t-catの徒然寄稿

興の赴くままの煩悩炸裂日記です。買い物(散財)やら、最近のハマリ物リスト公開中。猫(ラグドール)と暮らし始めたところ。

どの花見てもグラハム・トーマス

2005-05-31 13:17:31 | 薔薇的生活
撮影時期は5月20日ごろ。

これを撮影後、この鉢は実家へ
旅立ちました。
(といっても、歩いて数分のところですけど)

この画像に限らず、
blogに掲載したグラハム・トーマスは
特に記載のない限り、
すべて違う花なんです。
でも、どれも同じような形状で咲いてくれました。
目に鮮やかな黄色は見ていて楽しくなってきます。

ウドンコとアブラムシにモテモテのところは
玉に瑕、かな…。

なにはともあれ、
今春のグラハム・トーマスのご披露は
これにておしまい。
ご覧いただき、ありがとうございました。
コメント (2)

ろも・らぼ・フリージャンル編(38)

2005-05-31 11:19:14 | lomo gallery + photo
lomo写・フリージャンル編。
撮影時期は2001年頃です。
場所は羽田第一ターミナルです。

久々のlomo写です。
最近後入れ先出し傾向が強いから、
私がアップしたのを忘れないうちにのせてみました。

lomo写をはじめたころ、
皆さんも同様かと思いますが、
随分とフィルム三昧をしていました。
手が届く範囲のASA400のフィルムは
国内外含めてあらかた試してみました。

元がトイカメラだから、思えばムダなお遊び。
で、最終的に落ち着いたのは、
アグファのASA400、36枚撮りの5本パックでした。
アグファはlomoのパックについているフィルムなので
新品を購入した人にはおなじみのメーカーです。
フジやコニカ、コダックと比べても
色が濃く強く出る傾向があって、
思いもかけない仕上がりになるのが面白くて
愛用していました。

 発色にこだわる撮影をする方から見れば
 噴飯物でしょうけど、
 トイカメラなので…遊びの延長と捉えれば
 絵の写り方から色の違いまで
 楽しめてお得感を味わえたのです。

そのアグファが……
残念なことに倒産してしまいました。
倒産の事実以上のことはわかりませんが、
代わりになるフィルムメーカーはないように思える為、
残念がっているファンも多いことでしょう。
私もその一人です。
コメント

黄色いテニスボール ではありません。

2005-05-30 13:08:52 | 薔薇的生活
撮影時期は5月20日ごろ。

この種は、
今回の蕾はどれもこれも
似たような咲き方をしてくれました。
発色も一様でばらつきがなく、
カップ咲きの形状もしっかりしていて
安定した花なのだと思います。
肥料と水、病気と虫さえまめにチェックしていれば、
(この「いれば」がくせ者なんですけど)
かならずこの姿で咲いてくれそうです。

昨日実家で見たところでは、
先週で花はすべて終わり、
お休みの時期のようで、
芽動きは一切ありませんでした。
先週の好天と日当たりの良い庭に
置いていますので、
葉っぱがぴちぴちと元気よかったですね。
バラは日光が大好きなんだなあ。
ベランダではいくら南向きで
日当たり抜群でも
日照時間は足りていないのかな、と
しみじみしたのでした。
コメント (2)

10日もあれば…

2005-05-30 12:59:42 | 薔薇的生活

5月20日当時の
ケニゲン・フォン・デンマーク。

10日もあれば
もっと生長してるでしょう、
してるはず。
してるんです。

1つ2つずつですが
ぼちぼちと咲いてきています。
しんがり君のケニゲンは、
昨年もでしたが
花保ちがとても悪く、
咲いたとおもったらすぐ散ってしまいます。
今年も色づいた蕾もちらほら出てきていますけど、
株もとに落ちた花びらもちらほら。
毎日水やりしていても気づけないくらいの早さです。
いつの間にか咲いて疾風のように去って行く。
あなたは月光仮面のおじちゃんかい…。
コメント

真っ赤なピンポン

2005-05-29 20:07:41 | 薔薇的生活
撮影時期は5月20日ごろ。

黄色みがかった花の未来を予見させる
いい色の赤です。
実際、この蕾はきれいな花になりました。

複数のバラを見続けて来て思ったことは。

開花前の蕾の形状から、
満開の花の形は想像できない……
です……

この蕾は丸々としていてますが、
つーんととがったタイプのものもあれば、
ぼこぼこのカリフラワーかキャベツみたいな
形状の蕾もあります。

花の数だけ育ち方や形があるんですね。

 すみません、先週以来撮影は
 まめにしてるんですが、
 先週画像フォルダーにアップした画像が
 まだ残ってます。
 他のお花はまた別の折に。
コメント (2)

もう、ぐずぐず…

2005-05-29 20:02:52 | 薔薇的生活
撮影時期は5月20日頃です。

黄色みがかった赤のベンジャミン・ブリテン。
終わり頃の花を見て、一瞬、

「つぶれたスイカ?」

もしくは、

「つぶれたトマト??」

…つぶれ路線から発想が
どうしても抜け出せない私なのでした。
コメント (2)

清楚な白

2005-05-28 22:30:22 | 薔薇的生活
撮影時期は5月20日ごろ。

蕾が鈴なりの鉢を実家に持っていった為、
花をみたのはほんの数個。
ちいさめ・ひかえめ八重の白い花が
鈴なりに咲きます(多分)。

画像では開き方が中途半端ですが、
満開花は、あまり形が良いとは言えず、
これぐらいの開き加減の方が見栄えするようです。

コメント (1)

ラ・トゥール展雑感

2005-05-28 22:16:40 | レコメン・スクェア
ぼけっとしていましたら、
会期終了間近まであと数日でしたので、
あわてて昨日、土曜日の夜間開館に合わせて
行ってきました、ラ・トゥール展。

風の便りに、空いていると聞いていたので
あなどっていましたら、
7時ちょい前なのにめちゃくちゃ混んでいました。

先週終了したゴッホ展へ流れていた人が
こっちへまわってきたかのようです。

ゆっくり心ゆくまで絵を鑑賞する場は、
企画展にはないのかな。
いやいや、今回は会期を見誤った私の
戦略ミスでした。

全般の印象としては、
光源をろうそくに頼っていた時代の絵の陰影が
異彩を放っていたように思えました。
ルーベンス等の華やかさはありませんが、
心にじわじわしみ通る闇と光の対比を
どう言葉に表したものやら。
個人的にはとても好きな絵の数々でした。

目当ては、「大工の聖ヨセフ」。
はるか昔、高校の美術で模写の実技をした折、
私の友人は絵中のろうそくを持った少女を選び、
陰影の綾に、妙に惹かれたのですが、
実は今回の企画展の宣伝を見るまで、
この絵の作者、ラ・トゥールの名前はおろか
絵のタイトルも知りませんでした。
温故知新の気分です。(ちょっと誤用…??)

念願の絵を見れてしあわせ…であるはずなのに、
あれ、なんか違うな、なんで? と思ったらば、
札には「模作」の一文字が。
大変よく描けているけれど真作ではなかったのです。

楽しみにして行く展示会の目当ての品が
模作・複製は上野で2回目。
ちょっとしょんぼりさんになったのでした。

でも、目当て以外にお初でお気に入りの絵が
1つみつかったのは収穫でした。
「犬を連れたヴィエル弾き」
また一つ心の友が増えました。

29日で終わってしまう展示会ですが、
これからの訪問と、行ったら必ずグッズを買う方へ、
ご参考までに。
地階より1階入り口すぐのショップの方が
品数多くて豊富です。
昨日行った時点では、
ヴィエル弾きの足元にいるわんこのペーパーウェイトは
地階には置いてませんでしたよ。

コメント (2)

スパムTBも困りますが、スパムコメントもホント困りものです

2005-05-27 15:57:26 | 興の広場
ほとんど場当たり的にアダルト系や
課金サイトへ飛ぶように
TBやコメントがつけられることがままありますが、
gooのシステムの場合、
スパムTBや違法blogを通報する窓口はあっても、
コメントのそれは用意されていません。

当方でもなるべくマメに
誘導してると思われるTBやコメントは
消すようにしていますが、
ちょっとしたタイミングで
作業が遅れることもあります。
妙なリンクが張られているコメントがあっても
絶対にクリックしないでくださいね。

このスパムコメントやTB、
いやらしいことに、かなり前のログに
書き込まれること多しです。
数ヶ月や半年以上前のログから
該当コメントやTBを削除するのは
ちょっと手間……
もうすこし手軽に削除できるシステムに
なってくれるとうれしいのですが。
コメント (2)

あまりのすっぱさに…

2005-05-27 13:12:30 | 薔薇的生活
身をかがめてみる。(大うそ)

おそらく5月20日頃のもの。

これが、蕾の頃から追いかけてきた花の
行く末とは……
ちょっと残念な開き方でした。

でも、発色が良かったから、
良しとしよう。
コメント (2)

すっぱー!!!

2005-05-27 13:08:40 | 薔薇的生活
梅干し、すっぱー!!!

とでも言ってるような表情の
アンブリッジ・ローズ。
一番花なんです………
開花した頃、5月20日頃ですが、
その前に一度気温が下がったんですよね。
しっかり形が崩れてしまいました。

これが、ER栽培家あこがれの花だなんて。
誰が信じるでしょうか。

香りは良かったですけどね。
コメント (2)

ちょっとうつむいてみる。

2005-05-27 13:05:21 | 薔薇的生活
ちょっとすねた印象。(うそ)

おそらく5月20日頃の撮影です。

ワイフ・オブ・バースは
ピンクがキレイなので、まあ、良しとして、
最初からこーいう咲き方をしてくれれば
落胆しなかったと思うのです。

改めて見ると、形状は整っていてキレイですから。

でも、やっぱり、あっぱらぱー咲き。
コメント

後ろの正面の正面

2005-05-27 13:00:49 | 薔薇的生活
ほぼ5月20日ごろ撮影のもの。

ワイフ・オブ・バースです。
先に掲載した花とまるっきり同じ株から
咲いた花です。

どーいうことなのーーーー???
こんな咲き方する花だったの?
それとも、これが「正解」なんでしょうか。
このあっぱらぱー咲きが??

私は唖然としました。
コメント (1)

後ろ姿はこんな感じ

2005-05-27 12:58:22 | 薔薇的生活
5月20日撮影…みたいです。

(整理が追いついていない)

これは先に掲載したものとは
また別な花。
後ろからみると清楚な感じなんですけど。

正面から見ると。
全然違うんですね。
コメント

切る前はこんな感じ

2005-05-27 12:55:36 | 薔薇的生活
5月20日(推定)のもの。

切り花で掲載済の花が
まだつながっていた時の画像です。

私は、この姿が
ワイフ・オブ・バースの咲き方だと
思っていたんですが………

気温によって開き方が左右されるとはいえ、
こいつは影響をモロに受けるようです。
コメント

よかったら…

人気blogランキングへ よろしかったら「ポチっ」としてやって下さいませ。