Liner Notes

観たこと、聴いたこと、読んだことを忘れないように印象に残った光景を栞として綴ってみました

♪55「秋は来にけり」

2022-11-26 | Season's Greeting
 小林秀雄は「実朝」のなかで約八百年前に生きた鎌倉右大臣についてこう記しています。

「あたかも短命を予知したような一瞬言い難い彼の歌の調に耳を澄ましていれば、実は事たりるのだから」(p.104)

 そして、数ある歌のなかから幾つかを挙げたなかの一句。

「吹く風の 涼しくもあるか おのづから 山の蝉鳴きて 秋は来にけり」(p.112)

 瞳に映る光景や肌で感じる涼しさなど、それらはそこに在るとはいえ、それらがなんであるのかと問いかけようとする瞬間、言葉によって選ばれるべき「意味」があらかじめそこに在るのかもしれません。

 歌は、語る人にとっては限り無い言葉のなかから"自ずから"分かれた言葉で物語る「世界」の在りようのひとつかもしれず、時を超えて読む人自らにとってもまたそうなのかもしれません。
  
 ひょっとしたら、"おのづから"とは、"自ずから"を意味し、限り無い言葉のなかから"自ずから"分かれた「世界」を、語る人と読む人に物語るのかもしれません。

初稿 2022/11/26
出典 小林秀雄, 1954.『無常ということ』新潮文庫, pp.87-115.
写真 自ずから秋は来にけり
撮影 2022/11/19(東京・高尾山)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

§163「残酷人生論」 池田晶子, 1998.

2022-11-13 | Book Reviews
 とかく、店頭に並べられる「人生論」と称される本の多くは、"いかに生きるべきか"という、言わば「正解」なるものを説いているような気がします。

 たしかに、効率化や成果が求められる世界であればこそ、その「正解」なるものを疑い考えることなく、期待する方が楽なのかもしれません。

「人生の真実の姿だけを、きちんと疑い考えることによって、はっきりと知るというこのことは、なるほどその意味では残酷なことである」(p.10)

 ところで、きちんと疑い考えるためには言葉を選び、"それがそうであること"と"それがそうではないこと"とをわかる必要があると気付くとき、そもそも"なぜそんなことができるのか?"という新たな問いかけが始まるような気がします。

「それは、言葉によって選ばれるべき『意味』が先にそこに在るからにほかならない。先にそこに在る意味がわかっているからこそ、人は言葉を選ぶことができるのである」(p.127)

 効率化や成果が求められる世界なるものに背を向ける人もいれば、睥睨する人もいるかもしれません。でも、自らがその世界なるものを疑い考えることによって、自ずからその世界なるものの意味がわかるのかもしれません。

「人は自分を『自分』と言う。漢字でそれを『自ずから分かれる』と書く。どこから自ずから分かれてきたのか、言葉はどこから分かれてきたのか、現代の魂はその出自を忘れているだけである」(p.129)

初稿 2022/11/13
出典「残酷人生論 あるいは新世紀オラクル」 池田晶子, 1998.
写真 "世界なるものに背を向ける姿と睥睨する姿"
撮影 2022/04/23(東京・朝倉彫塑館)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

§162「睥睨するヘーゲル」 池田晶子, 1997.

2022-11-03 | Book Reviews
 ごくあたりまえに、"それはそうである"と思っていることについて、あえて、"それはなぜそうなのか"と問うことはしないような気がします。

「問題は、わからないものをわからないとしておくことができずに、自分のわかるようにわかって、わかった気になっている、このことである」(p.41)

 ドイツの思想家 ヘーゲルが説いた弁証法なるものは、"それがそうであること"と"それがそうではないこと"といった対立した事象から、なんらかの意味や価値を見いだす考え方だそうです。

 ふと、眼下に拡がる世界をじっくりと見つめてみれば、効率化や成果が求められる世界であくせくする自分が属するその世界なるものは、蒼空に抱かれた大自然からみれば特異的な事象かもしれず、ありのままの自分にとってあるべき世界なるものとは限らないのかもしれません。

