Liner Notes

素人感覚で自由にあれこれ思うことを綴ってみました!

§56「関ヶ原」(石田三成)司馬遼太郎【1966】

2016-10-31 | Book Review

石田三成が率いる兵馬の幟に画かれたとされる

「大一大万大吉」

 万民は一人のために尽くすこと。
 一人が万民のために尽くすこと。
 さすれば、太平の世は訪れる筈。

「All for one, One for all.」

言わば、石田三成の志だったのかもしれません。。

三献茶の逸話で語り継がれるほど
太閤の意を汲んで尽くす率先垂範した忠義

豊臣政権を支える奉行衆の筆頭格
その財政能力及び行政手腕は比類なく厳格

盟友・大谷義継や直江兼続とは、
利害を越え、お互いが尊重するほどの信義

とはいえ、忠義がその志を凌駕する時

 豊臣恩顧の者は豊臣家のために尽くすこと。。
 豊臣家が豊臣恩顧の者のために尽くすこと。。
 さすれば、太平の世は訪れる筈。。。

太閤亡き世、
 豊臣家への忠義の戦さの筈だった「関ヶ原」
 豊臣家が石田三成の私戦として扱った結果、
 豊臣家は「大坂の陣」を招いてしまったような気がします。。。

初稿 2016.10.31
於 大坂城
コメント

§55「新史 太閤記」(豊臣秀吉)司馬遼太郎【1968】

2016-10-21 | Book Review

「戦わずして勝つことは良将の成すところ
 戦は六、七分の勝ちで十分とせよ 
 故に敵の逃げ道を作っておいてから攻めるべし」

「人と物争うべからず、人に心を許すべからず
 傍に控えるおそろしき奴は、遠くに飛ばす」
          (太閤 名言より意訳)

墨俣一夜城、備中・高松城水攻。。

土木事業を労働集約型産業として戦術にまで高め、
その膨大な労働力と資材を調達・監理を担う財務官僚集団を形成

また、
京という大消費地を賄う外港として、
瀬戸内海と淀川・琵琶湖の水運の結節点である石山本願寺跡を
大坂城を軸に流通都市として戦略的に整備

つまり、
領土を拡げ、兵馬の動員力によって覇権を争うのではなく、
販路を拡げ、商品の供給力によって市場を支配することで、
天下を統一しようとしたのかもしれません。。

さらに、
秀吉は自らを凌駕しうる
 黒田勘兵衛には大国を与えず、
  徳川家康には遠国を与えることで、
   絶対的優位性を確保しようとしたのかもしれません。。

とはいえ、
安土桃山時代は中世の封建主義から近代資本主義の黎明期への変曲点

絶対的優位性を確保することだけでは、
必ずしも天下統一の十分条件ではないような気がします。。。

初稿 2016.10.20
於 大坂城
コメント

#64「東本願寺」京都【1602】

2016-10-10 | Liner Notes


「南無阿弥陀仏」と唱え、
限り無き光を司る阿弥陀の力にすがるのは、
自らのよこしまな考え方や他人を見くびり侮る気持ちを消し去る
自らの覚悟と向き合うべきであるにも関わらず、

自らの覚悟が、
誰かに救って貰いたいという期待に変わる瞬間には、
支配を受け入れ、犠牲を強いられるのやも知れません。。

浄土真宗 またの名を一向宗と呼ばれた時代
「一向」とは、「ひたすらに」という意味を含み、
「南無阿弥陀仏」と唱える門徒による独立国家の様相を呈する程。。

約260年に亘る徳川政権の庇護のもと、
京都三大山門とも称される程の東本願寺山門の偉容さは、
集合的無意識が臨界を越え、歴史を繰り返させることなく、
集合的無意識をひたすらに鎮め、抑止する暗喩のような気がします。。。

初稿 2016/10/10
於 京都・東本願寺
コメント

§54「国盗り物語」(明智光秀)司馬遼太郎【1965】

2016-10-01 | Book Review


               如何程に、
        忠義と讃えられようとも、
        謀反とそしられようとも、
   人生五十五年 夢から覚めてみれば、
自らの信念に忠実であったことに他ならぬ。。
      (明智光秀 辞世の句:意訳)

美濃守護大名・土岐氏の流れを汲むとされる明智光秀

美濃守護大名を乗っ取った斎藤道三の正室・小見の方は伯母
斎藤道三の娘・濃姫をめとった織田信長は幼き頃からのライバル

織田家の重臣としての活躍と立身出世とは裏腹に、
守護大名の盟主として足利義昭を征夷大将軍に擁立し、
戦国の世を鎮めてみせるという信念があったのかもしれません。。

足利義昭を備中・鞆に匿った毛利家
自らの重臣・斎藤利三の縁戚を嫁がせた長宗我部元親
来るべき再興の為に護らなければならぬ勢力。。

本能寺の変の直前 明智光秀の一句

「時は今 雨が下しる 五月哉」  

美濃守護大名・土岐氏の流れを汲む自らが、天下に号令するのは今。。。

奇しくも、本能寺の変により、
長宗我部討伐軍の派遣を延期させたことは
自らの信念に忠実であったことを示唆しているのかもしれません。。。

初稿 2016.10.01
於 近江坂本・西教寺
コメント