「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

”気違いに刃物” 精神保健福祉法の緩和 相模原事件

2016-07-27 07:01:37 | 2012・1・1
差別用語とお叱りを受けるかもしれないが、今回の相模原市の障害者福祉施設で起きた史上最悪の事件は、まさに”気違いに刃物”を地で行く事件であった。手元に「明治.大正.昭和事変.事件史」(昭和11年発行 森田書房)という冊子がある。この事件を契機に改めて読んでみたが、維新後の近代日本には、一度にこんなに大量の人間を殺傷した事件はない。ウィクぺディアによると、最大殺人は昭和13年、現在の岡山県津山市で発生した事件の30人があるが、傷害者まで入れると、今回が史上最悪である。

マスメディアの報道によると、犯人の男(26)は、事件のあった施設に2年間、勤めていたが、今年2月、突然衆院大島議長公邸を2回にわたって訪れ、”身障者460人を殺す”という作戦計画を議長に渡してくれと依頼した。この計画書には相模原市の施設の名前も記されており、計画も実際と同じだったようである。犯人は同じころ施設の関係者に対して”収容者を安楽死させた方がよい”と発言したため、施設は警察に連絡している。警察は市の精神精神保健病院に連絡、病院も尿などを検査、大麻反応があったっため強制入院させている。

ここまでの手続きは正しいと思うのだが、病院は何故か10日足らずで、回復したととして犯人の男を退院させている。”後の祭り”かも知れないが、、議長あて文書をみると、こんな男を野放しにするのは大変危険である。退院させるに当たって警察に連絡、警察も保護観察するなどの措置がとれなかったのだろうか。2011年に国連人権理事会が、日本の精神保健福祉は、患者の人権を無視し強制入院させ過ぎると勧告、政府はこれに基づき措置をとっているが、この緩和策が末端の病院にまで影響していたとすれば問題である。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

”薬人を殺さず 医師人を殺す”

2016-07-26 05:21:37 | 2012・1・1
信じられない怖い話である。東京の大学付属病院の医師が「添書文書」の16倍もあたる癲癇(てんかん)治療薬を患者にに投与し、その副作用で患者が亡くなったという。この病院は過去にも人口心肺装置の誤使用による医療事故を起こし、厚労省から「特定機能病院」指定を取り消されている。またかという感じがないでもない。

医師への「添書文書」については個人的にも苦い体験がある。平成22年、僕は糖尿病の治療で、近くの医師から武田薬品の「アクトス」の投与を受けていたが、4か月前手術した膀胱ガンが再発してしまった。薬品会社からの「添付文書」には、「アクトス」と膀胱ガンとの相関関係が記述されており、すでに欧米では発売禁止になっていた。おそらく、医師が「添書文書」をよく読まなかったのだろう。

”薬人を殺さず医師人を殺す”という故事金言がある。福音館の故事金言小辞典にはこう書いてある。「よく効く薬は多かれ少なかれ副作用があるという。副作用のあるくらいのものでないと、またよく効かない。そこで人体に及ぼす影響のバランスを図るのが医師の務めであるわけだ」。転用して「罪は、すべて、そのものにあるのではなく、これを運用する人にある」という意味だ。

”薬より養生””過ぎたるは毒”という言葉もある。昨日、月に1回の血糖値検査をしたら、HbAIC値が先月の7.4から7.1に下がっている。薬を飲んだわけではなく、しいて言えば毎朝食べ始めたオートミルの効果である。医師は引き続き薬はやめましょうとのこと。窓口負担3割の老人には有り難い。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

公報にも載っていない都知事”幽霊”候補

2016-07-25 06:29:18 | 2012・1・1
都知事選も終盤に入り、やっとわが家にも選挙公報が届いた。有権者の義務であり、一通り目を配らせて貰ったが、21人の筈の候補者が20人で、一人載っていない。公報には何故だか理由が書いていないが、理屈をこねると、”幽霊候補”がいるみたいで変な話で「公報」としては欠陥だ。

わが家にも電話で予測調査があり、マスコミも有力3候補を中心に動向を伝えているが、老人にとって関心の介護福祉について具体的な施策のある候補者はいない。東京都は老人人口が高く、75歳以上の後期高齢者だけでも141万人(全人口の3.4%)もいる。都内にある特養老人施設に入居待ちの老人は平均千人もいる。それなのに、どの候補も保育施設の待機児童の解消には熱心だが、特養施設については具体策に触れていない。

東京は公共交通機関については、世界に冠たるといわれるがが、老人へのバリアフリとなると遅れている。僕は要介護Ⅰ、身障者手帳の持主だが、東京都営の地下鉄でさえ、事前に行く先の駅の構造をネットで調べて行かないと、困り果てる。地上から駅構内までのエスカレーターがない駅があり,あっても老人には問題の下りのエスカレータがないのだ。

候補によっては、あまり都民にとっては日常的に無関係な問題、例えば”非核都市宣言”などを持ち出しているが、老人にとってはむしろ”誰でも入れるトイレ”の数を倍増して貰った方がよい。公約してくれる候補があれば、一票進んで投じます。それにしても”幽霊候補”は人迷惑な話だである。没収金だけでなく罰金を取るべきである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポケモンがどこにでも出没できる 美しい国日本

2016-07-24 07:08:47 | 2012・1・1

スマートフォン向けのゲーム「ポケモンGO」が、わが国にも配信され、日本列島狂乱状態だそうである。といっても、スマホさえ持たないボケ老人は、この騒ぎの蚊帳の外。せいぜい、急増してきた”歩きスマホ”の若者たちとの衝突被害にあわないよう、目を四方に目を配って歩くよりほかない。

ポケモンのキャラクターさえ知らない化石老人である。にわか勉強によると、「ポケモンGO」は現実とゲームの世界が二重写しになる拡張現実(AR)と衛星利用位置測定システムとを絡みあわせたゲームだそうだ。インベーダーのテレビゲームで育った世代でも、すでに50歳半ば、大方の日本人は、その面白さが理解できるようだが、化石人間にはさっぱりだ。

アフガニスタンの首都、カブールでまた自爆テロが起こり81人が死亡した。ISが関係しているようだがはっきりしない。先日ドイツではアフガンからの難民少年が列車内で乗客を殺傷する事件があった。理由は不明だが、この国やシリヤ、イラクでは国があって国がない不幸な国だ。おそらく「ポケモンGO」は配信されいないだろうが、かりに配信されても、ポケモンが出てくる現実ではない。

第一次安倍内閣(2007年)の時、安倍総理は国是に”美しい日本”を唱えた。あれから10年、東日本大震災、熊本大地震など天災もあったが、被災地にもポケモンは出没しているようである。美しい日本である。しかし、官房長官まで使用について注意している。ルールに従い、おかしな場所にはポケモンが現れないようお願いします。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

吉屋信子「通州事件」 ユネスコ記憶遺産資料として英訳

2016-07-23 08:34:44 | 2012・1・1
「史実を世界に発信する会」(http://hassin.org)から2017年度のユネスコ記憶遺産への登録に向かい申請活動を行っている資料として吉屋信子著「戦火の北支を行く」(主婦の友 昭和12年9月号)の原稿の英訳が完成した、と連絡があった。

「通州事件」とは昭和12年(1937年)、支那事変の発端となった「盧溝橋事変」直後の7月29日深夜、北京郊外の通州で、中国保安隊の叛乱である。当時通州には北京の戦乱を避けて多数の日本人が居住していたが、380人もが一夜にして虐殺された。当時の新聞は”比類なきき鬼畜行動 我居住民に暴虐の極み”(東京日日新聞)と大きく伝えている。

当時の女流人気作家だった吉屋信子は、この事件のすぐ後、通州を訪れ記事にしているが、たまたま僕の先輩の同盟通信記者だった安藤利夫さん(故人)も事件に巻き込まれたが、幸い、九死に一生難を逃れた。安藤さんは仲間内から”安藤通州”とあだ名されいたが、彼が語る体験は、この世のものではなく、聞くにたえなかった。

ユネスコは2015年、中国政府から申請のあった「南京虐殺」について記憶遺産として受理したが、本当に数十万人単位の虐殺が行わたのだろうか。資料は中国側だけで、日本側の資料はない。これに対して、中国側「通州事件」について、中国側は記憶遺産として残そうとはしていない。史実を世界に発信する会の努力に感謝する。なお、吉屋信子の原稿は、主婦の友を創設した「石川武美図書館」(神田駿河台)で読むことが出来る。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

