庭の花たちと野の花散策記

山野草大好きの自称「雑草」。植物大好き人間、略して「植物人間」の庭の花と花を訪ねての散策記です。庭に来る鳥や昆虫も紹介。

パフィオペディラムがついに咲く。クリスマスプレゼントこそ最高の贈り物

2021年01月01日 | 庭の花たち

12月31日ついにパフィオペディラムが咲きました。

2018年1月末に購入した時の花と比較するとまだ黄色い部分がかなり緑色がかっています。少しずつ緑色が抜けてまっ黄色に変わってゆくと思います。この時は格安でしたのですでに開花してから日数が過ぎていたのでしょう。

12月30日、撮影条件は違いますが1日前の花色はさらに緑色がかっています。開花後は日に日に緑色が薄れてゆき黄色が濃くなってゆくものと思います。
この花の名は当時の名札によりますとPaphiopedilum Lime dawn(パフィオペディラム ライムドーン)と言います。Lime(ライム)とはレモンに似た柑橘類です。雑草はまだ見たことがないのですが、レモンによく似ていてレモンよりやや小型だそうです。dawn(ドーン)は夜明けですから、花の色が夜明けのライムのような爽やかな色をイメージして名づけられたのかなと思います。


前回12月19日は花弁の先端の白い部分が見えてきて、苞に包まれている部分が伸び始めていることに気づいたところまででした。

12月20日 苞の部分を見てみると花径がかなり太っています。この太い部分は子房と思います。花より下に子房があるので子房下位です。よく見るチューリップや梅の花などは子房が花の中にある子房上位です。パフィオなどは子房下位でした。

12月21日 毎日晴れの日が続くので、陽のあるうちは縁台の上において元気に丈夫に育つようにこころがけていました。
それでも陽が落ちると急に冷えてくるので注意が必要です。

12月22日 もう偕楽園では紅梅が最多はずだと思い偕楽園の拡張部、田鶴鳴、猩々、窈窕梅林を見てきましたら4本ほど紅梅が咲いていました。今シーズンは11月中下旬に最低気温が零度以下になることがないまま12月中旬になってしまい、梅の開花が遅れていました。ところが12月16日から北陸などで大雪になる寒波が襲来し、寒くない初冬が急に真冬並みの気温になったのでもしや梅が開花したのではと思ったからです。
紅梅の最初の開花確認は11月29日だったそうです。この時は1本だけで、気温が1℃ちかくまで下がったことがあり、そのことが咲くか咲かないかの瀬戸際で、1本だけ咲いてしまったということと思います。このように今冬の初めは極端に寒い朝が無かったので、パフィオにはよかったのですが、突然の寒波には緊張しました。

12月23日パフィオの簡易温室
ちょうど良いタイミングで、家内がマットレスが硬いというので交換してもらいました。この時マットレスを梱包していたポリ袋を業者が持ち帰らなかったので、簡易温室を作りました。室内でも5℃以下になる我が家ですから寒がりのパフィオにとってはどんなにうれしいことだったか結果はすぐに現れました。

12月24日 日中は簡易温室に入れて日に当てておいたところ、蕾が急に大きくなってきました。パフィオへの素晴らしいクリスマスプレゼントになりました。

12月24日 クリスマスイヴ礼拝
ちょうどその夜はクリスマスイヴ礼拝でした。初めてのYOU TUBE配信による家庭に居ながらの素敵なイヴ礼拝に参加しました。

12月25日 今日も晴天です。温かい日差しが温室の中にたまってとてもうれしそうなパフィオです。

12月25日の午後、ついに花弁が開き始めました。北風と太陽のお話しのごとくです。

12月26日 白い花弁が開いて、中から両側に開く花弁がよく見えるようになりました。

花の構造は下から順に 1苞 6子房 2下萼片 3背萼片 4側花片 5唇弁(スリッパ状) そして唇弁の奥の方に雄しべ、雌しべなどがあるのですが、これは仮雄ずいに隠れて開花しても見えにくいです。ということで白い花弁は背萼片といい、両側に開く花弁は側花片というそうです。

