Liner Notes

素人感覚で自由にあれこれ思うことを綴ってみました!

α7「ハマスホイとデンマーク絵画展」【2020】

2020-02-09 | Exhibition Reviews


 地下鉄の駅構内で、ふと目を留めた展覧会ポスターを飾る1枚の絵画《背を向けた若い女性のいる室内》。作者はヴィルヘルム・ハウスホイ、19世紀末の北欧・デンマークを代表する画家だそうです。

 19世紀末のデンマーク絵画は、美しい自然やごく普通の家庭生活を描き、くつろいだ雰囲気とささやかな幸福感を醸し出す一方で、彼の作品には、白と黒そして光を基調とした静謐な空間が拡がります。

 くつろいだ雰囲気やささやかな幸福感は、描かれる人々の物語に連なるその瞬間を描いているからこそ、観る者の共感を誘うような気がします。

 でも、彼が描く静謐な空間はかつてそこで暮らしていた人々の物語を想起させてくれるとともに、そこに描かれる背を向けた人は、ひょっとしたら、観る者にとってこれから始まる自らの物語を示唆しているのかもしれません。

PS : 「ハマスホイは急いで語らなければならないような芸術家ではありません。彼は時間をかけてゆっくりと仕事をしています。その仕事をどの時点で捉えてみても、常にそれは芸術の重要で本質的な事柄についての話とならざるを得ないでしょう」
(展覧会の入口に紹介されていた書簡より)

初稿 2020.2.9
於 東京都美術館 
(2020.1.21~2020.3.26)
コメント

§100「死海のほとり」遠藤周作【1973】

2020-02-03 | Book Review

 海抜マイナス約400 m、地上で最も低い場所に位置する中東の塩湖「死海」。そのほとりから流れ込む塩分は、その土地で生きた人々の血と汗の歴史をたどり、とても深くそして厚く沈殿しているのかもしれません。

 奇跡を起こすこともできず、まわりからの期待を裏切り、誰からも見捨てられていくイエス・キリストを描く「群像」。そして、まわりから期待すらされず、なにもできない修道士の足跡を探す「巡礼」。時を隔てて織りなす二つの物語の舞台は死海のほとり。

 イエスや修道士のあるべき姿は、永い歴史のなかで教会や信者が意識的に作り出したものかもしれません。ひょっとしたら、その真の姿は人々の血と汗の歴史をともにたどり、人々の無意識に深くそして厚く沈殿しているのかもしれません。

 そのあるべき姿とは全く正反対の姿を描くことで、苦しみや悲しみをともに分かち合おうとする等身大の人間に迫ろうとしているような気がします。

初稿 2020.2.3
コメント

#81「随 処 作 主」

2020-01-26 | Liner Notes

「随処に主となれば 立処皆真なり」

長女の卒業式にて、
ある先生の送辞のなかで見つけた言葉。

春高バレーに出場する全国レベルの強豪校から集まる選手が競い合う環境に身を置くことで不安や迷いがあると思うけど、どんな状況でも主体性を失わず、まわりからの評価や束縛を受けない自由さをもって、自分らしく活き活きとして進んで欲しいと思います。
----------------------
初稿 2020.1.25
於 履正社高校
コメント

§99「悲しみの歌」遠藤周作【1977】

2020-01-19 | Book Review

時は太平洋戦争末期。空襲で毎日ひとが亡くなる閉塞感のなか、生体実験への参加を断ることを選べなかった医師のその後の物語。

時を経て高度成長期。ひっそりと開業医を営む彼のもとに訪れるのは、人知れず人工妊娠中絶せざるを得ない人達と余命幾ばくもない身寄りもない人。罪を分け合い、苦しみを取り除く彼のもとに訪れたのは、彼の罪を追及する記者。

当然ながら命を救うことは善であり、苦しみを取り除くこともまた善に他ならず、そのどちらも限界を超えると悪になるような気がします。

悪は限りがなく誰からも救われないものの、むしろ受けとめることでしか救うことができないことを示唆しているのかもしれません。

"♪正しさと正しさとが相容れないのは、
  いったいなぜなんだ?
  Nobody is right, 正しさは、
  Nobody is right, 道具じゃない♪"
( Lyrics by Miyuki Nakjima )

初稿 2020.01.19
於 浅草寺・東京
コメント

♪42「Season's Greeting 〜2020新年」

2020-01-01 | Season's Greeting


おひとりおひとりにとって、
すこやかな一年になりますように

浅草寺 御籤 (第五十一番・吉)

■修身甚功辛
怠けることなく、勤め励んでいるようですが、辛く感じることもあるでしょう。

■労生未得時
大いなる望みゆえに、一生懸命頑張るものの、まだ実現には時間を要するのかもしれません。

■騰身遊碧漢
しかしながら、大空に目がけて飛び上がるつもりで、決意をもって挑戦してみましょう。

■方得遇高枝
そうすれば、気持ちも安らぎ、よい巡り合わせに出逢えることでしょう。

初稿 2020.1.1
於 東京都庁から眺望
コメント