花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

こっぴどく

2017年09月30日 10時57分36秒 | 日記
息子が休みを終えて遠くの大学に帰って行った日の夕方
私は何となくやりたいことを失ったような感じになり
夕食のお買い物にも出かけないで色々探していると
小豆ももち米も出てきました
お赤飯を炊くことに決めました

夕食が終わって私は母の部屋でこっぴどく叱られたのです
「息子が一人で出て行った日にお赤飯とは何事か!」
これが母の言い分でした
可愛く思って成長を見守ってきた“おばあちゃん”の立場からすれば
母の心情を察すればもっともなんですね
他所のおばあちゃんも孫が大学進学のため下宿することに決った際に
「わたしも一緒に下宿させて欲しいです 孫の面倒をしっかり看るから」
と申し出たおばあちゃんが近所におられましたね

私だって息子の部屋で息子がいなくなった寂しさで涙したこともありましたが
だって考えようです
大学の休みが終えてもしも「もう大学には行くまい」と
息子が決心を語ったら?と思うと
いいではないですか自分が選んだ大学にまた家族から離れて目指す学びの
ために出て行くのですもの
それはそれでおめでたいことかも

でももしも複雑な家庭構成で母と子が血縁関係でなかったならと思うと
母がこっぴどく叱ったことはあり方として受け止めなくては



小鳥が蒔いた万両です まだ実が青くて




コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

姿勢

2017年09月29日 11時10分15秒 | 日記


年老いても好い姿勢を保っていることは望ましく思います
姿勢が正しく保たれているかしらと
私は時々心して正しい姿勢を保持する努力をします
起立した時膝が曲がっていないかしら
正座した時も背中は前かがみになっていないかしらと
お台所でまな板に向かうとき一番正しいと思う姿勢を
自分なりに決めて包丁を手にします

このところ主人が時々起立の姿勢で少しだけ膝が曲がっていると
感じることがあるのですが
でも腰の手術を受けたりしている彼には言い難いし
そんな主人が今日は元気に歩こう会(健康のために歩くことを目的
としている会)の下見に出かけました
何か月か先に会員全員で歩くコースを決めるための下見です
そんな時私はいつも玄関の陰で後ろ姿が見えなくなるまでお見送りします
今日も大丈夫でしょう
秋晴れのよい天気に恵まれてきっと気分も爽快でしょう
完歩して達成感に喜んで帰って来ることでしょう
少しでも筋肉を保持できれば良い姿勢につながるかも

昨日お客様から頂いたイチジクを冷やして待っています


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

やがて

2017年09月28日 08時57分29秒 | はな


やがて咲くのです
昨夜は秋雨が静かに降ったのですね
裏庭ではしっかり木の葉に雨雫が
日照りの夏だった今年金木犀が咲くことは無理かしらと
でも嘆くことはないのですね
しずっかにつぼみを膨らませています
馨しい匂い待ちましょう



山茶花も可愛いつぼみをつけています
この山茶花は花が開くと白いふっくらとした花を見せてくれます
母が亡くなった夜明けにひっそりと咲いていたのです
とても静かに
母を見送る花のようでもあり
あちらの世からのお迎えの花のようでもあり
あの時のどうしようもない悲しみをまた思い出しますが
大丈夫です
あれからの長い歳月が私を少しだけ
逞しくしてくれています
母の優しさだけを想うことができます


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の日に

2017年09月27日 16時04分42秒 | 日記


秋の日本画展の案内が届きました
今回は平山郁夫、堅山南風、杉山寧など有名画家の出展が
予告されていました
平素お世話になっている方と素敵な作品の前でゆっくり静かな秋のひとときを
過ごしたいものと楽しみにしています

今日は久々の定期受診の日でした
採血のとき若い男性看護師さんが言われるには
「何か身体によいことをされていますか?」
「足取りが軽やかです」
名前を呼ばれて採血の場所まで進む様子を観察されているのですね
私もそんなことを聞かれても不思議ではない年代になったのだなと
ふと思いました
歩行に障害を来している方や寝たきりになっている方 そして認知症
の方など日常の生活が次第に困難になっていく年代なのだなと

今年も健やかに佳き秋の日を過ごしていたいもの
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

負けないで

2017年09月25日 09時32分02秒 | 日記
裏庭には大声で季節を語るように彼岸花が燃えるような赤い色で
咲いています
あまりに綺麗なので少し伐って帰り玄関に活けることにしました



彼岸花の傍ではハマナシが負けてはいません可愛いではないですか
一段と赤みを増しています



アメジストセージも株を大きく成長させて傍を通る時は“すみません”と
いって通るようです もう根元にはたくさんの新芽を出している頃です



自然の花々はみな成長を誇っていますのに
私最近は探し物の回数が増えてきたようで反省をしています
一生懸命探して諦めることもありますがどうも落ち着かなくて
そんな時はよく主人が付き合って探してくれますがそれは余計パニックに
なるのです
でも“財布がなくなった”とは言わない方がいいですね
認知症の最初の訴えはよく“財布がなくなった” “盗ったでしょう”
から始まるそうですから




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加