スイーツとワンコたち・・・駄菓子屋ともちんへようこそ!

現在 アトリエさくらは活動休止中です。次のステップに向けて準備しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガレット デ ロワ

2010年12月31日 | スイーツ 

今日も良く晴れた一日でした 

あと数分で 2011年です

今年最後に作ったお菓子は

最後を飾るにふさわしい

ガレット デ ロワ でした 

王様のガレットという意味の贅沢なお菓子 

デジカメがまだ届かないので

過去の映像ですが…

     

こういうケーキです

ミルフィーユの生地で

アーモンドクリームを包んだものです

これはリッツのパン工房のシェフが作ったものです

     

かなり大きかったです

だって このシェフご自身が

こんなに大きいのですから…

     

並んでいる私は 157cm

今よりも 10kg以上 重くて 顔がまん丸…

後ろにあるパンも ぜ~んぶ美味しかったですよ~

グラスに入っているのは

ホテル リッツのシャンパン

この日は パンのコースの終了日

     

こちらは私が作ったもの

通常は フェーブという小さな瀬戸物を

中に入れて 切り分けた時に

そのフェーブが入っていた人に

良いことがあるって言われています

今回はリッツのレシピではなく

サダハル アオキのレシピで作りました

フェーブの変わりにアーモンド一粒を入れました

家族そろっての忘年会で食べましたが

好評でした 

 

 

 

年が改まりました

 

明けまして おめでとうございます

本年も どうぞよろしくお願いします 

 

May the year of 2011 be

full of joy, health and prosperity

for each one of you...

 

 

駄菓子屋ともちん

フランス菓子と英語の

アトリエさくら

旭川市神楽岡8条2丁目

0166-56-4632

 

     

  

コメント

持つべきは友!

2010年12月29日 | Mes Amis (友達)

アトリエ大掃除 まっ只中です

早く済ませて本家の掃除を手伝わなくっちゃ

気合い 入れて行こう~

 

クリスマスの日

学生時代の友達から小包みが届いた

開けて見ると

作りたいと思いつつ作る時間のなかった

パネトーネと

     

シュトレーン

     

それに大好きな『赤毛のアン』の本が…

     

 

我々 女たちは

結婚によって 学生時代の友達と

離れてしまう確立が

男性よりも高い

家庭に入り、 子育てをすると

ましてや友達を作るのが

なかなか難しくなったりする…

 

北海道が好きで

二度の結婚が 二度とも道産子と…と言う

いわば『物好き』な私だから

学生時代の友達とは久しく会っていない

 

なのに、なのに…

繋がっている友達は

時間も空間も関係ない

彼女と私

共通点が多いとは思っていた

彼女は既に食のプロとして暮らしている

私は農業と英語教育に没頭していた

けれど

半世紀を超える年齢になって

気づくと二人とも食に携わっていた

プロの大先輩として学ぶところも多い

異なったアプローチではあるけど

食べることにこだわりを持つ点は一緒だ

これからは また違った接点で

繋がっていくのかもしれない

 

     

美味しそう…

いっただきま~~~す

 

本はお正月休みにゆっくりと楽しもう

ありがとうね~

 

追記

彼女のお店情報

   グッディーズ カフェ

   さいたま市浦和区仲町2-6-10

   048-823-4649

 

コメント (2)

今更ですが…

2010年12月28日 | おうちご飯

この頃 嬉しいくらい天気が良いです~

除雪は嫌いじゃないけど

忙しい時の雪は余計です…

 

今更なのは何かと言うと

クリスマスに食べたものを記録しとかなきゃって…

何しろデジカメはまだ戻ってこないし

テンション下がり気味で…

 

私が人妻になって早くも30年

(え”~~~ そんなに経つんだ

クリスマスは鶏の丸焼きと決めている

鶏のお腹の中に

よ~く炒めた玉ねぎと合びき肉と

秘密のあれこれを詰めまして

一時間かけてじっくりと焼くのです

途中 何度かバターを塗ってあげながら

すると こんな感じに出来上がります

     

なんだかマイロの寝姿を思い出して

食べるのがためらわれたりするのですが…

 

それとリクエストされていたエビのドリア

     

野菜をたっぷりと入れちゃいました

 