「わからないことをわからないと曖昧に眼をそらすのではなく、『わからない!』とさらに眼を開いて凝視する」(p.42)

 「睥睨するヘーゲル」というタイトルは、現状に流されることなく凝視して、それがありのままの自分にとって、あるべき世界なるものかどうか問い続けることの大切さを示唆しているような気がします。

初稿 2022/11/03
出典「睥睨するヘーゲル」 池田晶子, 1997.
写真 "世界なるものを凝視する姿"
撮影 2022/04/23(東京・朝倉彫塑館)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

#75「もうひとつの同窓会」

2022-10-10 | Liner Notes
 高校を卒業して約三十年、コロナ禍による延期があったものの、恩師の方々の模擬授業など、同期百有余人が集った同窓会。

 英語の模擬授業は、Apple社の創始者であるSteve Jobs氏が五十歳の時、とある大学の卒業式で講演した内容で、印象に残った言葉が、

「Stay Hungry, Stay Foolish.」
(愚直に取り組み、安住することなかれ)

 高校時代には意識して考えなかった校訓の一つである「鍛身養志」、その言葉を揮毫した書やレリーフがいまもなお教室や正門の傍らに在るさまをふと眼にすると、その言葉がもたらす意味や価値観なるものをあらためて考えるきっかけも与えてくれるような気がしました。

 ところで、"世界"という言葉をごくあたり前のように使いますが、ひょっとしたら、卒業した一人ひとりが歩んだ約三十年の道に沿って、それぞれの"世界なるもの"がそれぞれに存在しているのかもしれません。

 もしかしたら、それは自分にとって大切な物語の一つであるからこそ、そこに安住することなく、それはどういうことなのか、なぜそうなっているのか、そして、どうしたいのかと、問い続けることが大切なのかもしれません。

 ふと、約三十年前の卒業式で斉唱した校歌のフレーズがなんとなく甦えってくる気がします。

「〜世界の平和 祈りつつ 力ためさむ この生命」(佐賀県立佐賀西高校 校歌第四番抜粋)

追伸 幹事会や事務局のみなさま、充実した時間をありがとうございました。

初稿 2022/10/10
写真 母校正門に佇む校訓を刻んだレリーフ
撮影 2022/10/9(佐賀・卒業30周年記念同窓会)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

§161「メタフィジカル・パンチ」 池田晶子, 1996.

2022-10-01 | Book Reviews
 フィジカルという言葉は「物理的」という意味ですが、眼の前にある事象、即ちあたり前と思っている出来事や物事のかたちやありようを示唆するのかもしれません。

「それがそこになければ、それについて言うことができない」(※1, p39)

 一方、メタという言葉はギリシャ語で「超えた」という意味らしいですが、転じて視点を変えることを示唆しているのかもしれません。

 本書「メタフィジカル・パンチ」は、その道の専門家や著名人と称される人々の考え方について、なぜそうなのか?と考えることの大切さを示唆しているような気がします。

「この人が見ているその先にあるもの、を、私もまたこの人の目を通して見る」(※2, p.12)

 ところで、魔法使いであることを知らされた少年が魔法の学校に入学して、魔法の世界で様々な人達との出会いを通じた成長を描いた「ハリー・ポッター」という物語に惹かれてしまう人も多いと思います。

 ひょっとしたら、現実には在りえないとは認識していても、観る者がその自らの意識のなかにその物語を"存在させながら"、自らもまたその物語に"存在している"のかもしれません。

「〜『ひょっとしたら』、この種のことばが発語されるとき、そこには、『存在』が、顔さえ見せずにその顔を覗かせているのだ」(※3, p.220)

初稿 2022/10/01
出典
※1)「事象そのものへ!」 池田晶子, 1991.
※2)「メタフィジカル・パンチ」 池田晶子, 1996.
※3)「オン! 」 池田晶子, 1995.
写真「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(ホグワーツ魔法魔術学校)」
撮影 2022/08/21(大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする