ショア(陸っぱり)から旨い魚が釣れるかな?in Toyama

ベイトタックルをメインにルアーフィッシング!!釣って食べて,海の幸に感謝!今年はどんな出会いがあるでしょう!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4/30 アジングのつもりがメバリング 表層大爆釣!!

2014年04月30日 | 釣行記 ルアーフィッシング 餌釣り
2014/4/30 18:20~20:00


 今日は,午前中雨.のち曇り.不安定な天気でした.

 昼休み,同僚に,一昨日のアジングの話.じゃあ今日同じポイントに行ってみるかという気になった様子.でも僕は明日仕事.微妙に集中してできるか微妙なところで,僕の仕事終わりちょい釣りの中では遠征になってしまうし...でもプラクティスもかねてやりたい.

 ちょっと去年の海の雰囲気もかんがみて,近場でちょろっと,よってみて先行者がいなければ底でやり,いたら素通りで一昨日のポイントに行こうと.

 

 仕事が終わり,連なって,Go!!

 とりあえず,僕的にはまあちょい釣りでは行動圏内のポイント.先行者1名.やっぱいるか...でも,遠めに見ていると1本しか持ち込んでなく,ジギングしている様子.じゃあ,暗くなる前に退散するかとそこでやることに.


 僕も,同僚もアジングタックル!!.僕はSoare.


 とりあえず,邪魔にならないように,入らせてもらって,離岸テトラ際にキャストして,アジを探って.まあ,ねらい目の時間帯までは,プラクティスって感じで.2g尺ヘッド+アジアダー.


 とりあえず,1.2gまでジグヘッドを落としてやってみるもないね.


 ジギングの方は帰られ,少しずつあたりも暗く.気になるのは流れ込む川の水の濁り.一方,稚鮎が大量に悠々と泳いでいます.なんか,1年前のこの時期を思い出すなぁ.

 同僚は,ワームからメタルジグでアジを狙おうと遠投.僕は,持たないもので.でも,去年は待ったことはないも,春のもっと遅い時期に,ピチピチと小さいライズ,またなんか,ある時間になんかミステリアスな海の雰囲気.感覚的な感じですが,去年のデカアジで感じた感覚.そんな状況にならないかなと,思いながら底を.

 
 あたりも暗くなっていき,そろそろ地合こないかなぁと,

 「そろそろじゃない?」

 「ワームに変えます.」

 と同僚.


 と,本当に突然やってきました.足元を泳いでいる稚鮎が不自然な動きをするように.

 と,ビシャっとライズ.黒いシルエットが中を待ったり,ナブラが立ったりと騒がしく.



 なんだなんんだ?分からんが,何かが食いあげているのでは?


 とりあえず,2g尺ヘッドに変えてアジアダー.キャストして,表層を早巻き.

 グン!!グン!!ジジ,ジジ.明らかに何か突っ込んできている感じ.ただ事ではない.


 どんどんナブラがあちこちで.ライズもビチャビチャと.



 何打なんだ.


 とりあえず,ボイルが頻発している離岸テトラの際にめがけてキャストして,はや引き.


 ドンと,ロッドが絞られ,ドラグがジャジャア... 


 「何か来た!!でかい!!」

 「マジで!!」


 「うわっ抜けた!!」


 絶対でかかった!! あぁあ...

 アジングということでドラグは緩め.多分フッキングが甘かった...

 アジではないことは確かなので,ドラグを〆て,まだ大丈夫とりあえず投げなければと,回収.


 「おっ!!」


 同僚のロッドが絞られてます.

 ででぇんと.抜きあげ.

 「メバルやん!!」


 マジか,僕も釣りたい!!

 とりあえずキャストし,そのまま早巻き,結構雑にトゥィッチも混ぜて,ドン.

 バットまで絞られる感じ.マジかやばいあげれるか...


 どりゃっと抜きあげ.


 でかい!!


 いつもなら,魚に触らず,水汲みバケツにとりあえずキープするが,ざわざわしている海を目の前にして流暢なことは.


 何か分からないですが,僕の中でスイッチが入りました.

 釣れた魚を掴んで,水汲みバケツに放り込んで,一秒でも早くキャスト.


 また来た!!


 なんじゃこりゃぁ!!!!

 同僚もワンキャストワンヒット状態.同じように釣りをしているのか流れ作業でがしっと魚を掴んで水汲みバケツに.


 忙しい.もうこっちが興奮状態で,最初離岸テトラあたりだったので,キャストして,リトリーブ.なければいっきに回収して,って感じで3匹くらいかな?


 覚えてないです.


 思い出しながら書きますが,足元でもボイルが起きる感じになって,ちょいと投げ表層早まきで,ドン.ヒットしなくても,ドンと引きこまればれるというあたりも多く,とにかく活性が高すぎる.


