花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

無計画の計画

2016年12月30日 11時29分45秒 | 日記
無計画の計画きっと「次郎物語」にでてきた言葉でした
そう あの頃は熱心に読んだものでしたが
今日はそんな立派なことではなくて私の年末の作業に関する
ことなのです
昨年までは年末の墓参などの行動予定 お買い物予定 お料理のことなど
几帳面に計画を立てて予定通りに進まないときは計画を手直ししたものです
でも今年はそうはいかなくて思いついたところから無計画に実施しています
暖かい日を選んで窓ふきをそしてカーテン洗濯などは少しずつ分けて
そして昨日はあちこちに置いているレースの敷物などを洗濯してのり付け
をして気分よくなりました
無計画でもよいから無理のない程にこなしていくことにします
今朝は裏庭にある我が家の小さな阿弥陀堂もお掃除して花を活けて線香を
炊いてお礼を述べました



あちこちに飾っているレースの敷物きれいに洗濯 のり付けして新鮮な気分にくなりました



とり年ですもの
コメント (14)

年末の片づけ

2016年12月28日 15時32分09秒 | 日記
今日は朝からいいお天気で嬉しいこと
年末の片づけに精を出したいものです
カーテンを洗濯したくて主人に外していただけるようにお願い
しましたがいろいろと細かく聞くのです
そんな時私いつも思うんです
別に都政をかえて欲しいなど望んではいませんのに
自己判断でやって欲しいのに
私がしたほうが早いです 別に難しいことを頼んだ訳ではありませんことよ
でも二部屋のカーテンを綺麗に漂白し洗濯して嬉しくて何度も目が向いて
しまいます 残りは明日です
お正月のために床の間 控えの床の掛け軸を替えたり床飾りも出して
楽しい気分です

先ほどカーテンを外すことを依頼された主人は網戸の修理をしています
黙って自己判断でちゃんと出来ることあるではないですか

チャイムが鳴りました 宅配便です
小田原のお友達から色んなかまぼこが送られてきました
お正月用にとの気遣いです
感謝いたします
来春にはゆっくりお逢いできますね 楽しみです



コメント (2)

私にも

2016年12月27日 09時40分19秒 | 日記
ある男性が言われたのです
その方の奥様が病弱なので平素から気を付けて努力されていること
があるそうです
それはできるだけ二人で一緒に過ごす時間を多く持つこと
それから奥様から頼まれごとをされたとき何時でも機嫌よく
「ハイ」と言うことだそうです
やさしい方だと思いました

そして私も思ったのです 
「ハイ」ならば私にも言えるかも知れないです
色んな「ハイ」があります
怒って不機嫌に低い濁った声で言う「ハイ」
もう! めんどくさいよ 解りましたよの「ハイ ハイ」
悲しくて消え入りそうな うん「ハイ」嫌なの
気分がいい時に言う明るい声の「ハイ」

「ハイ」を言うには道具も要らないし資金も要らないのだから
私もこれから主人に出来るがけ明るくて澄んだ可愛い声で
「ハイ」と言うことに致します
新年から実行するのがいいかしら



赤く色ついた万両の実です


コメント (6)

千の風になって

2016年12月26日 09時31分12秒 | 日記
年の暮を前にお墓参りに出かけました
暖かな冬の日でした
年の瀬は何となく気忙しく感じるものですが
私は却ってJRで半日かけてゆっくりと小旅行気分になれこころが
安らぎます 
お正月を迎えるのでお花は千両や葉牡丹も供えました

お寺に着くと少し様子が変わっていました
お寺さまのご親切な計らいでこれまでの墓参用の個人バケツは一掃
されて真新しいお揃いのお寺の名前がかかれた墓参用のバケツが沢山
準備されていました
お寺さまの新年の準備でとても新鮮に感じました

私はお墓に来るといつもお話ししたいことが山ほどあるのです
幸いお天気もよくてお寺の墓地には早い方はお参りを済まされて
周囲には人影もなくて
だから私はお参りを済ませてお話しも終えると墓前でご先祖さまに
詩吟を聞いて頂きました
吟題は今詩吟教室でお稽古中の「熊本城」を吟じました
ご先祖さまは前回よりは少しだけでも上達したと思って頂けたかしら

でも不思議です
「千の風になって」の歌では

 わたしのお墓の前で泣かないでください
 そこにはわたしはいません
 眠ってなんかいません  と歌われます

お参りが済むと私はいつも約束するのです
「また 早く参ります」



今朝は赤玉瓢箪木の紅葉がこんなに綺麗になっています












コメント

花笑う

2016年12月23日 10時39分05秒 | はな
昨日は雨も降り風の強い日でした
それでも今朝はまだ庭の紅葉の葉は少しだけ枝の先に残っています
この時季嫌なのは蹲の傍の小石の隙間に落ちている紅葉の
落ち葉掃除です
どうしても蹲の傍の小石は全部取り出して掃除することになるので
傍にある紅葉の葉が全部落ちるのを待つことにしています
白玉椿の花がそれを笑うかのように花開いています
花笑うは花咲くの意と同じですね 花はいいですね咲けば笑ったことに
そんな花になりたいもの

明日はお墓参りにでかけましょう 
お話ししたいこと沢山あります



白玉椿咲きそうです 笑っているよう


コメント (6)