Snowmint

Ca m'est reste dans l'esprit.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

樋口 神宮前

2009-12-11 | 和食・鮨
お誕生日の近い3人で自らのお誕生日をお祝いする、恒例のお誕生日会。

今年は神宮前「樋口



一品目は、湯葉

一口頂くと、かつおの濃いだしの風味がぱぁっと広がる。
それに「東京の味だ」と思う。
しかし味が濃いというわけではない。
かつお出汁の濃さが、東京の割烹だと思った。

湯葉もとろとろ。



身も卵もたっぷり。添えられた自家製からすみの塩気もよく、
二杯酢もちょうどよい甘みだった。

海老芋


素揚げされた海老芋は、ほっくりと甘かった。

友人たちは、ここで日本酒を。
徳利が素敵。


さば寿司

比べる物がないと分かりにくいかもしれないが、とても背の高いさば寿司。
何も付けずに頂く。
しっかりとしめられているのに脂はたっぷりと乗っている。
この酢飯の高さは、この厚みのある鯖には不可欠。

そして、お刺身は、鰹と鯛とイカ

鯛は海塩の塩水で食べることを勧められる。

これがとても美味しい。

蓮根餅



雲丹と岩海苔

雲丹の苦手な友人には、牡蠣


焼き物は、じわ~っと脂ののったノドグロ

手前の黄色い物は、柚子の甘露煮


ブリ大根

ブリは骨まで頂けるほどにじっくりと煮込まれていたが、
このお料理の主役は大根だった。

そして、〆はご飯か蕎麦が選べる。
私はご飯を選び、



友人たちは、蕎麦を選んだ。


このお蕎麦、少し味見をさせてもらったが、へたな蕎麦屋よりもよほどに旨い。

デザートも選べる。

全部食べたいと言えば頂けるのだそうだ。
すべて魅力的でどれも食べたいと思ったが、食べきれる自信は無い。

なので私はラム無花果アイスを選んだ。


蕎麦とご飯も、両方食べたいと言えば頂けるそうだ。
しかしそうしない方が後の楽しみが増える。


帰り際にお土産を頂いた。


家に持ち帰り開けてみると・・・

あの炊き込みご飯のお握りだった!

嬉しい!

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
« 同源楼( ドウゲンロウ) - ... | TOP | X\'mas »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
恒例の誕生日会 (銭形)
2009-12-26 06:17:21
誕生日おめでとうございます&MerryXmas
銭形さん♪ (mari)
2009-12-28 12:17:02
ありがとうございます!
銭形さんも、よいお年を!

post a comment

Recent Entries | 和食・鮨

Similar Entries