ベリーダンス・スタジオAl Amalのブログ

名古屋の千種・今池徒歩3分にあるベリーダンススタジオ・アルアマル主宰・Amani(アマーニ)のブログ

2007カイロ日記 6/23 アスマハーン&ランダ!!

2007-07-31 22:17:57 | Egypt

ワークショップもいよいよ終盤の5日目。


今日ははじめてDandashを受けてみることにした。
今は育児休暇をとっているけどスターダンサーのひとり。

しかし・・クラスが始まる時間になっても彼女は現れず・・。ドアの前にはたくさんの生徒が列をなしているのに。あわててランダの携帯に電話をかけるスタッフ。しかしつながらず。

結局20分近く待っても連絡がとれず、クラスを変更または払い戻しすることに。主催者側にとってはかなりの大損害だと思うんだけど、いったい何があったのかDandash?

たぶん寝てたのでしょう。



というわけで代わりに1時からのNourのクラスを受けることに。

DandashかNourか迷っていたのでどちらでもよかったです。

Nourもロシア出身のスターだけど、子供を産んで育児休暇中。

それにしてもNour太った!
まだお腹にベイビーが入ってると勘違いしてしまったほど大きなお腹とぶっとい2の腕の、すっかりどすこい体型になってしまった。ここからほんとうにあのくびれたウエストを取り戻せるのか?

いつも一緒のシンガーの旦那さんは今日はいない。家で育児?


Nourは今まで受けた現役ダンサーの中で一番教え方が丁寧。
踊りもやわらかくて、私は彼女のスタイルとても好きです。
特に腕や指先の使い方などをよく教えてくれました。
彼女に言わせれば


”腕を棒のようにまっすぐ伸ばしたまま踊っていたら、それのどこがオリエンタルなの?”


確かに、彼女の腕や手はサミア・ガマルのようにいつも美しくやわらかく動いています。

振り付けも何とか無理やり覚え、いいレッスンでした。


また年末にカイロにいけたら彼女のプライベートレッスンを受けようかと考えています。



その後は夫おすすめのルブナ。
明るくて笑顔が素敵なおば様。

レッスンもてんぽよくしかも丁寧に何回も繰り返してくれてわかりやすい。
割とシンプルで覚えやすいバラディの振り付けでした。


がんばって最後まで覚えたかったのに、開始1時間半を越えたころからじわじわと胃の調子が・・。
今夜はランダのショーもあるし、大事をとって部屋で休みことに。



そしてナイルマキシムで待望のランダのショー!
もう来る前から一番見たかったのがランダなので本当にこの日を待ちわびていたのです。

この日はナイルグループの主催で特別にナイルマキシムでアスマハーンとランダという豪華二本立て!
食事もついて二人のショーが見られて30ドルなんて安すぎ。

ただし船は動きません。


カメラを持っていかなかったので、写真のランダはちと古いです。

実はDVDでしか見たことなくて生は初めて。

いやあ、とってもよかった。
顔もかわいいし、体が大きくてむちむちぴちぴちとしてすごくいい。
踊りに勢いがあり、ゴムのようにはずむはずむ。
しかも、エジプシャンらしく、力技でなくてちゃんと踊りだけで魅せてくれました。

私は本当に彼女の大ファンになりました。
まだ若いけど、いまやディーナをしのぐ勢いのある彼女です。今はアフランワサハランのフェスティバルでしか見れないけど、来年はナイルグループのガラショーでも彼女が見られるかも?とひそかに期待してます。



続いてアスマハーン。本日はなんとクレオパトラになって登場。

すっごい細かい細工のたくさんの石が付いた帽子をかぶり、まるでカイロ博物館から持ってきたような精巧なファラオ調の椅子にのり、その椅子をメンズ4人に運ばせるというすばらしい演出。もちろんメンズの衣装もすべてファラオ調。

毎回こんなに凝って、いったい演出にいくらかけているのだろう。この人・・・
本物のエンターテナー、そしてサービス精神が旺盛な人です。

ここまで来たら、次はもう小林幸子のように電飾の付いた衣装を着るかワイヤーにつるされて宙に浮くしかない、エジプト版小林幸子を目指してほしいというのが私たち日本人の見解です。