12月28日 スリッパが見えてきました。
Paphiopedilumは パフィオ=ビーナスとペディラム=サンダルのことです。
  唇弁の形がビーナスのサンダル、スリッパに似ていることからつけられた名前です。

12月30日 ついに大きな花を咲かせることができました。
クリスマスプレゼントこそはパフィオにとっても私たちにとっても、この世で最高の贈り物なのですね。


パフィオペディラムを咲かせることができるか

2020年12月19日 | 庭の花たち

パフィオペディラム ライムドーンの蕾がだいぶ大きくなってきたが、すでに例年なら1月の寒波がもう来ていて、隙間風の多い我が家で花を咲かせることができるのか心配です。

このパフィオについては先に2019年2月15日に「初めてのパフィオペディラム 無謀にも何の予備知識もなしに」に書いたものの続きです。

2019年1月31日に植物公園の売店から咲いているものを連れてきました。


2019年6月24日 しおれた花
花は長い間しおれることなく6月下旬まで咲いていたのでした。
通常1か月くらいだと聞いていましたが、我が家に来てからでも4カ月と20日ほど花を楽しませてもらいました。これは我が家が寒いので花が長持ちしたのではないかと思います。
花が終盤になったころに買ったときの角鉢からひとまわり大きい丸鉢に植え替えました。
購入した時の土はバークチップで、細い根が絡みついていたので、そのまま使用することにしました。土の不足分は庭の梅の木を切ったので、やや大きめのチップにして鉢の底に入れ足して、バークチップとパフィオの株をほぼ崩さないようにしてその上に載せました。
鉢に使用したのはプラスチックのごみ入れで底なしです。水抜き穴を横腹につけて、下部には水が溜まりますが、横腹の水抜き穴より上はバークチップなので通気性もあるのでランにはちょうど良い状態に保てると考えました。ずぼらな雑草はこうでもしないと、水やりがおろそかになって枯らしてしまうからです。


2019年10月16日 この鉢を気に入ったのか夏の間中元気に葉を出し続け新しい株もできました。

新しい株から、葉なのかそれとももしかして花芽なのかわからないが出て来たようです。花を期待したのですが、なにしろ初めての事なので花のか、それとも花芽なのか判断できませんでした。
年が明けるまで成長を待っていたのですが、冬の間は一向に伸びるけはいがなくて、結果は花芽ではなかったのでした。

2020年5月 季節が温かくなってきて動きが活発になってきたようです。
夏の間中葉が次々に出て来ました。

2020年10月8日 花が咲いていた株は葉が枯れましたが、ほかに6株増えました。

ひとつの株から葉ではなさそうなものが出ていることに気が付きました。花芽かも。


2020年10月14日 花芽とはっきりわかるようになりました。花芽の成長は葉よりもはるかに早くみるみる大きくなってきました。

10月23日の花芽

10月29日 パフィオは直射日光では強すぎるということですが、気温が下がったので成長がとまるよりは、太陽で温めてやろうと毎日縁台に出しては直射日光を当てました。日焼けを起こすことは有りませんでした。

購入した時には花径を支柱に縛り付けて、直立していたのですが、自然のままの姿にしようと支柱は使用しないことにしました。
そのため花径が斜めになっています。大きな花になった時には支柱が必要になるかもしれません。


11月5日 蕾に凹凸がはっきり見えるようになってきました。
苞が蕾を開放する準備のようです。


11月11日 蕾の上側からかぶさっている苞が開き始めました。




11月16日 白い花弁が見えてきました。 黄色い花のはず。これから黄色くなるのかなと思ったら、花弁の先端は白色なのでした。


11月27日 前に咲いた花柄と同じ高さになってきました。10月に花芽が出始めてからまもなく2カ月になります。花芽の成長が遅いように思います。やはり気温が低すぎるのでしょう。温室もないし、夜は寝室に置いても朝方はかなり冷えます。


