花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

ポインセチア

2018年11月12日 09時39分41秒 | 日記


もうこんな季節ですね
わいいポインセチアの鉢買って来ました
寒い冬にお部屋を暖かにして赤い花が咲いていると
人の心は豊かに幸せになれるものですね

でも思い出してしまうのです
もう13回忌は過ぎましたが
私にとってはたった一人の兄でした
末期癌で自宅で最期を迎えたのです
医療スタッフの方々や家族に支えられて
これまで企業戦士のように生きたと何時も私は思っていました
もっとゆっくり生きればよかったのに
残念でたまらない思いでした
そんな兄が亡くなる前にきれいなきれいな花鉢をいくつもいくつも
傍に置いて慈しんでいました
人間の愛を大切にした最後の姿を学んだ思いがするのです
お見舞いに行く度に症状が重篤におちいることに
私は悲嘆にくれたものでした
悲しくてやりきれなくて
でも小さきものを愛する原点を示してくれたこと
私達の思い出にしてくれたのだとおもっているのです
コメント (3)

お楽しみ

2018年11月11日 15時28分16秒 | 日記

先日いつもお世話になっている方から
グリンピースとさや豆の苗をいただきました
早速に裏庭に植えていたのですがよく見ると
今朝はグリンピースが少し大きくなっているではないですか
小さいグリンピースさん頑張っているね‼
でもちょっと色が薄いのです
肥料が要るのかしら?
添え木は何時頃立てるのかしら
訊いてみなくては それにしても
来春までお楽しみをいただいたものです
沢山獲れると嬉しいです




柚子が色付き始めました
でも少し悲しくて茶色く変色したのがあります
いつものように沢山獲れてお友達におくってあげることは
今年は無理です
来年はきれいな柚子を沢山成らしたいものです
秋の日裏庭で小さな楽しみを嬉しく思います


コメント

悲しかったです

2018年11月09日 09時49分11秒 | 日記


野路菊が咲き始めました
雨上がりの朝一段と新鮮さを感じます
でも少しお世話が悪くて他の品種と混ざったかも




すこし前に蒔いた大根が芽を出しています
可愛い双葉が密集しています
気を付けないと主人は抜くかもしれないです
だってあの人はピンセットで抜くような小さい草を抜くのが
好きなんですもの
私この大根のこと決して大きな白い大根を育てるのでなくて
葉っぱが大きく育てばこんなに嬉しいことはないのです


悲しかったです
私の手帳によれば今日が年に一度のクラス会の日の筈でしたのに
昨日のことです 
級友からの電話がかかりました
「どうしたの 早くお出でよ 会いたいのに
災害(今年の西日本豪雨)のことみんなで心配しているよ」

驚くではないですか
冗談ではないですよ 
私言いました
「私の手帳には明日がクラス会になってるよ」
私の確認不足です
これからは気をつけないと
勿論急いで出かけて間に合う距離でもなくて

ああ嫌だ もう来年までみんなと会えないのに


コメント (7)

そんなとき困りません?

2018年11月08日 11時36分11秒 | 日記

私言ったのです
「私が歌をうたうとどの曲も小学唱歌のようになってしまう」
すると詩吟教室の男性先輩が
「歌手が歌っているとき一緒についてうたってみるといい」と言われたのです
その方は詩吟も上手ですが歌謡曲もコンクールに出場されるほどの腕前です

ある日のことテレビの歌番組で石川さゆりが歌う
“風の盆恋歌”をききながら私も声を出して一緒に歌って見ました
ああ これっていいのかも これから少しずつ歌ってみてもいいね
という気分になりました
昨日お風呂掃除をしながら
聞き覚えた”風の盆恋歌“を歌って見ました
うん 声の調子もよく いつもより少しきれいな声かしら
調子にのって声もだんだん大きくなって

~蚊やの中から花をみる咲いて寂しい酔芙蓉
  若い日の美しい私を抱いて欲しかった~

少し上手になれるかもと気分も明るくなって
顔の表情も何となくやわらかにその上動作までついてきて
そんな時後ろで何か音がしたのです
振り向くと主人と目が合ってしまいました  
あら!





今年の柊の花 少しおそいかしら
これから雪が降ったように咲きますね
香りもいいですね



コメント (2)

立冬なのに

2018年11月07日 08時28分10秒 | 日記

立冬なのに そうなんです
裏庭ではミニトマトに可愛い花が咲いているのです
大丈夫かしら 実になってそして赤く熟すかしら
植えっぱなしでお世話をしなくてごめんなさい
これから寒くなりそうです




数はすくないですが小さなトマトも成っています
やがて赤く美味しそうになるのですね






我が家の朝は昔から早いのです
いつも目覚めたら一階の廊下のカーテンを開きます
そして朝が来たのだな“今日も元気で”と自分に言い聞かせるのです
でもご近所さんの様子も少しずつ変化しています
以前には一家で若い人の出勤に合わせて早くから灯りがついていたご近所さん
最近では真っ暗です
老夫婦にももう久しく顔を合わせていません
全く外出もされなくなりました

すぐ前の家では若い男性が閉じこもっておられるのです
昼夜逆転の生活のようです
明け方まで灯りがついていることが多いのです
どんなにかご一家にはご苦労がおありのことと

そしてそのお隣さんご両親が病弱で二人の生活が少し困難になられたので
若い息子さんが遠方の勤務先から自宅に帰って来らましたが
こちらでのお仕事が芳しくないのか夜間から明け方まで電気が灯っています

それぞれの家庭内にそれぞれのドラマが
でもそれぞれに明け暮れていくのですね


コメント (4)