それから パールさんからいただいたケースを使いたくて

クロワッサンなんかも焼いちゃいました

     

おっと…

写真を撮る角度が悪くて

折角のケースが見えないし…

 

あ~~ん もう

早くデジカメ戻って来ーーーい

 

で、 デザートのケーキですが…

実は今年 注文されていた

フレジエ(イチゴのケーキ)と

ガトーショコラの残り素材があったので

それらを使って トライフルにしちゃったので

思いのほか良いとこどりで

美味しかったのだけど

映像的には…

なので記録には残さないことにしました

ま、いうならば 『まかないデザート』

またフレジエとガトーショコラを受注したら

作ろうっと 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
コメント (2)

リトルパティシエクラス その4

2010年12月27日 | チビッ子パティシエクラス

夜明け前からアトリエに来て

パンを2種類と

友人3人に贈るケーキとジャムを

作っていました

やはり楽しい

 

この楽しさは

おちびちゃんにも伝わるようです

小学校2年生の愛弟子 Aちゃん

今回はお母様のご希望で

Aちゃんのケーキでクリスマスを祝いたいと…

そこでお母様にもご参加いただいて

出来る限り私は手を加えず

イチゴのショートケーキを作りました

 

     

デジカメが手元にないために携帯の写真です

真剣な、楽しそうな表情

分かるでしょうか…

デコペンでイチゴに顔を描いています

(注:デコペンはデコレーション用のペンです)

     

水平にケーキのカットができない

そうおっしゃっていたお母様にコツを伝授

その結果 Aちゃんが焼いたスポンジ生地は

なんと 4層に薄く水平にカットでき

このケーキにはイチゴとクリームの層が3段

美味しくないわけはない

とても贅沢な世界に一つだけのケーキ 

     

がんばった自分に何点? と尋ねると

満面の笑顔で 100点

これからも美味しいお菓子を

いっぱい作ろうね 

 

ちなみに…

ガンバリ屋のAちゃん

宿題にはしていなかったのに

製菓に関する英単語は

すらすらと書けるのですよ

ingredients (材料)

なんて難しい言葉までね… 

世代を越えて同じ興味をもつ同士

50年後に彼女が彼女のお孫さんと

ケーキを焼く日が来たならば

ホントにホントにうれしい

 

この記事については

当日カメラマンとして駆けつけてくれた

E男くんのブログで詳細を見ることができます

なかなか感動的な記事ですので

どうぞご覧ください

http://eo3.typepad.jp/hyouten/2010/12/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AB%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%A4%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD.html

 

 

コメント (4)

クリスマスの過ごし方

2010年12月26日 | スイーツ 

喜ばしいことに

このところ「大荒れ」の予報が

旭川に関しては外れてくれている

 

東京から戻って

翌日はリトル・パティシエのクラスがあり

クリスマスケーキを作った

とっても残念なことに

私は東京にデジカメを忘れてきた…

なくさなかっただけ幸運だったと

自分を慰めている次第 

 

そしてクリスマスイブ

ホントに幸運にも

仕事が舞い込んできていた

仮にもパティシエのタイトルを持っていて

この日に暇だったら悲しいものがある

 

クリスマスケーキをお願いできますか?

という問い合わせは数件来ていた

ただ 直前まで東京にいることを考えると

受けることが出来ずにいた 

ホントに親しい人たちの分と

我が家のクリスマスディナーに

専念することに決めていた

 

Oさんからは イチゴで…

とのリクエストだったので

作るのが楽しいフレジエにした

     

義妹のお家はチョコレートで…とのこと

     

 

ひたすら楽しかった

実は子供たちと過ごせない初めてのクリスマスで

気分はブルーだったのだけれど

忘れさせてくれた

 

自分一人で丁寧に作るとなると

数には制限がある

秋から焼いて冷凍しておくなんて

絶対にしたくないから…

でも

あと数台ならいけるな…という

手ごたえを得た

取りに来ていただける方限定になりますが

来年は お引き受けいたします

一度 アトリエさくらのケーキを

お試しください 

 

ちなみに

今回のお二人からは

すごく美味しかったです~という

丁寧なお礼のメールが届きました 

ホントに嬉しかった  

 
コメント (2)

娘の結婚式 その2:スイーツ

2010年12月23日 | スイーツ 

 

