映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

リアル・スティール

2011年12月15日 | 映画(ら行)
立て! 立つんだ、ATOM!!



                 * * * * * * * *

近未来、2020年。
プロボクサーから身を転じ、ロボット格闘技の世界に身を置くチャーリー。
しかし、資金がなくてはいいマシンも手に入らず、借金まみれのいわば“負け犬”。
そんな彼の元にやってきた一人の少年。
別れた妻とともに暮らしていた息子マックス11歳。
母親が亡くなったため、しばらくチャーリーと過ごすことに。
いわば、母子を捨てて出て行ってしまった父なので、
そもそもうまくいくとは思えません。
けれど、ロボット格闘技やコンピュータゲームに目を輝かせる少年は、
その世界を通じて次第に父との絆を取り戻していきます。



ストーリーとしてはとても単純で、ありがち。
でも、初めから終わりまで、何よりもわくわくと楽しく見てしまいました!! 
ロボットものにも、ボクシングにも、さして関心があるというわけでもないのに。

始めに出てきたロボットがステキです。
もとチャンピオン級のロボットですが、すでに落ちぶれ各国のどさ回りをしていたというそれは、
ボディに漢字で「悪」とか何とか、ペイントされています。
音声認識も、初めは日本語モードになっていて、
マックスが日本語でロボットをコントロールしてみせる。
また、マックスが廃材置き場で見つけた旧式のロボットは“ATOM”と言う名前です。
日本人としては、これらの設定が何とも楽しい!!
ATOMにはシャドー機能がついていまして、人の動きをまねしてその通りに動く。
そこで、元プロボクサーのチャーリーの出番。
小回りのきくボディ、切れのあるパンチ、
ATOMの動きが次第に小気味よくなってきます。
あくまでもコントロールされて動くATOMなのですが、
私たちは次第にその中に人格を見出します。
人の形をしたモノには、そういう力がありますね。
「立て! 立つんだ、ATOM!!」
私たちも手に汗を握りつつ、ついそう叫びたくなってしまいます。



お金が無い。
ロボットは旧式のボロ。
チームは落ちぶれた男と子供。
マイナス要件ばかりの彼らが、潤沢な資金に物を言わせて作り上げた最強マシンに挑む。
今時の格差社会にちょっぴりと反逆をにおわせつつ、
実に痛快なストーリーです。
ラストも気に入りました。
そう、ここはこれでいいのです。
マックスが笑顔だから。


前向きで明るくて、物怖じしないマックス少年。
実に気持ちがいいなあ・・・。
こんな風に育てたお母さんはきっとステキな人だったろうと、
つい余計なことまで思ったりして。
マックスとATOMのダンスがとってもよかったですね。
もっと長く見ていたいシーンでした。

ほぼ10年後にしては、チャーリーが持っていたケータイは、iPhoneよりお粗末のような気がしましたが・・・。

「リアル・スティール」
2011年/アメリカ/127分
監督:ショーン・レビ
原作:リチャード・マシスン
出演:ヒュー・ジャックマン、エバンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ、アンソニー・マッキー

コメント (1)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 「マンボウ家族航海記」 北杜夫 | トップ | ナイトメアー・ビフォア・ク... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2011-12-16 01:31:24
TBさせていただきました。
またよろしくです♪

コメントを投稿

映画(ら行)」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

No.287 リアル・スティール (気ままな映画生活)
【ストーリー】 ヒュー・ジャックマン主演、「ナイトミュージアム」のショーン・レビ監督で、ロボット格闘技を通じて父子が絆を取り戻していく姿を描く。2020年、リモコンで遠隔操 ...
ショーン・レヴィ監督 「リアル・スティール」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
先月、あまりにTVCMで予告が流れてたので、公開しているものと思って映画館に行ったら今月からでした。 すぐ観たいと思ってたのですが、仕事の出番とか、ちょいちょい忙しく今日(12月15日)になってしまいました。 まぁ平日で良かった。 朝一番、空いてました...
リアル・スティール (本と映画、ときどき日常)
監督 ショーン・レヴィ 出演 ヒュー・ジャックマン     ダコタ・ゴヨ     エヴァンジェリン・リリー これは面白かった☆ 正直、ロボット同士のボクシングなんて… と高をくくってたとこもあって(汗 ところがドッコイ(感動 ロボット格闘技を通じて親と...
「リアル・スティール」 全部入り (はらやんの映画徒然草)
夏ぐらいから盛んに予告編を流していた本作、さっそく初日に観てきました。 結果から
[映画『リアル・スティール』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆昨日は彼女と『ミッション・インポッシブル4』で、  今夜は残業の後で、別の娘っ子と、『リアル・スティール』のレイトショーになだれ込んだ。  一日一日を目いっぱい楽しむ充実のコース取りだ^^  残業時の職場は忙しく、残業延長もあり得たが、私は、スタンド...
リアル・スティール (Real Steel) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ショーン・レヴィ 主演 ヒュー・ジャックマン 2011年 アメリカ/インド映画 127分 ドラマ 採点★★★★ 捨てられてる子猫や子犬って、なんであんなにも愛くるしく見えるんでしょうねぇ。同じのがペットショップのケージに入ってても、多分あそこまでの愛らし...
リアル・スティール (to Heart)
「リアル・スティール」――。 それは、親子の絆が生み出す、“本当の強さ”。 原題 REAL STEEL 製作年度 2011年 上映時間 128分 脚本 ジョン・ゲイティンズ 監督 ショーン・レヴィ 音楽 ダニー・エルフマン 出演 ヒュー・ジャックマン/ダコタ・ゴヨ/エヴァンジェリン...
映画「リアル・スティール(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@Seesaa)
映画『リアル・スティール(字幕版)』(公式)を本日初日第1回目の回で劇場鑑賞。キャパ182名に10名ほど。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。不覚にも?ロボット格闘技で応援しちゃいました。 ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問...
「リアル・スティール」 (ここはここ)
映画「リアル・スティール」 REAL STEEL を観ました ショーン・レヴィ監督 スティーヴン・スピルバーグ/ロバート・ゼメキス製作総指揮 2011年 アメリカ   ロボット・ボクシングはものすごく興奮した。 スポーツとか見ながら興奮しやすい性質なので、まわりが大人...
【映画】リアル・スティール…原作とは全然違うんだろうなぁ多分。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
コールソン捜査官(※アベンジャーズ)のフィギュアを買うかどうか真剣に悩んでいるピロEKです まずは近況報告から…っても結構前のお話 2012年11月23日(金曜日・勤労感謝の日)は、早朝から行ってきましたユニクロの創業祭……朝6:00開店に並ぶと先着100名に、あ...