12月6日 イタリアレモンの実生苗とパフィオ
どちらも寒がり屋なので、日中は縁台の上で日光浴。特にパフィオは陽があるうちに部屋の中へ入れます。

苞と蕾が離れてきました。苞より上の花茎が伸びています。

12月12日 蕾の下側が離れてきました。


12月19日 購入した時の葉はすべて枯れました。右下の大きい葉の下の黒っぽい枯れた葉
昨年出たはも1枚枯れました。5時方向の黄白色の葉
1月に花が咲いた株の葉は、その年の夏から秋にかけてほぼ枯れてしまうようです。
花が咲かなかった株は翌シーズンの秋まで枯れないのでしょう。
今蕾のついている株の葉は、緑色に少し黄色みがかっているので、花が終わると枯れ始めるようです。

温室などで気温を高めに保てはすぐにでも咲きそうな気配です。
でも温室の無い我が家では朝夕の冷え込みで遅々として開きません。
温度が足らないためにこのまま成長が止まってやがて枯れてしまうのか、それとも何とか咲いてくれるのか、心配です。



ミセバヤの紅葉 花と紅葉2度見せる

2020年12月05日 | 庭の花たち

ミセバヤの紅葉 今年は見事に発色

花の時にも決して劣らぬ美しさに毎日見とれています。

ミセバヤの名前の由来について調べてみました。
公卿 柳原紀光(1746-1800)の随筆 「閑窓自語」植物部十七 草六に以下のようにあることがわかりました。
「故民部卿入道為村卿かたられしは、今世にみせばやといへるくさ鎮火の種をうゑもてあそぶ、これはかの卿の父、大納言為久卿の和歌の門弟に、吉野山の法師にてあなるが、奥山にて見侍りしくさとて、和歌をそへて贈りし、そのうたの句に、君にみせばやとの詞あり、これによりて見せばやとなづけおくよし、為村卿の返事ありしを、たしかにみられけるとなむ、」
冷泉為久(1686-1741)は江戸中期の公卿・歌人である。為村はその子で同じく公卿・歌人。
高野山の法師が、歌の師である冷泉為久に「君に見せばや(見せたいものだ)」と送ったとも言われているようです。
吉野山に生えていたのでしょうか。それとも高野山でしょうか。
奈良県ではヤマトミセバヤというのがあるそうです。

10月に咲いたミセバヤの花です。
10月の花と12月の紅葉と2回も楽しむことができます。吉野山の法師は花の時にみつけたのでしょうか。それとも紅葉の時か。
もしかしたら、花と同時に紅葉していたのでしょうか。
庭のミセバヤは葉のふちが濃色なので、カラスバと言われているものかもしれません。
ミセバヤの主な種類は ミセバヤ、エッチュウミセバヤ、ヤマトミセバヤ、ヒダカミセバヤのほか、カラフトミセバヤ、アポイミセバヤなどがあるそうですが、庭のミセバヤがどれなのかはわかりません。
時間と気力のある時に調べてみようと思います。



偕楽園の梅開花とミニバラグリーンアイスの貫生花

2020年10月16日 | 水戸の梅

ミスター偕楽園こと吉田雅夫さんから梅の開花情報を頂戴して、夕方出かけてきました。8輪ほど咲いているとのことでしたが、視力の弱った雑草は2輪見つけるのがやっとでした。

通りがかった方に助けていただいてどうにか4輪探すことができました。

梅が開花した場所は、田鶴鳴梅林の中の東よりです。田鶴鳴橋から石段を下りて来て、園内の通路と合流したところです。興味のあるかたは上の写真を参考にしてください。背景に見える橋が田鶴鳴橋です。
10月13日に6輪咲いていたのを確認したそうです。昨日は8輪になりましたが、今日16日は7輪だそうです。

この梅の木は昨年も10月に開花しています。品種名については定かではありませんが、超早咲きの初雁ではないかと思います。白梅で早咲は冬至梅が知られていますが、冬至梅よりさらに早咲きで花が小ぶりなことなどからそう思いました。

