都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 百人町の戸建て住宅地の西はずれには、給水塔が忽然とそびえ立っている。

都営戸山アパート第一給水塔
建設年:1949(昭和24)
高さ:54m

 灰色のコンクリートの六角塔は、最近のスリムな給水塔に比べてガッシリしており、蔦も絡まりかなりの迫力がある。見知らぬ街でいきなりこういうものに出会うと、監視塔のように思えて、ちょっと恐くなったりしてしまう。悪いことをしているわけではないのだが、上から見下ろされているような気がして、畏れを感じてしまう。

 頂部には小さな小屋も付いている。内部の階段を使って上部まで行き、そこから外のハシゴを使って先端に辿り着くらしい。錆び付いたハシゴが張り出す姿もおどろおどろしい感覚を呼び起こす。

 数年前までは地区の東側にももう一つの給水塔が建っていたが解体されたという。この給水塔も将来的には役目を終え、解体されてしまうのかも知れない。

 新宿区百人町は、立ち退きが進み解体されゆく風景と、老朽化しつつも立ち続ける給水塔が印象的な街だった。

 Photo 2006.2.5

2006.9.19 追記
 癸卯雑識という給水塔を中心としたBlog内の記事によると、2006年7月に、この第一給水塔の解体が始まったとのこと。10月末までの工期で解体が行われているらしい。

Tokyo Lost Architecture
#失われた建物 新宿区  #塔


コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )


« ポケットパー... 「新宿村」あたり »
 
コメント
 
 
 
戸山アパート (R.H.)
2007-05-21 12:17:11
子供の頃、戸山アパートに住んでいました。給水塔を始めとして、私の思い出は全て取り壊されて、今はインターネットの中にしか存在していません。貴重な風景が保存されているのは、ありがたい事です。
 
 
 
戸山アパート (asabata)
2007-05-23 01:04:31
数年前までは、戸山アパートの建物群もいくらかは残っていたような気がします。
通学の際などに横目に見ていたのですが、あまりに日常的に見ていたので、つい写真などに撮らずにいて、今になって全然記録に残していなかったことに気づき、残念に思っています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
紹介>給水タンク (鉄道のある風景weblog)
 給水タンクです。いやあ。実はほとんど写真がありません(=^_^;=)。項目として紹介するのは詐欺みたいなもんだな。ごめんなさい先にあやまっておきます。ネタは大別して2種類、鉄道がらみと鉄道無関係。どちらもたいして数がありませんからまとめてしまいます。 ...