日本共産党都議会議員(町田市選出)池川友一「市民とつくる都政への架け橋」

日本共産党東京都議会議員の池川友一のオフィシャルブログです。地方政治の現場からいろいろと発信していきます。

町田市が小中62校の体育館に、3年間でエアコン設置を表明

2018-12-05 | 町田市政・市議会のこと

 町田市でも、小学校と中学校62校と教育センターの体育館にエアコンを設置する方向が打ち出されました。

 日本共産党の田中美穂市議の質問に答えたもの。

 以下、やりとりの一部(要旨)です。

(質問) 東京都等の補助金を活用して、小中学校の体育館へのエアコンの設置計画を進めるべきだがどうか。
(答弁) 東京都の補助の期間(3年間)を考慮し、事業の実施について早急に検討。

(質問) 62校の小中学校すべてを対象とすべき。2021年度までに全校を想定しているということか。
(答弁) 2021年度までの3年間で整備する。 

 「市民と都政をつなぐ架け橋に」と都議選の時に訴えてきました。今回の連携プレーは、本当に切実な課題を前に動かす重要な成果です。

 確実に設置できるように支えていくとともに、東京都としても区市町村からご意見を聞きながら改善を提案していきます。

 参考:田中美穂市議の「つながる鶴川」。画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ

にほんブログ村←日本共産党池川友一のオフィシャルブログ「都政への架け橋」を見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。

コメント

改めてキーワードはごちゃまぜ──キラリ☆まちだ祭

2018-11-15 | 町田市政・市議会のこと

 キラリ☆まちだ祭。

 町田市内の産業と農業のコラボ。

 農業関連のブースがいくつもありましたが、新規営農者の「町田のNEWファーマーズ」ブースが例年よりも勢いがありました。

 町田という場所を選び、そこで起業したり働く人たちを応援するための政策をすすめていくことが大事だなと思います。特に、事業承継は喫緊の課題です。

 町田を「ごちゃまぜ」と表現することがとてもしっくりくると思っていますが、今あるもの、今いる人を大切にする視点を貫いていきたいです。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ

にほんブログ村←日本共産党池川友一のオフィシャルブログ「都政への架け橋」を見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。

コメント

日本共産党町田市議団が市長と教育長あてに「小中学校体育館へのエアコン設置に関する申し入れ」

2018-10-23 | 町田市政・市議会のこと

 日本共産党町田市議団が市長と教育長あてに「小中学校体育館へのエアコン設置に関する申し入れ」を行い、私も同席しました。

 町田市議会では、学校体育館のエアコン設置について、共産党市議団が一般質問でも、東京都への意見書提出でも大奮闘してきました。

 この日の申し入れの中でも、教育長からは「新たな重要な課題」「国や都の動きを注視し検討する」という回答がありました。また、市内の学校でも、プールが中止になったり、始業終業式が体育館でできなかった事例がいくつもあることが改めて紹介されました。部活動についても、熱中症指数に基づく対応を行っているということも述べられていました。

 都政と市政の連携プレーで、暮らしに役立つ市政を実現するために全力をつくします。

  

 以下、申し入れ全文です。

町田市長 石阪丈一様
町田市教育長 坂本修一様

小中学校体育館へのエアコン設置に関する申し入れ 

2018年10月23日
日本共産党町田市議団

 今夏は気象庁が「いのちに関わる危険な暑さ」「災害と認識」と述べる異常な猛暑となりました。市内小中学校でも、この猛暑により授業や部活に影響が出るなど、熱中症対策は大きな課題となっています。

 町田市では、2007年に中学生が部活動直後に熱中症で倒れ、亡くなるという本当に痛ましい過去があります。こうした事態を、二度とくり返すわけにはいきません。

 同時に、市内小中学校の普通教室や特別教室へのエアコン設置を急速に進め、今年度中に全校で完了するなど、重要な取り組みを行ってきたことに敬意を表します。

 先日終了した第3回定例会で、共産党市議団は学校体育館にエアコンを設置すべきだと質問しましたが、学校教育部長からは「新しい課題」として認識しているという答弁がありました。

 一方、都議会においては共産党都議団の代表質問に対して、知事は公立小中学校の体育館について「補正予算を編成するなど緊急的な対応を」し、「区市町村を支援して」いくと答弁をしました。

 学校の体育館は、子どもたちの教育活動の場であると同時に、避難所など防災の拠点であり、地域の方々が自主的な活動を行う場です。実際に設置している自治体では、夏の冷房とともに、冬の暖房も大きく効果を発揮していると伺いました。

 これまでの普通教室や特別教室のエアコン設置についても、東京都の補助を活用してきました。市及び市教育委員会が、この機会を生かして、小中学校の体育館にエアコンを設置する計画を持ち、早期に整備することを強く求めます。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ

にほんブログ村←日本共産党池川友一のオフィシャルブログ「都政への架け橋」を見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。

コメント (2)

町田市議会でも共産党市議団が、小中学校の体育館へのエアコン設置を質問

2018-09-01 | 町田市政・市議会のこと

 町田市議会で、共産党都議団の殿村健一市議が体育館のエアコン設置について質問しました。

 これに対する町田市教育委員会の答弁は次のようなものです。

 初期に設置したエアコンの老朽化が進んでおり、順次機器を更新する必要が生じております。近年、平均気温の上昇に伴う猛暑日の増加や風水害などによる避難所の開設が増えており、教育環境の改善や児童生徒の熱中症対策も含め新たな課題として捉えています。

 現在、計画はないとのことですが、やらないわけにはいかない課題であるとのこと。

 体育館のエアコン設置は待ったなしです。

 (インターネット中継はコチラ

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ

にほんブログ村←日本共産党池川友一のオフィシャルブログ「都政への架け橋」を見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。

コメント

直営で障害者施設を持っていることで、他の施策にもその視点が反映される

2018-08-25 | 町田市政・市議会のこと

 第38回町田市ひかり療育園センターまつりに参加しました。

 太鼓で開会。そして、豊かな作品展示と模擬店。楽しませてもらいました。

 歴史を重ねてきたひかり療育園のお祭りですが、過去に携わった職員の方々がお祭りの時には戻ってくるという光景が毎年そこにはあります。

 現在、町田市の5カ年計画では「あり方の見直し」が検討されています。

 参加されていた方とも「市直営で障害者施設を持っていることで、職員がどこの職場に変わっても『障害当事者の視点』を持って関わることができるのが大切」だという話を会話を交わしました。とても重要な視点だと思います。

 とりわけ当事者の視点が重要です。

 Nothing About Us Without Us──「私たちを抜きに、私たちのことを決めないで」という立場で、より良い施設になるための検討をすべきです。

 一人ひとりの手形を葉っぱに見立てた大きな木、テーマとなっている気球。夢や希望を描いたと説明がありました。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ

にほんブログ村←日本共産党池川友一のオフィシャルブログ「都政への架け橋」を見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。

コメント