花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

こんな表情です

2017年02月28日 13時58分49秒 | はな


クリスマスローズがもう長く下を向いたまま咲いているのです
何だか悲しそうなのでそっと覗いてみましたが
大丈夫優しそうな顔なのです



これから暖かな春の陽を浴びて茎が成長してくると上を向いて咲くのかしら

コメント (8)

諦めなくていいですね

2017年02月27日 09時33分11秒 | はな


この花はマキシラリアといいます 小蘭科の小さな花です
いつか植木市で求めたものと思いますが
私平素からお世話をしないのに昨年は可愛い花を咲かせたので驚きました
でも今年はとても花を咲かせることは無理だろうと諦めていましたが

それなのに蕾が13個もついているではないですか
甲斐甲斐しくお世話しないのに 可哀そうに
おどろいた私は興奮して液体肥料を少し施しました
でも きっと肥料はやらない時季かしら

やがて小さな可愛い花が咲くのを待っています
諦めなくていいですね
コメント (4)

どうして

2017年02月26日 08時22分42秒 | 日記


星野富弘の詩画集「風の詩」の一ページです

絵もことばも大好き
どうしてこんな絵が描けるかな
どうしてこんなことばが生まれるかな

きっときっと やさしさのかたまりなのだね
私はずっと眺めることしかできないではないですか
コメント (4)

大賞受賞されて

2017年02月25日 09時21分54秒 | 日記


ご近所に絵を趣味としていつも熱心に楽しみながら絵を描いておられる方があります
先日お会いした時に
「大賞に選ばれました またゆっくり観に来て下さい」と言われました
嬉しそうで少年のような表情をしておられました
もうとっくに定年退職されて好きな絵を描いておられるのでこの度の
大賞受賞はどんなにか嬉しかったことでしょう

私 みせて頂きました
第4回富弘美術館 詩画の公募展に応募されてこの度見事に大賞を受賞されて
もうポスターにできあがっていました 構成もよくて赤 緑 黄色の色がよく
マッチしていて絵にかかれたことばも評価されたようでした
長年福祉関係のお仕事に就いておられたようで日頃から星野富弘の活動に
理解と熱意を寄せておられたようです

お宅では前回作品を見せて頂いたときよりまた作品が増えていました
ゆっくり見せて頂き帰りにはご親切に星野富弘の詩画集を貸して頂きました
私にとってもこころ洗われる思いがする一日になりました


コメント (4)

少しずつ

2017年02月24日 10時57分01秒 | はな
今年もすずらん水仙があちこちに芽をだしています
私も私もと競っているようです
そんなに急がなくてもゆっくりすればいいのに



白い椿が咲いています
名前が分かりませんが清楚な感じがします
加茂本阿弥にも似ているようですが

町の日本語教室の方々がベトナムのお料理を御馳走したいからと
ご招待下さいました
三月初旬お雛様の頃です
少し以前にお茶をご一緒した外国のご婦人の方々からです
彼女たちは結婚後日本に住み日本の文化を受け入れて暮らしておられます
驚いたことは日本語で日本の文字でお手紙を頂いたことです
あの時は私感動致しました
またあの時の外国のご婦人方にお逢いできます
嬉しくて楽しみにしています

コメント (8)