felizmundo's website

月の満ち欠けに時の流れを感じながら、皆でそれぞれの持ち時間を楽しく意味あるものにしていきたい。

開会式聖火ランナーへの医療関係者、東北の子どもたち参加は直前に決まった!

2021-07-26 17:22:08 | 日記

   昨日女性自身の話で、聖火台に火を点ける最終ランナーに聖火をつなげた「東北の子どもたち」の参加が、なんと4日前に決まったことについて書いた。差別発言をして森会長が辞任、その後も直前まで相次いでオリンピックに相応しくない言動や行動をした人々が続出して辞任。それでなくても、「復興五輪」と言いながら「復興」が忘れ去られている! 「緊急事態宣言の中で人流を抑えるのと真逆のオリンピックは中止か延期だろう」「客を入れるなんてトンデモナイ」などの批判にさらされて、急遽演出に加えられたことは間違いないことが分かってきた。

   まずは、昨日読み損なった方に、下の見出しをクリックして下さい。女性自身の記事が読めます。そもそも、子どもたちを連れてきて、夜11時に出演させるのに、(無収入で労働でなくても)労基法上の問題はないのかの指摘もありました。

  ********************************************************

       

   **************************************************

 

    そして、この記事を読みながら、<それではその前に走った「医療従事者」の方も土壇場の急ごしらえで呼ばれたのではないか?>と、疑問が湧いてきました。調べてみました。これも、下の見出しをクリックでオリジナルを読めます。

 

   *************************************************

      

   ***************************************************

     ニュースで、聖火ランナーを務めた医師は多摩ファミリークリニック院長・大橋博樹さん、看護師は永寿総合病院の北川順子看護部長と分かったので、検索してみました。上記のm3.comのインタビューで大橋さんが思った通り、オファーは比較的直前で、しかも最初は曖昧なオファーだったことが明らかになっていました。

――いつ頃、組織委員会から聖火ランナーとしての依頼があったのでしょうか。

 組織委員会から話があったのは、比較的直前のことです。クリニックに電話がありました。「日程が空いていますか」と聞かれたものの、いきなり役割を言われたわけではなく、最初は何らかの形で開会式に協力していただけないかという打診でした。 新型コロナウイルス感染症の関係で、という話もあったので、「それなら大病院のICUの先生方を紹介します」とご提案したのですが・・・その後、組織委員会の方と身分証明書の発行などの手続きを進めたりしているうちに、最終的に「聖火ランナーをお願いできますか」との依頼がありました。

     では、北川看護部長さんも同じでは???調べてみました。すると・・・ 下のような永寿総合病院の内科の方のツイッター〔クリックするとオリジナルへ飛びます)で、周囲も知らされずにいたこと。ボランティアで呼ばれた~ということだけで、もしかしたら大橋医師と同じで聖火ランナーとは本人も直前に決まりお願いされたのでは?と推測された。    

 

        *************************************

       

       

       *******************************************

       福島復興も医療者への配慮も、最初から盛り込まれたものでないことはハッキリしましたね。大会開催者たちの頭の中にあるのは、IOC,スポンサーなど。そして、口を出しているのは、次の選挙で勝利するために支持率を稼がない人たちの人気取りなのでは????

       国民は、だまされません!!!!! 

       

   

コメント

月は土星から木星のそばへ移動中・コロナ感染東京急増〔全国も5000人超え)!

2021-07-25 23:28:39 | 惑星・天体ニュース

   

     昨日は土星の直ぐそばにいた月ですが、今日は木星にぐっと近づいていました。

 

    土星を見せるために大きな画素数でアップしたのですが、分かりますか? 21:32の21の2の上の方を見ていくとかすかにポツリと点が見える。これが、土星。大きく真ん中にいるのが月。そして、左の明るい点が木星です。

    横に昨日の木星、土星、月の写真も小さめに再登場させましたが、昨日は土星の右下にいたお月様が、今日は木星の方へグッと近寄っていました。

    さて、その月をズームしてよく見ると・・・

   

      昨日に比べて、右上がしっかり削れてきました。

      さて、今日も大きく言えばテレビはオリンピックに占領された感じがしますが、ネットではいろいろなニュースが流れていましたよ。まず、ニュースでも少しはやっていたきょう東京都感染者数の話から。日曜ではこれまでの最多の新たな感染者が1763人! 先週の日曜日よりも755人増えた。しかも、全国では今日は5000人を超えたようです。昨日は3574人で、この急カーブの拡大。どうして、金メダルを取ったニュースは臨時でテロップで流れるのに、こちらは流れたのでしょうか?