もちろん彼女の踊りもすばらしかったけど、メンズも引き連れず身ひとつで踊ってくれたランダの方に私は感銘を受けました。
大好き。

1度に二人の豪華ダンサーを楽しめる夢のような夜でしたが、じわじわと胃の痛みは進行中。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2007カイロ日記 6/22 "6-October"へ

2007-07-31 22:13:45 | Egypt
ワークショップ4日目。

昨日寝たのは朝の5時半だというのに10時からワークショップ。


昨年たった6人しか生徒がいなかったけどとってもよかったファルーク・ムスタファ。
夫の先生でもある、ダンディなおじ様。


やっぱり今年は生徒数増えて、5倍近くになってる。昨年のあのほのぼのとしたクラスが恋しい・・。
昨年同様クラシックなオリエンタルダンス。10拍子のリズムから始まるどこか懐かしい曲。

ご本人高齢なこともあり、小柄だけどとても踊りの上手なイタリア人のアシスタントを連れてきてほとんど彼女に踊らせていました。
どうやら自慢の弟子みたい。


ファルークは好きなダンサーの好みがはっきりしていて、コンペティションのとき隣に座ったら、好きな踊りをするダンサーのときは
”彼女いいだろ?”
とまるで自分の生徒であるかのようにうれしそうに言い、好みでない踊りのときは
”だめだこりゃ”
みたいなしぐさをして非常にわかりやすい。


私は彼の振り付けが大好きなので、来年もまた出たいです。これ以上人数増えてないといいんだけど。


その後、眠いけど夫の友人の家へいく約束がありがんばって出かける。

”6-October”という名前の新興住宅で、エジプトにしては大変きれいに町並みが整備され、大きなショッピングセンターもある。
(この街の名前は、エジプトとシリアがイスラエルを攻め、政治的にはアラブ側の勝利に終わったとされている1973年の第4次中東戦争が始まった10月6日を祝してつけられたそうです。)


さんざんタクシーで迷って30分くらい。真昼のカイロで車中に長時間いるのはかなりつらい。睡眠不足だしのどがからから。


訪問先は夫の元生徒の夫婦。
最近ベイビーが誕生し、この街に新居を構え幸せいっぱいの若いカップル。
まだ9ヶ月の女の子。めっちゃかわいい。
名前はサマル。空という意味なんだって。


手料理のチキンスープ(お米みたいな形の小さいマカロニが入っていておいしいー)とマカロナ(日本のマカロニグラタンのような料理)、チキンフライ・サラダなどをごちそうになる。どれもおいしいけど、量が多くておなかいっぱい。


いつもはペットボトルを持ち歩いているのにこの日に限って忘れて、のどが乾いてたまらなくて出されたお水をがぶがぶ飲んでしまう。
このとき、


”この水なんかいっぱい浮いてる・・”


と思いつつ、他の3人が平気で飲んでるのに


”コーラにして”


といいづらく、またあまりにのどが渇いていてついついがぶ飲みしてしまった私。


この水が悲劇を巻き起こすとも知らずに、おばかな私。


みなさんは忘れずにペットボトルを持ち歩きましょう



奥様に、レダ舞踊団のステージの写真などを見せてもらいほのぼの過ごす。
一座は本当に世界中でステージを行っている。
イギリス・フランス・イタリア・中国・オランダ・・・そして日本も。
みんなで世界中回れるっていいなあ。




ホテルに帰るとさすがにぐったり。
やっと眠れる。
11時くらいまで爆睡。

目が覚めてホールに行くと今日もコンペティションの続き。
本当に毎日毎日パーティー、パーティー。
今夜もさまざまな国から素敵なダンサーが踊っている。
最後まで楽しんで、部屋へ戻る。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日のショーの写真

2007-07-30 22:51:15 | Weblog

昨日は神戸のショー HABIBI OSAKAに出演させていただきました。ソロとデュエットと踊りましたが、今回デュエットは初めてミラーヤを使ったエスカンダラーニダンスを踊りました!
新しい交流もあり、貴重な時間をすごせました。

