tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

国の始まりは大和の国、奈良県には魅力がいっぱいです。ぜひお訪ねください!

わかめラーメンの「麺なし」(by エースコック)

2021年05月12日 | グルメガイド
昨日(2021.5.11)近所のスーパーでこんな珍しいものを見つけた。エースコックの「わかめラー まさかの麺なし ごま・しょうゆ」と「わかめラー まさかの麺なし みそ味」だ。どちらも税別98円だった。カップ麺の「麺なし」とは、花紀京の「肉うどんのうどん抜き」(肉吸い)のようなものか。エースコックのサイトには、



わかめラー まさかの麺なし ごま・しょうゆ
昨年SNS上で大きな話題となった「わかめラー まさかの麺なし」が復活!

魚介の旨みを利かせたわかめと相性の良いしょうゆスープです。スパイスを利かせることで飽きの来ない味に仕上げました。どっさりのわかめ、風味の良いごま、コーン、メンマを加えて仕上げました。



まずは「ごま・しょうゆ」味にチャレンジ



早速、今日の朝ご飯にいただいた。既定の水分量(カップ内側のラインまで)だと私には塩辛かったので、お湯を足した。結構お腹がいっぱいになるので、これはダイエットにいい(腹持ちも、とても良い)。毎日はつらいので、食べすぎた翌日の朝とか昼にこれを食べて、バランスを取るのが良さそうだ。ただ、スープにはかなりの塩分(6.5g)が含まれているので、全部飲み干すのはやめた方がいい(私はラーメンなどのスープは、必ず残すことにしている)。なお当然のことながら、わかめが苦手な人には到底ムリだ。


かやく(粉末スープ投入前)、これが増える増える


わかめの量は、茶碗一杯分はある

ダイエット食品は値段が高かったり風味が悪かったりするが、これは「エースコックのわかめラーメン」の麺を抜いただけなので、味になじみがあるし、「ダイエット食品を食べている」という悲壮感もない。私はあと3kg痩せれば標準体重になる(BMI値が25未満になる)ので、しばらく続けてみることにしたい。ダイエットを始めたOさんにも、教えてあげなければ!
コメント

耳成山を愛する心(奈良新聞「雑記帳」)

2021年05月11日 | 奈良にこだわる

昨日(2021.5.10)奈良新聞の投稿欄(雑記帳)に、上田龍男さん(橿原市・58歳)の「耳成山に悠久の歴史を願う」が掲載されました。季節に応じて姿を変える耳成山と、人との交流が鮮やかに描かれています。愛郷心あふれるこの文章、ぜひご一読ください。
コメント

ご飯がススム!今井食堂(上賀茂神社前)のさば煮

2021年05月10日 | グルメガイド
昨日(2021.5.9)所用で京都へ出かけた帰り、ランチしようと今井食堂(京都市北区上賀茂御薗口町2 上賀茂神社前)を訪ねた。ここは3日間煮込むという「さば煮」で有名な店だ。地下鉄北大路駅で降り、北大路バスターミナルからバスで向かう。到着すると暖簾(のれん)はないが、何人かが並んでいた。コロナ禍で店舗は閉め、テイクアウトのみの営業になっていたのだ。
※以下の2枚は、こちらのサイトから拝借した





持ち帰りの弁当は「さば煮弁当」(さば煮の大とチキンカツまたはコロッケ)と「ミックス弁当」(さば煮小、チキンカツ、コロッケ、玉子焼き)の2種類。私は「さば煮弁当」のご飯なし(税込み600円)を注文し、奈良まで持ち帰った(ご飯ありは700円)。普段のラインナップも、「さば煮定食」と「ミックス定食」の2種類のようだ。


断面は、こんなに真っ黒!