      皆、すっかり東京と沖縄に「緊急事態宣言」が出ていることを忘れているのではないでしょうか。お酒を出す店を締め付けているだけで、何かブルーインパルスだ金メダルだ・・・と浮かれていませんか。感染者数の急激な増加についてグラフをつけてしっかり流すべきではないのでしょうか?おかしすぎますよ、日本。金メダルよりも、優先順位が高いニュースと思いますが。      

     

  検査の比較的少ない日曜日で、▽大阪府は471▽神奈川県は531、▽埼玉県は449人とちょっとびっくりの感染者数でしたよ(ココから)。変異株の割合は高くなり、検査数を増大させないでいる現在、検査数の少ない日曜で最多の1763人!!!

  あと、テレビのニュースには流れませんでしたが、ネットのココに下のようなニュースを「女性自身」が流していました。

五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

 7月24日朝のフジテレビ系東京オリンピックによると、東北の子供たちが聖火ランナーに任命されたのはなんと開会式の4日前だったという。 番組では子供たちが任命されたその足でリハーサルのため会場へ向かう様子を放送。そして橋本聖子大会組織委員会会長(56)が笑顔で直接任命するシーンも映されていた。     

  「福島復興五輪」といいつつ「復興」は「コロナに克つ」とかにいつのまにか置き換わり・・・と批判を浴びたため、ちょうど小山田圭吾さんの辞任問題でまた批判をあびるのを避けたいために、突然バタバタ考えて加えたのでは? 4日前と符号しませんか??? 

  《開会式の聖火を受け取った東北の子供たちは4日前に急遽声をかけられてあんな深夜までかわいそう。東北をパフォーマンスに使わないで欲しい》 《福島の子供達が開会式に出るやつ、4日前に本人達に知らせたってまじ? それでいて依頼するときに「復興がっ…」て…元は組み込む気じゃなかったんだ?》などの声があがっているそうです。

  日本のマスコミはちゃんと流してくれてるのかな。今や、文春や女性自身とか、週刊誌やネットに頼らないと大事なニュースは手に入らない? さあ、皆さん、気をつけて下さいね。オリンピックに8割の人が疑念を持っていったのに、なし崩しに進んでいる事実。

  戦前の日本も皆が戦争を賛成していたのでしょうか? でも、だんだん放送が制限され、戦争に反対する人は非国民。まともな声は抑えられ、日本は神の国。神風が吹いて必勝の国と、敗戦まで信じていた。そんな歴史を繰り返したくない人は、しっかり何が起こっているのか、見逃さないように!!!!

  お月様、日本はやはりオカシナ国に成り下がってしまっています。

  私は人間が過去から学ぶことなく愚かな過ちを犯し続けることに我慢がなりません。 自分の利益や自分の党の利益、自分の会社だけの利益、一部の人のためにだけ動く人たちではなく、性別や国や人種を超え、世界の人々が皆で等しく幸せになることを考えられる人々に、お月様どうぞ力を与えて下さい!!!

  

コメント (1)

満月のそばに土星がいます。明日は木星に!

2021-07-25 01:17:07 | 惑星・天体ニュース

  満月です。上る前に本当のまん丸になり、今はもう欠け始めてはいるのですが・・・

   

     右上が若干欠けているのですが、ほぼ満月の美しい姿が撮れました。その月を上のように大きくして撮ろうとすると、かなり明るく見えたのが、土星です。今日は、昨日に比べてお月様がグッと土星に近づいていました。

     

     明日は、月の出る時間が遅れて、木星に月は近づいて行きますよ。

     さて、オリンピックはそもそも開催か中止かと議論されないまま、「観客を入れる、入れない」に流れ込み、そこはさすがにほとんど無観客とされたものの、ボランティアが急に無観客で必要なくなったのをどこかで埋め合わせを・・・とバタバタし、一方でなぜかボランティア用なのか、大量のお弁当が食べられずにそのまま廃棄されている(ココから)問題とか、天皇陛下の開会の挨拶時に右横で、首相と小池知事、その後ろの人も座ったままで、途中から小池が立ったのにあわせて残りの人が立つ様子がまるまるツイッターでながされた。

     挨拶はプロンプターがないとできない。天皇の挨拶に立つことも誰かに教えられないとできない人が首相なのか?びっくり(ココから)。

     何だか、お粗末なことが連続起こるオリンピック。何だかなぁ~。ほんとに、これでいいの日本?選手の方たちが頑張っているのには敬意を表しますし応援しますが、柔道とか見ていると、(数時間前に陰性でも、これだけ長時間接近して対戦して、あとで陽性が分かって濃厚接触者に対戦者がなったりして出場できないような事態は起きないのかな?)と心配になったのは、私だけでしょうか?