ここに咲いていると教えてくださった吉田雅夫さんです。他の梅の木にも咲いているかと園内を探したが、まだこの1本だけしか見つからなかったそうです。紅梅が咲いたらまたお知らせくださるとの事でした。
 また園内のお客様にお聞きしたことですが、昨年10月に玉簾の滝近くで咲いていたということです。機会があったら行って見たいですね。


次はミニバラです。
先日うーちゃんがフェースブックに載せたミニバラの花の中心が緑色だったので、もしかして花の中に葉っぱが出ていませんかとコメントしたら、今夜貴重な花を切り取って届けてくださいました。
花は小さいけれど八重咲の白がとっても美しいバラです。

花の大きさがわかるようにミカンと一緒に撮りました。

花の中心を接写してみて驚きました。1~2枚の葉かと思っていたのですが、たくさんの葉があるようです。花の中心に葉が生じるものにはサクラでは一葉とか普賢像で見られますが、桜の場合は1~2枚でシベが葉化したものです。

角度を変えて見ると7枚以上あるようです。

さらに見る角度を変えてみたら、驚きました。蕾のようです。
花の中心からまた花が咲くかもしれません。
このように、2段に花が咲くのを貫生花というそうです。ぜひ2段咲きしたグリーンアイスの花を見てみたいものです。切り花にしたこの枝で咲かせることができたらよいのですが無理のような気もします。
うーちゃんのお庭で咲いたらまた見せていただきたいですね。


コメント (4)

徳川ミュウジアム松の後継樹つくり余談 ダイオウショウ テーダマツ モミの発芽

2020年09月25日 | たのしい自然観察

2018年11月播種 2019年2月発芽 テーダマツの2020年9月現在の姿

拡大して見てみると、葉が3本束生しているのがわかりました。これはテーダマツに違いないと確信しました。

 さて、
 2018年のことです。樹木医の方から徳川ミュウジアムの松の後継樹を作る話があるというので、どうしたものかとお話しがありました。
 後継樹なら、接木か実生苗を作ることになる。そこで接木と実生苗つくりの知恵をもった私が盆栽の師匠と仰ぐ盆栽屋さんを紹介しました。
 前年、2017年にミュウジアムの展示物を見学した時に、回廊でこの松の木の説明を見ていました。
 「ミュージアムの新館と本館をつなぐ回廊前の中庭の中央にある「松」は、第13代当主國順(くにゆき)の弟でサンフランシスコ条約調印の全権委員であった徳川宗敬(むねたか)によって記念に持ちかえられたもので、静かに年輪を刻んでいます。」とあり落ち葉を見てダイオウショウであると確認していました。
ところが、いざ後継樹をとなり、あらためて樹種を確認すると、ダイオウショウとテーダマツの2種が1本ずつあることがわかりました。

左奥の回廊側がダイオウショウで、右手前がテーダマツです。 人影からもいかに大きな松の木であるか想像できます。推定樹齢は約70年。テーダマツは特に成長が早く、またマツノザイセンチュウにも強いということで日本でも研究されています。
 テーダマツの種の採取時期を検討するためにネット情報を見たら「受精した雌花は翌年の春に球果を熟す。球果は乾燥によって開閉を繰り返し種子を散布する。」と春に熟すとありました。日本の松が秋に熟すのとは違うのかと迷いました。そこで森林研究所にメールで問い合わせたところ、「米国の文献情報では、テーダマツの種子は10月中旬頃から11月に散布される。種子採取の時期は、球果が開き始めた頃に採取する。日本のアカマツやクロマツでもほぼ同様の時期に種子が散布される。研究所では、10月以降に種子を採取する。」との回答をいただきました。
 急いでミュウジアムと日程を調整してもらったところ11月21日と決まりました。ミュウジアムの中庭に入るとダイオウショウは盛んに種を散布していて、風に乗ってひらひらと落ちてきている最中でした。

ダイオウショウの種。中央は落ちてから日にちが経過したと思われる。
 しかし、テーダマツは散布時期が過ぎたのか、やや古びたマツカサが落ちているだけでした。何度も来ることは難しいので、その場で落ちているマツカサから種を取り出し、また落ちた種を探してみました。

