ぶら・のび

自分のために何か楽しいことやってますか?

それでも俺は生きている 最終話

2017年03月23日 | Weblog
俺が小学校の時、手加減なんか知らないおとんがおかんを蹴り飛ばし足の骨を折った事がある
でもそんな時もおとんは病院に付き添わず家で酒を飲んでいた

また俺が学校から帰ってきた時、おかんが包帯で腕をぐるぐると巻いている時もあった
口喧嘩で逆上したおとんが台所から包丁を持ち出し振り回しおかんに斬りかかったのだ
それを避けようとしたおかんがおとんが振りかざした包丁で運悪く腕を切った
もうキチガイとしか言いようのない男である

兄弟俺たちもおかんほどではないが
よくどつき回され鼻の骨などをへし折られた事もあった

大きくなった時、いつかはこの男を殺したる思った事も何度もあった
ある時思わず手を上げてしまいそうになった時
おかんは「やめ時!そんなことしたら お前もお父さんと同じような最低の人間になってしまう」と止められた
それを聞いてたおとんは
「こら、誰が最低やねん? おんどれらにそんな言い方される覚えはないで
お前ら誰のお陰でここまでこれたと思うてねん? ごちゃごちゃ抜かしておったらしばくで! どアホらが」
くそ〜、俺は「誰がやねん? お前やろ!」と、余に腹が立ち 何とか抑えようとしたが
さすがの俺も辛抱の限界を超えてしまった

「なんじゃ貢、おどれ親に向かって何抜かしとんじゃ え〜加減にせんと殺すぞ」
さすがに俺も切れてしまった
おとんとも変わらぬ体格になってきた今
いつかはこの男をどつきたい気持ちに火がつき
右の拳がいつの間にやらおとんの左顔面に突き刺すように当たっていた
さすがに酔っていたおとんもスローモーションのように
後ろの壁によろけながらドスンとぶつかり尻餅をついた
口からは多少の出血
興奮の冷めない俺は
「え〜加減にせんと殺したるからな」と、思いもよらぬ暴言を浴びせてしまった

ずっと長年鬱積していた気持ちがついに出てしまったのだ
いくらどうしようもない親だとしても、言ってはいけない言葉だとわかっていても
この時だけはどうしても抑え切れなかった

だから俺もおとんと一緒でカッとなったら見境がつかなくなってしまう

その時おかんの平手が俺の顔面に当たってきた
「貢、もうえ〜加減にし、あんたもあんな男と同じような人間にだけはなったらあかん!」
「外へ出て頭でも冷やしといで」と泣きながら言った。

その後 おかんはまたおとんにこっぴどく しばかれたと思います
ある意味俺が原因でおかんにはだいぶん迷惑をかけてきたと思う

おとんが死んだ後、おかんは俺たちのために一生懸命働き
また俺たち兄弟も新聞配達などのアルバイトをしながら
なんとか普通の生活ができるようになりました



終わり



コメント

それでも俺は生きている4

2017年03月22日 | Weblog
俺のおとんはまた女癖も悪かった
女の家に泊まって数日帰ってこない日もあったり
またその女と一緒なのか 旅行に行くと言っておかんの財布からお金を全部取り上げて
出て行くことも度々あった
でもこんな時は我が家にとって唯一の平和なひと時でもあった
いっそこのまま帰ってこなければいいのにと
またいっその事どこかで事故でもあって死んでしまえばいいのにと思ったことも正直あった
家にいても毎日酒浸りの何の役にも立たない疫病神
何でこんなくだらん男とおかんは別れないんだろうと思った

おとんはこの家に養子として大崎家にやってきた
昔だったら隣近所 相手の家柄や人柄などを聞合わせするものだが
何が縁であんな男と結婚したのか不思議でならない
そんなおとんも俺が13歳の時に何を血迷ったのかガス管を加えて死んだ

学校の昼休み時間 担任の先生より急に職員室へ呼ばれ
「大崎君、すぐお家に帰りなさい」と言われた
またいつものように家で何かあったんだろうな?とピンと来たが
「すぐに帰れ」
何かいつもの雰囲気と違う先生の表情も気になり
すぐ帰宅の準備をし学校を後にした

俺の学校は電車とバスを乗り継いで約1時間ちょっと
しかし我が家は貧乏だったので電車は仕方なくバス代は切り詰め
その距離は毎日徒歩で往復した
だから実際は約1時間半以上通学にかかった

そんな帰り道、頭に浮かぶのはおかんの事ばかり
またおとんにどつかれ 今度は命に関わるほどの大変な事になっているのではと
そればかりが気になり、時折こんな俺でも涙した

つづく

コメント

それでも俺は生きている3

2017年03月21日 | Weblog
「ただいま〜」
いつものように帰宅すると近所のおばちゃん達がいつもと違った表情で
「貢君 今お家に入らん方がえ〜よ!」心配そうに言ってくれた
またいつもの事だな〜と思った
おとんとおかんが何やら大きな声で喧嘩をしているようだ?
というより、一方的におとんがおかんをしばいているのだった

しばらく納まるのを待って家に入ると案の定
おかんの顔は赤く膨れ上がっていた
またかいな

喧嘩が納まって部屋に入るやいなや おとんが
「こら、貢 酒買うてこい」と、半ば血走った眼付きで俺に言う
俺は「おとんな〜、そんなに飲んだら体壊すで」と気遣っていうと
ピントの合ってない目で俺を睨みつけながら
「なに親に抜かしとんじゃボケ! 早よ買うてきたらえ〜んじゃ」
俺はどうなっても知るかと思いながら
「飲むだけ飲んでど〜にでもなってしまえ!」と
捨て台詞を吐いてやった
するとおとんは「じゃかましいわ! ごちゃごちゃ抜かしとったらしばき倒すで」
すると、それを見かねたおかんが
「貢、早よ買うといで」と、通い帳を渡しつつ いつもの酒屋へと背中を押した
なんであんな男のために気を使わなあかんねんと・・・・

