ベリーダンス・スタジオAl Amalのブログ

名古屋の千種・今池徒歩3分にあるベリーダンススタジオ・アルアマル主宰・Amani(アマーニ)のブログ

暑さで・・??

2008-07-29 22:18:49 | Weblog
今日は、すごく久しぶりにバリスタイルマッサージに行ってきました。約1年半ぶりです。
体中すっきりとして癒されましたー

ここのお店、生徒さんの一人が常連なので、オーナーの女性が前回の発表会に来てくださって、しかも声をかけてくれたそうなのですが、全く覚えていません。なんてことでしょう。 


こんなぼけぼけは暑さで更に度が増しているようで、先日はショーの次の日起きたら財布が見つからない。
帰りのタクシーに忘れたのかな、と思い、タクシー会社に問い合わせ。
念のため交番にも行ったら、見つかりました。道に落としてしまったらしく、ちゃんと届けてくれた方がいらっしゃったのです!道に財布を落とすなんて、酔っ払いじゃあるまいし、何でそんなコントみたいなことをしてしまったのか。それにしても、人の親切さに感謝です。

おまけに、今日は四日市のカルチャースクールの、お盆休みの日の振り替えレッスンだ、と思ってはるばる四日市まで出かけたら、なんとレッスンありませんでした!!!
きちんとスケジュールチェックしたのに、そんなはずない、と思ったのですが、私のチェックしたのは名古屋の栄教室のスケジュールで、同じ系列のスクールでも教室によってお休みが違うのでした・・。というか、四日市クラスだけ、ビルの都合で他の教室とお休みが違うようです。

せっかくの丸一日オフだったのにショックですが仕方ありません。

ともあれ、今日は平和にのんびりできました。

毎日暑いので、あまり無理をせず、きちんと食べて夏を乗り切りましょう。










コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

本日は

2008-07-24 23:22:49 | SHOW
名古屋駅のホテルアソシアで踊らせていただく仕事がありました。

買ったばかりのコスチュームを着た写真を今日こそ撮ろうと思っていたのにまた忘れてしまいました。

代わりに、いただいたお花をのせてみました。ひまわり。夏の花ですね。
お部屋が明るくなりました。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

カイロ日記2008 その8

2008-07-19 23:59:12 | Egypt

6月20日はファリーダファフミとルブナのWSを受けました。

ファリーダのクラスは大好きなので絶対受けようと決めていました。

いろいろ心に残るお話の中でひとつ。
ベリーダンスのエナジーはどこに置くのか、という質問に対して

と答えていました。
「オリエンタルダンスの動きはすべて腰から始まる」

とも言っていました。

リーザラジーザはベリーダンスのエナジーはに置くといってました。

「お客さんは腰ばっかりみてるわけじゃないのよ。胸を高く、オープンにしておかなくては」


また、ベリーダンスのすべての動きの”はじまり”について、アメリカ人のライラは腰ではなく、別のパートを言ってました。おそらく、説明したいことはファリーダと同じだと思うのですが、外国人のライラだからこそ見つけた、外国人がエジプト人らしく踊るための秘訣なのかな。と思いました。


こうやって、エジプト人と外国人との説明の違いを聞くのも面白いです。


夜はグランドハイアットのナイルクルーズ船にナンシーの踊りを観に行ってきました。

グランドハイアットも初めて。ナンシーも初めて。
グランドハイアット豪華ですね~
普通の部屋でも一泊4万くらいしますよ。ああ、泊まってみたい・・。

そしてなんとホテルのレストランで名古屋の金のしゃちほこ発見だがやー。



お料理はビュッフェでとっても豪華なんです。スイーツも種類豊富。



バンドなしでカラオケで歌う二人組の歌手のあと、

ナンシー登場。

きゃあ~かわいい。ナンシ~!! でも、楽団少なっ!!



顔、すごくかわいいです。身体もとても美しいです。おっぱいも絶対本物っぽいです。

見た目も踊りもすごくやわらかで大好きなタイプです。しかも、あんまりがんばりすぎていない、少し力のぬけた感じがいいですね。 

ちょっと踊って、あとはずーっとアサヤでお客さんとの絡み。もっと観たかったなあ。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

カイロ日記2008 その7

2008-07-17 11:53:44 | Egypt
エジプトのファーストフード、コシャリでございます。

ホテルから歩いて10分くらいのところにおいしいコシャリ屋があり、3日に一度は通っていました。
普通サイズで日本円にして60円位。
早い、安い、おいしい、の3拍子揃って、日本でいうところの牛丼みたいな感じかな。
お酢をかけて食べるところもまた私好みです。

炭水化物の宝庫なので、太りたい方は毎日コシャリを食べるといいでしょう。
またコーラに合うんだ、これが。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カイロ2008その6 カイロ空港にて

2008-07-13 23:19:54 | Egypt
本日はカサブランカにてショーでした。(見に来てくれた生徒さん、スペシャルサンクスです。)ここで踊るのは実に5年ぶりくらいでしょうか。

とても素敵な場所なのですが、狭い場所で踊るのが本当に苦手な私です。今日は日曜だし混んでいたわけでもないのに、満席になったらどうなってしまうのでしょう?
がんばります



