都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 HPに記載している「旧東海道を歩く 静岡編」に続いて、「旧東海道を歩く 東京編」を開始。やはり最初は日本橋から。今更掲載するまでもない有名な景色かも知れないが、起点なのでこれは外せない。

Photo 2005.6.12

 高速道路が石橋の上空を覆う、1963年の高速建設以来、40年以上あちこちで言われ続けてきた問題な景観。数年前から高速道路の移設の可能性を検討する会などが活動していたが、ここへ来て小泉首相の一声で状況は変わりつつある。

 3000~6000億円掛かるとも言われ、そこまでする必要はないんじゃないかと言う向きもある。しかし他の場所はともかく、日本橋は江戸期の五街道の起点であり、日本国道路元標がある歴史的な場所。1911年に架橋された現在の石橋も重要文化財で、とにかく日本を代表する道路史跡で、オーソドックスな東京名所の一つであることは間違いない。だが一方で、日本橋は景観的に残念な名所No.1?でもある。

 生まれてこの方日本橋の上空が開けている景色を見たことがないので、私はやはり高速道路のない日本橋を見てみたい。川沿いの建物を建て替えて、橋のすぐ隣の場所に高架で高速を通す案も検討されているらしいが、これは橋周辺の景観を根本的に良くすることにはならないだろう。この路線自体を廃止するわけにはいかないだろうから、やはり地下化しかないかもしれない。地下にもインフラやら地下鉄やら多くの埋設物があるので、事業費は掛かるのだろうが、ここは一から新規に高速を造るつもりで考えるべきかと思う。

 負の景観遺産として残すべきだという方もおられるようだが、日本橋の景観は広島やアウシュビッツのような人の生死に関わるような負の遺産ではない。また江戸期からの日本橋の歴史を考えると、上空が塞がれた歴史は40年程度と相対的に短く、今ならまだリセットできる。美しくない景観は記録の中に留めるだけにしたい。

 お隣の韓国ではソウルの中心部を走る都市高速が廃止され、暗渠になっていた川の流れが復活した。廃止しても交通面でそれほど問題がないことが、調査で明らかになったこと、老朽化も進んでいたことなど、日本とは状況が多少異なるが、やはりその気になればできる、その気にならなければ当然できない、ということなのだろう。だとすれば今回の小泉首相の発言は、人気取りなどとは言われているが、40年来の懸案の解決に一歩を踏み出したという意味で、この件に関してはやはり英断と言っても良いのではないだろうか。

 ソウルの場合、現在のソウル市長になってから構想が具体化され、延長6kmの高速の解体と河川修復に約420億円を投じ、3年という短期間で事業が完成している。日本橋の方は10年後の2016年の完成を目指すと言われる。日本のペースだと、現在の日本橋が100周年を迎える2011年には間に合わないのかな。昔はここの上空に高速があって邪魔だったんだよ、と言える日が来るのが待ち遠しい。

#橋  #道


コメント ( 1 ) | Trackback ( 3 )


« 神田小川町 ... 早稲田大学大... »
 
コメント
 
 
 
橋を移転しろだと?、アホちゃうか! (asabata)
2006-01-22 01:01:58
石原都知事が日本橋の石橋を移転すればいいという発言をした。しかしこれは橋を移設して解決するような簡単な問題ではない。現在の日本橋という施設としての橋の問題なら、そのような選択肢が或いは無いわけではないのかも知れないが、ここで問題にされているのは、江戸期からの歴史を持つ、日本橋という「場所」の上空に高速が通っているという事実である。

仮に現在の重要文化財である日本橋をどこかに移設したとしても、あの場所は日本橋という場所であり続ける。中央通りが川を渡るあの場所には、また別の何代目かの日本橋が架けられるのだ。日本橋の上空に高速が通る事実はこれでは全く変化しない。そればかりか、建築文化財は現地保存が最善とされる時代に、本体の老朽化や機能不全でもないのに文化財を移転をする、という愚行を犯すことになる。

日本橋の上空から高速をどけるということは、あの場所が持つ歴史的価値を再認識して、価値を高めましょうということであって、単なる文化財の保存とは相当にワケが違うのである。

都知事は、費用のことを考えて、また首相を小馬鹿にするために、このような発言をしたのだろうか? 日本橋という場所の持つ価値を知っていながら、あのような発言をするのだとしたら、それは無知な市民を、誤った方向へと煽動する、罪深い行いだろう。国の道路の原点である日本橋という史跡に対して関心のない人々が、その方がお金が掛からないから良いじゃないかと言い、40年来問題視されていた場所の景観を改善する試みを台無しにしてしまう。問題の中心をすり替えており、日本橋という場所及び街の持つ歴史的価値を貶める発言でもある。場所なんてどうとでもなると言っているも同然だ。

また、もし場所の問題ではなく、モノとしての文化財保存の問題だけであると認識しておられるのだとしたら、それは場所というものに対する認識が相当に不足しておられるとしか言いようがない。現在の日本橋は十数代目なのだそうだ。「江戸期から続く、歴史的な場所」としての日本橋の風景の問題なのだということを。今一度お勉強して理解して頂きたい。軽口を叩いたつもりかも知れないが、あれは完全に失言で、浅はかさを露呈したと言われても仕方がないだろう。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
日本橋と首都高速 東京日本橋 (吠えて勝つ)
昨年末から首都高速による景観の悪さが問題なっている東京の日本橋。久々に訪れてみた。ん~景観悪い!!橋が高速の影になって、どんよりと暗い。光が当たらないダークな川が、とても退廃的な雰囲気だ。もう少し高速を高くしてれば、光が刺していただろうに…。小泉総理が...
 
 
 
貴重な風景を壊すバカ~日本橋 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
日本橋再生by三井不動産 日本橋には他にない風情がある。下はドブ川、上に首都高速、その間に国の重要文化財である装飾美を誇る日本橋。このシュールな風情を理解できない連中が、貴重な風景を破壊しようとしている。
 
 
 
景観無視の象徴:日本橋の首都高を移設できる? (シティ・ウォッチ citywatch Japan)
今朝の日経新聞によれば、日本橋川に空を取り戻す会(日本橋みち会議)が14日、初会合を開いた。委員は伊藤滋・早大教授、奥田碩・日本経団連会長、中村英夫・武蔵工大学長、作家の三浦朱門氏の4人で、日本橋の上にかかる首都高速道路の移設問題で、地下への移設案などに加え