日本共産党都議会議員(町田市選出)池川友一「市民とつくる都政への架け橋」

日本共産党東京都議会議員の池川友一のオフィシャルブログです。地方政治の現場からいろいろと発信していきます。

激動の一年でした

2011-12-31 | ごあいさつ・告知・紹介

 2011年は、東日本大震災・原発事故と息子の誕生など、いろんな意味で私の人生に深く刻まれる一年となりました。市議会に送り出していただき、もうすぐ2年。多くのみなさんに支えていただいてきたことを実感しています。

 市議会議員として仕事をさせていただきましたが、まだまだ道半ばです。税金の集め方、使い方をしっかりと「市民が主人公」の方向に切りかえ、いのちと暮らしが何よりも大切にされる市政実現へがんばります。

 そして、憲法が頂点に輝き、憲法を暮らしに生かすために、みなさんと力を合わせてがんばりたいと思います。文字通り、憲法通りの日本の実現が必要です。

 そして、民主党政権になって2年と少し。「自民党政治を変えたい」と民主党に託された願いは、見事なほどに裏切られました。変えたかった自民党政治のおおもとにあったのは、アメリカいいなりと財界中心の「2つの異常」です。

 震災復興と原発問題、米軍普天間基地問題、TPP問題、「社会保障と税の一体改悪」問題──どの問題でも「2つの異常」を転換してこそ、本当の政治変革が実現できるということが、あらゆる分野であきらかになりつつあります。来年は、多くの人たちと手をつなぎ、政治をおおもとから転換するためにがんばる一年となりそうです。

Rimg0442

┏┓池川友一(日本共産党町田市議会議員)
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【事務所】
 〒195-0061 町田市鶴川5‐10‐4
 電話・FAX/042(734)1116

 メール/up1@shore.ocn.ne.jp

 ※無料のなんでも相談、法律相談もおこなっています。なんでもお気軽にご連絡ください。

コメント

国際的なもちつき大会

2011-12-30 | 活動のこと

 きょうは、お世話になっているお宅でひらかれたもちつき大会に行ったのですが、イタリアや中国などから日本に来ている方も参加をしていて、おもしろい話を聞かせてもらいました。

 文化の違いを感じつつ、一生懸命もちをついていくわけですから、なんだか不思議な感覚です。もちつきは日本独自の文化なのかは定かではありませんが、イタリアから来た方の上達ぶりは驚くばかり。腰の入れ方から、杵の使い方まで次々と習得をしていく姿を見て、文化は国を超えるんだと感じたところです。

 また、毎週のように被災地に行き、支援の活動をしている方から話を聞きました。被災地で、新しいことをする第一歩は地域の方の信頼をえることだといいます。いいことをやっていても、地域の方から信頼をされなければ、そこで活動をしていくのはむずかしいわけです。子どもたちの遊び場をつくる活動をされていると聞きましたが、そこには高齢者の方が散歩に来たり、いろんな形で居場所づくりになっているということも聞かせてもらいました。

 被災地では、貧弱な仮設住宅で防寒対策が取られないまま年を越さなければならない方がいると報道されています。仮設住宅も大企業の儲け口にするやり方は、本当にひどいといわなければなりません。

 被災地支援の在り方は、変化をしていきますが、そこに住む方々が生活と生業を再建できる支援をすすめていくことが必要です。

 人が集まれば、そこに交流が生まれる──なにはともあれ、有意義はもちつき大会となりました。

┏┓池川友一(日本共産党町田市議会議員)
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【事務所】
 〒195-0061 町田市鶴川5‐10‐4
 電話・FAX/042(734)1116

 メール/up1@shore.ocn.ne.jp

 ※無料のなんでも相談、法律相談もおこなっています。なんでもお気軽にご連絡ください。

コメント

国民そっちのけの政治はもうゴメン

2011-12-29 | 活動のこと

 本日は、年末のごあいさつまわり、地域の忘年会、「しんぶん赤旗」のご購読のお願いなどで地域をまわりました。みなさん、年末のお忙しい中、快くお話をしてくださいました。

 「民主党政権は、公約を裏切ってばっかり」「国民そっちのけの政治はもうゴメン」など、この間の民主党政権のもとでおこなわれてきたことについて、どこでも対話が弾む一方、「このまま消費税があげられてしまうのでは「TPPさんかもすすめられてしまうのでは」という不安の声も。