 地合ですね.多分続かないだろうと思いながらも,余裕なく,とりあえず,乗ったら,沖,手前,少し沈めてきたとか叫んで,共に,目がいい僕は,そこそことか,同僚に.二人でシーソーのように釣り上げちゃいました.


 初めての体験.完全にわれを忘れました.


 短い地合.ボイルは収まるが,当たりは変わらずで,全部,バットまでロッドを絞ってくれます.Soare.やわく見えてしなりながらがんばってくれますね.


 落ち着いてきて少し沈めないと釣れなくなり,リトリーブ速度もゆっくりになってきて.


 水汲みバケツ,水を入れる余裕もなくやっていて,もう満載.


 死んだらだめなので,とりあえず,チャックを閉めて,海に放り込み水を入れます.同僚も.ただ,ふたがないので,一旦魚を出して,水を汲もうと.落としてしまった.ありゃりゃ.



 「釣ってみる.」と僕はバケツめがけて丁度,ぼろぼろ担ったワームを外したばかりのジグヘッド単体で,見事サイトでヒット.バケツに水を受けるので,すんごい引きです.ランディング寸前でラインブレーク!!同僚が,海に入って無事キャッチ(笑)


 僕のジグヘッドはしっかりバケツの紐にフッキングしてました.回収して,付替えてキャスト.


 当たり無くなりました.

 同僚は,チビメバを釣り上げます.

 また同僚がでかいメバルを釣り上げます.でも,渋ってるのは明らかでその後二人ともパタッと.


 余韻キャスト.

 余韻

 よ・い・ん



 ということで,同僚も良いんで,プラグを数種投げて終了.


 一つ一つ写真を撮る余裕なく,とりあえず活かして,水汲みバケツに放り込んでいたので,

 みなでかい!!

 

 とりあえずメバルギャラリー


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 小さいので21cm

 最大は28cm

 アベレージは25cmオーバー

 25cm以下は3匹ほどと全部でかい.チビソイはご愛嬌.でも去年はこれに喜んでたな!!



 と,帰宅時間を気にして,同僚に提案したポイントだった.先行者がいたら移動といっていたが,ショアジギングだけじゃないと少し無理やりなとこも合ったりしたが,結果共に大興奮.二人とも同じ数釣りました.時間にして30分.極短い地合でした.でも,去年感じた妖艶な雰囲気.今日も感じました!!この時期しか感じることはありません.秋エギング中も,ナブラは見たりしますが,感覚的ですが,去年そして今日と感じた,海の独特の様相.何なんだろうか...

 テクニカルな部分はないですが,ボイルがあって,空中に飛び出した黒い魚体.ボラでないと判断するに,単純にじゃあベイトがずっといたレンジ.

 地合前の投げながらずっとベイトの様子を見ながらやっていた甲斐があったなって感じ.サイトで見えないパターンでなく,視覚でも参考できるパターンに旨く乗せることができました.

 正直,この30分の興奮はやばかったです.完全にわれを忘れました!!


 全部でかいので,尺こいと期待はしましたが,でませんでしたけどね.

 
 とりあえずキープしたメバルは,全部した処理.ホタルイカが入っているのもありましたが,大文消化されきっている.基本空腹っぽい感じでした.

 2匹を刺身にして,2匹を煮付けに.残りは下処理だけしてチルドケースに.余韻にふけらせていただきました.


にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村


 いや,今日は本当にやばかったです.こんなに興奮することって人生でドンだけあるのってくらい興奮しました.

 地合が終って,われに返ったときの,手の魚臭さ,こりゃまた.基本魚を素手で触るのがないなか,ガシガシ掴んでぬめぬめの手でロッドを握って,それでも気にならないくらい興奮する釣行.



 今日のこの短い時間.一生僕の脳裏から離れないでしょう...
 
コメント

そろそろアジ.

2014年04月29日 | 釣行記 ルアーフィッシング 餌釣り



 ちと気が速いかもですが,そろそろのっこみアジを意識して,ポイント調査したいな.ゴールデンウィークは里帰りなのでその後意識してみます.

 去年良い思いをしたサーフ.ちょくちょく見ていたが,川の流れが変わって入れないかなと思っていたが,一昨日見ると,また流れが変わっていて,ポイント自体は生きてそう.ただ,ちょっと流れが遠くなりすぎな感もあり,もしかすると対岸がいいのかも.って,対岸は入りにくくできたらそっちはパスしたい.

 いくつか似たポイントを探します.

 昨日もやってみましたが,しばらくアジングの腕慣らしをやろうと思います.あっメバル,黒鯛も諦めてないですけどね...

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村
コメント

4/29 狩りジギング失敗 エギングホームが潰れる?

