庭の花たちと野の花散策記

山野草大好きの自称「雑草」。植物大好き人間、略して「植物人間」の庭の花と花を訪ねての散策記です。庭に来る鳥や昆虫も紹介。

汚れのない白い八重ツバキが開花 ヤマコウバシの紅葉など

2018年11月18日 | 庭の花たち

純白の八重ツバキが1輪だけ開花しました。何の汚れもない純白です。


品種名はわかりません。ネットで調べると白角倉に似ているようにも思われます。


このツバキは水戸市植物公園ができるまで、現在東部図書館と公園になっている場所にありました苗木畑を閉鎖するときに頂いたものです。

以来我が家で花を咲かせてきましたが、開花は冬に入ってからのために花が痛んでしまい、このようなきれいな花が見られることは滅多にありません。


庭のヤマコウバシが紅葉真っ盛りです。ヤマコウバシは紅葉が終わって葉が枯れても落ちることがありません。冬の間中枯葉をつけていて、落葉するのは木の芽が出るころになります。

このヤマコウバシはミヤマガマズミと抱き合わせて植えてあります。それは、ミヤマガマズミが単独では夏の日照りなどによって弱ってしまうのを防ぐためです。ミヤマガマズミはヤマコウバシと抱き合わせになってから実をならせることが多くなりました。
このことから森を形成することによって木々が元気になることがわかります。


ノジギク

シマカンギク
今年の天候異変で激減してしまったノジギクとシマカンギクですが、ようやく盛んに咲き始めました。


シマカンギクの隣に、ノジギクよりひとまわり小さい白花が咲いています。このようなノギクは植えたことがないのです。考えられるのはシマカンギクとノジギクの交雑したものではないかということです。

コメント (1)

秋色自然観察会 花園渓谷の猿ヶ城渓谷へ 市公園協会

2018年11月18日 | たのしい自然観察

好例の市公園協会による自然観察会。今回は北茨城市の花園渓谷 猿ヶ城渓谷です。
始点標高約570m 終点標高約780m 標高差約210m 距離約3.7km 標準歩行時間1時間のところを3時間かけての草木の観察会です。これでもゆっくりというわけではなく、講師の先生の説明を聞きながら写真を撮るのは至難の業。どうにか見えるものだけ思い出に。


コボタンヅル。この度はコバノボタンヅルと比較したかったので楽しみにしていました。ところが、コボタンヅルのあった広場は駐車場になってしまいました。刈り取られた株から若芽がでていたものです。ひと芽だけいただいてきました。
下はコバノボタンヅル(参考)

参考:コバノボタンヅル


タマアジサイ。


シシガシラ


チドリノキ


コアジサイ


ホオノキの実が落ちていました。持ち帰って植物画を書いている級友へお土産に


カンスゲ。スゲの中でカンスゲとミヤマカンスゲはわかります。ミヤマカンスゲは子供の時に冬場のウサギの餌にするために谷川へ採りに行きました。カンスゲの葉は硬く、ミヤマカンスゲの葉は見た目似ていますがやや黄緑がかって柔らかい。今回は有りませんでした。


シシガシラの胞子葉


アズマヤマアザミ


コシアブラ 春の山菜


タカノツメ


コナラ 


ミズナラ 葉柄がほとんどありません。


キンミズヒキ


オトコヨウゾメ


シロヨメナ


ミツバアケビ


紅葉はもう終盤です。


ツルアジサイ 鋸歯の細かさでイワガラミと区別できます。


フトボナギナタコウジュ


カメバヒキオコシ 葉が亀の姿に見えます。葉先は亀の尻尾。


オシダ


ヤマウルシ 危険触るな。


ミヤマヤシャブシ


タラノキ


サルトリイバラ


ハリギリ


ボタンヅル


タマブキ


マルバノホロシ


イヌトウバナ


ウバユリ


オクモミジハグマ


紅葉


栄蔵室登山口 昔、栄蔵という猟師が室を作って住んでいたという。県境の山を除いた独立峰では茨城県の最高峰882m。2番目が筑波山で877m。ブナ林は関東随一。 熊注意の表札あり。一同緊張。