娘たちの披露宴は

四谷のスペッキオという

イタリアンレストランで行われた

ソムリエの資格を持ち

美味しいものに目のない婿殿のこだわり通り

素晴らしく美味しいお料理だった

美味しすぎて、

そして花婿花嫁に意識を持って行かれ

写真を撮ることをすっかり忘れていた…

 あ”~~~と思った時は

既にデザートが運ばれてきていた

というよりむしろ

スイーツを見て初めて我にかえったような…

 

     

クッキーバニラアイスとイチゴのジュレ

     

甘酸っぱさがたまりませんでした

 

スイーツと言えば

やはり私はウエディングケーキを

作ってあげたかった

     

でも

私が作ったケーキの引き出物でさえ

持ち込み料金が 1個 525円もかかったのだ

     

ましてやウエディングケーキなど

許可されるわけないし

されたとしても使い慣れたキッチンもない

    

プロが作ったフルーツ盛りだくさんの

大きなケーキを美味しくいただいた    

 

      

 

 

旭川に戻り

雪の降る風景を眺めていると

師走なんだな~って実感します

東京はクリスマス直前で

イルミネーションで飾られていたけど

やはり季節感は希薄で

私の子供たち同様

地方の出身で東京に住む若者たちは

故郷に思いをはせるんだろうな…

そして

地方に住む親たちは

いつもいつも子供たちの

無事と幸せを祈っている

三代目の江戸っ子で 

そういう思いを知らずに育った私だけど

都会が地方出身者たちにとっても

暖かい場所でありますようにと

祈らずにはいられない…

 

コメント (8)

この佳き日に

2010年12月22日 | Ma Famille (家族)

1985年2月16日

娘は産声をあげた

動物好きで運動神経が良くて

兄と弟にはさまれた一人娘だから

気性はサバサバ

私を反面教師にして

しっかり者の娘に育ちあがりました

 

そして

2010年12月18日 晴れの日を迎えた

     

     

         

花婿も娘も

親に無心することもなく

全て自分たちで段取りをした

式場は阿佐ヶ谷の馬橋稲荷神社

     

     

     

     

まっすぐに育ってくれてありがとう

     

     

今日からはなんでも相談して

仲良く寄り添って

母のような苦しい選択をする日が

決して来ないことを祈ります…

     

きっとこの人となら大丈夫だと信じてる

 

娘は よく会社に私のケーキを持って行っていた

みんなで食べていたのだろうけど

時々 「まきさん」という人から

今日のケーキには この紅茶が合いそうだから…

と、 素敵な香りの茶葉や

大好きな(そして高価な)ゴディバのチョコレートが

お礼にと届くようになった

ソムリエの資格も持っていると言う「まきさん」

素敵な女性なんだろうな…って思っていた

 

まさか それが娘とのデートを

願っている男性だったとは… 

将を射んと欲すれば…の馬だったわけだ、私は 

いきさつはともかく

彼が空気を読むムードメーカーであることは

疑いようもない

よそ様が心をこめて育て上げた青年が

私の息子として加わった 

やったね 

     

     

まきさん、 ふつつかな娘ですが

よろしくお願いします

     

     

イケメンの花婿 

花嫁もきれいだよ 

     

 

素敵な時間をありがとうね  

 

     

 

コメント (6)

働き者の住む街

2010年12月15日 | アトリエ

大荒れになるって予報だったけど

夜の間に積もった雪は10cm程度

今は素敵に太陽が差し込んでいます

 

今朝 9時過ぎにアトリエに到着

既に 道路はきれいな状態 

     

実家の前の道には積雪10cm

はじめは どうしてこの道路は除雪車が

速やかに来るのだろうと思っていた

 

二度目のドカ雪で謎が分かった 

人海戦術だったのだ…

 

除雪車が明けてくれる幅では

車が対向できない 

しかも道路わきに避けられた雪は

固くなり始末が悪い 

だから

この地域の住民は

自分の家の前の雪は

敷地内の雪と同様に

空地まで運んでいるのだ 

このブロックに うまいことに

2か所の空き地があることが

幸いしているのだけれど

それだって やる気がなければやらない

だから ここはプラタナス通りの舗道より

はるかに歩きやすい 

 