2014年04月29日 | 釣行記 ルアーフィッシング 餌釣り
2014/4/29

 今日は仕事休みだが,特にこれといって予定なく.

 今日は,朝に町内会の方が深夜から離岸ブロックにわたって釣りをしにいっておられ,でっかい黒鯛を差し入れてくれた.早速裁くが,大変だこりゃ.ははは,自分も同じものを狙っている傍ら複雑な心境.ホタルイカパターンにはまって釣れた感じのようだが数が釣れたとのことでした.



 昼より母の日のプレゼントを買いに.そのついでに,海に寄ってみた.

 ショアジギンガーが転々とサーフで撃っておられます.上がっている様子はないが僕も参戦.


 30分ほど撃つが反応なく,ぽつらぽつら雨が降ってきてだめだなと狩り失敗.


 海岸線を走っていると,相変わらずせっせと護岸工事.


 エギングホーム近辺で,波消しブロックをクレーン船で運んでいる.

 んんん??離岸ブロックの間のスリットに放り込んでいる様子でした...


 やばいなこれは,もしかして,このスリットを順に埋めていってしまうのか??

 ...


 数年後に箱の海域,離岸ブロックで完全に陸と遮断されてしまうのでは??


 となれば,潮通しはなくなりもちろん魚はおろか,プランクトンや藻のたまり池になって,腐葉のごとく海になるのでは.てかそうなったらどこに釣りに行けばよいのだろう.ボートを買うしかなくなっちゃうじゃないか!!!

 防災と近海の環境・生態系保全は両立するのは難しいということでしょうか...


 しばらく見守ります!!


 にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村



 それにしても県東部のこの異様なほどの護岸海岸.渚とやらは全くに近くない.ある意味さびしい海ですな.西ののんびりした里海とは全然違って,無機質で,機嫌が険しく感じる海...


 


 
コメント

4/28 アジング どこに行くか悩む...あら,何も準備してなかったぞい!!

2014年04月28日 | 釣行記 ルアーフィッシング 餌釣り
2014/4/28


 今日は,かすんだ空.風も強い.


 久しぶりに仕事昼休みに弁当を海岸で食べてみた.去年結構同僚と食べたりしていたが,暖かくなってきたので,渚でゆっくりとね.でも,ホタルイカが先日続けて大量に打ち上げられたことと田んぼの準備も着実に進んでおり,濁った海で,しかも臭いが...


今日もメバル,チヌを狙えれば!!

 仕事が終わりとりあえず職場近くで海の様子を再度チェック.臭いですな.横風がきつい.この風じゃなと思いながら,1652+カルコン100DCにチャター波動.


 ま,ブレーキセッティングですな.感覚を掴まねばね.


 でも雰囲気がないと...

 早々に切り上げる.

 さて,どうしよう.嫁は速く帰ってきてほしそう.海のほうもホタルイカの大量接岸の後のいやな臭い.おまけに東風が強い.心臓破りのポイントそこいらが気になっているが,この風じゃということで,西.でも,ホタルイカのことも感がむと悩むなぁ...


 悩みながら,給油.

 じゃあ,あんまり関係なさそうだし,モンモンとやるのもいやだし,ということで,最近あまり行ってない漁港にとりあえず寄って見るか.ということで,Soare1本で,2g尺ヘッドにアジアダー.つけっぱなしでしてはい...それだけ持ってとりあえず,先端手前からキャスト.

 横風が強く不規則で,沖に払い出す流れも強い.

 しっかり底を取って,流される中できるだけラインを直線にキープしようと意識しながら,底当たりを.
 クッと,あわせると,右に左に良く走る.ゴンゴンという突っ込みでなく青いやつ.


 
 25.5cmの僕としてはうれしいサイズ!!

 なんとなく寄った感じだったので,何の装備もなく,これはもって帰りたい.あたりも薄暗い感じで地合かもと,堤防では寝させたまま再度キャスト.
 同じところ.底で沈みテトラ際で,トゥィッチ後また来ましたね.

 
 19cmとサイズダウン.


 んんん.もしかしたらパターンではまるかもと,走って車に戻りアジングの装備をショルダーバックに急ぎ詰めて,入りなおし.はじめから準備しとけばよかった.


 その後,当たるも乗らないものばかり.パターンは変わらず,

 おそばせて,一尾

 
 17cm更にサイズダウン.

 その後触るのも時間と共に減っていきもういいか.


 Soareを車に戻し,なんとなくチャターを1652.


 キャス錬みたいなもんで,反応ないのを確認して退散!!(笑)


 てことで,ちょっと,狙いのつもりでなくなんとなく最近意識し始めているアジングをクッションにと思ってたら,反応よく,アジだけで終ってしまったとさ.ていや,めっちゃうれしいですよ!!



