日々史跡めぐり

日本のあちこちの史跡、神社仏閣を巡っています

雲龍院(4)

2021-04-17 | 仏閣

悟りの窓

書院悟之間の窓。

悟りの窓からのぞく風景から四季の移り変わりを感じることができます。



照明を落とした部屋に、障子の隙間から入ってくる自然光が、見事な光と影のバランスを作りだしていました。

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします😄

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

 

神社・仏閣ランキング

 




 

コメント (1)

雲龍院(3)

2021-04-07 | 仏閣

雲龍院の庭

大石(内蔵助)良雄筆「龍淵」

赤穂城を退き、山科に浪宅を構え閑居した大石良雄の力強い筆跡の「龍淵」の書。
雲龍院の近くに大石良雄が身を寄せていた来迎院があり、その茶室含翠軒で討ち入りの密議をしたとのことです。

霊明殿

御寺泉涌寺の別院である雲龍院は皇室と密接な関係があり、後水尾天皇以降の陵墓が後山にあります。霊明殿はその皇族の位牌堂のことで、現在の建物は明治元年に孝明天皇・大宮御所・静寛院宮・各尼門跡宮からの援助を受け建立されました。
北朝の後光厳天皇、後円融天皇、後小松天皇、称光天皇の御尊牌、後水尾天皇から孝明天皇までの歴代天皇、東福門院・普明照院といった江戸時代の皇子・皇女の尊牌が奉安されています。

霊明殿の前には、徳川慶喜寄進の石灯籠があります。

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします😄

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

 

神社・仏閣ランキング

 




 

コメント

雲龍院(2)

2021-03-26 | 仏閣

龍華殿(本堂)


室町時代は康応元年(1389年)に後円融天皇により建立されたが焼失、後土御門天皇の寄進により再建されました。
現在の建物は、寛永年間の再建。寄棟、こけら葺き、国の重要文化財(昭和41年(1966年)指定)

蓮華の間


蓮華の間の障子窓を覗くと椿・灯籠・紅葉・松が見え、撮影スポットとなっています。

 

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします😄

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

 

神社・仏閣ランキング

 




 

コメント

雲龍院(1)

2021-03-18 | 仏閣

昨年の秋、京都市東山区泉涌寺山内町にある真言宗泉涌寺派の寺院・雲龍院を訪ねました。



泉涌寺別院。山号は瑠璃山。

本尊は薬師如来。西国薬師四十九霊場第40番札所。泉山七福神巡り第5番(大黒天)札所。

細い参道を進んで行きます。


鎮守社

衆宝観音

鐘楼

井戸


庫裡

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします😄

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

 

神社・仏閣ランキング

 




 

コメント

京を巡る(15)妙顕寺 「金丸」

2021-03-05 | 仏閣

葬儀や法事などの仏事で、お経を唱える僧侶が鳴らしている仏具の一つに「金丸」(かなまる)というものがあります。 

妙顯寺の本堂にお参りした人が、金丸を自由に鳴らしても良いように置かれていました。

大きさは、かなり大きなものです。 

金丸の鳴らし方や諸注意については、立て看板に記されてあります。

 


 

お参りの記念に、一度鳴らしてみませんか?

 

その他、妙顕寺で目に留まったものを写してみました。

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします😄

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

 

神社・仏閣ランキング

 




 

コメント (4)