自宅で皿に並べ換えて撮ったのが、これらの写真である。あつあつのご飯に濃い味のさば煮がよく合う。骨がホロホロになっているので、丸ごと食べられる。これはご飯がススムくん!揚げ物は鶏胸肉のフライで、あらかじめウスターソースがかかっていた。これも名脇役をつとめている。ワカメたっぷりの味噌汁を添えて、カッツリいただいた。遠距離の持ち帰りは大変だったが(私は汁の漏れないレジ袋を携帯している。買う場合は5円)、これはそれだけの値打ちがあった。皆さんも、ぜひ!
※食べログは、こちら
コメント

繋がりの中で生きる(by 田中利典師)

2021年05月09日 | 奈良にこだわる
金峯山寺長臈(ちょうろう)・種智院大学客員教授の田中利典師のWebセミナーの様子が、JR西日本あんしん社会財団の広報誌「Releaf No.42」動画で公開されている。演題は「繋がりの中で生きる~修験道(しゅげんどう)に学ぶ~」。師のFacebookには、

「いのちのセミナー」
先日、JR西日本あんしん社会財団で配信されました私の法話が、財団の広報誌で掲載されています。見開きで、要領をまとめて戴きました。よろしければご覧下さい。

なお、JR西日本あんしん社会財団の公式サイトでは6/30まで、私の法話が動画配信されています。以下です。まあ、はじめての動画法話55分でしたのでうまく行っているのかどうか、自信はありませんが、なんでも断らない私の真骨頂です。よろしければ動画もどうぞ(配信期間 2021年3月23日14:00~2021年6月30日14:00)。


仏教の「縁起」のことなどを、分かりやすく説いておられ、「結びとして」の「コロナによる分断に打ち勝つには、皆がつながっているということを、祈りの中でつくっていくことが大事なのではないでしょうか」という提言は心を打つ。文章は以下に貼っておく、ぜひ最後までお読みいただきたい。

2020年度第2回いのちのセミナー(ウェブにて配信)
配信期間 2021年3月23日(火)~6月30日(水)14:00
新型コロナウイルス感染症の収束が見られないことから、引き続き「いのちのセミナー」をウェブにて配信することになりました。

繋がりの中で生きる~修験道(しゅげんどう)に学ぶ~
講師:田中 利典氏
 総本山金峯山寺長臈(きんぷせんじちょうろう)/種智院大学客員教授

修験道とは
修験道とは日本古来の山岳信仰に様々な教えが合わさってできた独自の宗教であり、もともと日本にあった神道、そして外国から伝わってきた仏教や道教(どうきょう)などが習合して成立した日本独自の民俗宗教と言われています。様々なものを認めてきた日本だからこそ生まれた信仰です。奈良県吉野にある金峯山寺はその修験道の聖地であり、私はその修験道、山伏(やまぶし)の僧侶です。

山の宗教・山伏の宗教
山伏の名前は、山に伏し、野に伏して修行することに由来します。大自然を道場に、大自然に神・仏がおられることを前提に修行していく、いわゆる祈りの登山で、神や仏に対する畏れを持った、聖なるものに触れ合う、出会うという山修行の宗教。これが修験道です。

その中心に、夏になると吉野から熊野に至る約 170 キロを1週間ほどかけて行ずる「大峯奥駈(おおみねおくがけ)修行」という修行があります。朝 3 時ぐらいに起き、1 日約 12 時間、1週間続けて歩きます。ただ歩くだけではなく、自然の中に神・仏がおられることを前提に、祈りながら、拝みながら行じていきます。

神仏習合(しんぶつしゅうごう)の宗教・神仏混淆(しんぶつこんこう)の宗教
修験道は八百万(やおよろず)の神も八万四千(はちまんしせん)の法門(ほうもん)から生ずる仏も、分け隔てなく尊ぶ宗教です。日本には沢山の神様が存在しておられ、仏壇も神棚も持ち得るような日本人の根源的な祈りが具現化した宗教です。

日本には元々神道という信仰がありましたが、6世紀の半ば、中国から朝鮮半島を経て仏教が伝わり、当初蘇我氏 vs 物部氏のような崇仏派(すうぶつは)と廃仏派(はいぶつは)との争いはありましたが、その後の 1,300 年間、日本では仏教の仏様と神道の神様は蜜月関係の夫婦の如く、仲良くしてきました。修験道というのは、まさにそこから生まれた宗教であり、仏教を父に、神道を母に、仲の良い夫婦の間に生まれた子どものような存在なのです。

実修実験(じっしゅうじっけん)・修行得験(しゅぎょうとっけん)
これが最も修験道の大事な部分です。自ら修行することで、自ら「験力(げんりき)」「しるし」を得る宗教です。命綱も持たずに岩を登っていく、あるいは、滝に打たれるということもあります。自分の体を使って行ずる宗教なのです。山での修行では、「懺悔懺悔(さんげさんげ)、六根清浄(ろっこんしょうじょう)」という、山念仏(やまねんぶつ)、掛念仏(かけねんぶつ)を唱えながら歩きますが、キリスト教では「ざんげ」、仏教では「さんげ」と唱えます。