 帰って,刺身にできるが塩焼きに.

 

 

 めちゃうまです.


 にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村


 明日からしばらく厳しそうな気候.とりあえずホタルイカが落ち着いてメバル釣りたい!!

 
コメント

4/27 狩りジギング 

2014年04月27日 | 釣行記 ルアーフィッシング 餌釣り
2014/7/27 15:00~16:00


 上の子を連れて海へ.途中サビキ用のアミエビを買って,どこに行こうか.近くで安全な堤防へ.


 しかし,着くが上の子は寝てしまっている.

 堤防には,多数のルアーマン.青物狙いでしょう.


 とりあえず窓を全開にして,AR-Cでメタルジグを装着して堤防へ.

 臭い.干からびたホタルイカが堤防にいっぱいたまっている.海にも白くなった死骸が...


お祭りはいやなので,後ろにブロックが積んであってやりにくいが,左無げなので,くウォーターで投げれば遠投できる場所を選んでキャスト.

 基本底を取り,ロングピッチジャーク,スローピッチジャークといずれも速めにやってみた.

 と,ショートピッチジャークで一瞬止めるがジャーキング始める瞬間グン.おっなかなかよく絞る.

 が,途中でばれる...

 リグを回収していると3匹ほどチェイス!!,手を止めた瞬間散って行きました.


 少し続けるが当たりなく,上の子が気になったので,とりあえず車に戻り,まだ寝ているが抱き起こして連れて行く.


 で,再開.他のルアーマンが椅子を貸してくれた.


 と,同じアクションでまたゴン.なかなか活きがいいぞ!!
 寄せてくると,これまた数匹チェイス!!

 

 42cm

 子どもも大興奮.堤防に置いて再開.子供は釣れ魚の見張り.

 その後反応なく,周りのアングラーの下にも反応ない.


 数投続けるが,まあ十分なので,さくっとやめて帰りました.


 家に帰り,両身を刺身にして,冷蔵庫へ.


 にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へにほんブログ村

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへにほんブログ村


 ホタルイカの接岸で,この時間から投光機やら持ち込んで準備している方もおられ,すんごいにぎわっていました.
 でも,この匂いは......

 あさってまたまたお休み.明日はもう一度,昨日のポイントかその当たりのポイント開拓と行くか,魚津方面に行くか...ホタルイカで人多そう...
コメント

4/27 山菜採り第二段 今度こそ食べれるやつ?

2014年04月27日 | 旅行
2014/4/27

 さて,一瞬朝の部の釣行も考えたが,飲んだらおきません.ということで,午前中,家族で山菜採りに.

 近くの山.職場の人にポイントを聴いていたので行ってみた.


 林道沿いの斜面,少し湧き水のとこ当たりで,足場悪いが軽く登ってポツポツ採取.


 こりゃスパイクブーツほしくなるな.


 山菜の本を片手に採ってみました.

 

 さて,これらは食べられるやつなんだろか.

 昼は,田んぼのまんなかにあるうどん屋さんで昼.

 今日は,夜職場の新入職員歓迎会.

 嫁と子どもらのご飯を買いにいって家に帰りました.


 で,子どもらの夕食に華をね!!


 にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村


 てことで,上のことサビキ釣り,ショアジギしようと.二人で海へ.


 
コメント (4)

4/26 ホタルイカパターン ポイント開拓 出だしよいと思ったのに..

2014年04月26日 | 釣行記 ルアーフィッシング 餌釣り
2014/4/26 18:30~21:00


 良い天気の日が続いてますね.昨日まで連日ホタルイカが接岸しているとのことで,職場でも結構話題に.

 最近,休み前は決まった海域で,ホタルイカパターンとワンパターンな釣りに.今日は東は富山県を越えて磯場に行って見ようと.

 去年の春,思えば,ヘビーテキサスで,ゴロゴロのこの海域でワームを投げて根がからしてと今日もだめ...と足を運ぶことがなくなってしまっていた.でも,いい思いをしたような話も聞いたりもしていて,一度,真昼間に上の子を連れて,急な斜面を抱っこして見に行ったことがあったな.


 と,All Night Fishing第二段のとき,同僚と次はと話題にもしていたが,一度やってみようかということで,一人東に車を軽く走らせて.

 ここは,急な沢伝いの斜面を下っていくと小さなゴロゴロの浜に出てくるポイント.

 さて,ポイントに着き,準備.いつもは気軽に適当にポケットにリグボックスを詰め込んでいっているが,今回は,忘れ物やら,ちょいと車に戻ってとするには重労働過ぎる.

 ホタルイカの接岸のこともあり,ちょっと,食べ過ぎて逆に渋かったりして.でもこっちはあまりまわってきてないかもしれないしと,ホタルイカパターンに絞ってやってみるか.


