t-catの徒然寄稿

興の赴くままの煩悩炸裂日記です。買い物(散財)やら、最近のハマリ物リスト公開中。猫(ラグドール)と暮らし始めたところ。

開花準備中(1)ベルイシス

2005-04-30 10:49:23 | 薔薇的生活
ついにウドンコが発生してしまった
ベルイシスです……
病気・虫に強いと、図鑑に載ってましたけど
ホントかい??
去年はウドンコにたかられ、
虫にはむしゃむしゃ食われ、
結構悲惨な奴だったんですけど……

 他の株と比較すると、
 美味しそうな葉っぱしてますので
 虫の気持ちはわからんでもないです。

まだ発生している葉が少ないので
葉をむしったり
風通しの良いところへ置く程度で
ごまかせますけど、
曇天とか梅雨時になると
一挙に病変が広まり、そうなると
どーにもならんのです……
まいっちゃいます。
コメント (4)

開花準備中(1)イスパハン

2005-04-30 10:45:03 | 薔薇的生活
蕾がわさわさ付き出した
イスパハンです。
が、細い挿し枝苗です、
ひょろーんと伸びた枝には
過ぎる葉の付き方が徒になったのか
どーかはわかりませんが、
今週の半ばに
黄変した葉が大量に出ました。
植物では不要の葉を落とす
生理作用があると聞いていますので
病気とかではないと思います。

重いからって脱ぐくらいなら、
自分の分を考えて葉っぱを出しなさい!
と言いたくなる奴です、
まったく…。
コメント

開花準備中(1)赤ちゃん苗たち

2005-04-30 10:41:45 | 薔薇的生活
今週は好天が続いた為か、
ベランダ苗たちに変化が出始めています。
残念なお知らせの方が多くて哀しいですが、
4つの赤ちゃん苗の1つがしおれ始めています。
水はふんだんにあげていたつもりだったんですけど、
根付いていなかったヘリテージが
からーっとはれた時にしおれちゃったみたいで…。
根っこがついていないと弱いのが挿し枝苗。
どーすることもできないみたい…。
残念ですが、
来週は1鉢減っちゃうかもしれません。
コメント (2)

開花準備中(1)ルイーズ・オディール

2005-04-30 10:38:47 | 薔薇的生活
残念なお知らせをせねばなりません。
数回画像で追っかけてきた蕾が、
アブラハム・ダービーに叩かれたからか、
発育不良の為か、
黄変して落ちかけています。
多分、開花はしないでしょう。
色づいた当初から
妙な色だなーと思ってはいましたが、
仕方ないことだったのかも…。
その替わりに
他の蕾が丸々と太り、
濃い赤紫を覗かせ出しています。
一番花は他の蕾になりそうですが、
開花一番乗りはルイーズ・オディールかもしれません。
コメント

開花準備中(1)アブラハム・ダービー

2005-04-30 10:34:54 | 薔薇的生活
どの株も蕾がはっきりわかるように
なってきましたので
表題を変えてみました。

水やり以外面倒みてなかったら
「どーしましょー」と言いたくなるくらい
蕾がびっしりついてしまった
アブラハム・ダービーです。
タワー仕立ては花が終わってからに
しますが。
このびろーんと伸びた枝が
強風にあおられ、
他の株にビンタをしたたかに浴びせ、
被害を与えまくっています。
(主にルイーズ・オディール)
自分は無傷なのが笑えます。

さっさとタワーに巻けばよかったのだ、
私が悪かったよ…
コメント

復刻は正本に遜色ないとは言えず…

2005-04-29 21:11:44 | レコメン・スクェア
さて、昨日行ってきた
新宿高島屋のタイムスリップ昭和展につきまして。

会場で展示されている
EXPO'70で使われたと思われる
展示品は、とても状態が良い物が
厳選されていたようで、
子どもの頃にエキスポランド脇の
記念館に使われていた、
埃まみれのくたびれたそれとは
数段勝っていました。
あまりに「綺麗」なので
ちょっと拍子抜け。
ただ、昨日書きましたように、
その記念館に満ちていた
嗅覚に訴える臭いを追体験できたのには
驚きでした。
あの臭いをかげただけで満足です。

 (ちょっと変?)