都知事選 許せない週刊誌の選挙妨害

2016-07-22 06:37:26 | 2012・1・1
昨日の新聞広告をみてビックリした。東京都知事選の投票日まで10日、選挙戦たけなわなのに、野党統一候補、鳥越俊太郎氏のスキャンダラスの記事が載っている。”女子大生との淫行”疑惑という刺激的な大見出しもさることながら、なぜ、この選挙のヤマ場のこの時期に、こんな記事を掲載するのかだ。誰が見ても選挙妨害である。

鳥越氏の弁護団は週刊誌を公選法違反で東京地検に告訴するようだが、これだけ大きく報道されては鳥越氏の受けた打撃も大きいと思うのだが、そうでもないらしい。記者団の質問にも答えなかったし、何より他の主要候補に比べて、都民への露出回数が少ない。新聞に出ている候補の一日の行動表を見ると、他の候補は朝から夕方までかけずり回っているのに、1日1地区だけだ。どうなっているのか。

週刊誌にかかれている内容が事実だかどうか知らないが、最近の話ではなく14年前のことのようである。それを今、選挙の真っ最中に暴露するというのは明らかに一つの意図が感じられる。舛添騒動も週刊誌のスッパぬきから始まったが、今回も何か一候補の”淫行”の話だけではない。他人の足の引っ張り合いである。

言論の自由、出版の自由すべて好い事ずくめの国だが、選挙妨害と知りながら、これを記事にし、平気で広告に掲載しても顧みない。そして、誹謗されても本気で怒らないような候補者、すべて馴れ合いなのかと思いたくなる。しかし、週刊誌のこのような報道姿勢は許せない。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大橋巨泉 永六輔世代の”戦争”トラウマ

2016-07-21 05:38:03 | 2012・1・1
テレビタレント、司会者として昭和の時代、一世を風靡した大橋巨泉が82歳で亡くなった。先日同じ世代のタレント、作詞家の永六輔が83歳で亡くなった訃報を聞いたばかりである。二人より若干、年上の僕だが、やはり複雑な気持ちである。昭和の時代は、確実に遠くへ去りつつある。

巨泉が司会した深夜番組「11.PM」は昭和43年から始まったが、僕が44年、新聞社から民放テレビ局に移って、まず驚いたのは新聞社とテレビ局とが同じマスコミとはいえ、まるっきり違うことだった。その象徴ともいうべきなのは、巨泉のパイロット万年筆のCM”ハッパ.フミフミ”で、びっくり、戸惑ったのを今でも覚えている。”新聞人”と”テレビ人”との違いである。日本のテレビ業界の創生期の人材は新聞社から提供されている。「11.PM」の初代司会者、山崎英佑氏も社は違うが、僕の大学の先輩であった。山崎氏の司会時代は、視聴率も上がらなかったが、巨泉に代って一躍話題になったのは、時代がテレビという新しいメディアにあったタレントを望んでいたからであろう。

永六輔は昭和8年生まれ、巨泉は9年だが、同じ昭和1ケタ生まれでも、1ケタ初期の僕らとは考え方が違う。政治についての関心が強く、晩年まで、安保関連法案について発信していた。二人とも戦争中は、学童疎開していた年世代で、直接戦争体験はない。それなのに、安保反対をいい続けたのは、恐らく戦後の占領下の教育の”戦争”トラウマなのかもしれない。自分より若い人の早逝の報は複雑である。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

他人事ではないドイツ難民少年の犯罪

2016-07-20 05:56:37 | 2012・1・1
南ドイツのビュルツブルクで走行中の列車内でアフガン難民の少年(17)がいきなり持っていた手製の斧で乗客を切りつけ4人に重傷を負わせた上、射殺された。少年は2年前に単身アフガンからドイツにやってきて現在,難民申請中だったという。ドイツのメルケル政権はEU内では難民に対して最も寛容だとされているが、一方、難民にからむ犯罪が急増中で大きな国内問題化している。ドイツ連邦刑事局(RKA)の2016年度第1.4半期の統計によると、なんと6万8000件(未遂を含む)の犯罪が起きており(ロイター電)、言ってみれば、この事件は氷山の一角とも言えるのだ。

しかし他人事ではない。わが国でも表面化していないが、難民の犯罪が増加していている。それは難民入管法違反(不法滞在者)の急増だ。その大半は外国人技能実習制度で来日、実習先から無断で失踪した”実習生”である。法務省によると、2016年度までの10年間に2万5000人もおり、平成26年度1年だけで4800人もいる。つい最近東京の天王洲アイルの運河で発見されたスーツケース入り女性の遺体遺棄事件の被害者も容疑者も数年前、京都市の自動車部品工場から失踪した中国人実習生であった。

ドイツの場合は、難民救済保護について歴史があり、法も整備されているが、わが国はまったくないに等しい。2万8000人もの不法滞在者がいても、あまり問題にはされない。さいわい治安が良いからだが、熊谷のペルー人による連続殺人事件のようなケースもある。これだけ問題になっている「技能実習制度」である。抜本的な制度の改善が緊急に必要である。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

選挙公報は期日前投票前に 候補は服装でなく政策を

2016-07-19 05:06:33 | 2012・1・1
東京都知事選の投票券が配られてきた。15日から期日前投票が出来るそうだが、有権者が投票の際の基本的な判断材料となる「選挙公報」が、まだわが家には届いてこない。果たして、法で定められている投票2日前までに届くのだろうか。町の候補者掲示板にも空欄が多い。今回は有力候補が選挙告示直前に立候補の意思を表明したその影響だろうか。

日曜日朝のフジテレビ系の番組「新報道2001」を見ていたら出演者の一人の猪瀬直樹元都知事が都知事選挙活動に触れ”街頭演説は限られた群衆だけだ。候補者は視聴者の多い、こういった地上テレビの番組に出て欲しい”と発言していた。僕もまったく、その通りだと拝聴したが、この発言には裏があり、局側は放送に当たり、小池百合子、増田寛也、鳥越俊太郎三有力候補に出演依頼したが、鳥越候補が断ってきたため中止となったのだという。

鳥越候補がなぜ出演を断ったのか。まさか”行き付け”のTV局でなかったからではないだろう。公的な立ち合い演説会が1983年の選挙法の改正で廃止になって以来、有権者は一同で候補者の話を聴く機会が少なくなっただけに、鳥越氏の不参加は残念である。

有権者が一票を投じる判断材料に苦慮しているのに、一方では例によって例の如しのマスコミの事前予想が始まった。何を基準にして予想しているのか判らない。候補も候補で有権者に媚びるような服装をして街中を練り歩くだけ。あれだけ大騒ぎして、悪評の知事を追い出し、大金を使って再選挙しているのだ。候補者は推薦政党や組織のためではなく、都民のための政策を訴えるべきだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

年寄りには解からない認知症の”D(ディリ)カフェ”

2016-07-18 05:32:53 | 2012・1・1
僕の住む東京の区の公報誌(区報)に区内の”D(ディリ}カフェ”と”コミュニテイ.カフェ”を紹介していた。”Dカフェ”とは”認知症の方を支える交流の場で、”コミュニケーション.カフェ”は認知症方だけでなく、広く老人介護の問題を抱える人たちが誰でもが気軽に立ち寄りお茶とお菓子で楽しく交流する場とあった。

老人福祉介護の問題、とくに認知症の問題が深刻化していることは85歳の僕でも承知しており、その解決策の一つとして”Dカフェ”や”コミュニテイ.カフェ”の紹介には大賛成である。しかし、肝心の高齢者のどれだけが”カフェ”について知っているだろうか。残念ながら、僕も言葉は聞いたことはあるが、出かけたことはない。

”カフェ”とは今様の喫茶店を指すようだが、戦前昭和の時代を多少知っている僕らには風俗喫茶を想い出す。永井荷風の小説に出てくる女給さんが、きわどいサービスをした”カフェ”である。僕が育った五反田の中通り街もネオン輝くカフェ街で、戦争中はここに出入りする学生は警察に逮捕された。

若い世代が新語、流行語を使いたい気持ちは、マスコミ経験者として理解できる。しかし、役所の広報誌はどんなものだろうか。”D(デイリ)カフェ”としているが、デイリは何の意味なのか。多分デイサービス”から来ているのだろうが判らない。戦争中、英語は敵性語として学ばなかった老人たちである。出来るだけ横文字は避けて貰いたいものだ。カフェは何もカフェと気取っていわず、喫茶で十分である。介護は老人の視点でも見てほしいものだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加