WSのお話は今日はお休みです。

ひとりで帰国した、カイロ空港でのお話。チェックインをおえ、搭乗を待っていた時、目の前に座っている男性二人が、こちらを見ながら

「スィーニーヤ(中国人)? ヤバニーヤ(日本人)?」

とアラビア語で議論しています。
アラビア語はほとんど話せませんが、それくらいの会話なら理解しているのよ、私は・・・
と思いながら何気ない顔でいると、ついに英語で

「あなたはどこから来たの?彼は中国人、僕は日本人だと思うんだけど・・。」

ときいてきました。
日本人だと答えると、

「日本料理、おいしいよね。特に豆腐が好きなんだ」
とのこと。
彼らはインドでビジネスをしているアラブ人で、これからドバイ経由でインドに帰るそうです。

「ひとりでエジプトに行ったの?」
と聞くので、

「夫もいっしょだったが彼はもう5日ほど滞在する。」
といったら

「なぜだ?」
と、この日本人女性に興味津津。

カイロではたいてい夫がエジプト人だという事は云いません。だって、言うといろいろ聞かれて面倒くさいし、ましてやベリーダンスを踊っているということも必要がない限り言いません。

が、聞かれたので、彼の母国だからだと答えました。

搭乗までわずかの時間ですが、すこしお話をしたら、

「インドに来る時があったら案内するから連絡して。」
と名刺をもらいました。

はたしてこの電話番号に連絡することがあるのか?

世の中いろいろあるから、いつかあるかもしれません。

そして、このあと飛行機の中で寝たふりしているのにしつこく隣席の人に話しかけられたのは前述したとおり。どうやら、一人旅の女性というのは話しかけやすいみたいですね。









コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カイロ2008 その5

2008-07-09 22:57:34 | Weblog

6月19日は午前中ヨースリー、午後はライラを受けました

ヨースリーがカイロのフェスティバルで教えるのは久々なので、世界中から彼の取り巻きがわんさかと来ていました。

ヨースリー、フェス期間中ホテルでいつ見かけても取り巻き女性にかこまれていました。さすがです。

振り付けは相変わらずドラマティックだし、なによりいつも以上にエネルギーにあふれていました。3時間のレッスンがあっという間に過ぎた感じです。


ライラはオープニングで踊った美人のアメリカ人。
ルブナが 

「ライラはアメリカ人だけど完璧なエジプシャンスタイルで踊れるし、すごく賢いよ。」

と言っていたので、楽しみにしてました。

舞台では強さを感じたけれど、近くで見ると割と華奢で、表情もあどけない感じです。

最初の1時間はテクニック、残りで短い振付をおしえてくれました。彼女の振り付けは派手さはないけれど、とても高度なテクニックが必要で、勉強になりました。

ネイティブの英語なので聞き取るのが大変だったけれど、いろいろと心に残るアドバイスもあたえてくれました。

なんだか彼女のこと、好きになりました

 

夜はマリオットにソラーヤを見に行きました。
ソラーヤはとにかくパワフルで、1つの衣装ですごーく長い時間踊ってくれます。しかも一度も手を抜かず、ず~~っとパワー全開。その体力に脱帽です。

シミーがすごすぎて、腰がくだけそうでちょっと怖いです。





テクニックはもちろん素晴らしいのですが、彼女の場合、その一生懸命なひたむきさにいつも感動します。

少しだけど歌も歌っていたし(すごく綺麗な声)、タブラも叩いてたよ。

それにしても客のおっちゃんたちのやじがすごかったです。常連なのか、踊ってる最中に何回も彼女に声をかけて自分の近くに呼ぼうとするし。特に、上の写真に後頭部だけ写っている髪の薄いおっちゃん。

ステージの目の前にあるVIP席ではそれとは対照的に、まだ若そうな男性数人が静かに酒を飲んで鑑賞していて、踊りが終わるとすぐに帰ってしまいました。青年実業家ってところかしら。かっこいいです。

 


 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カイロ2008 その4

2008-07-06 19:14:18 | Egypt

6月18日は、来日したこともあるLiza LazizaのWSを受けてみました。

振り付けはなくテクニックばかりのクラスです。振付のクラスも大好きですが、たまにはじっくりテクニックを再確認することも必要なので、こういうクラスも好きです。

Lizaはイラン系で、確かイギリスに長く住んでいたと思います。ちょっと下ネタ多めでしたが、わかりやすくていい先生だと思います。


夕方からハンハリーリにでかけ、衣装屋を少し見てから、スルタンゴーリーのマドラサで無料で開催されるスーフィーダンスショーをみてきました。


ナイルクルーズなどいろんな所でスーフィーダンス(タンヌーラ)は見られるけれど、ここのは別格です。いつ果てるともわからないくらい長い時間回り続けていて、回っているのはなんでもないおじさんなんだけど、とても神々しく、感動します。

 スーフィーダンスのほかにもタブラやミズマール、レク、サガットなどを使った演奏も素晴らしいです。 しかも無料で見られので、水・日と開催されているけどいつも満席です。
でも会場は風が通らなくてとにかく暑いので汗だらだら。うちわや扇子を持参したほうがいいと思います。


ところでハンハリーリと言えば・・・必ず行くお気に入りのカフェがあります。

ハンハリーリのオアシス的存在の高級ターキッシュカフェ

ベリーダンスコスチュームショップの”ヤセル”から、さらに奥地まで、曲りくねった道を進みます。すると、突然目の前にハンハリーリに似つかわしくない、セキュリティシステムとドアマン付きの豪奢なドアが現れます。

一歩中に入ると、うるさい視線や物売りの声もなく、冷房が効いて涼しく快適。
いっときでも喧騒と暑さから逃れられる、まさにオアシス 。

客はほとんど外国人です。

内装もかなり豪華です。

ここでいつもエジプトの名物スイーツ ”オムアリ” を食べます。

見た目グラタンみたいでしょ?

ここのオムアリは甘すぎずとってもおいしいです。
コーヒーも種類豊富で、トルココーヒーだけでなくフィルターでいれた普通のコーヒーもあります。

ちなみにこのカフェ、メナハウスホテルのグループらしいです。

皆さんもハンハリーリに来たら行ってみて~

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加