また、同時代の生活を彷彿とさせる展示品の中の
オールカラー文学全集に、
「これ持ってるー!全巻家にあるー!!!」
と妙なところで感心しました。
当時はこのタイプの、分厚くて巻数多くて
カラーの挿絵満載、文字もたくさんな
児童向け文学全集が数種類刊行されていたのです。
会場の展示品は、小学館の
「少年少女 世界の文学」全50巻。
うち十数巻が本棚にならんでいました。
赤いケースごとの展示ではなかったのは
残念でした。

どこかで、かのEXPO'70を
高校の文化祭の展示の如しと
酷評した方がいたと聞いていますが、
今回の展示会も、
良くも悪くも文化祭のようで、
EXPO'70を偲ぶには丁度良い按配かと思いました。
会場に入ったのが入場ぎりぎりの7時半でしたので
映像展示はほとんど見れなかった為、
再訪を予定しています。

でも…入場料700円は…高すぎませんかねえ…
500円未満なら満足できたかもしれません。

画像は、会場で先行発売されている
岡本太郎展の復刻版です。
左が昨日購入したもの、
右は過去の展示会で販売されていたもの、こちらが正本です。
(トレーシングペーパーをかけていますので
白く濁って見えます点をお許し下さい)

復刻版は、本文は、冒頭の献辞以外は
ほぼ全てが収録されています。
一見の価値は十二分にあるカタログです、
見事です。
ですが。
復刻版の装丁には正直「がっかり」しました。
展示会版は、推測の域をでませんが、
装丁の指定をした方は、太陽の塔の風合いを
カバーの紙質やインクの色選びに
再現すべくつとめたように思われます。
マーメイド調のエンボス紙に濃く沈んだ赤。
太陽の塔のイメージに大変近いのです。
多分、塔を彷彿とさせるデザインにしたのでは、
と好感が持てたのですが。
今回の復刻版は、表紙はつるんとした紙だし、
クリーム色だし。
色刷りの赤は朱色に近いし。
特殊紙は部数の多少に関わらず値が張ると
聞いていますので(安くならないのだそうです)、
コストダウンにつとめたのが見え見えでがっかりでした。
値段はDVDつきとはいえ4000円です。
展示会のカタログはせいぜい3000円未満が相場、
DVDついたからこのお値段…なんですかねえ、
収録映像は未見ですのであまりとやかく
いえませんが、承伏しかねる価格です。
ちょっと高すぎませんでしょうか、出版社の方。

まあ、展示と売店が分かれている為、
フードコーナーとお買い物だけも楽しめますので
興味のある方は覗いてみては如何でしょうか。
コメント

誰が悪いのだろう…

2005-04-29 19:21:28 | 興の広場
連日報道されている
福知山線の事故。
諸々の関係者の皆様、
心からのお見舞いを申し上げます。
お亡くなりになられた方の冥福を
お祈り申し上げます。

今回の事件に際し、
いつの間にか
日々の生活は安寧に過ぎると
思いこんでいたのではないか、
立つ足元の堅牢なこと疑わない姿勢が幻なのでは…
等々、
いろいろと考えさせられました。

事故原因の究明はきっちり行ってもらいたいし、
ぜひ事実を公にして頂きたい。
現状では誰が悪いと1人だけを
悪者にしてよいのは、
被害を受けられた身内・知人の方々だけ。
時間に追われ、正確さを求め続けた
利用者側である私たちにも
責任の一旦はあるのでは……。
たとえば、
すぐ次が来るのに山手線に駆け込んだり
時間通りに来ないからとバスの遅れに
怒りを覚えなかったことのない私も
もしかしたら加害者の一部に入るのでは…
そんなことを思ったりしています。
コメント

新宿高島屋のタイムスリップ昭和展に行ってきました

2005-04-28 22:11:25 | レコメン・スクェア
先日来、痛めた左手の痛みがあまりひかないので
本日、ついに医者へ行って参りました。
骨に損傷はなく、靱帯を痛めたのでしょう、と
いうわけで。
しばらく手は使わないように、と
きつくしばられて来ました。

これでは仕事にならない~~。
文字うちに苦労します!!!
GWに入り、特に予定を入れてなかったのは
不幸中の幸いだったというべきか。

で、表題です。
行って来ました。タイムスリップ昭和展。
感覚ではなく、鼻で感じる当時の臭いが
満ちていました。
詳しいレポートは、また、明日に。
(TB、コメント下さっている方、
すみません。あとで絶対遊びに行きます!!)

画像は今日の戦利品。
昭和と言ったら、泉屋のクッキーよね。
丸の浮き輪型のクッキーに
子どもの頃あこがれていました。
色とリどりの4色のゼリーが
宝石に見えました。
限定缶は地下1階で販売中ですよ。

いっしょに手の椅子もパチリ。

…うそです!!大嘘です!!!
しょーもないこと書いてすんません!
でも、この包帯の巻き方では
指動きできませんのですよ。
(補綴用の伸びない包帯なので
窮屈で痛いんです
コメント (5)

予約そびれてしまいました。『刑事コロンボ』

2005-04-28 09:18:33 | 物欲の権現さん
刑事コロンボ コンプリートDVD-BOX

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


あとで予約しようか、
amazonからギフト券きたことだし……
2万を即買いは考えるよな、
最近無駄遣い続いてるし…
再発ならまだ残ってるよね、
で、放置していたら、
予約終了のコメントが。