 フロロタックルとPEタックルの2本立てにしようと.PEは1701にカルコン50DC.もうひとつは,ボトムパンプ的趣向でフロロ.1652か1702どっちにしようか,ガツンともしかしたら大物がお目見えするかもしれないとポジティブに考え1702にカルコン100DCに決定.2タックルをベルトでまとめ,ライジャケ,スパイクシューズとフル装備.ウェイダーがあればいいが,動きにくいしいいかと.これ後悔摺ることになるが,フェルトなのでどちらにせよ微妙だったりして.


 ということで,釣り座に向けて階段に.タックルの準備をする2人組みがちらりと.


 足軽に降りていき,とりあえず,釣り座を確保.

 

 こういうとこってなんかいい.

 とりあえず,1701でキャスト感覚をサイトでチェック.足場を探しやるが,ウェイダーがなく,こちら側は2方向しか狙えない.ああウェイダーがあったらもっと探る幅が広がるのに.

 タックルを準備していた二人組みも到着.反対側でキャスト開始されている.

 大分暗くなってきて,Zsquid75Fを光らせてキャスト.


 ホタルイカジャーク.ステイからサビキに移行した瞬間,ドン! おっ,グンとロッドが絞られます.

 がつがつって感じでなく,グググっと潜ろうとしている感じ.でもすぐにただ重いだけになる.

 
 20cm強のカサゴ君.でもなかなかいい引きでした!!


 さくっとつれてくれたが,その後全く.色を変え,Rauz,フローティングミノー,ワンダーとそれぞれ探れるだけ探るが,いっこうに反応ない.

 時間だけが過ぎて行く感じ.ワンダーをねちっこくやるも反応なく,集中力も途絶えるころ,ガツンと根がかり.ロスト.ノットの先10cmを残してリーダーもロスト.

 いいや,とりあえず1702に持ち替えスタンディングスクイッドで少し様子を見てみよう.キャストしようとするも,重みが全く乗らず,バックラ二回で根がかりであっけなくロスト.1702この手のリグ全く投げれない.100DCのDCセッティングも調整が必要だな...感覚を掴めてない.


 てか,続けざまに2個のプラグをロストして戦意喪失.時計を見ると21時を回っているのでもういいかと帰ることに


 帰り際,2人組みに話しかけてみるが,シーバス狙いに着たとのことですが全く反応なしとのこと.

 てか,よくこんなとこ来たねと感心されてしまった.



 ということで,初ポイントで芳しい釣果は得ることができませんでしたが,記念に今回釣ったカサゴはキープすることに.


 が,帰りの登りきつい.やばい,ドンだけ体力落ちてんねん.


 ということでひいこらひいこら車に戻りましたとさ.


 このカサゴは塩焼きにしてみました.



 にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村


 入ってみた感想ですが,雰囲気はありそうで,もう少し通ってみたいと思った.ただ,この帰り道ちときついな.毎晩とはいかんなって感じ.まあ,西へ東へ範囲を広げながら楽しもうと思います.


 
コメント

4/25 ショアジギ 晩餐の華を求めて狩りジギング...残念!!

2014年04月25日 | 釣行記 ルアーフィッシング 餌釣り
2014/4/25 18:30~19:00


 今日は,職場の県外の同僚たちと我が家で焼肉.少し遅めの時間設定になったので,今宵の晩餐の華をね!!


 ということで,AR-Cでショアジギング.さくっといって,さくっと釣ってさくっと帰って,さくっとさばくぞ!!

 問屋はそう易くはないな...

 とりあえず,横風が気になるがそれ以上に濁りが気になる.ペンデュラムで,30gのジグ.うわっどんだけ飛ぶん!!ベイトでやってブレーキ最弱の比ではない!!前に振って,勢いをつけて後ろに.今回はぐっと11時の方向でぐっと耐えて,リールを押し込むようにやってみた.シマノのホームページの紹介図のごとく,可変テーパー.



 そんなことより反応は?川筋の沖に払いだす流れが結構強く,ショートジャークでぐっとやると,ベールが起きそうになる.

 ワンピッチ,スローピッチジャークと織り交ぜながら効いてみるが,ゴンとティップが入るもすぐ弾かれる当たりが1度のみ.アシストフック1本仕様.2本だったらと思うも,始めたのが遅く瞬く間に暗く.てか,リグってるときも糸が見えにくくなってましたけどね.


 だめだな.もう10分はできそうなので,1701にキャロを組んでそのままなので,それにアジリンガー.

 遠投キャストで離岸テトラ横にキャスト.底を取ろうとするも,流れを受けて沈まない.


 するどめのリフト&フォールで.


 10分手のは短いものですね.タイムアップ.残念ながら華は咲きませんでした.


 てことで,焼肉を楽しみ何の変哲もない日常に戻り,ブログ更新してもう寝ます.

 

 にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村



 あさって休みなので,明日は粘る.ちょっと東にフラット求めてみようと.新規ポイント開拓に.

 でも,今ホタルイカの接岸.新しいとこより実績がある西のほうがいい?でもホタルイカ狙いの方々が多いでしょうなということで明日の気分しだいですが,東のポイントを開拓してみたい.実は過去に一度か二度試してみていて,偵察はしてたりするポイント.つれるのか全く分からないが,ちと足で藪を.ウェーダーも必要かな...
コメント

4/23 All Night Fishing 第二弾 能登遠征.撃沈.考えさせられる釣りに

2014年04月24日 | 釣行記 ルアーフィッシング 餌釣り
2014/4/23~4/24

 
 昨日仕事終わりより予定通り All night Fishing 第二弾 「能登遠征」行ってきました.


 結果は,チーーンです.






 仕事が終わり,とりあえず富山市内にいきおいしいと同僚が進めてくれモツ煮込みうどんの店に.ごとごと煮込む様子が目の前で.濃厚で旨い.

 

 ラッキークリークによって物色して,能登に向けて出発.




1st 能登島編 二箇所 凪 潮動かず


 とりあえず,能登島へ.ぐるっと漁港を偵察するが,少し大きめの漁港で竿を出してみて軽く慣らし程度に振って反応なければさっと移動と1652R-2PE使用でプラグで攻めてみようと.初めて竿を振るポイント.

 一応僕はメバルを意識しております.

 テトラと先端を探り,僕はホタルイカ関連プラグ,同僚はワーミングと五目ジグ.共に当たりなくそそくさと移動.

 まあ,状況的にもどこも変わらないか.とりあえず,昨年の能登遠征で寄ったポイント.


 Soare1本.

 同僚は堤防先端で,僕は先端をゴールに足で釣り.

 とりあえず2g尺ヘッドにシュラッグミノーを少し投げて,根の感じを観察し,0.9gレンジキープに34のワーム.常夜灯周りを中心に,少しずつ足場をずりながら探っていく.小さなアジがゆったり泳いでいたりとさかなっけはある.サイトでも少しできるが,軽くトゥィッチ後テンションフォール直後少しすっと近づき,口はつかわずって感じでしたが,何とかとステイ,トゥィッチとやっていくが,フォールでプンとショートバイトがあるも乗らずって感じ.


 合流し,触るが乗らない感じで状況は一緒.

 移動しますか.





 2st ディープエリア.漁港堤防 朝マズメのごく短時間の地合.僕は物にできず



 大きく移動,マズメの目的の漁港の手前で一箇所寄ろうと思っていたが,土地勘なく行き過ぎてしまった,もじもじ探っても時間がもったいないしと,結局最終目的地へ.

 前回やったポイントに行き少しシュラッグミノーを投げてみるが,まあ今回は良いと効いた隣のポイントへ.

 同僚はアジ中心に.

 僕は,どっちつかず..同僚の感触も参考にしつつとっかえひっかえやってみようと,

 プラグは1652+PE
 そこを1702+フロロ
 アジングにSoare

 の三本立て.
 

 先端に行き,まずSoare.2g尺ヘッドにシュラッグミノーとりあえず底をとろうと,深い..潮も横に結構流れている.ピチピチと小魚がはねている.何に追われているか分からないが,とりあえず表層を探っていくがなんも.フォール時間を眺めにとって行くも,リグは流される,僕は今までシャローエリアの経験ばかりでアジング自体経験知がなく,イメージできん.落とすほどリグも重く,風がないのであおってラインを引き出しながら,底を確認して,探るにも,誘う層でロッドのいなされ感というか,なかなか感覚とイメージがマッチしないし...いわゆるわけがわからん状態.

 プラグ,Rickcrowととっかえひっかえキャスト.

 完全にどっちつかずになってきた...

 投げサビキの地元のおじいさん方が2名来られる.

 これがまた難しくさせられる.

 「釣れてるけ?」
 「着たばかりで,今のところ」

 すぐ傍で,投げサビキをボチャン.

 やりにくいな...
 
 流される方向を気にしてずらしてキャスト...

 今度は目の前にボチャン.そんなんないやろーーー.堤防の先端の更に先端に同僚と狭く絡ませないようにキャスト.

 餌釣りの方は更に目の前を越えてボチャン.


 どけということでしょうか.


 左に流されていくので,あいたところで同僚がキャスト.

 餌つりの方は気にせず,クロスしてキャスト.

 「引っ掛けないでくださいね?」

 「はあ?」
 
 「絡まないように投げてくださいよ.」

 「左に流されるから大丈夫や.」

 めんどくさいのでいいや.


