花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

台風のあとで

2018年07月31日 07時39分00秒 | 日記

台風12号はこの地方には優しく過ぎていきました
先日の災害地にまたも重ねておおきな爪痕を残してはと
心を痛めていたのです
裏庭ではジージーと蝉の大合唱で
今日も暑い一日になりそうです
桔梗が静かに咲いています



まあ可哀想に
毎年ガンビが咲いて少し遅れて松本せんのうの花が咲きますのに
今年はなかなか咲かないと思っていたらこんな咲き方です
蕾のときに傷ついたのでしょう
来年は美しく咲かせたいものです




つい先日蝉が力尽きている様子をみました
でもあとでふと気になっていたのです
それはセミの羽が透明で新鮮なままだったのが印象にのこっていたのです
あの蝉は命が尽きたのではなくて孵化したばかりで草の枝で
一休みしていたのではなかったのかと
あのあとで台風の雨に遭い裏庭には出ないままでした
今朝あの場所に行ってみましたら
蝉はずっと同じ草の枝に留まったままだったのです
やはり蝉は静かに命を終えていたのです
コメント (2)

嵐の前

2018年07月29日 08時16分37秒 | はな

荒れ狂う大雨の嵐の朝を迎えるかとおもっていましたが
静かな朝で幸せにおもいます
どうぞ台風12号静かに消え去って欲しいものです


裏庭に出て見ました
力つきたのですね 蝉がしずかに もうこのまま動かないのです
短い命終えたのですね



紫式部が大きくつややかな実をつけています
やがて紫色にかがやくのですね
そのころはもう秋風が吹くころですね



今年の下野の二度咲きの花小さいこと
日照り続きの影響でしょうか でも可愛いこと

コメント (2)

きょうも酷暑

2018年07月28日 09時56分06秒 | 日記

台風12号が接近していますがいつものことを思うと今回の台風はまるで
進路が逆コースなのですね
又もや大きな災難になりませんように祈ります

昨日のことです
如何されているかしらと心配していた方がお立ち寄り下さって
この度の被災状況を語って行かれました
お話しによるとあっという間に座敷の畳が浮いて来たそうです
勿論床上まで浸水してパソコンもテレビも部屋にあったものは
全て流されてしまって車庫に止めていた3台の車も
被害に遭われたそうです

これからの事を語られるにはもう家の中も畳の部屋ではなく
絨毯を敷きベットの生活に切り替えられるそうです
車も1台で生活すると仰っていました
心配していたのですがお元気そうなお顔を見ることが出来て
安堵しました
でも見送りに出てその方が脚をゆっくり引きずっておられる様子を
痛ましく思いました
どうぞ これからお元気にと祈らずにはおれません
この度の災害が如何に大きな被害を残したかと改めて思います




昨年は柚子が不作でした今年はどうにかたくさん実がついたようです



けたたましく聞こえます蝉の大合唱です
日照り続きの炎天下で根の浅い河原撫子が咲き始めました
コメント

なにも言えなくて

2018年07月27日 08時59分42秒 | 日記

昨夜は冷房の効いた部屋で就寝して少し体調が思わしくなくて
ぼーと庭をながめていました
驚きましたね 今年は咲かないと諦めていた二度咲きの藤が一房だけ
微笑んでいるではないですか
写真を撮る時間帯も過ぎていて美しい色には撮れませんでしたが
兎に角咲いたことが嬉しくって




でもどんなに悲しいことか
いつもお世話になっている町の衣料品店ではこの度の災害で店舗が
浸水したそうで泥水を排除して店舗の整理もさぞ大変なことと思い
果物ならば作業の合間で食べていただけるとお見舞いに行きました
でもお話をきいていると店舗だけではなくて少し離れた場所に
建っていた自宅が跡形もなく流されてしまったそうです
言葉もありません
どんなにかお力落としのことでしょう
直ぐに再建といっても期間を要します
実情を聞いただけで重い気持で帰ってきました

なにも言えなくて


コメント (4)

枯れないで

2018年07月25日 08時37分39秒 | はな

すくすく育っていましたのに
今朝の裏庭では土当帰(のだけ)が萎れているのです
この日照り続きですもの
私は急いで枯草を根元に敷きたくさんの水をかけておきました
秋になると地味な茶色な花を咲かせるのです
楽しみにしていますのに




一人娘の花もう咲き終わりでしょうか
ひっそりと咲いています来年はまた庭のあちこちで咲きますもの




ツユクサが如何したのか妙に背の高い状態で咲いています
なんだか地を這うように咲くのが似合っている花なのに



この度の災害では私達の町ではまだ多くの方が避難されています
この暑さの中でどんなにか不自由な日常生活であろうかとお察しします
だから日頃の文化活動の稽古場としてこれまでのように町づくりセンターを
使用出来ない現状です
それぞれのグループで対策を考慮されています
詩吟教室も分散して急遽小グループに別れて我が家も稽古場となります
こんな折です場所が変わっても今まで通り励んで参りたいものです


コメント (2)