都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



主婦の友ビル1号館・お茶の水スクエアB館
所在地:千代田区神田駿河台1-6
建設年:1965(昭和40)?
階数 :9F
備考 :B館、C館共に2005年に解体
    左端は明治大学、右側はお茶の水スクエアA館。
    B館の右にわずかに見えるのがC館。
Photo 2002.2.24

 明治大学の反対側にあったモダニズム系のオフィスビル。

 近辺には主婦の友社の旧社屋や明治大学、YWCAなど様式的近代建築が建ち並んでいたので、70~80年代には、そのなかではモダンな建物だっただろう。2002年に日本大学に譲渡され、その後、解体されて現在は駐車場になっている。

 最近になって南側の磯崎新設計のお茶の水スクエアA館と共に再開発される予定であることが明らかになった。まとめると結構大きな敷地なので、ここにも超高層校舎が建設されるのかもしれない。都心には次々に超高層ビルが建つが、通りに沿った街並み立面が無い建物が増え、まるで墓地のようになっていくのが気がかりだ。ただ知人に聞いた範囲では、まだ詳細は決まっていないようだとのこと。大学関係者でさえあまり知らないらしい。

 ところで、せっかくファサード保存をして部分的に復元した隣のお茶の水スクエアA館の建物もまた壊してしまうのだろうか。現代日本では建物の寿命は人間のそれより遙かに短いのが半ば当たり前になっている。何事も欧米が進んでいるとは言わないが、環境やエコ、もったいないをキーワードに考える時代なら、今ある建物を改修しながら使うことをまず考えるべきじゃないかと思う。新しい建物は省エネかもしれないけど、前の建物を壊して新築するのには、結構エネルギー使ってるんじゃないのか? 最近の東京では築20年ぐらいの比較的新しい建物まで建て替えるので、環境とかエコの時代に逆行してるんじゃないかとしばしば思う。それこそ「築50年以下は建て替え禁止」ぐらいのことを考える必要があるのではないだろうか。

 現在、建て替えをするか否かの判断基準は、耐震強度と経済性が大きなウェイトを占めているようだ。だがその考え方だと、ほとんど全ての建物は建て替えねばならないだろう。判断の指標として、もう少し別の価値基準を中心に据える必要性があるのではないだろうか。

Wikipedia > お茶の水スクエア   > 主婦の友社
主婦の友社 > 会社情報 > 主婦の友社小史

Tokyo Lost Architecture
#失われた建物 千代田区  #街並み 千代田区



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« Konica Big Mi... 有楽町駅前 »
 
コメント
 
 
 
お茶の水 (k-kai)
2010-06-06 01:18:59
ごぶさたしております。

お茶の水は私のホームグラウンド(?)でした。
主婦の友も大きく様変わりしてしまいましたね。
今度はカザルスホールまで無くなってしまうそうで。
(さよならコンサートをやるようです)

最近流行りの「環境」「エコ」「ロハス」といった言葉はお金儲けに結びついているので大嫌いです。
(お金を儲ける方の立場にいないひがみもありますが)

まだまだ「我慢」すれば使える建物やクルマを、「エコ」の名の下に捨てて新しい物に買い替える・・・
「もったいない」ですね。
そりゃウチだって、先立つモノがありゃあ建て替えもしたいし設備の更新もしたいですよ・・・あ、またひがみが出た(苦笑)。

「築50年以下は建て替え禁止」、これイイですね。
それと、行き過ぎた規制緩和(容積率や高さ制限など)は再度規制しなくてはいけませんね。
 
 
 
お茶の水 (asabata)
2010-06-07 02:13:30
k-kaiさま
いつも御覧頂きありがとうございます。
お茶の水も次第に様子が変わっていますね。
学生街として、おっとりした感じかと思っていたのですが。

「築50年以下は建て替え禁止」をやると、
造る側も覚悟を持って建てるようになって、
長期間もつデザインになるような気もします。
どこかの政治家が100年だか200年もつ住宅を、
と言っていたのも、意外にいい話だったのではないかと・・・。
 
 
 
御茶ノ水 (路地裏猫)
2010-06-07 23:30:06
いつも楽しく読ませていただいています。
以前から考えていた事に関係するのでコメントさせていただきます。
私は日本人の建替え好きは伊勢神宮の式年遷宮が大きく影響してると思います。一般に住宅は20年が寿命と思われていますし(事実かどうかは別にして)、そもそも建替えることは良いことだと日本人の潜在意識にあると思います。たぶん誰も意識してはいないと思いますが、式年遷宮が日本人の建物に対する考え方に強く影響していると思います。
在米なのでアメリカと比べさせてもらいますが、日本人は環境問題に対しては早くから取り組んできています。国民ひとりひとりの意識もアメリカ人に比べたら断然上です。ただ建物に対する意識が文化に強く根ずいてしまっているだけだと私は思います。たぶんそれだからこそ、この意識を変えるのは簡単ではないとは思います。”50年以下は建て替え禁止”はいい考えだとおもいます。鉄筋マンションなんかは100年とか。
 
 
 
Unknown (asabata)
2010-06-16 03:39:39
路地裏猫さま
コメントありがとうございます。
 古代の日本建築は土中に柱を直接立てる掘立柱だったそうで、高温多湿の地域性もあって腐りやすかったこともあり、定期的な建て替えも必要だったのかなと思います。
 また、日本人は昔からきれい好き、清潔好きでもあるようなのと、常に新しく若々しい「常若」を重視する考え方を持っているというのも、老朽建物を建て替えたがる性分につながっているのかも知れないなと思います。式年遷宮もそのあたりから形式化したシステムなのかもしれませんね。
 アメリカの場合、長い歴史を持つ日本と違って歴史が浅いので、逆に築数十年の建物でも文化財にして歴史を作っていこうとする姿勢があると聞いたこともあります。一方、ヨーロッパには築数百年の石造建築がごろごろあって、旧市街は街中文化財だらけで、変えないこと、継続させることを重要視する意識が強いようです。
 日本の場合、古来木造建物は火災で焼失することが多く、建物が無くなることに対しては一般的に諦め感も強く、建て替えは当たり前という認識が多いようですね。近代以降、徐々に耐火建築が増えてきて、おいそれとは建て替えができないようにもなってきたので、住宅系は次第に長寿命化が進むかもしれないなと思います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。