庭の花たちと野の花散策記

山野草大好きの自称「雑草」。植物大好き人間、略して「植物人間」の庭の花と花を訪ねての散策記です。庭に来る鳥や昆虫も紹介。

トモエソウが咲きました

2019年06月15日 | 庭の花たち
 トモエソウ
昨年は咲かすことができなかったトモエソウ。今年はしっかり水遣りをして咲くことができました。

白化したマタタビの葉の隣です。

見上げるマタタビの棚の位置に開花したので、最初の花は見落としてしまいました。
 ビョウヤナギ
ビョウヤナギの鮮やかな黄色とはちがっています。
昔、実家の庭に突然トモエソウが咲いたことがありました。小さな種が人によってか、鳥によってか運ばれてきたのでしょう。不思議に思いました。というのは、今は亡き母の名と同じトモエソウが庭に咲いたのですから。

今年、トモエソウが咲いて気が付いたのですが、(母にとっては曾孫にあたるのですが)孫の名がちょっと似ているような。
ト:タ行の最後 モ:マ行の最後  孫の名はどちらも最初のほう。 ちょっと無理か。クイズ番組の見過ぎですね。 
コメント (1)

6年ぶり オオウメガサソウ南限自生地 ひたち海浜公園

2019年06月13日 | 野草を訪ねて

6年ぶりにオオウメガサソウ南限自生地・ひたち海浜公園に行きました。

ひたち海浜公園の樹林エリアで今一番目立つのはドクウツギです。猛毒。

オオウメガサソウは松の根共生菌と共生しているそうです。そのためにアカマツ林を維持することがとても重要なことです。

随所でオオウメガサソウの生育環境などが調査されていました。

6年前とは環境が変わって元気のなさそうな場所もありました。アカマツ林の下草が茂って藪状態になると元気がなくなるようです。

松くい虫防除もされていました。でもこの札の目立つエリアはマツは一見元気そうでしたが、オオウメガサソウは元気ではなさそうとは思い過ごしでしょうか。
 イチヤクソウ
この森に化学薬品が入ることを共生菌とオオウメガサソウなどはどう感じているのでしょうか。
 ヤマモモ
とはいえ松くい虫で枯れた松が多くなって、コナラなどの林へ移行しているのも心配です。
 ウメガサソウ
一方で松の実生苗がたくさん生えている場所もあり、アカマツ林が再生されていると思われる場所もありました。

オオウメガサソウはこれら環境変化にどのように順応して命をつないでゆくのでしょうか。そして、どのような人の援助を必要としているのでしょうか。今後の里山プロジェクトに期待されます。
 

コメント (4)

偕楽園梅の実落しと販売

2019年06月06日 | 水戸の梅

6月6日と7日に偕楽園と弘道館で梅の実落しが行われています。販売は9日土曜日です。

今年は不作だと聞いていますが、果たしてどのくらいの収穫があるでしょうか。

ここではたくさん収穫がありそうです。

たくさんなっています。


公園センターの展示室で選別をします。

ここで小さい梅の実をふるい分けます。

大きい梅の実で傷など欠陥のないものだけが袋詰めされます。

1袋は1Kg入りで200円です。ただし1回につき1人1袋までです。
果たして今年は何トンの収穫があるでしょうか。
コメント (2)

ネズミモチの花が咲きました。 ネズミモチとトウネズミモチ サザンカとツバキを見分ける

2019年06月06日 | 庭の花たち

ネズミモチの花が咲き始めました。名前はこの木の実がネズミの糞に似ているから。ふーん。そうなんだ。
最近公園などで見かけるのは、かなり大きな木で、葉も大きいトウネズミモチです。なんだかネズミモチが肩身が狭くなったように思えてきます。私はやはり小型のネズミモチが好きです。

生垣に混じって数本のネズミモチがあります。

ネズミモチの花穂です。
トウネズミモチとネズミモチの違いは単に大きさだけではありません。
花穂ですが、ネズミモチは枝が白っぽいです。トウネズミモチは写真が無いのですが、ここの枝がかなり赤っぽいです。
今花が咲き始めるころですから、公園などで確かめることができます。

花のない時は葉っぱの比較です

これは2年前のもので、葉を透かして見たものです。片方は葉脈が白く透けて見えています。これがトウネズミモチです。
唐ネズミモチは透ネズミモチなのでした。覚えやすいですね。
ネズミモチのほうは、主脈だけ見えて支脈はほとんど見えません。


同じ見分け方でツバキとサザンカを見分けることができます。左側がツバキです。葉脈が透けて見えます。右側がサザンカです。
ツバキとサザンカはともに品種数が多いので例外もあるかもしれませんので、花弁の散り方や子房・実の表面の毛の有無などで総合的に見分けることが大切です。

というわけで、葉を透かして見ることは、ネズミモチとトウネズミモチを見分けるのとサザンカとツバキを見分けるのに有効です。



コメント

楊貴妃の眉にちなんだビョウヤナギ

2019年06月05日 | 庭の花たち

ビョウヤナギが咲き始めました。
 この花の名前の由来についてはいくつかあると思います。
 その中で私の気に入っているのは、ビョウヤナギの葉が柳の葉に似ていることから、花の美しさを楊貴妃にみたてて、楊貴妃の眉を思い出させた未央宮(びおうきゅう)の柳の葉からビョウヤナギと名付けられたというものです。
 ビジョヤナギとも言われますが、このビジョは楊貴妃のことと考えると同じことにつながりますね。

この説のもととなっているのは長恨歌とういう漢詩です。
長恨歌は 漢皇重色思傾國 (漢皇色を重んじて傾国を思う) という文から始まる長編の漢詩です。

 未央宮の柳が出てくるのは、ちょうど長恨歌の真ん中ごろでした。懐かしいのでその部分をここに記します。
歸來池苑皆依舊  帰ってきてみれば池も庭もみなもとのままです。
太液芙蓉未央柳  太液池の芙蓉(スイレンのことらしい)も、未央宮の柳ももとのままです。
芙蓉如面柳如眉  芙蓉の花は今は亡き楊貴妃の顔のようで、柳の葉は楊貴妃の眉のようです。
對此如何不涙垂  これを見てどうして涙せずにはおられようか。

美人の眉は柳の葉に似ているのですね。お化粧の時には思い出してご参考にされてはいかがでしょうか。


ビョウヤナギの蕾は捻じれています。この蕾は右巻きです。

捻じれる方向はまちまちです。こちらは左巻き。


咲いてしまうとどちらに捻じれていたかには全く関係ないようです。どれも多数の長い雄しべと、柱頭が5本に分かれた雌しべが1本です。

コメント (2)