     とりあえず、今日が無事に1日終えられたことに感謝して。明日がいい1日になりますように。   

コメント (2)

連日のお月見です。明日が満月

2021-07-23 22:13:53 | 惑星・天体ニュース

    快晴が続き、連日お月見ができています。月が昇る時間が遅くなってきて、夕飯後にみるのがちょうど良くなってきました。

    

     左下がまだほんの少し欠けていますが、明日が満月です。今日は、図書館から返却の催促の電話を頂いてしまったので、図書館に行きながら久しぶりに同じ建物の中のプラネタリウムで生解説で人工的ではありますが満天の星に癒やされてきました。蛇使い座の右足のくるぶしあたりの星が1604年に新星爆発したときの様子を見せてくれて、面白かったです。蛇使い座が右左に分かれたへび座の間にいて、2つの星座が組み合わせると88の星座の中で占める領域(?)が1番広いのだそうです。

     惑星の話もしていましたが、今夜の空を見上げてみたら、月がだいぶ土星に迫ってきています。明日は土星にさらに近づき、25日、26日は木星のそばに月が近寄ります。晴れていたら、月だけでなく土星と木星にも注目して見て下さいね。

     今日は、プラネタリウムの帰りに栗林にちょっとよって、栗の成長した様子を写真に撮ろうと思って車を駐車場にいれたら・・・私を待ってくれているかのように、1羽の鳥が栗の木の1本にとまっていました。そっと車を止めてフロントガラス越しに写真を撮って、動かないようなので、そっと車を移動させて、ガラス越しでなく結構近づいて撮影することができました。

     

     モズかな?と思ったのですが、どうも違うようです。今、知恵袋に問い合わせていますが、これも新顔のキャノンのC君で撮影したのですが、知恵袋は4MBの添付しかできないようで、どうもメモリーがすぐなくなると思ったら、私の撮ったのはみな5GBを超えていたようです。

     1回撮った写真の画素数をどう変更したらよいのか、これから撮る写真の画素数を同変更するのかあれこれ研究。2L写真に相応しいという設定に変てみたら、残りの撮れる枚数が急に増えました。これで、粗い画像になるのか心配ですが、しばらく練習してみます。知恵袋のはハサミの形のスキッパーで切り取って添付したらどうにかうまく行きました。誰か、教えてくれるといいのですが。

     名前が分かったら、動画も撮ったのでyoutubeにアップしてみようと思います。かわいい姿なのに、くちばしの先が下を向いていて、ワシのような印象なのが特徴的ですね。

     今日は穏やかにのんびり1日を過ごすことができました。無事に1日を過ごせたことに感謝して。

     明日もいい1日が過ごせますように!!!

       

コメント (2)

渡辺かづき先生とのレッスン189

2021-07-23 11:15:49 | ピアノ

   やっとピアノのレッスンの日になりました。前回から17日と約半月。まあ、忙しいのと、実は古傷の肋骨のヒビを庭の作業をしていて痛めた中で、家事も仕事も休もうにも代わりの人がいない(泣)頑張りながら、目の先にぶら下げていたのがお月様や自然の楽しみ、そして、このピアノのレッスンでした。 でも、忙しくて練習があまりできていない(嘆)

   まずは、藤井さんの「ステップアップ・ジャズピアノ」のから新曲 ”It's Only A Paper Moon"から。速度もまあまあ遅いし、複雑なところは後半にあるものの、無難に弾けてはいました。でも、なんだか最後になって、下の楽譜の空色で丸して?をつけたスタッカートが気になって、これを表現しないといけないのではと思い、スタッカートに弾き直して練習しました。

     

      酷く汚い楽譜で笑ってませんか?(苦笑)私の楽譜はいつもこんなものです。この曲は簡単だったので、これで済んでいるようなもので、もっと危ない引っかかりに印が目白押しになって他人がみたら(よくこれで弾けるな~)と逆に関心される様子のも多いですよ。

