一度は段ボールに詰めた中には、120年前、明治29年(1895年)発行の「露日辞典」(写真)まであった。日露戦争前のものだ。辞書の正式名称は異なるのだが、難しくて浅学の僕には読めないし、表記できない。明治39年出版の徳富健次郎(蘆花)の「順禮紀行」(正)もあったが、この本は表紙がとれていた(写真)が、貴重なものかもしれない。

母校の「古本基金」に応じようと思った古本の中には ISBN以前だが、専門の書籍や高価な洋書も入っている。やはり手間ひまかけても自分で分別して、しかるべきところに寄贈する努力をしなければならない。これも”終活”なのだろう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

小池都知事と”黒い頭のネズミ”たち

2016-12-03 05:40:46 | 2012・1・1
東京都知事は毎週金曜日午後、定例の記者会見を行っている。東京のローカルテレビ局「TOKYO MX」が石原慎太郎知事時代から、これを生中継しており、僕はファンの一人であった。石原知事の”歯に衣をきせぬ”、時には、若い記者に”教訓を垂れるやり取りが面白かった。しかし、生中継は「TOKYO MX」だけだったが、最近は視聴率が上がるのか他局も中継を始めた。

昨日も「TOKYO MX」の放送は知っていたが、新聞のラテ欄には、ただ「知事」と書いてあるだけ。放送開始お時間も明示されていないので、外出して帰宅したら、会見は終わりに近かったが、普段あまり喜怒哀楽を顏に出さない小池知事の顔が一瞬、気色ばんだ。質問した記者の質問はよく聞こえなかったが、知事の”失礼ではないか。大きな黒いネズミが、まだたくさんいる”という返事から、記者が、五輪の会場選びについて”大山鳴動ではないか”と質問したと推察した。

小ブログは4日前、失礼をもかえりみず「”大山鳴動”小池知事の正念場」と書いた。やはり、世の中には同じ考え方をする人もいるものだ。三つの会場選びのうち、二つが元のサヤに収まり、一つも決定見ぬまま”先送り”とならば、結果だけ見て”大山鳴動”とみられても仕方がないのではないか。しかし、先の僕のブログでも指摘したように、会場の見直しによって会場費が大幅に削減されるようになった知事の功績は大きい。

小池知事のいう”黒い頭のネズミ”たちとは誰を指すのか。都議会で”政党予算”枠廃止に反対する都議会自民党なのか、それとも”独断専行”と知事のやり方になんでも反対するように見える利権旧守の大物政治家なのか。小池知事の言う都民に”見える”政治に期待したい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小池都知事の新たな挑戦 「政党復活予算」の廃止

2016-12-02 05:52:25 | 2012・1・1
小池百合子都知事の都議会での所信表明演説を昨日、東京のローカルテレビ局「MXテレビ」で最初から終りまで生中継で視聴した。以前から、この局は、議会中継や知事の会見など生中継していたが、昨日は他局も一部だが、全国ネットで同時放送しており、”都議会の模様が、かってないほど注目を集めた(小池知事所信演説から)。昨日の新聞のラテ欄をみたら「小池」の活字がなんと10もあり、いかに国民が小池都政に関心があるかが解る。

小池都知事は最初に就任以来4か月、100日を振り返り、都政の課題の掘り返しであり、その一つ一つについて、”都民の視線”に立っての解決だと述べ、結びとして現状維持は政治の後退であると総括した。その通り、小池知事は豊洲市場の盛土問題、2020年五輪パラリンピック会場の見直しなど次々と課題を掘りおこした。課題はまだ解決されていないが、これだけ、一都政の問題が全国的な話題になるのは珍しい。

小池知事は所信演説の中で、都議会の予算編成の課程でで、従来あった、ある政党(自民党)の要望を受けて”復活”する約200億円の枠を廃止すると明言した。もともと都政についてあまり関心が薄い都民が多く、おそらく、こんな「政党復活予算」があったことなど誰も知らなかったのではないだろうか。過去にどんな予算が、この制度で復活したのか調べたわけではないが、なんとはなく、小池氏が選挙中言っていた”ブラック.ボックス”みたいな感じを受ける。

都議会の質疑の中で、知事の提案をめぐって、最大党派の自民党との間で論戦があると思うが、何か都議会自民党の言動には旧守、現状維持の体質が感じられる。五輪の開催地選びでは、苦戦のようだが、めげず、新たな挑戦にエールを送りたい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

(追記)バレーボール会場は駒沢で

2016-12-01 12:32:01 | 2012・1・1
今朝、駒沢のレガシ―のブログを書いた後、民放の情報番組を見たら、コメンテーターの一人で元東京都の五輪誘致課長だった鈴木知幸氏が、バレーボール会場を前回1964年大会で”東洋の魔女”たちが金メダルを獲った室内球技場にしたらどうかと提案していた。室内球技場は老朽化しため、現在東京都の外郭団体の文化スポーツ事業団が改築中とのこと。どの程度の規模でいつ完成するのか知らないが、専門家が提案するのだから、まったく不可能な案ではないと思う。

