賢く楽しく逞しく

晴耕雨読の日々を、面白く楽しく、
綴って行きたいと思っております。

60日以上投稿しないと・・・

2024年02月17日 | ブログ

 

2カ月以上、投稿をさぼり、

失礼いたしました。

goo blogでは、

このエリアは、60日間投稿がない場合に、

表示されます。

記事を投稿すると、表示されなくなります。

と言う広告のページが、表示されますね。

更に、人気ブログランキングや、

ブログ村ランキングの、ポイントも

減って行きますね。

今、私の最も大変なことは、前ブログで

お知らせしたように、菜園仕舞ですが、

やっと目鼻が付き、後凡そ半月で

完成の予定です。

今考えるに、菜園をやるなら、借地で

やるべきだったと反省しています。

四半世紀で、周りの環境は、大きく

変わることもあるので、慎重にして

欲しいです。

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雑感雑記2

2023年12月14日 | 日記・エッセイ・コラム

京アニの放火殺人に、死刑求刑

容疑者は、京都アニメ会社の、木造三階建ての

ビルの入口に、油を撒いて火をつけ、

社員36人を死亡させ、32人を負傷させた

事件です。

警察は、論告で死刑を求刑しました。

警察は、責任能力は有ったとし、

弁護側は、精神状態か正常ではなかった

として、無罪を主張しているので、

裁判官の判決に、関心を持っている

ところですが・・・

 

この事件が、何故こんなに死傷者が

出てしまったのかと言うところに、

関心を向ける必要もありますね。

 

先ず、容疑者が、自分の作品を

京アニに盗まれた、と思い込んだから、

京アニ側に、文句なり恨みなりを、

手紙なり電話なり、思いのたけを

伝えるだろう。

この段階で、誠意を持って対応した

のだろうか。

話がこじれたら、警察入って貰うのも

手の一つですね。

 

二つ目は、対象のピルの欠陥です。

三階建てのビルですが、一階の出入り口

以外は、屋外に通じる扉、踊り場、階段

がない。

室内で、一階から二三階への通行は、

夫々、一筋の螺旋階段のみです。

一階の入り口で火事が発生したら、

屋外避難できない社員は、螺旋階段で、

二階上がるしかないですね。

運よく早く、二階に上がれた人は、

まず助かりますが、炎に巻かれたり、

ガスで窒息したり、一酸化炭素で

中毒死します。

其の内に、一階の様か゛二階で

始まります。

二階の様が、三階へと続きます。

まるで地獄絵です。

36人死亡、32人負傷、

文字で書けばこれだけですが、

この惨劇を、冷静に思い描けますか?

 

最後は消防署の役目、会社の対応

このビルの改善の指導は、行ったの

でしょうか?

何回行ったのでしょうか?

それに対して、会社側は、どう対応

したのでしょうか?

どちらの見解も、聞いてみたいものです。

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雑感雑記

2023年12月02日 | ブログ

 

もう、一か月半も前のことですが、娘がこんな鉢を

持って来てくれました。他事ながら・・・ 

もう、葉も花も枯らしてしまいました。

 

 

今年初めて実を付けました、ヘランダ菜園の枇杷です。

 

秋になったら枯れだして、見る影もありません。

下手ですねえ。

 

サプリメントの、中身の説明の文字が、小さすぎて

老眼鏡をかけても読めません。

虫眼鏡を併用してもダメです。

袋の大きさに関係なく、、袋に印刷すべき文字数が

同じなので、

、フォントを下げることになり、顧客には誠に

不親切になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木久扇師匠来年三月勇退

2023年10月07日 | 日々の出来事

林家木久扇師匠が、笑点レギュラーを、

来年三月で勇退されるとのこと。

木久扇師匠は、通常お馬鹿キュラで通し、

笑点仲間から、バーカ バーカと、

野次られていましたが、それが精神的な

ストレスになっていたようではなく、

勇退の理由は述べられていませんが、

現在85才だそうで、これで、現役中に

逝去されることは、先ず無いと思われ、

笑点の長壽組と言えますね。

 

久しぶりしては、物足りない記事ですが、

こんな記事で失礼します。

 

 

 

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

続々・日本で一番寿命を縮めている団体は?

2023年09月02日 | 健康寿命

「怪我は相撲協会の責任、怪我を減らす工夫を」

非常に短命であることは、周知の通りですが、

力士のOBが、日本の一般男子より、15年程

長命であった江戸時代から、現代では逆に二回

りも、短命にしてしまった主因は二つ。

⒈相撲協会が、公益法人から、財団法人なったこと。

 基本理念が神事で、公益団体として、

  優雅に営んでこれたのに,

 

 財団法人となって、利益団体となり、

   儲け第一主義に陥った事です。

 

 

2、本場所を、4場所から6場所にしたこと。

 4場所から6場所になると、何が変わるか。

 三か月に一回のピッチで、本場所か゛

 開催されますが、6場所となると、

2か月毎に 本場所が開催されます。

 言葉では良く、問題点が解りません  

 ので、、表現を変えてみましょう。

 公益法人 15→75 =15日対戦75日フリー

 財団法人 15→45    =15日対戦45日フリー

過っては、若し千秋楽に怪我をしても、75日も

治療期間があるが、今は、治療期間は45日しかない。

怪我が完治しないまま、出場するから、再発したり

慢性化して仕舞い、四六時中痛み苦しみから、

この負のストレスから、解放されなくなる。

 

   

 

 

怪我の主因は何か?

関係者ならみな知っています。

いえ、観客も皆知っています。

土俵です.

土俵の高さは、55cm有るそうですが、

何故55になったかは解りません。

要は、後ろの方の観客に、力士の足元まで、

良く見える様にとの、配慮だとのこと。

然し、同じ日本発の柔道は、土俵は無いので、

受け身をやっておけば、段差もなく大怪我は

殆んどありませんね。。

 

 

土俵の55cmの段差をなくせば

相撲協会に提案したが工事費がかかる、収容人員

が減るで、財団法人としては承知できない。

相撲部屋をもって、力士を育成している、

親方に言ってみたら、「駄目だね」とか

「仕様がないよ」という返事ばかり」。

 

人の子を預かっている、親方連中からしてこの体たらく

組織改革、意識改革をとをと意気込んで、取り掛ったけ

ど、どうにもなりません、挫折しました。

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする