日々史跡めぐり

日本のあちこちの史跡、神社仏閣を巡っています

焼津市の徳川家康ゆかりの地(4)罪切地蔵尊

2024-05-21 | 徳川家康

焼津駅から徒歩5分ほどのところに、徳川家康の伝説が残る罪切地蔵尊があります。

武田軍との合戦で敗走中の家康が焼津北村(現・栄町)の僧に救われ、後に駿府に隠居して鷹狩りを行った際、草庵に立ち寄り、かつての御礼として名剣を授けるとともに阿弥陀寺を建立しました。その地に現在建っているのが罪切地蔵尊で、罪を断ち切り幸運を招くという御利益があるとして、今でも人々の信仰を集めています。

毎月24日にの午前8時から午後3時まで縁日が開かれ、9月23日には例大祭「ごりやく祭り」が行われます。

天正9年(1581年)徳川家康が、当地で武田勢と一戦を交え敗走し、当地焼津北村の草庵僧に救われた。その後、家康は天下を制定し、3年後に駿府へ居を構えた。
 家康はたびたび高草山で鷹狩りをした際、その一命を救ってくれた草庵に立ち寄り、報恩を以って名剣を授け「帰命山 阿弥陀寺」を建立。
  その後宗禅和尚は、当寺に伝わる名剣は秘宝であるが、仏道において人を切る刀を所持するは仏の道にあらずとし、経文と共に石棺に納め現在地に埋め、辻堂を建て国家安寧、罪障消滅、家内安全の大法要を営んだ。
 これが現在に至り、由緒深い徳川家康ゆかりの罪切地蔵尊であり有難き経文のご利益に依って、衆生諸人の前世の因縁罪業を一切、このお地蔵尊が切ってくれるということで「罪切地蔵尊」と言われるようになったのである。

ブログランキングの応援よろしくお願いします😄

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

 

神社・仏閣ランキング

 

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

焼津市の徳川家康ゆかりの地(3)海蔵寺

2024-05-11 | 徳川家康

教念寺から海蔵寺へ。

海蔵寺は創建当時は「宝城山安養寺」と言う天台宗の霊場でした。

海蔵寺八世呑龍上人の記した「金玉院海蔵寺地蔵尊縁起」によると、後白河天皇の勅願所であり、平安時代末期には国家安康を祈るための、国から指定された祈祷寺院だったそうです。

嘉元三年(1305年)、時宗を開いた一遍上人の弟子である二祖の真教上人に感化された安養寺の観海律師は、真教上人の弟子となり、天台宗だった安養寺を時宗に改宗しました。



小川のお地蔵さん」とも呼ばれ、水難除けのお地蔵さんとしても親しまれてきました。

明応九年(1500年)、夏のことです。
城之腰村の漁師、吉平さんが網を引きあげようとすると、1メートルほどもある木のお地蔵さんが網にかかっていました。
びっくりした吉平さんは、急いで引きあげると、小さな仮のお堂を建てて、お地蔵さんをおまつりしました。

しばらくして村人の夢の中にお地蔵さんがあらわれて、
「私と縁がある安養寺に移してくれたなら、おまえたちを守ってやろう、願い事も叶えてやろう」
と言いました。

 村人たちはこれを聞き、そのお地蔵さんを安養寺に運びました。
その後安養寺は、海からあがったお地蔵さんをおまつりしているので、海蔵寺と呼ばれるようになったのです。

この地方は、その昔、大雨のたびに大井川が氾濫し、田畑は大変な被害を受けていました。
そこでお地蔵さんに、なんとか大井川の氾濫を止めてほしいとお願いしました。

その為、このお地蔵さんは川除地蔵尊とも呼ばれています。(海蔵寺HPより)

 

徳川家康が鷹狩りの際に立ち寄ったのが縁で、家康や十男の徳川頼宣(駿府城主・紀州徳川家初代)から厚い信仰を受け、徳川家ゆかりの資料が多く残されているそうです。


徳川頼宣

小泉八雲の作品「漂流」にも海蔵寺が登場することから、こちらにも小泉八雲ゆかりの地の案内板があります。



1859(安政6)年、焼津港から讃岐へ向かう途中遭難した福寿丸で、ただ一人助かった天野甚助は一枚の板子にすがって2日2晩泳ぎ続けたといいます。甚助はその板子をいつもお助けを祈っている小川のお地蔵さま(海蔵寺)に奉納しました。八雲は焼津で天野甚助老人からこの体験談を聞き、「漂流」(『日本雑記』に所収)という作品を書き残しました。(焼津市HPより)


この板子は、現在は焼津小泉八雲記念館に展示してあるとのこと。

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします😄

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

 