六根とは、目、耳、鼻、舌、身、意であり、私たちが外界の世界を内に認識する入り口です。これを清浄することで、身も心も神・仏に清めていただく。そういうことを心に描きながら山を歩
くわけです。1日12 時間も歩きますと、いつの間にか心の中が空っぽになり、まさに神・仏に六根を清められたような、そんな気持ちになります。そのようなひとときを持つことが修験道の実践の世界です。人間は、心でもって心をおさめるのはなかなか難しいもので、体を使って何かをする中で心がおさまっていくということが沢山あります。

山伏の修行というのは、まさに体を使って、何か自分の中に新しいものを生み、自然の中におられる神・仏の力によって自分の身と心が清められていく。そういう体験を通じて験力を体得していく世界なのです。

禁止された修験道
修験道というのは、明治になり受難の時代を迎えます。明治初年の神仏分離・神仏判然令に続き、明治5年には修験道廃止令が出され、修験道のお寺は廃絶するか神社に姿を変えることになりました。それによって現代において山伏は縁遠くなりましたが、能や歌舞伎には山伏は沢山登場しているのをみてもわかるとおり、明治までは皆さんの身近に山伏がいたということです。

山伏の効用
山伏の修行には、「擬死再生(ぎしさいせい)」という、一度死んで生まれ変わるという意味があります。例えば、奥駈修行では 1 週間ぐらい山に入り、1 日 10 時間以上歩き、本当に苦しい体験をします。自分の中で一度何かが死んで、新しい自分が生まれ変わることを感じるわけです。また、山伏の教えの中で、死に習うということをよく言います。死に習うというのは、死を意識して生きるというような意味です。

物事というのは、止まったときに初めて本質が見えるものです。動いている間はわからない。生きるということも同じで、生きている間は生きる本質を見つめ直すのは難しい。しかし死んでからでは遅い。死に習うということは自分の死を意識して生と向き合うことを言います。それを実践しているのが山伏の修行なのです。また、山伏の修行は、山の行より里の行ということをよく言います。これは山で修行をした力を里で生かすことを意味します。山で修行した力を里に下りて生かすこと、つまり山で体験した擬死再生の修行を日々の生活の中で生かすことが大切なのです。

修験道に学ぶ
山の修行中に般若心経というお経を上げていますと、私の前に小さなアオムシが大木の下から上へ登っていく姿が目に入りました。お経の間ずっとそのアオムシを見ていますと、ふと、このアオムシは前世の私だと感じました。このアオムシだった私と、今の私はどこかでつながっているなということを、山の修行の中で感じることがありました。

またあるときは、雨中での勤行中、この降っている雨、雨を降らせている空、雨を受けている私、雨を受けている草・大地は全部つながっている。私の周りの世界は全部私とつながっていると、そんな気持ちが起こってきたことがありました。あらゆるものとつながっている安心感みたいなものを、山の修行で感じたわけです。生きる本質とは、実は、様々なものとのつながりの中にあるということが、私は大事だと思います。「つながり」の側に本質がある。

たとえば夫婦という本質は、主人側にも奥さん側にも本質はなく、つながりの側に夫婦の本質がある。あるいは、親子も、親子というつながりの中に本質がある。我々はどうしても、それぞれの側に本質があろうと勘違いしますが、つながりの中にこそ物事の本質があり、つながり合う中で私たちは生きているわけです。私は山の修行の中で、大きな命、大きな宇宙、大きな自然とつながっているという体験を通じて、すごく安心するという実感を持ちました。つながり合う中に物事の本質があることを学んだとき、生きていることがすごく楽になりました。

現代社会は様々な問題を抱えており、様々な問題が孤独な自分、孤独な生をつくってしまう傾向にありますが、つながっているということを、あるいはつながりの側に本質があるということを心に収めたとき、変な孤独は起こりにくいのではないでしょうか。つながり合う中に生きていると思ったとき、私たちの「いのち」というものは、もっと緩やかに、また、温かくなるのではないかと思います。