その慣例に倣って

私もアトリエの前の道路の雪は

2軒先の空地まで運んでいる

私の除雪道具たち

     

雪の状態と用途に合わせて使い分ける

2軒先まで効率的に雪を運ぶには

私も もっと大きな『ママさんダンプ』が必要だな

 

動くのが苦にならない健康体に恵まれ 

(ただ今は先日の転倒の後遺症で辛いけど…

こういう『見える仕事』の達成感が好きなので

除雪は 元気であれば楽しい 

このまま元気なまま歳を重ねたいものだ

 

     

     プラタナス通りとセント・ポール教会

     

     深い森を連想する神楽岡公園

     

     サン・ピエール教会(結婚式場)

     ここの塔の時計はアトリエから見えて便利

 

明日 上京します 

今回はパソコン持参の予定です

 

娘の結婚式まで あと3日 

     

 

 その娘のために母がしてあげられたこと ↑

お菓子作りを学んで良かった 

ホントはウエディングケーキを作ってあげたかったけどね…

 

コメント (4)

Preserved Flower ... 美しい贈り物

2010年12月13日 | Ma Famille (家族)

またしても

筋トレ・有酸素運動の雪が降ってきました…

 

アトリエで迎える二日目の朝

夫くんは毎日様子を見に来てくれます

昨日は忙しい私に代わって

除雪までしてくれました 

 

娘に頼まれたケーキ類も

八割方できあがり

あとは仕上げとラッピング

これが意外と手間かかるんだけどね…

 

一人で奮闘していると

宅配便が届いた

送り主は関西に住む従妹姉妹

 

     

プリザーブド フラワーだ 

    

    

アレンジの素敵さはもちろんのこと 

どうやったら 花たちの色を

こんなに鮮明に留められるんだろう…

    

       

   

大好きなアジサイで縁どられているところも 

モダンな容器もアトリエの雰囲気にバッチリ 

水やりの心配もなく

枯れる心配もない

それでいて ちゃんと本物 

 

さっそく飾りました 

     

 

ありがとう 

遊びに来てくれるのを

腕を磨いて待っているからね 

 

   

コメント (2)

しっとりロールケーキで作るビュッシュ・ド・ノエル

2010年12月12日 | スイーツ 

 吹雪です…

 

お待たせしました

とっておきのロールケーキの作り方を

公表いたします

ロールケーキも色んなアレンジがきくので

美味しいレシピを持っていると

なにかと便利です

 

材料:

バター         25g

強力粉         10g

薄力粉         25g

牛乳           45cc

卵の黄身        2個

全卵           1個

卵の白身        2個分

砂糖           30g

生クリーム       200cc

砂糖           大匙3~4

フルーツ

下準備: 小麦粉は合わせてふるっておく

       フルーツは切る

       型にバターを塗り、 クッキングシートを敷く

作り方

① 小鍋にバターを入れて溶かす

② ふるっておいた粉を①に入れて混ぜる

③ ②に牛乳を2~3回に分けて加え混ぜる

④ 全卵+卵黄を溶いて、③に数回に分けて加える

⑤ 別のボールに卵白と砂糖を入れ、つややかなしっかりしたメレンゲを作る

⑥ ④の中に⑤のメレンゲを1/3位加えて泡を潰さないように優しく混ぜる

⑦ 残りのメレンゲも加えて混ぜる

⑧ 型に流しいれ、平らにならす

⑨ 天板を2枚重ねて(なければ厚紙を重ねる) 190度のオーブンで20分位焼く

  この時 下段に水を入れたカップを置きスチーム焼きにする

⑩ 焼きあがったら粗熱をとり濡れ布巾をかけておく

⑪ 冷めるのを待つ間に 生クリームに砂糖を加えて泡立てる

⑫ クッキングシートを取り、クリームを塗る

⑬ フルーツを並べて手前から巻く

     

⑭ 表面にクリームを塗る

 

アレンジ

ビュッシュ・ド・ノエルにするには 生地を少し切り

小さなロールケーキを作り 本体に載せる

    

お正月バージョン

    

生地に抹茶を入れる

    

クリームに おせちで余った黒豆や栗きんとんを混ぜたもの

 

是非 お試しください              

とても自分の手に負えないと言う方は

アトリエさくらまでどうぞ…               

    

     

コメント