上の写真、国際色豊かになってますね。
左から、KEKE オーストラリア・AMIRAアメリカ・HESHAMエジプト・AMANI日本・BANUトルコ
です。

上は楽屋写真
一番前列の3人、左からYASMINさん、LISA文化学院のお二人、いずれも大阪のダンサー
その後ろ、左から大阪のKALILAさん、京都のYUMAさん、角で顔が隠れているAMANI、後ろのお二人は東京のE-Chang&MILAさん、その後ろはいずれも大阪の生徒の皆さんです(顔がはっきり見えなくてごめんなさい)

 

大阪はたくさんエジプト人住んでていいですね。打ち上げには3人もエジプト人がいましたよ。夫も大阪に住んだら毎日楽しいでしょう。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Showのお知らせ ~津市松菱デパートトルコ展ベリーダンスショー~ 

2007-07-25 17:27:00 | SHOW

昨年に続き、今年も出演させていただきます。

お近くの方はぜひいらしてください。

トルコ展 ベリーダンスショー

松菱デパート (三重県津市) 6階催事場特別ステージ

8月15日(水)~17日(金) 13時~   
                                Amani
8月18日(土)19日(日)    11時からと15時からの2ステージ
                                Amani  栗木千恵 榊原恵理 中谷ももえ



なんだかデパートの明るいすぎる照明の中で踊るってのはなかなか慣れないのできついものがありますよ。
お客さんも初めてベリーダンスを見てびっくり!な方が多いですし。

これぞ”The 営業”って感じですね。

でも、昨年は会期中3ステージくらい見に来てくれた人もいるし、今年は2年目だから慣れて来た人もいるかもしれない。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

cairo2007 6/21 長い長い一日

2007-07-25 17:25:23 | Egypt

ワークショップ3日目


午前中はオフだったので、モナさんを道連れに再びマフムードの店へ行く。

やはり昨日見た衣装が忘れられない。ラッキーなことにまだ残っていた!
即購入決定。これぞという衣装ってなかなかめぐり合えないものね。



それにしても衣装はこれで5着目の購入。
もう買わない。



今日はマグディーとアスマハーン。


マグディーはドイツに住んでいるエジプト人で、彼も毎年小松先生のところにワークショップのため来日してます。

とにかく陽気で愉快なおっさん。

クラスも最初からのりのりでスタート。

この日はスパニッシュスタイルの振り付けでした。

あまりにジョークを飛ばしすぎて、疲れないのかなこの人?とやや心配になっていたけれどやはり途中からトーンダウンしていました。
でも、楽しいクラスであることは間違いない。




続いてアスマハーン。

レッスンも気合の入ったド派手な4色使いのレッスン着と高いハイヒールで、オーラをぎらぎらさせて登場。
いつでも気を抜かない人です。



はじめは講義でスタート。
彼女のエジプトでのベリーダンス人生。
また彼女が考えるベリーダンスとは、ベリーダンスを踊るためには何が必要か、などを熱く語ってくれました。


”ディーナになりたい、アスマハーンになりたいなんて思っちゃだめだめ!自分の踊りをしなくちゃ!”


みんな彼女を丸く囲んですわり、真剣そのものの表情で話を聴く。

彼女、カイロで14年も働いてるんだって。
意外にも下積み生活が長くてびっくり。これだけの土台があるから強くたくましいんだなあ。



振り付けはとてもドラマティックな長い曲。

現役のダンサーにしてはかなり丁寧に教えてくれるほうだと思います。が、やはりすべての動きに細かいテクニックが必要で難しい。

途中からあきらめてビデオ撮影に専念する人もちらほらいました。



夜はガラベーヤパーティー。
みんなでバスで大移動して、農村っぽいテーマパークみたいなところでビュッフェつきのショー。
ショーといっても観光客向けなので内容はたいしたことないですが、なんとなく楽しめる感じ。

左からルブナ、フレーズ。


この日の夜はまだまだおわらない。

途中でパーティーを抜けて、バービーマコさんやモナさんらと楽しみにしていたディーナのショーへ。

今彼女ははセミラミスのナイトクラブで踊っていますが、何故か彼女が踊るのは木曜日だけでこの日しかチャンスがなかったんです。


エジプトを代表する大スターゆえ、お値段はちと高め。
食事込みで600LEか500LEといわれ、500にしたけど割りといい席に座れました。
こんなに近くで彼女が見られるなんて幸せ。



それにしてもなかなか彼女のショーが始まらない。

長ーい前座がやっとおわったと終わったらまたシンガーの登場。
どうやら有名な人らしく、歌もうまいけど、時間はもう夜中の3時過ぎ。さすがに眠気が・・。


待ちくたびれてうとうとしたころやっとディーナ登場。

いつもの曲もやってたし最新のポップバラディも踊ってくれましたがやはりディーナはディーナ。
なんというか・・、いつ見てもディーナなんです。

特に演出の工夫とか目新しいものはないけど、そのユニークなテクニックはすばらしいし、やっぱり毎回観たいと思っちゃう。

それに踊りながらのあの表情、仕草・・。
日本人の私たちには残念ながら理解できないものも多いけど、エジプト人の心を表しているであろう表現力が、言葉のわからない私たちにも何かを感じさせるし、またエジプト人の心を捉えて離さないのだと思います。

誕生日の人にはバースデーケーキを切って食べさせてあげるサービスも。この男性、なんて幸せ者!!

終わってからは撮影会もありましたがこちらはSORAYAと違い有料。
やはりすべてにおいて高い・・。


 

終わってホテルに着いたのはなんと5時半。もう朝だよ。
さすがに疲れました。ぐったり。

コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

cairo2007 6/20 Egyptian pan cake

2007-07-25 17:09:51 | Egypt

ワークショップ2日目


午前中は夫のクラスがあるので観にいく。
今年からは彼のクラスは3時間クラスになりました。
去年の3倍には人が増えてる!

フェスティバル全体の人数も昨年よりずっと増えてるから、どのクラスも人が増えてるみたい。

日本人も何人かいます。

私は本日はファリーダのクラスのみ。

彼女も、ダンサーとしても先生としても来日していますが、レッスンを受けるのははじめて。

最初に宣言されたとおり、時間の半分近くは講義でした。でも、とても滑らかな英語でわかりやすくお話してくださり、興味深い内容でした。

その中で印象に残った話をひとつ。


”オリエンタルダンスではアイソレーションという言葉を忘れなさい”

アイソレーションというのは体のパーツパーツを、なるべく他の部分を動かさずにそこだけ動かすこと。


”すべての動きに対して、体に波のようにエフェクトがあるのがオリエンタルダンス。他の部分をとめようとすると、動きは固くなる”

アイソレーションがきれいにできることが重要だと思っていた私には、この言葉には目からうろこでした。

もちろんいろいろなスタイルがありますが、それが彼女のスタイル。

一流の人は自分の確固たるスタイルを持っているものです。ましてや彼女は何年もレダ舞踊団でソリストとして活躍してきた人。

大変貴重なお話でした。




レッスン後は利美さんと再びハンハリーリの衣装屋へ。

Yasserで理想に近いパープルの衣装を発見し、購入。

昨年ここで買ったトルコブルーの衣装がみんなにとても好評で、値段の割にはとてもゴージャスに見えるので今年もここで買おうと思っていたんです。

利美さんも素敵な衣装を購入。

今日はマフムードも開いてました。
ここの衣装も値段はそんなに高くないのにかなりゴージャス。またまた素敵なベージュの衣装を発見し、着心地もぴったりでかなりほしくなったのですが、所持金が足りなくて泣く泣くあきらめる。



その後エジプシャンパンケーキの店でパンケーキを食べる。

とってもおいしい。スモールで約12LEくらいかな。
スモールのくせにかなり大きいです。

私はココナッツとレーズン、利美さんはハニーとバターのパンケーキ。レーズン、山のようにのりすぎ。甘 すぎて途中であきてくるので、2人でスモールかミディアム1つをシェアするくらいでちょうどいいかも。とはいえ私たちは食べきりましたが。

店の外にテーブルがあるため蝿がいい香りに誘われ集まってくる。蝿と格闘しながらの食事。


それにしても、エジプトに来ると炭酸がおいしい。
平気で甘いものに甘いコーラなどを組み合わせている自分がいて怖い。日本では絶対にありえない選択なのですが。



ホテルに帰ったら愛子さんと恵さんがもう帰国の時間だったので見送る。
また来年もおいでー。


夜はホテルのレストランで生徒参加によるコンペティション。誰でも自由に参加できてCDか生演奏か選べます。
生徒とはいえ各国でプロや先生として活躍している人がほとんどなのでいえ、やはりすごくレベル高い。みんな上手で見ごたえあります。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ショーのお知らせ HABIBI OSAKA