 私も「いまの政治の根っこにある、アメリカ言いなりと財界中心の『2つの異常』の枠組みを変えてこそ、新しい政治は実現できる。自民党も民主党も、日本共産党を伸ばして、『2つの異常』から抜け出しましょう」とお話をさせていただきました。

 総選挙がいつあってもおかしくない情勢です。みなさんと力を合わせて、新しい政治を実現するためにがんばりたいと思います。

 さて、妻と息子は一足先に、帰省をしたため一人暮らしとなったわけですが、年末のイベントに着手。そう、大掃除です。息子がいると、思った以上に掃除が進まなかったため、夜になってゴソゴソと掃除をしています。

 普段はなかなか掃除をしないところも、この際と思い切って掃除をしてみると気持ちの良いものです。総選挙で政治を変える仕事は来年となりますが、大掃除は年を超える前に決着をつけなければと思っています。

┏┓池川友一(日本共産党町田市議会議員)
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【事務所】
 〒195-0061 町田市鶴川5‐10‐4
 電話・FAX/042(734)1116

 メール/up1@shore.ocn.ne.jp

 ※無料のなんでも相談、法律相談もおこなっています。なんでもお気軽にご連絡ください。

コメント

つながる鶴川(第108号)

2011-12-28 | 活動報告ニュース「都政への架け橋」

 つながる鶴川の第108号ができました。

 今年最後のニュースは、福島レポート。ぜひ、ご一読ください。

111228

 「111228.pdf」をダウンロード

┏┓池川友一(日本共産党町田市議会議員)
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【事務所】
 〒195-0061 町田市鶴川5‐10‐4
 電話・FAX/042(734)1116

 メール/up1@shore.ocn.ne.jp

 ※無料のなんでも相談、法律相談もおこなっています。なんでもお気軽にご連絡ください。

コメント

収入は減ることはあっても、増えることはない

2011-12-27 | 国政のこと

 「年金はいったいどうなるのか」

 来年度の政府予算案が閣議決定をされたことが、話題になっていますが、3年間で年金の2・5%カットはこれだけ暮らしが大変な中、高齢者の生活を直撃することは間違いありません。

 年金暮らしの方からお話を聞くと、「収入は減ることはあっても、増えることはない。出費は増えることはあっても、減ることはない」「1つのお弁当を一日2~3回に分けて食べている」「お金が心配で、病院に行くのを控えている」と。

 65歳以上の方は、来年度の介護保険料の改定がおこなわれ、基準額で月3950円から月5400円弱になるという試算が出されました。介護報酬の改定、基金の活用などで値上げを抑制することを求めてきましたが、値上げをゼロにすることは難しいのが現状です。

 75歳以上の方は、後期高齢者医療保険料の改定で、16%近くの値上げになる試算が後期高齢者広域連合から示されました。

 医療にかかると毎回100円を負担しなければならない「定額負担」、70歳~74歳の医療費窓口負担を1割から2割に戻すことは、今回見送りとなったそうですが、医療費の削減を名目に負担増をおこなえば、必要な医療の抑制がおこることは火を見るよりも明らかです。必要なのは、予防医療に力を入れ、安心して医療にかかることができる窓口負担の軽減、高すぎる保険料の引き下げです。

◆若年者の年金について

 国民年金と厚生年金の掛け金は、上昇の一途をたどるようです。私も国民年金に加入をしていますが、国民年金の掛け金が上がり続けることは、払うことが困難な人を広げていきます。

 30代のお子さんを亡くされた方から「これまで子どもが払ってきた、年金の掛け金が一円も戻らないのはいったいなぜか」と質問をいただきました。制度の隙間になってしまえば、「法律に書いてありませんので」と対応されたのでは、あまりも不条理です。隙間をきちんと埋めていくこと、給付をいかにして抑えるかという発想を転換させることが重要だと思います。

┏┓池川友一(日本共産党町田市議会議員)
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【事務所】
 〒195-0061 町田市鶴川5‐10‐4
 電話・FAX/042(734)1116

 メール/up1@shore.ocn.ne.jp

 ※無料のなんでも相談、法律相談もおこなっています。なんでもお気軽にご連絡ください。

コメント (1)