 

 とりあえず,明るくなりつつある.

 あせります,

 同僚.「メタルジグどうやろ.」

 「分からん...みえるんか?」


 同僚はとりあえずキャスト.様子を気にしながら,底を叩く.

 「おっ!!」

 同僚ファイト開始!!
 
 「抜きあげる.」

 めちゃでかく見えました!!でかいアジです.僕の感覚です.実際にフッキングさせた同僚は余裕があったようですが,僕はめちゃでかく感じました.


 再度キャスト,当たりあるがばれる.


 餌釣りの方も1匹.もう1匹かけたようだがそれっきりぱったり.


 激短い地合.


 もちろんただ見ていたわけではございません.パターンと層を聞いて意識するが,ジグはなく,2gでまあ厳しいですね.結局早々と待ったりしてしまい,あたりも十分白んできました.

 餌つりの方も片付け.


 ...

 僕まだ坊主です...

 わかってます.どっちつかずの釣りになってます.彼は,アジを狙うためいろんなメソッドを試していますが,僕はアジ,メバル?

 と知らないポイントで何も分からず定まらぬ釣りを.

 彼は,レンジ,リグ試行錯誤.


 その結果がでましたね.


 僕はそのときイメージ全くできませんでした.これが学習につながるんですかね.小さなナブラガしょっちゅう起きている中,底にワームを通してみたりしてはいたが...



 うらやましい限りでございます.浮気ばかりの釣り,中途半端に舐めて総崩れってやつですね.これ,運よくつれちゃったパターンの釣りかたですな.海もやさしいことにしっかり教えてくれました.



ということで.終了.僕はこの価値あるアジ.でかく見えてしまい,ええのつれたええのつれたやんと.同僚はそんなでかないと.面白いものです.


 「もう終わり!!」

 「あぁあ!!ぼうずかぁーー!!」


 朝日が気持いいっす!!風もそよ風,刻々と穏やかに空のグラデーションがね...


 何かちらほら魚見えるなぁ.


 堤防際に生える海草...


 完全に,何でもいい,見えるもの引っ掛けちゃる!!.うそ,漁ではないつりですので!!


 堤防際にスルスル落として,藻を掠めるようにチョンチョンスローフォール.ブブ.


 

 アナハゼ君20cmないやつ.

 坊主じゃない,ちゃんと誘って食わせました!!なんてね.

 『同僚と餌つりの方と,大爆笑ですな.


 「坊主でないですよ.これ刺身でおいしく食べちゃるわ!!!!!!」


 てことで,一旦車に戻りました.

 さて,明るくなり,アジ狙いのおじさんたちは撤収していかれますが,青物狙いの方たちがちらほら.

 僕も期待をこめて,1833.45gメタルジグ

 第1投げ...高切れ...

 気を取り直して.あたりません.回りもシーーン.

 しばしキャスト.と,目の前の小魚の尾群れに,アジの群れが突進.小さなナブラ!!一瞬でしたが,湧いておりました.


 残念ながら,当たる気配なく...終了となりました.





 同僚は26cmのアジ1匹でしたが,メソッドを換え,層を換えいろいろ探りまわり,朝マズメのごく短い地合を物にして何とか1本.価値ある一本だと思います,何より,餌つりの方より,誰よりも早く物にできて僕もですが,成長のきっかけの1本かと.思えは,秋のアジングでは,不発でしたが,僕は大きくないがいいフクラギ3本.短い地合でした.

 今回,地元でメバリング,しかもホタルイカの恩恵を受けてのある意味特殊なパターン.これをそのまま持ち出してやってみたり,小さなナブラガ見えたら持ち替えたりとどっちつかず.


 また,このディープエリアで,明らかなストラクチャーなどないが潮通しが良い感じ.が,層を意識するが,潮の流れと軽いリグ.どの程度の重さがいいのか...この時期ベイトは小さそうで速い動きより,軽めで攻めたほうが良いのかなと,経験知もない中イメージしていましたが,ディープエリアでとりあえずラインを出して行き,沈めるが,どうもイメージができなかった.じっくり集中して重さを変えたりとアジングに絞ってやるべきだったかなと思っている.そう,当初ここではアジング朝マズメと思っていたが,自信がない.結果どっちつかずで中途半端になってしまった.

 帰り道,同僚は睡魔.僕は何か目がさえていて,車を走らせ,行き過ぎて寄れなかったポイントへ.


 じっくり海を見ている.水はすんでいるが潮は通してない.サイトでちょっとイメージトレーニング.

