Liner Notes

素人感覚で自由にあれこれ思うことを綴ってみました!

§12「ビジネスマンの父より娘への25通の手紙」 キングスレイ・ウォード(城山三郎 訳)【1989】

2013-04-20 | Book Review


男性であれ、女性であれ
人間として併せ持つべき母性というものの
大切さを語りかけているような気がします。

とかく、あるべき姿を追い求めるべきという処世術の本が多いなか

 もらうより、与えるほうがよい

 与えるためには、誠実でなければならない

 誠実とは、相手の鼓動を感じるがごとく察すること

太陽の光があまねく照らし出す時
花が太陽に向かって伸びやかに咲くように、
その ありのままの姿こそが
尊くもあり、愛しくもあり、生きるうえでの力なんだと
語りかけているような気がします。。。

PS  娘だけでなく息子にも読んでみてほしい作品のひとつです。
コメント

§11「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」キングスレイ・ウォード(城山三郎 訳)【1985】

2013-04-20 | Book Review


大学時代の先輩が将来、息子が生まれ大きくなった時に
贈る本だと紹介してくれた作品

10歳になる息子を持つようになった今
あらためて読み返してみました。

父としてのありかたを見つめ直す機会にもなりますが、
とてもシンプルなことを気づかされます。

決して 息子を否定しない。
でも 全てを肯定するわけではない。

息子の言動や行動、考え方に理解に苦しむような時も
自らの経験に基づいた常識で

決して、指導するのではなく
決して、教えるのでもなく
ちょっとだけ、勇気を与えるように
ちょっとだけ、肩を押すかのように

「おまえらしくないじゃないか どうしたんだい?!」

いつかは、父の椅子に座る時が来るだろう
だからこそ、自らに誇りをもってほしい
父がおまえを誇りに思っているように

ということを語りかけているような気がします。

PS 息子がいくつになったら贈ろうかな。
コメント

§10「沈黙」遠藤周作【1966】

2013-04-12 | Book Review


数多の宣教師達が国外追放され、
信徒が迫害されたキリスト教弾圧の時代

自らの信仰を確信し、
日本に残された信徒を護るために、
殉教を覚悟して潜入するポルトガルの司祭

その司祭は
神の加護だけを期待するのでなく、
神を疑うことなく ただ一途に信じて布教を続けた結果、
殉教する人々 と 棄教する人々。。
そして、沈黙し続ける神。。

 貧しい信徒達が迫害される真の理由とは

 司祭が棄教した真の理由とは
 
 そして、神が沈黙する真の理由とは

彼は
信徒達が迫害される理由が
司祭としての自らの存在であることを知り、

迫害される人々を助けるために教会を背き棄教しました。

でも、神は沈黙し続けたまま

ただ、彼が踏絵に足をかけた時に 
神の沈黙の意味を悟ります。

信ずれど 期待せず

命懸けの人々を守った自らの選択を信じた時
その行動は誰も否定できないこと
ましてや、神が存在しているとしたら
その神という存在でさえも沈黙せざるを得ない

ということを問うているような気がします。。。







コメント

§9「留学」遠藤周作【1968】

2013-04-11 | Book Review


期待に胸膨らませて留学した三人の物語

「ルーアンの夏」
 太平洋戦争後、最初のフランスへの留学生
 胸膨らませた期待が いつの間にか
 廻りからの期待に沿うように生きた時に
 もたらされる 不安 悩み 葛藤 

「留学生」
 自らの信仰を信じて、
 司祭になるべく渡欧した最初の留学生
 司祭となった彼が日本で待ち構えていたのは
 根付きつつあったキリスト教を絶やさないよう
 欧州から潜入する司祭達 と 殉教する人々
 
「爾も、また」
 自らの出世や地位を得ることを信じて留学したものの
 なぜ、日本人が仏文学者を志すのか?との問いに
 答えられない大学講師

司祭になることや、仏文学者になることは
自らの目標や役割を与えることであるものの
目的ではないのかもしれません。

自らが 誰であるかということよりも
自らが なにを成すべきかという琴線に触れたとき
目的が明らかになり、その目的を達成するために尽くしうる
あらゆる行動を自らが信じた時にこそ、
自らの存在も明らかになることを示唆しているような気がします。。。




コメント

§8「海と毒薬」遠藤周作【1958】

2013-04-09 | Book Review


時は太平洋戦争末期
とある大学病院における
生体解剖実験に携わった人々の心理を
描いたノンフィクションと見間違える
ほどのフィクション

当時、読んだ時にはキリスト教と
比較した日本人の倫理観の欠如を
問うているかと思っていましたが、

二十年ぶりに読み返すと、
信じること と 期待すること 
の違いとは何かということを
問うているような気がします。

 自らの良心を実感できず 
  あえて呵責を感じるがために
   その実験への参加を
    選んだ とある医師

 空襲でひとが亡くなる閉塞感のなか
  その実験への参加を断ることを 
   選べなかった もうひとりの医師

 想いを寄せる医師のそばに
  寄り添いたいがために
   その実験への参加を
   選ばざるを得なかった 看護士

いづれにしても、
何かを信じたのではなく、
おのおのが、それぞれに、
何かを期待して、自らの行動を
選んだような気がします。。。

 「海」河が流れ込むように、
   誰しもが抗えない運命

 「毒薬」何かを信じることなく、
   期待だけで行動したときの因果

遠藤周作が示唆した暗喩は、
続編として位置付けられる
「留学」「沈黙」という作品に連なっている
ような気がします。。。







コメント