Liner Notes

素人感覚で自由にあれこれ思うことを綴ってみました!

§30「意識と本質」井筒俊彦【1983】

2014-10-30 | Book Review


「こころ」というものは、
 表層的な意識としての自我と
  深層的な無意識としての本質とに
   分けられるのではと考えられるそうです。

ひょっとしたら、
自我は、自らの願望や希望を叶えるために、
いかに、まわりへ働きかける機能なのかもしれません。

とはいえ、
まわりとの働きかけに絶え間なく機能し続けると、
つい、条件反射的に反応してしまいがち。。。

そんなとき、
機能し続ける自我の動きのなかに、
一瞬でも、一呼吸でも間をおけば、

無意識に潜む
網膜や嗅覚、感覚に刻まれた純粋経験の数々
対話やメディアから得られる間接経験の数々
発見や喪失、成功や失敗といった体験の数々
民族的に受け継がれた資質やイメージの数々

それらを、
離散的に量子化された情報として、
関係性や意味を見出だすことで、
大局観を得ることに繋がるような気がします。

眼を疑うほどの装飾の美しさは、
眼を凝らして縦横の糸を規則的に紡いだ
機織りのようなものかも知れません。。。
コメント

§29「子供の宇宙」河合隼雄【1987】

2014-10-03 | Book Review


「所詮、こんなものである」と語ってしまうとき
成長は期待できないことが多いような気がします。。。

決して冒してはならない領域であったり、
秘密や畏怖の念が無意識裡にあるとき ひとは謙虚になり、
相手の気持ちを汲むのかも知れません。。。

相手の気持ちを汲もうとするがゆえに予測が難しいからこそ
偶然性や因果律に囚われることのない実存を了解せざるを得ない。

とはいえ、
夢のなかで鯉と出逢うとき
それは成長や幸運の暗示であったり、
その纏う色や大きさ、群れ具合によって
示唆する意味も様々だそうです。

ひょっとしたら、
経験の多さだけが成長につながるとは限らず、
なんらかの兆しを察知する感受性でもって
然るべき時に成すべきことを果たそうとするときが
成長の兆しなのかもしれません。。。

初稿 2014/10/03
コメント

§28「日本の思想」丸山真男【1961】

2014-10-01 | Book Review



「~である」と語るとき 
  それは、解があらかじめ用意されており、
  もはや、思考が停止するとき

  つまり、必然性や因果律といった(本質)存在にとらわれること

「~がある」と語るとき
  それは、解く以前の状態であり、
      思考する直前の状態

  つまり、偶然性や因果律にとらわれない現(実存)在を了解すること

「~すること」と語るとき
  それは、そういった実存を了解することに加え、
  目的をもって自らが働きかけること

  そこには、あらかじめ解は用意されておらず、
  必ずしも目的に完璧に到達するとは限らないが
  常に、働きかける過程において 必ずや意味や価値をもたらすはず

  本質は実存に先立たず、
  決して、完璧で完全なる完成したものは存在し得ず、
  ただ、諦めずに前に進み続けることが大切なのかもしれません。。。



コメント