2007-07-24 15:37:22 | SHOW
神戸にて。久々にデュエットも踊ります。
ちなみに以下の内容は主宰者ウェブサイトの情報をコピーしただけです。詳細は私ではなく主宰者にお問い合わせください。

<日時>2007年07月29日(1stショー17:30~、2ndショー19:30~)

<場所>兵庫県 (神戸ライヴアクトバー”VARIT" .神戸市中央区下山手通り2-13-3 建創ビルB1F(JR.阪神.阪急三ノ宮駅から徒歩5分))

<出演>
E-chan&Milla(東京)
Hesham&Amani(エジプト・名古屋)
YUMA (アルカマラーニ)
KALILA
YASMIN
AMIRA
KEKE
BANU
MAYA&LISA(リサ文化サロン) 

前売り:::¥3800  当日:::¥4500

*前売りチケットは 開催場所”VARIT"へ直接ご予約のお電話を頂き直接お支払い頂くか(078-392-6655)
HABIBI OSAKAのホームページにてお願い致します!!
(http://www.habibiosaka.com )

申し込みメールを確認後、口座番号をお伝しお振り込みして頂く形となります。お振込明細書を当日お持ち下さいませ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

cairo2007 6/19 TITO!!

2007-07-24 15:33:16 | Egypt

今日からワークショップ開始。

最初はエジプト人のKAZAFYの2時間クラス。
レダ民族舞踊団出身らしく、バレエ的要素の濃いスタイル。
教え方は丁寧ですが、厳しい。
余計なおしゃべりは厳禁、てんぽよくどんどんと進めていく、充実感のあるクラス。
ハッガーラをたくさん使った可愛いベドウィンダンスを教えてくれました。
特によかったのはテクニックのレッスン。前・後・左右・斜めと舞台を広く大きく使う方法を教えてくれました。
彼いわく”それぞダンス”
ただ一箇所でくねくねしているのはダンスではない。
その辺の意見もレダ舞踊団出身の人に共通した意見です。



続いて大スターのTITO

昨年も受けたけど、毎年受けたい楽しいクラス。
はっきりいって、彼くらいのマッスルがないと完璧にこなすのは難しいテクニックが多いですが、振り付けも好きだし、何より踊っているTITOを観るだけでも楽しい。
大人気で満員のクラスでした。


そんな素敵なTITOを、私たちは11月に名古屋に呼んでショーとワークショップを行います!
彼にとってははじめての来日。
詳細はもう少しお待ちを!


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

cairo2007 6/18 フェスティバルの始まり

2007-07-24 15:25:25 | Egypt

今日はフェスティバルのワークショップのレジストレーション。

朝食後受付の場所に行くと、たくっさんの人。既にバザールも始まっている。

受けたいワークショップは既に決めている。

なんと、アイーダヌールは既にインターネット予約だけでいっぱい(120人以上)でもう取れない!私はなんとか受付可能でしたが、何人も受けられない人がいたとのこと。
いやはやすごいですねえ。アイーダ人気。

私たちも来年もまた名古屋にアイーダ呼びます!

 

受付終了後に衣装をチェック。
去年より種類は増えてますが正直質はそんなによくない店が多いような・・

 

お昼には愛子さんらを連れてまたコシャリ屋さんへ。
今度はLサイズにしましたがぺろりといけました。
めぐみさんたちもコシャリがすっかり気に入った様子。
特にここのコシャリはおいしいと思います。


またバザールを見たあと部屋でのんびりしていたらうとうとしてベッドへ。
気がつくと8時半。
やばい。あわててオープニングガラショーに出かける準備。

既にサイーディ隊が演奏しながらみんなを踊りに巻き込んで会場へ向かっている。
アイーダも踊る。

今年はファッションショーもなくスムーズにショーがはじまっていい感じ。

まずはエジプト人のファーティマ。若くてかわいい。
この衣装はちょっとやりすぎ感があるけど・・。

踊りは昨年よりちょっとよくなってるかも。

ファーティマの前に座っているのはご存知大御所マフムードレダとファリーダファフミ

TITO。ダンサーに誘われて踊る踊る・・。

続いてはまたまたエジプト人のハナーディ。

写真はありません。

私の感想ではちょっとディーナに雰囲気似せてる感じがする・・。見た目も踊りも。



最後はアルジェチーナのアスマハーン。

いまやカイロでは押しも押されぬ大スター。
完全に全ステージを持ってちゃった感じの存在感。
いつもながらすばらしく凝った演出。
今日も4人のメンズを引き連れてまずは白鳥になってゴージャスに登場。羽をいっぱいつけたような真っ白な素敵な衣装でした。


