幸隆の国から

歴史の跡、自然、いい湯などを訪ねて出掛けたときの記録。
また、四季折々、日々の雑感です。

秀吉が兵糧攻めで攻め落とした鳥取城の跡

2021-10-24 | お城

鳥取城は、堅固な防御能力を備えた、有数の山城の一つに挙げられている。

羽柴秀吉は大軍を以って包囲網を敷き、籠城する敵(吉川経家)を兵糧攻めにして攻め落とした歴史がある。

 

鳥取城は久松山のてっぺんに「山上ノ丸」があり、天守があったが火災で焼失したという。

今も石垣などの遺構が残っているそうだ。

今回は、山麓に展開する「山下ノ丸」を見て回った。

明治になってすべての建物が取り壊されてしまったが、みごとな石垣が当時の姿をとどめている。

 

お堀の向こうに広がる久松山公園越しに石垣が見える。

 

正面の久松山のてっぺんにあったのが「山上ノ丸」。

本丸までは30~40分の急な登りを覚悟する必要があるそうだ。

 

「二の丸」へ登る石段。

 

山下ノ丸で一番高い位置にある「天球丸」から城下(鳥取市街)を見る。

もし戦であれば、攻め上ってくる敵に向かって、この辺りから矢や鉄砲を放ってやろうというイメージがわく。

 

天球丸の石積み。

 

鳥取城跡で見たかったポイントの一つ、日本でここだけと言われる丸い形の「巻石垣」。

後の石垣が崩れるのを防ぐため、補強の石垣として積まれたとのことである。

 

西坂下門(復元)。

 

手前は堀に架かる「擬宝珠橋」、その奥が正門に当たる「中ノ御門」(再建)。

現在は石垣の工事中で、「中ノ御門」から入城するのは不可。

 

「山上ノ丸」への登り口にあった「クマ出没」の看板。

朝の雨でぬかるんだ道と、クマの怖さに負けて山上ノ丸攻撃は取りやめとした。

機会があれば、次回は・・・。

 

 

 

 


この記事についてブログを書く
« 鳥取・岡山の名城を訪ねる旅 | トップ | 鳥取市の歴史的建物「仁風閣」 »
最新の画像もっと見る

お城」カテゴリの最新記事