都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 銀座、中央通り沿いに建つ越後屋ビルは、とても銀座らしいビルだと改めて思った。

越後屋ビル
所在地:中央区銀座 2-6
建設年:1931(昭和6)
構造・階数:RC・6F(後年7Fを増築)
Photo 2005.6.12

 前の記事で、秋葉OLさんもコメントして下さったが、まわりの建物とよく馴染んでおり、ぱっと見では築70年以上の近代建築とは気づかない佇まいをしている。

 街の雰囲気が比較的好きなので、銀座をぷらぷら歩くことは多いのだが、私自身は、二、三年前まで、越後屋ビルという近代建築が残っていることは知らなかった。1階部分が改築され新しくなっているので、ぼんやり歩いていると古いことに全く気づかない。注意して上の方を見ない限り、装飾的壁面が目に入らないので、長い間古い建物だと思いもしなかった。両隣の建物に挟まれて、街並みとして馴染んでいて、古い建物の気配が消えていた感じもある。また、銀座の表通りの古い建物なんて、和光と教文館、三越ぐらいしかないだろうという個人的な先入観もあった。ところがリストをもとに探してみたら、意外にも残っていて、初めて気づいた時はかなり驚いたものだ。以後、銀座に行くとなんとなく見に行きたくなる建物であり続けている。

 銀座越後屋の歴史は古く、京橋伝馬町に店を構えたのが1755年、その後、現在地へ移って、現当主で8代目なんだそうだ。関東大震災で被災した後、現在の建物が建てられ、戦災にもあったが改装して使い続けているという。老舗がずっとここで営業して、建物にも70年以上の歴史があることに改めて驚かされる。

 以前にもリンクを張らせて頂いた「街の風景」というサイト内の「銀座散歩」にも、越後屋ビルディングは載っている。それによると、もともとは正面ファサード全面に細密な装飾が施されていたが、現在は6階に残るのみなのだという。和光のように装飾が全面に残っていたら、一目で近代建築だと分かるのだが、越後屋はそうではなかった。

 改めて写真で全体像を見てみると、比較的最近改装されたと思われる1階、建設当初の装飾が残る2・6階と軒先、戦後に改修されたためか、ややあっさりした3~5階、戦後に増築された7階というように、改修しながら使い続けてきたことが外観にも現れている。

6F・軒先の装飾
Photo 2005.6.12

 窓まわりには螺旋状の模様が付いた付柱。アーチ下の柱がないのは、窓枠をサッシにした時に取ってしまったからか。手摺があるので、当初は中央部にも窓があったのだろうな。軒先部分はカクカクしたデザインの装飾。幾何学的な装飾からアール・デコとも言われるそうだ。同様に2階の窓上の彫刻も幾何学的な形。

 最初にも書いたとおり、越後屋ビルは周囲の建物群と馴染んで調和している。その一方で、近代建築として華やかな装飾がある壁面を持ち、派手ではないが特徴のある個性的な姿を見せている。

 銀座の建物は、基本的なヴォリュームなどは似通っていることが結構多く、壁面の位置も揃っている。が、建物壁面のデザイン、表情は実に多様で、古いものから新しいものまで、さまざまな姿を見せている。越後屋ビルのように、周囲の建物と連続性を持ち、調和を保ちながら、多様性や個性を見せるのが銀座らしいビルなのではないかと思う。

Tokyo Lost Architecture   #失われた建物 中央区 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 閉店のお知らせ 2007年1月 記... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。