熊が出た。

熊はクマでもクマイチゴでした。


悪乗りしすぎとノリウツギ


ヒヨドリバナ


サルナシ


ブナ


オノエヤナギ


バイカツツジ

雨情歌碑

遠く朝日は海よりのぼり 千里奥山夜があける



遥かに高い梢にヤドリギ。目いっぱいズームし、なおかつデジタル2倍で撮れました。実がいっぱい。


観察ルートの終点。1班の皆さん。 3班の構成で各班12名と講師と公園協会の方でした。


猿ヶ城渓谷のクランクカーブを切り替えなしでバスが通り抜けたときは皆さん拍手でした。


水沼ダム お疲れが出て来て車窓を見ている人は少なくなりました。





コメント (4)

植物工作 特別講座楽しい自然観察

2018年11月17日 | たのしい自然観察

毎年5月から12月まで毎週金曜日の南高校の特別講座「楽しい自然観察」の植物工作の作品です。










この中には私の作品もあります。
コメント (2)

庭の野菊たち

2018年11月16日 | 庭の花たち

アワコガネギクは楽しい自然観察の先生から苗をいただいたものです。茨城県でもところどころ自生しています。


アシズリノジギク。小型のかわいい花です。名前の通り足摺岬あたりに自生しているそうです。楽しい自然観察の方が持ってこられた切り花を挿し木したものに今年も花が咲きました。


イソギクは千葉県が北限らしいです。茨城の神栖あたりにも自生があったらしい。

イソギクには稀に葉の先が尖らずに丸いものがあります。


花が終わってしまったハナイソギクです。葉はイソギクに似て裏側が白く、表側からも葉のふちが白く見えます。花には小さな花弁があって、イソギクと家菊との交雑したものと思われます。


シマカンギクは西日本に自生するもので長崎の友から苗を頂きました。昨年までは盛んに繁茂していたのですが、今年の夏の天候異変のためかかなり少なくなりました。寒さに会うと花、葉、茎ともに赤味を帯びてきます。アワコガネギクは花、葉、茎ともに白っぽいのと対照的です。


ノジギクも西日本に自生するものです。たしか兵庫県の花と思います。兵庫県は分布の東限になります。
昨年まで築山でシマカンギクとともに繁茂していましたが、今年はかなり弱りました。昨年から白花でノジギクよりやや小型の花が築山に花を咲かせるようになりました。シマカンギクとの交雑かもしれません。


ナカガワノギクは奈良の友人から苗をいただいたものです。徳島県の那賀川流域の限られた場所にしか自生していないということで、栽培が他の野菊よりやや難しいようです。葉が流線形で洪水で水没しても抵抗が少なくなるようです。


茎や葉の香りが、中国から伝わった竜脳に似ているというのでリュウノウギクとの名です。楽しい自然観察の先生に確認していただいたところリュウノウギクであるとのことでした。


茨城の山の野菊ですが名前がわかりません。リュウノウギクにも似るところがあるようですが、香りがうすいような。他の菊と交雑したものでしょうか。


シラヤマギクは葉柄に翼があるのが特徴です。このノギクだけは雑草にも簡単に見分けることができます。


このカントウヨメナとノコンギクは付近でみかけることがあり、よく話題になります。


ノコンギクは紺色が濃いもの、選抜されたものはコンギクというようです。ということでこれはコンギクと言ってもよいと思います。
ノコンギクの中にもかなり白っぽい花もあります。カントウヨメナは白っぽい花から、ノコンギクかと思われる紫がかった花もあります。
そこで、ノコンギクとカントウヨメナの区別は冠毛の目立つののがノコンギクで、冠毛が見た目にはないもの、実際は0.5mmくらいの冠毛があるそうですが見えないものがカントウヨメナです。また葉が柔らかいのがカントウヨメナで、ノコンギクはざらざらししています。秋になるとどちらもざらざらして区別が難しいようです。

以上が我が家の野菊です。菊の仲間ではこのほかにツワブキ、オオツワと小菊が庭に咲いています。
菊を楽しむ秋ももう少しです。
コメント (4)

干し柿16個

2018年11月14日 | 庭の花たち

今年は大玉が16個 今日から晴天 気温も低めに推移する予報なので吊るしました。



今年の柿の実は粒ぞろいの大玉です。


なぜか一か所にまとまって実がつきました。
この柿の木は娘が生まれた年に発芽した実生苗です。もとは渋抜きして売られていたもので、記念に蒔いてみたところ発芽しました。
かつては推定750個という豊作の年もありましたが、枝を切り詰めたので少なくなりました。これからも庭木の切詰をしますので、数少なくなります。その分おいしい干し柿になりますように。
コメント (4)