つづいてはメンズとおそろいのスーツを着て登場。最初はシンガーのおばちゃんかと思っちゃいました。ところがどっこい、これが衣装に早代わり。

その後も2度ほど衣装を替えて、会場を大いに盛り上げました。

やっぱりすごいなあアスマハーン。

久々に彼女を見れて感激。



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

cairo2007 6/17~ Wonderful Soraya

2007-07-23 18:01:15 | Egypt

ホテルの朝食はビュッフェ。パンの種類も豊富でおいしい。

 

でもコーヒーはトルココーヒーを薄めたような味でいまいち。 この国はコーヒーといえばトルココーヒーかネスカフェで、あまりおいしいコーヒーを飲むことは期待できないんです。特にアイスコーヒーはまず出会えない。(今年も日本について一番にしたことはおいしいアイスコーヒーを飲むことでした。) だから夫も日本に来てからはじめてコーヒー通になったもの。

 

 昨晩遅くに着いた生徒の愛子さん、めぐみさんとも合流。二人とも元気そう。

 

昼近くに、夫の2番目お姉さんの家を訪ねる。夫婦二人ともとてもやさしくて大好きです。この日はサウジアラビアから1番上のお姉さんも遊びに来ていました。みんなで手料理をごちそうになる。やっぱりターメイヤは家庭の手作りが一番。おなかいっぱいいただきました。お姉さんの家で仮眠をとらせてもらい、夕方ホテルへ。

 

夫は町へタブラを買いに。 私はモナさんと再びハンハリーリの衣装屋へ。目的はマフムードとYasserで、どちらもかなり有名で質もいいお店。時間が遅かったので残念ながらマフムードはしまっていて、Yasserでは目的の衣装が見つからず。アイスクリームを食べて帰ることに。2LE。エジプトのアイスクリームってなんでこんなにおいしいのでしょう。濃厚で。この日はストロベリー

 

 戻ってシャワーを浴びてから、モナさんとバービーマコさんと3人でシェラトンのナイトクラブにSorayaのショーを観にいく。 どこのホテルのナイトクラブでも毎晩必ず誰かのベリーダンスショーをやっています。ただし、いい人が観たかったらちゃんと調べることが必要。チャージは飲食代別で150LE。高くない。 ショーの開始は11時半、最初の2時間くらいはさえない歌手の前座が延々と続く。ほとんど誰も聞いていない。1時半ごろようやくSoraya登場。

Sorayaはご存知、エジプトのスターの一人でブラジル出身。
生で観たのは3年前のアフランワサハランのガラショーが最後でした

以前よりだいぶやせた。

元気はあるけど、そんなに印象は強くなかったのですが・・彼女だいぶ変わりました!
パワフルなのは相変わらずなのですが、それに大人の女らしさが加わってますます素敵になっていた。
しかもどこも手抜きせず一生懸命踊ってくれて、3人ともかなり心打たれました。

選曲も、Abdel Halim Hafezなどの古典的なものを中心にしていて、とってもよかった。



軽く食事して、コーヒーなど飲んで、一人あたり220LEくらいでした。こんなに安かったのに本当に大満足のステージでした。

ステージ後は気軽に一緒に写真も撮ってくれました。


Sorayaですが、彼女はかなり小柄です。150センチそこそこしかないんじゃないかな。だから、いつもすごーい高いヒールをはいて踊っています。
よくあんなのはいてあんな激しく踊れるなと感心してしまいます。

ディーナは大きいので裸足。エジプト人のベリーダンサーは、小柄な人は大きく見せるために高いヒールをは
いて踊り、必要のない人は靴をはかず裸足で踊る人が多いようです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加