神社・仏閣ランキング

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

焼津市の徳川家康ゆかりの地(2)教念寺

2024-05-01 | 織田信長

焼津神社から教念寺へ。



こちらにも小泉八雲が散歩でよく訪れたそうで、「小泉八雲ゆかりの地」の案内板がありました。

母(二十八代忍晃の妻)が嫁にきて間もなくの頃、裏の畑で仕事をしている処へ乙吉が垣根越しに面を出して、「おばさん、八雲先生が来たので、泉水(池)の鯉を見せてくりよや」といった。
「ああええともサ」と返事すると、乙吉のほうがむしろ背の高い、目の大きい外人さんが入って来てニコニコ笑って頭を下げた。
そして、池の鯉を見たり、本堂の屋根から上に枝を覗かせている大松を眺めて「大変いい景色」と何度もほめていた。母が渋茶を汲んで出すと喜んですする様に飲んだ。茶碗を持つ手も型にはまっていて、この外人さんはきっと偉い人に違いないと思った。
(北山宏明著『小泉八雲と焼津』より)

江戸時代、徳川家康拝領の品が伝わっているそうです。

ブログランキングの応援よろしくお願いします😄

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

 

神社・仏閣ランキング

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

焼津市の徳川家康ゆかりの地(1)焼津神社

2024-04-20 | 徳川家康

静岡県焼津市に鎮座する焼津神社の創建は反正天皇4年(西暦409年)と伝えられています。

日本武尊を焼津の守神としてお祀りをしたのが焼津神社のはじまりです。

焼津神社付近では、古墳時代の集落跡という1,600年程昔の宮之腰遺跡が存在し、古くから人々が居住したことが知られています。

室町時代に今川氏が駿河の国を治めていた頃、この地域は「入江荘(いりえのしょう)」とも呼ばれ、焼津神社はその地名から「入江大明神」とも称されてきました。

境内にある江戸時代の灯籠には「入江大明神廣前」の文字が彫られています。

今川氏や徳川家などの武家の信仰も厚く、また焼津地域の人々や漁業関係者から崇められています。

現在の本殿は慶長8年(1603年)、徳川家康によって建てられたものです。

家康は田中城を出て焼津の浜から出港し、久能山で鷹狩に勤しんだと言われていますが、海上護衛に際して船に速度が必要であることから、通常は軍事力抑止のために禁止されている「八丁櫓(はっちょうろ)」を、焼津の船には特別な許可を与えていました。

家康は神社に対し社領を寄進し、以後歴代の将軍からこの社領を保証する朱印状が発せられていることからも、焼津神社と徳川家には深い関わりがあったことがわかります。(焼津神社HPより)

焼津御霊神社

西南戦争から第二次大戦までの国難に殉じた焼津市出身の2,500余柱の英霊を祀っています。


五社神社(左)と市杵島姫命社(右)

五社神社

昔、焼津にあった森の祠にそれぞれにお祀りされた神様が四柱(天神社、天白社、藤之宮神社、王子神社)合祀されています。

また、それと併せて市神社の神様もお祀りされています。


市杵島姫命社

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)がお祀りされています。

日本武尊が焼津に上陸した際に、持っていた火石と水石を祠に納め、海の神様である市杵島姫命をお祀りしたという言い伝えがあります。


焼津天満宮

学問・書道の神様である菅原道真をお祀りしています。


日本武尊像

神武天皇像


8月12、13日に行われる大祭は東海一の荒祭とも言われます。

焼津は、小泉八雲とも関わりがあります。

八雲とその家族が初めて焼津を訪れたのは1897(明治30)年8月4日のことです。

焼津の海が気に入った八雲は、亡くなるまで6回の夏を焼津で過ごしました。

焼津神社にも「散歩でよく訪れ、荒祭も見学したそうです。

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします😄

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

 

神社・仏閣ランキング

 

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

砥鹿神社里宮(2)

2024-04-08 | 神社

里宮 拝殿

砥鹿神社は、本宮山に1300年以上前から鎮まる神を祀る奥宮と、里にて祀る里宮とで二所一体の崇敬を集める神社であり、また三河国内の筆頭神社一之宮です。

里宮の社殿は伝統的木造建築の檜造りです。

さざれ石

開運石(かいうんせき)、子産石(こうみいし)とも云い、開運や安産、子授けのご利益がございます。全国にあるさざれ石の中でもとても大きく、高さ2.6m、横幅3.4mの日本一のさざれ石になります。

ケヤキ

手水舎

表神門

正面にある拝殿に繋がる表神門

太鼓楼

津守神社(つもりじんじゃ)

祭神:田裳見宿彌(たもみのすくね)
※10月第2日曜に例祭を斎行。同日氏子秋祭りが本社で斎行され、当社まで子供御輿が巡幸する。

 

ブログランキングの応援よろしくお願いします😄

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

 

神社・仏閣ランキング

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする