ぶら・のび

自分のために何か楽しいことやってますか?

東条湖ランド

2016年04月30日 | Weblog
昨日からの連休に合わせ孫が帰ってきました。

空港まで迎えに行ったその足で、東条湖ランドまで・・・・



現地到着午前10時、休日は9時半オープンにもかかわらず第1駐車場はほぼ満車状態!

天気は曇ったり晴れたりと、気温は14度で風があったので曇ったらめっちゃ寒かったです。



午後1時過ぎに遊園地を後にしましたが、その後はめっちゃえ~天気になり続々と来園者が入場券を買い求めるため長い列が続き始めていました。









疲れました(^^)

小さい遊園地でアトラクションもそんなに多くないけれど、連休ということもあり順番待ち

孫はうろちょろするし、爺ジイの役目としてのカメラマンもしなければならない。

おまけに帰りの車の運転! 疲れました(^^;





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事の合間に

2016年04月27日 | Weblog
昨日、仕事で西脇市の方まで行ってきました。

西脇市は織物産業が有名な町で知られていますが、時代とともに徐々に衰退してきているようです。

西脇には「ガチャ万」という言葉があります。

意味は、「ガチャ」というのは織機で布を織る機械の音

「万」は漢字のごとく、お金の意味です。

戦時中は軍需産業が優先だったが、戦後復興に向けて機織産業がめまぐるしく発展する

ガチャと織れば万と稼げる!と、多くの人が織物産業に従事したそうです。

織屋はどんどん舞い込む受注に大忙し、そのため職人の人手不足

だから、当時西脇の町にはたくさんの若い女工さん達が出稼ぎで働きに来ていたそうです。


そんな西脇の町に入ったすぐの所、高松町に「源頼政公ゆかりの地」がありました。



そこには長明寺というお寺があります。

平安時代末期の平氏全盛期の時代に源氏の長老として活躍した源三位頼政公のゆかりのお寺だそうです。



651年に法道仙人によって開基されたと伝えられているそうです。











仕事の合間にこんな観光ができるのって楽しいですね(^^)







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お帰り~

2016年04月24日 | Weblog
今年もお向かえの軒下へツバメがやってきました。



巣はリフォームする事なく使用し、只今子作り中!

もう何代目の子孫なんでしょうね?

ツバメが巣を作ればいいとされているようですが、巣の下は糞の後始末で大変!

また、こんな場所でも深夜に忍び寄る蛇が子供達を恐怖に誘う時もあるようです。

自然の摂理なんでしょうね(;;)

ひな鳥全員が元気に飛び立って行く事を願います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生命力

2016年04月20日 | Weblog
親父が趣味でやっていた中途半端な花らしき植木

最近では体力も衰え、外に出ることもなくテレビのお守りの毎日

だから誰も手をかけることが無くなったので、水やりは雨の日の雨水だけ

肥料も当然やることなくほったらかし、枯れてゆくのみ・・・・・それが

自然の生き物ってすごい生命力ですね!

いつの日か新芽が出てきているではないですか(・・)









なんかそれを見ていると、枯らすのが可哀そうに思った。

これから私も歳を重ねていくにおいて、同じように体力も衰えていく

でも花は上手に育てれば生命は繰り返される

だから私が元気なうちは、この花たちを世話をしていこうと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸せって?

2016年04月14日 | Weblog
この前借りてきたDVD、再生と同時にめっちゃつまらない物を借りてきたな~と思いました。

人の脳内で勝手にその人の人生を幸せ?の方へ導くために数人が勝手な会議をする映画



優柔不断で勝手な思いの人間が、人の意見も聞かず自分の主張を繰り返し、結果その人の人生をダメにしてしまうような・・・・

本当につまらないDVDでした。

でも借りてきたDVDだから最後まで辛抱してみました。

そもそも何故このDVDを借りたかって?

今人気の俳優であり女優が出ていたからと、単純な発想からです。

でも映画ですね! 最後にはきっちりオチをつけるんですね(^^)

この一言でこの映画もうまくエンディング? 本の内容が分かったと思いました。

それは・・・・・

私にも経験があります。

皆さんはどうです?

人を好きになる・・・・ずっと好きな人と居たい!