東京都がなぜ有明と横浜アリーナにこだわるのか寡聞にして知らないが、四者協議の雰囲気から見て、クリスマスまで先延ばししても有明案しかない感じだ。工期の関係もあるが、改築中の駒沢球技場が利用できるのなら,一考してみたらどうなのか。駒沢なら中心部から近いし環境もよい。何より”東洋の魔女”を記念するレガシーになる。意外と燈台下暗し、再検討の価値があるかもしれない。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

駒沢五輪公園のレガシ―(遺産)

2016-12-01 06:20:15 | 2012・1・1
昨日、国立医療センターで大腸ガン手術後の検診を受けたが、血液検査の結果は異常がなかった。国立医療センターは昭和39年(1964年)東京五輪の際の第二会場であった駒沢五輪公園に道一つ挟んで隣接している。東京地方に楓(かえで)の黄葉宣言が出た晩秋の一日、診察のあと老妻と一緒に公園を散策してきた。

駒沢五輪公園は前回の五輪の際、レスリング、バレーボール、サッカー、ホッケーの会場跡を整備した、いわば、五輪のレガシ―である。バレーボールでは”東洋の魔女”と言われた女子が金メダル、男子が銅メダルを、レスリングではなんと金メダル5、銅メダル1を獲得している(女子レスリングの種目はなかった)。

平日なのに公園内は整備された広い園内を一周するジョギングやサイクリングを楽しむ人たちで一杯。園内には飼い犬のための”ドッグラン”まである、僕ら老夫婦も散る黄葉を見ながら行く秋を楽しんできた。2020年五輪パラリンピックの会場もレガシーが残ることを期待しながら。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

"大山鳴動”の五輪会場選び 小池都知事の正念場

2016-11-30 06:26:34 | 2012・1・1
2020年東京五輪パラリンックの開催費削減をめぐってボート.カヌー、水泳、バレー三会場を見直しする東京都、政府。五輪組織委、IOC(国際五輪委)四者トップ会議で、昨日、ボート.カヌー、水泳会場は「海の森水上競技場」と「アクアティック.センター」の新設という従来案で一致をみたが、バレーボール会場については「有明アリーナ」(江東区)にするのか「横浜アリーナ」にするのか決まらずクリスマスの時期まで結論は先送りになった。

四者会議の結果をみて、小池知事には悪いが僕には”大山鳴動”の感がないではない。それでも都民に対して五輪の冗費を喚起し若干でも節約になったのは好かった。解からないのはバレー会場が先送りになったことだ。森組織委会長によれば、横浜市は会場誘致に迷惑しているそうだ。五輪は国家的事業であり、迷惑といのもおかしな話だが、小池知事は、きちんと横浜市との間に話がついているのであろうか。

小池都政について、都議会自民党が緊急提案の中で知事は”スタンドプレイ”が多すぎると批判している。”スタンドプレイ”とは①スポーツなどで観衆の拍手を受け要とする派手なプレー②自分をめだたたせる意識的に行う行動(三省堂 大辞林)とあるが、僕が見ても小池知事には多少、その気がないでもない。森組織委会長は、最初から小池知事に対して”独断先行されては困る”と言いう立場をとっている。ここは小池知事の正念場である。マッチポンプであっては困る。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「氷の水族館」と”生類憐みの令”

2016-11-29 06:00:27 | 2012・1・1
北九州市のテーマパーク「スペースワールド」が館内のスケートリンクにサカナ5000匹を氷漬けにした「氷の水族館」をオープンさせたところ”サカナが可哀想だ””なんたる倫理観だ”と批判が集中、中止になり「スペースワールド」は急きょ、犠牲になったサカナの供養をすることになったという。德川五代将軍綱吉の時代だったら、関係者は”生類憐みの令”によって、うち首に処せられたに違いない。

皇国史観の国史を叩きこまれた僕らの世代でも”生類憐みの令”は知っている。お犬様を極端に可愛がった悪法として教わったが、元禄年間24年間に犬、猫の家畜だけでなく、サカナ、トリに至るまで、ナマで食用にしたら”お触れ”に反していたらしい。ウナギ、ドジョウもお触れで販売を禁止されていた。戦時中の教育だったから、元禄時代は、人々が平和ボケしていてから、こんな悪法がでたのだと教わった。

現代も元禄時代にもまして犬猫などのペットブームである。雨の日、家のまわりを散歩すると、どの犬も胴のまわりにカッパをまとい人間サマが,オイヌさまのシモの世話をしている。僕らが子供時代だった頃は、東京の町にも野良犬がウロウロしていた。イヌにとってどちらが幸せなのだろうか。

昔、60余年前、新聞社の駆け出し記者だった頃、愛鳥週間に、屋内に鳥を放ち、子供たちにつかみ取りさせる企画を批判して書いた事がある。「スペースワールド」の「氷の水族館」の記事を読んんで、いつの時代も同じようなことがあるようだと思った。同時に今は、元禄時代と似た平和な好い時代である事にも感謝した。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加