いつからあんな酒飲みになったのか?
気がついた時からすでにおとんはづっと酒浸りの生活でした

家族で揃ってご飯を食べている時も いつおとんが機嫌が悪くなり
卓袱台をひっくり返すか みんなおどおどしながら食べていました
おかずが気に入らなかったり、酒の買い置きが無く切れていたり
また理由もわからず急に怒り出して卓袱台をひっくり返す
日常茶飯事の出来事です
こんな時俺たち兄弟は茶碗と箸だけはしっかり持ち
たまたま通りかかった赤の他人のように知らん顔をして 白飯だけを頬張る
こんな状況が日常的に起こる大崎家でした

またおとんは女癖も悪いんです

つづく


コメント

それでも俺は生きている2

2017年03月20日 | Weblog
学校からの呼び出しはたいてい喧嘩だ
ちょっと自分にとって気に入らない事があったり、言われたりすると
すぐに俺は切れてしまう
今思えば大人気ないと思うけれど・・そこは若気の至とでも言いましょうか
とにかく学生時代は自分の体格顧みず 誰とでも喧嘩をしていました
正直負けることの方が多かった
でも自分の間違った正当化を相手にわからせようとする気は、誰にも負けない気でいた

こんな性格だからおかんはいつも俺に
「お前はお父さんそっくりや!」とよく言われた
俺はその言葉がめっちゃ嫌だったが 振り返ればまさに親の遺伝子を100%
引き継いでいる気もしないではなかったが
「親の振り見て我が身を直せやで」と口すっぱく言われてきたが
それが若い俺には逆効果、素直にはわかっていても聞けなかった

そもそも俺のおとんは仕事もせず 朝から晩まで寝るとき以外はずっと酒を飲んでいるというアル中男だった
家族のことより酒をこよなく愛す最低の男だった
そんなおとんも40を過ぎた頃 ガス管をくわえてあの世に行った
おまけにたくさんの借金も残し
しばらくはややこしい筋から借金の取り立ての電話がひっきりなしに鳴り続け
死んでもなおおかんを苦しめていた

そんな中、おかんの手一つで俺達兄弟をなんとか一人前になるまで一生懸命育ててくれた
特に仲の良い兄弟でもなかったし、頭も今一
こんなアホな息子二人を育て上げるのも大変な苦労もあったと思います
そんなおかんも80過ぎに天国へと旅立ちました


つづく

コメント

それでも俺は生きている1

2017年03月19日 | Weblog
俺の名前は大崎貢 中学2年
兄弟は三つ上の兄 義男
あとは「おとん」と「おかん」の4人暮らし
隣には母方の「お爺ちゃん」と「お婆ちゃん」が住んでいて何かと便利だ
というのも俺の家は小さな八百屋を営んでいて時々店の留守番をしてもらえるからだ

しかし近くには大きなショッピングセンターがあるので
近所の常連さんが利用するだけで毎日を暇で持て余している状況だ
だからいつもうちの店先が常連のおばちゃん達の溜まり場となり
いつも集まってはペチャクチャと井戸端会議

今日も案の定集まっている

「あら貢君 おかえり」
いつも俺が学校から帰ってくるとおばちゃん達が待ち構えたかのように出迎えてくれる
「ただいま」
「貢君、学校は楽しいかい?」と
毎日決まった言葉をかけてくる
「ま〜ま〜かな」

「貢君は勉強がよくできるらしいね?」
何も知らずにようく言うぜ!
おまけにお政治のつもりなのかそれも疑問形

でも本当はおかんに聞いているいるはず!
「うちの貢は出来が悪いからいつ落第してもおかしくない息子なんですよ」と

そもそも親が身内である息子を嘘でもいいからかばう訳でもないから
逆に近所のおばさん達が気を使って良く言ってくれているだけ

でもさすが俺のおかんの言う通り
真面目な礼儀正しい生徒は決して言えません
その辺りの事はおかんもよく息子のことを把握しているなと感心

というのも月に一度は必ず学校から呼び出しがあるからです
その度におかんは「今度は何をやらかしたんだ? もういい加減にしてや」と
ほとほと愛想つかした投げやりな言い方で俺にいう
親も親なら子も子である そんな感じだろう

つづく

コメント

年齢と共に

2017年03月02日 | Weblog
年齢と共に髪の量が減ってくる!

遺伝が原因と人が言うが? それは間違っている

隔世遺伝というなら その方が正しい!

というのも、私の兄弟は3人とも親父方の遺伝を引き継いでいる

だから年齢と共に髪の量はどんどん減って薄くなってきている

それも不思議に頭部の前からう後ろにかけて

一時は丸坊主に!とも思ったけれど仕事柄それも・・・・・

てな訳で、開き直りではないが・・・・・ある映画の俳優を見て

俳優は超カッコいい男前だけれど、でもこれも意外に開き直ればいいんじゃい!と思い

それからこの俳優を見習ってオールバックにしています



当然、前頭部は写真のようになりますが

変に額を隠そうとするよりスッキリしました。

おまけに時間も短縮!

そうなんです! 結果自分だけが思い込んでいたような気がします。

どうです? カッコいいでしょう? ジョニーデップ

この映画の役作りにために髪を抜く

そ〜言えば、歯を抜く俳優もいますね

人は見かけも大事だけれど

清潔感があり、内面がいい人の方が超カッコいいと思います。


このデップの役は「悪党です」????





コメント