テーダマツの種探し。

芝生や茂みを丹念に探して見つけたテーダマツと思われる種

 これらの種を早速鉢に蒔いたところ、ダイオウショウはほぼ1週間で発芽しました。


発芽したダイオウショウ。
 ところがテーダマツは全く芽が出てきませんでした。じつはダイオウショウも種を採取した翌日に蒔いた種は発芽したのですが、数日後に蒔いた種は発芽しませんでした。
12月7日にはテーダマツの種を再度さがしましたがすでに時期を失していたため、発芽有望な種は見つかりませんでした。そのあとで後継樹の苗木を植える候補地を検討するために、一般人は入ることができないミュウジアムの森に入りました。


テーダマツの種探し。

森に入り後継樹植栽場所検討。下は偕楽園の窈窕梅林と月池、四季の原。
ダイオウショウの実生苗は順調に成長していましたが、テーダマツの今シーズンの発芽はないかもしれないので、来シーズンに種を採取することにしました。

ところが、ダイオウショウとは雰囲気が微妙に違う発芽が1月と2月になってからありました。画像はそれぞれ発芽後ほぼ1か月のものを並べて比較しやすくしました。

ダイオウショウの実生苗 背が低い。初生葉が小さくほとんど見えない。

2月に発芽。    背が高い。初生葉がよく見える。・・・このあと葉の先端の2裂でモミと判明。残念。


3月に発芽     背が高いが、初生葉が小さくほとんど見えないところはダイオウショウ似。
もしかしてテーダマツかもと期待がかかったが、5月になったらアカマツのような感じになってしまった。

5月 残念全く別物か。
テーダマツが失敗したので、再チャレンジすることになりました。

 そこでテーダマツのマツカサの採取時期について、後継樹を請け負った樹木医とミュウジアムで都合の良い日を決めていただいたのですが、互いに忙しくて都合がなかなか合わずに8月末に決まりました。ちょっと早すぎると思ったのですが、大丈夫だろう、ダメなら改めてもう一回採取しようということになりました。

2019年8月 テーダマツのマツカサ採取
採取したマツカサを乾燥して種を採ろうとしたのですが失敗でした。やはり早すぎたようです。そこで再度マツカサ採取を試みたのですが、日程打ち合わせに手間取ったり、決めた日が雨降りだったりして困ってしまい、ついには実生苗をやめて苗木を購入すうよう申し出ることになってしまいました。
ダイオウショウは発芽後の成長が遅く、茎は発芽時から数年はほとんど伸びないので、実生苗を植栽するまで数年かかること。また植替えを嫌うので、苗を購入したほうが確実であることから提案したもののようです。

せっかく後継樹つくりということで意気込んでやってきたことがすべて無駄になってしまいました。盆栽の師匠にこのことを連絡して浮かない気持ちになったわけです。


そこでふと3月に発芽した実生苗を見ていたら、今年出た葉が何と3本束生しているではないか。もしかしてこれはテーダマツ?
 
 テーダマツの実生苗はダイオウショウの実生苗に風情がよく似ているのではとの間違った先入観があって、これはテーダマツの可能性は全くないと勘違いしていました。今更ながらネットでテーダマツの実生苗を探してみたら、ダイオウショウとは全く姿が違って、3月発芽苗の現状の姿によく似ていました。

更に2年前の写真を眺めていてびっくりしました。ダイオウショウもテーダマツも葉が3本束生しているのですが、
ミュウジアムの落ち葉の中にはかなりの頻度で4本束生が混じっていました。

4本束生の落ち葉
 ダイオウショウとテーダマツには4本束生の葉はよくあることなのか。それとも滅多にないことなのか。
もし後者だとしたらミュウジアムのダイオウショウとテーダマツはかなり珍しい木であう。それを普通のダイオウショウとテーダマツの苗を購入して後継樹としてしまうことは誠に残念なことである。
今さら苗木を購入しないでとも言いにくいことだろうがいかがなものだろうか。


 
 




コメント (1)