結びとして
現在、世界中が新型コロナウイルス感染症に苦しんでおります。この感染症に打ち勝つ方法は2つあり、1つは感染しないこと、感染させないこと。もう1つは感染しても負けないこと。それには宗教的な生活がとても大事であると思っております。自分だけが助かる、自分だけがよいということではなく、皆が助け合う、皆が健康で幸せで生きることを願うということです。

“皆で”打ち勝っていかないと、感染症というのはなくならないわけです。そうすると、皆で幸せになっていこう、皆で負けないでいこうということを祈り合う。この祈りの心を持つことであり、自分だけの利ではなく、他人の利益、他人の利を願っていくことがとても大切なのではないでしょうか。

私どもは去年の4月から、疫病退散、万民安楽のお祈りを正午の祈りとして行っています。これは東大寺さんを中心に、私どもの金峯山寺、高野山金剛峯寺、あるいは神社さん、キリスト教の教会の方も一緒になり、場所は違いますが「時」と「心」を同じくして、皆がコロナの苦しみから、疫病の苦しみから救われるよう、これ以上苦しいことが起こらないよう、疫病退散のお祈りを行っています。

コロナによる分断に打ち勝つには、皆がつながっているということを、祈りの中でつくっていくことが大事なのではないでしょうか。「繋がりの中に生きている自分の『いのち』への向き合い」、これこそが、山伏修行の中で、私が感じたもの得たものなのであります。
コメント

コロナ禍で気づいた「雑談の楽しさと大切さ」

2021年05月08日 | 感想
ある地域SNSに、Fさんという男性(もと大学の先生)が「雑談の楽しさと大切さ」という文章を投稿されていて、思わず膝を打った。コロナ禍で飲食の機会が減り、たまに顔を合わせると何となく雑談が始まり、30分ほど楽しくダべる。これは私にも身に覚えがある。
※トップ写真は、フリー素材サイト「PAKUSATO(ぱくさと)」から拝借した

今年(2021年)3月5日(金)と6日(土)の午後、『奈良万葉の旅百首』が刊行されたので、奈良まほろばソムリエの会会員希望者への販売と、執筆者にお渡し(無料)する場を設けた。奈良市内のオープンスペースで行ったのであるが、そこへ来た会員がなかなか帰らない。すぐ近くにコンビニがあるので、そこで買った飲み物を持ち込んだりして、長々とダベッている。もちろん、マスクをして。

最初は不思議だったが、「ははーん、この人たちは会話に飢えているのだな」と気がついた。それで私もその輪の中に入り、長々とダベることにした。もともと同好の士だから、話は尽きない。中には半日もいたり、一旦用事を済ませて、また来る人もいた。人間というのは「つながり」が断たれると寂しいのだな、ということに気づかされた。そういえば、最近は歓送迎会すらないので、会社の連中ともあまり話していないなぁ…。最後にFさんの全文を紹介しておく。

雑談の楽しさと大切さ
去年の暮、20~30人で大掃除をした。終わった後、数人ずつ、数グループで立ち話をしている。お互い距離を取って。何をしているかというと、雑談をしているのだった。とりとめもなく。皆なかなか立ち去りがたく…30分ほどだっただろうか。なんとなく皆、笑顔だった。

その後も、(4人での)会食の後、やはり30分ほど、駄弁る。楽しい。雑談が楽しいのである。この1年数カ月、雑談の機会がほとんどなくなり、雑談に飢えているのだ。

テーマがあるわけではない、目標もない、気の向くままにしゃべり、「そう言えば、私もそんな経験がある」「そうそう、こんなこともあった」などと、触発されて、色々と思いだしたり、思いついたり…脳が活性化する。だから楽しい。

会食自粛が言われる中、自粛違反が無くならないのは、こういった事情だろう。コロナ禍以前も、会食、飲み会の人気は、ここにあったのだろう。特にアルコールは雑談の友で、多くの人は饒舌になる。

以前の職場(研究所)で、毎日ランチ後にコーヒーを飲みながらの、雑談が30分~1時間あった、ここでは仕事に関わったり、関わらなかったりの思い付き、アイデアが出て、仕事も一番はかどる時間だったような気がする。純粋な雑談ではないが。

SNSも似ていて、日記、コメント、レスで盛り上がるのは、雑談風である。雑談の楽しさと大切さ…に気づいたコロナ禍である。コロナ禍は色々なことに気づかせてくれる。
コメント