でも、その人と居る自分が自分を好きにならないと幸せにはなれない。

どうです? 出会い始めは周りが見えず一途に好き

そんな時の自分は、好きな人のためにと自分を後回し、辛抱、抑え目、言いたい事も言わない、嫌われたくない

わがままになる彼、甘える彼、情けないけれど私が居なければ、だって私はこの人が好き、本当はいい人、優しい人

この映画の最後でこんな駆け引きがあり、彼女は結果、彼と別れました。

「私はあなたが大好き、でも貴方と居る自分が好きになれないなら幸せにはなれない」と

なるほどな~と、感想は人によって違うでしょう!

でも本当に相手の事を好きで居続けようと思うならどうです?







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おすすめDVD

2016年04月13日 | Weblog
メイズ・ランナー!

借りる前までは、単なる迷路で出口を求める子供たちの物語かと思っていましたが、意外に意外!



組織的に仕組まれた中で、一人の男の子のリーダーシップによって自由を求めて脱出を図るサバイバル!

CG画像合成もありよりリアル感がある。



メイズ=迷路 現在2作目までレンタルされているが、3作目が現在製作中!

意外に面白いですよ(^^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心から安心して!?

2016年04月09日 | Weblog
Searchinaを読んで・・・・


日本在住の中国人女性の話

中国から友人が訪日した際のエピソードを紹介していました。

「友人が電車内にカメラを置き忘れてしまった」、金銭的な損失だけでなくカメラに残っていた撮影した写真データをまるごとなくしてしまった事に大ショック(;;)

しかし、在住の中国人女性はまったく慌てなかった!

それは・・・・「日本では落し物が持ち主に無事に戻ってくる」という話を聞いていたからだ。

結果、半日もしないうちに実際にカメラは友人の手元に戻ってきた。

これも彼女自身の経験からだ。


また、中国では他人に騙される可能性があり、常に警戒し緊張感をもって生活しなければならない。

一方日本では、そうした警戒は不要であり「心からリラックスできる!」と・・・

確かに中国では日常生活であっても買物で偽物を掴まされたり、お釣りで偽札を掴まされたりする可能性が・・・・


そして、日本でも時折食品の偽装問題が起きるものの、スーパーでは一般的に安心して購入できる。

中国ではスーパーやレストランであっても食べ物に何が混ざっているのか?心から安心できない状況だ。

日本は心からリラックスして生活できことこそ日本の良い点ですと!紹介されていた。


もっと日本も頑張らないとね(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人と中国人の違い?

2016年04月09日 | Weblog
EXCITEニュースを読んで・・・・・

フランス在住の中国人コラムニストのフランスでの体験談です。

パリのファッションの学校で、もっとも優れた教師も生徒も日本人!と紹介。

さらに、留学を始めたばかりの外国人学生は、1年目では国籍で大きな差は見られないが、2年目になると日本人学生のレベルが急激に向上すると伝える。また日本人学生は「留学に真剣に打ち込む人が多い」

またフランス人教師からも日本人は「静かで聞き分けが良く、礼儀正しいうえにカンニングをしない」と高い評価!

一方、中国人留学生はマナーが良くなく、授業中も大きな口を開けてあくびをする学生もいると伝えている。

同じ中国人として、必ずしもフランスで高い評価を得ている訳ではないことに付いて、国外での一人一人が中国という看板を背負っていることを忘れて欲しくないと伝えていた。

さすが日本人ですね(^^) とはいえ・・・最近の日本国内では海外に自慢できない不祥事も増えているのも残念ですよね(;;)

頑張れ日本!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あ~懐かしい

2016年04月06日 | Weblog
この前新聞に、懐かしい神戸の街の絵がメトロこうべで展示されていると掲載されていたので見てきました。

神戸にまだ路面電車が走っている時代ですよ!



震災前まであった三宮の阪急百貨店



震災前のそごう百貨店



レトロ感のある震災まえの新開地通り入口



なかなかうまく描かれていて、ちょっと懐かしかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散る前に

2016年04月06日 | Weblog
明日は春一番と言えるような雨風ともにきつい天気と聞き花見に行ってきました。

今年は例年になく花びらのピンク色が鮮やかと思うのは私だけでしょうか?



川の堤防ぞいに数十本の桜の木が植えられていて、全てが満開状態!

その木々の空いたスペースでバーベキューをしている家族連れや仲間達

焼肉の香ばしいかおりがプ~ンとしてきて・・・・・

子供がまだ小さい時には私もやった事を思い出しました。

その子供も結婚をして子供を授かり私はゴッドファーザー!

そんなえ~もんと違いますが、また一緒にやってみたいと思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加