都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



タムラ帽子店
所在地:千代田区神田小川町3-3
建設年:1925(大正14)
階数 :3階(木造?)
備考 :2006.1解体
Photo 2005.3.25

 日曜日に神保町を通りかかったら、駿河台下交差点近くの靖国通りに面して建っていたタムラ帽子店が解体されていた。3階のアーチ型の窓が可愛らしい小さな建物だったが・・・。調べてみると昨年の11月末に閉店したようである。

 写真は昨年まだ営業していた頃のもの。現状と当時を比べてみると、驚いたことに、左側の比較的新しい8階建て程度の雑居ビルまで解体されていた。写真左端の空地も併せて、3軒分の土地を集約して新たに建物を建てるようである。

 神保町界隈には学生の街らしい小さな専門店が数多くあったが、やはり次第に少なくなっている。店に入って帽子を見たり買ったりしたことはなかったが、界隈の昔の姿を知る手掛かりのような建物だっただけにやはり惜しい。

Tokyo Lost Architecture Index

#失われた建物 千代田区  #商業系  #看板建築 


コメント ( 2 ) | Trackback ( 2 )


« 落合の妙正寺川 日本橋 »
 
コメント
 
 
 
はじめまして (小道)
2006-01-18 22:53:39
asabataさん こんばんは

1月1日に神田を歩いたときには、タムラ帽子店、あったのに。。残念、寂しいです。



 
 
 
わずかな時間差で (asabata)
2006-01-19 13:09:45
お正月にはまだあったのですか。わずかな時間差で私は最期の姿を見ることができなかったわけですね。1月15日にはまだ重機が作業中で、17日にまた見に行ったら廃材の山になってました。壊してしまうと実物を二度と見られないのがやはり残念ですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
帽子はタムラ (喫茶店で瞑想して、 銭湯で元気になる)
元旦に神田を歩いたときに、「帽子はタムラ」の横を通りぬけました。その時はまだ健在だったのに、都市徘徊blogさんによると残念ですが解体されてしまったようです。神田小川町のランドマークだったタムラ帽子店は、大正14(1925)年の築。ますます、神田が寂しく
 
 
 
既存物件紹介>神田・秋葉原・お茶の水界隈の街並み (鉄道のある風景weblog)
 町並み観察、東京の神田です。地番で言うと神田なんですが、駅で言うと神田のほか秋葉原・お茶の水あたりまでをけっこう広範に含みます。というか、撮ってきた写真を整理しながら地図をチェックしてたら「神田ってこんなに広いんだあ」という感じがしたわけでございます。