昨日あたりはまだ予約できたように
思うのですが……
なんかくやしいですー。

数個でもいいから、
キャンセル品が出回ったり
しないでしょうか。
ムリかなあ…


追記:
4/28 午前中段階で、
dvd direct
こちらで在庫がありました。
うちに帰ってから予約しようっと。
(どうか残っていてくれますように!)
コメント

pv数も山有り谷有り

2005-04-28 08:14:22 | 興の広場
夜間にはblogの閲覧や書き込みをしないので
ここしばらくの不具合は
私が使う範囲では影響を受けなかったのですが、
pv数・ip数はそうでもなかったようで。

…少なかったんです……
ちょっと、程度ならまあ、こんなことも、と
気にはならなかったんですけど、
半減から1/3以下にまで落ち込むと……
blogの投稿記事数は
従来と変わらなかったので
「あちゃー」と
かなりへこみました。

こちらへおこし下さる方は
おそらく夜間を利用時間帯となさって
いる方が多いのだと思います。
今週に入ってから、
数週間前の水準に戻っていますので、
先週までが夢なのか、
…それとも今の方が夢なのか、
むむむ。
どっちも真実で、
たまたまアクセスのバイオリズムの
ずん床とピークを体験しただけなのかしら。
つうか、blogにバイオリズムは
あるのか????
数字って、罪ですねえ……
目に入るとどうしても意識してしまいます。
励まされたり発憤材料にもなるけれど、
落ち込み材料も提供してくれるわけで。

好きなことを書いたり
画像で表現したりしてるからいいんだー、と
自分本位だけでblogを続けてるのでは
ないのだなあ、と
己の行動パターンを分析してみたり
しています。
コメント

ろも・らぼ・これってどうなの?編(26)

2005-04-27 12:59:48 | lomo gallery + photo
lomo写・これってどうなの?編。
撮影時期は2001年頃です。

最近、バラ画像ばかりアップさせていますので
画像フォルダーにためておいた画像が
どんどん後ろに下がってしまう……
忘れないうちにlomo画像もちょくちょくのせていきます。

これからもっとバラが幅をきかすことと思います。
一番花は、予想では早い株でGWの終わりごろ、
多分、5月中頃が花盛りとなるのではないでしょうか。
現状では葉っぱば茂ってる花木、ぐらいしか
わかりませんからね。
葉が多くなったねー、なんてのを見せられても
見る側は楽しくないと思います。

撮す側は「大きくなったなあ」と感慨深いものがあるので
けっこう楽しいのですが。

…それにしても、ちらかってる部屋だな……
ジジイ・トノが「情けない…」と
ぼやいているようです。
いやはや。
コメント

春支度中(6)ワイフ・オブ・バース

2005-04-26 08:54:59 | 薔薇的生活
先に投稿した
グラハム・トーマスとの違いが
お解りになりますでしょうか。

大変難しいかと思います。
一応、名前をつけて掲載してますが、
blogの持ち主である私でさえ
「どっちだったっけか」と迷う始末。
でも、ま、蕾がつきました。
ワイフ・オブ・バースは大きめの花なので、
咲くのはかなり先になりそうですが、
今のところ元気に育っています。

以上、今週はのんびりとバラ画像を
掲載しました。

実家に置いてあるイングリッシュローズにも
蕾が鈴なりだったのが先週。
フロリバンダ系のひらひらピンクの花が
(予想ではストロベリーアイス。現在名無し)
たっくさん咲く株なのです、が。

日曜に見てびっくり、
ほとんどの蕾が枯れ落ちていました……
アブラムシが発生していたけれど、
おそらくゾウムシにやられたのだと思います。
数個無傷の蕾もありましたけど、
果たして残っているかどうか。
実家の人間にケアするように頼みましたが、
地植の植物は手入れ方が大変です。
病気と虫との戦いです。
ベランダは閉ざされた空間なので
手入れが楽なんですね。
うーん、と考えてしまった週末でした。

では、また。
土曜日アップ予定のバラ画像で
お目にかかりましょう。
コメント

春支度中(6)グラハム・トーマス

2005-04-26 08:46:37 | 薔薇的生活
多分、グラハム・トーマスだと思います……
似たような種が3株ほどありますので、
鉢ごと見ないと区別がつきません。
花の形も、写真を見る限りでは
似たようなカップ咲きなので
早く色づいて欲しいと思うのでした。
コメント

春支度中(6)イスパハン

2005-04-25 17:54:03 | 薔薇的生活
すでに育った枝より、
根っこの方から生えてきた
シュートの方に先に
蕾がつきました。
若人は成長が早いということでしょうか。
コメント

春支度中(6)ベンジャミン・ブリテン

2005-04-25 17:52:37 | 薔薇的生活
ひ弱でひょろひょろしてますけど、
蕾はついてます。
コメント

よかったら…

人気blogランキングへ よろしかったら「ポチっ」としてやって下さいませ。