      さて、弾き終わると「最初でこれだけ弾ければいいんじゃないかなぁ」と先生。「ただ、このあたりのフレーズで4分音符の連符を「タータ」と最初のを長く弾くという楽譜の最初の指定(CD15の下の丸で囲んだところ)があるのに、ここらのやり方が崩れてしまっていましたよ。全部スタッカート風になっていて、伸ばしも足りないところがありましたね」 「あっ!確かにそうですね。他の所ではどうでしたか?」「他のところは、指定どおりになっていましたよ」

      どうやら、後でスタッカートに気づいて練習し直した時に、そこを意識するあまりにオカシナ弾き方になっていたようです。「このスタッカート、あまり意味が分からない」「そういえば、CDを聞いてもそんなにスタッカートのイメージではなかったのですが、後で気づいて意識して弾き直ししたんです」「それなら、自然な感じに直した方がいいですね」ということで、元に戻したらOKがでました。

      楽譜に従えばいいというものでもないようで、それで他が崩れたのでは音楽としてダメということのようでした。反省。

      次は、藤井さん編曲のガーシュイン”Summer Time" 実は、この曲は先生のアレンジで弾いたことがあるので、パスしていましたが、なんとこのガーシュインの藤井さんのテキストに2つの編曲が、最初と最後に掲載されていました。そして、最初は跳ねずに静かなアレンジ。最後は猛烈な速さで跳ねまくるアレンジとなっていました。新し曲は、なんとこの教本ではこの2曲しか残っていなかったので、他の本にシフトするか迷いましたが、ちょっといたずらに弾いてみるとなかなか面白い。そこで、まずはゆっくりなアレンジの方から挑戦してみました。

      出だしはめちゃゆっくりなスタートですが、後半は右手の装飾音が多くなりやや指が回りきらないところも。半分だけ練習しても大変だったので、半分だけのお披露目をしました。すると先生が「いや~すごい書き込んであるなぁ~~~」と面白がって下さって、「後半もやってみて下さいよ」とのこと。「先生、でも後半は死にそうに難しいんですよ」というと、「そうかな、どうにかなるんじゃないかな」と聞いてみたいとのご要望。死に物狂いで次は後半も練習してくることに(笑) でも、確かに面白そうです。頑張ってみます。

      最後は、先生アレンジの「花」です。アドリブでなく「間奏」部分がしっかり楽譜になっていて、完成度の高いイントロも元のメロディーとは無関係で先生らしい洒落たアレンジ。和音が動いて変化するのが弾いていてうっとりする感じになっていました。ただ、自分で弾くと変化が激しい分間違いやすく、うっとりといかないのが難点。しかも、先生の模範演奏はシンプルでなく和音や装飾音も多く、(弾けるのかなぁ~)と最初は手をつけられずに呆然としてました。レッスンの日が近づいて、すこしずつ手をつけていって、やっと「間違えずに弾けば譜読みに間違いは、ほぼない だろう?」のレベルに到着。2カ所、疑問点を残しながらレッスンの日になってしまっていました。

     「先生、とても難しかったです。変化に追いつかなくて~」と弁解しつつ 初お披露目。とちりまくりながらも、どうにか弾いて、疑問だった2カ所のコードやタイミングを確認して、再度弾き直し。少しまともになりつつも、「大分いいけれど、これはもう1回やりましょうかね」と先生。「あと、何があると言ってましたっけ」「ワインレッド?」「今日は用意してないので、次までに用意しておきますよ」となって、目の前に、次なる餌をぶらさげていただけました。これは、頑張るしかないですね。「先生のこの曲では、こことここの和音の響きが効いていて、弾くときにいい感じですよね~」というと、「そこはオリジナルにはない所なんですよ」と先生。そうなんです、こういうオリジナルにない先生独特の響きの作り方をしているところが先生のアレンジを弾く最大の楽しみなんですよね。そういう箇所を練習で弾いていると、うまく弾けなくても気持ちが落ち着いたり、リフトアップされる感じがします。 この「花」はYONOAちゃんという歌手と先生がライブした時のアレンジですが、この最強コンビの演奏、いつかレコーディングしてほしいですね。

     youtube で探したら、何とこの時の演奏が無料で公開されていました!!!

ココから聞いてみて下さい。私の書いたことが耳で確かめられます。下の画像クリックでも、youtube に行って見られますよ。

           

               

コメント