 フルキャスト,ラインを見ながら着底の感覚をチェック.さっきのポイントよりは浅いも水深はまずまず.ラインを送り,ラインが止まる,少し軽くあおってみて確認.回収して,今度は夕闇を意識して,空を見ながら,ラインを送り,竿で聞いてみながらベールをおろして,確認.移動しながらやってみる.ラインをふけさせすぎずできるだけ直線を保つことを意識して.


 今度はただ巻きで手前までできるだけ浮かさずに.ロッドを掴むてとハンドルに集中して,サイトで見えるくらいによってきたときのリグの位置を確認.10分くらい練習して帰ろうとおもっていたが,ついつい,1時間ほどひたすら...


 よし帰るかと海底を見ながら.

 崩れたテトラともの切れ目というかポケットみたいになってるとこになにやらどてっとした魚らしいものが見える.ただそのすぐ沖側はテトラ.手前は藻.右はテトラ.目の前に落としてシェイクしたらなんらかの反応はないか.釣りたいということでなく,旨く立体的にキャストコントロールと,リグを落として目の前をシェイクしながら通せるか...スプールエッジに指をかけてキャストして,

 しくはくして,目の前に通せた,全く動かない,頭の上に落としてみようと,しくはくしぽんとのった.なんも.魚じゃないのか...


 こういったことはスピニングはややこしくなってしまうな.でも夜釣りメインの僕としては..






車に戻り,家路.腹減った.時間は7時過ぎ.はいだるいに行こうかと話していて,9時開店.とりあえず,僕は能登島の竿を出したポイントをもう一度目で見てみたく,寄らせていただいた.

 20分ほど速く着き,店の駐車場で小休止.


 今まで,スピニングでいいやん,あえてベイトでなくてもね.逆にスピニングじゃなくてもいいんじゃない?てまあどっちもどっちだなって感じで,じゃあベイトでやるか,って感じでしたが,今日行ったオープンで,あまりに立体的で,回遊メイン.これはもう完全にベイトでは厳しい.スピニングの優位性がもろって感じで,帰り道,今まであえてベイトでやっていた,何かこだわりがあったが,今回のポイントの環境と,状況とかいろいろ考えると,これはスピニングの優位性が明確だなと強く感じた.

 今日の経験を通じて,今年は,ベイトタックルのスタイルは変わらないが,これはスピニングが明らかに有意だ.それをあえてベイトでやるてことは逆にストレスだな.正直今日強く感じた.仕事終わりに寄れるポイントで,それを感じれるポイントと状況はそれほど今日ほど強く感じれるとこにいけてないですけどね.最近ちょっと足持つかってポイント開拓もしてみたりしていて一部感じるとこもあったりするので,行かせるときは生かそう.


 店が開き,はいだるいカレーと焼きそば.食べすぎ!!


 帰り道,上州屋によって何も買わず,11時ごろ眠くなり漁港で仮眠.1時間ほど寝てしまった.漁帰りの船が入ってきて,船を操作するエンジン音が心地よく,夢見心地.目が覚めて,ちとその船を見て,日常の何気ない風景なんだろなと里山と,春の心地になんか穏やかななんともな心地よさを感じながら能登半島を後に.

 同僚を家に届け,同僚家近くのコンビニでコーヒーを買って,来月2連休が重なる.嫁も復職し,どこまで釣りに時間を裂けるか分からないが,今のところ,ちょい釣りでスポーニングのアジを求めて,探りつつ,この連休は,朝マズメと夕マズメかける2連で,ヒラメ,マゴチ,アジと県東部でやってみるか...


 とりあえず,状況見ながら決めようってかんじで別れ一人家路.

 途中黒部の漁港によって,チャターをフロロベイトタックルで,船道を.上は橋脚,この中に落としたいと,まあ真昼間で茶濁りでって感じですが余韻的に.これ面白いリグです.


 てことでAll Night Fishing第二弾は,考えさせられる釣行で幕が下りました.

 家に帰ってブログを書いていて,眠くなり,ばたんQ,目が覚めたら22時過ぎ.風呂に入り,ご飯を食べて,明日に備えてまた寝ないと.ということで,急ぎ記事を書きもう一度寝ます!!


 アジング.これ,奥が深いな.アジンガーにはならないだろうなと思いつつも,ある意味いろんな釣りのエッセンスが練りこまれていたりするな... 

 
コメント (2)

春のフクラギ

2014年04月22日 | 釣行記 ルアーフィッシング 餌釣り


 フクラギの釣果情報が耳に入ってくる今日この頃.つりでなく狩りも成立してなんらかんらいい報酬を与えてくれているフクラギ.

 秋のフクラギはサイズそれほどでしてこの春のやつのほうが大きいほどでした.が,引きが全然違い,すんごくパワフル.こうもちがうんかと.秋は完全に舐めてかかってたので,実際にフッキングして,正直あせりましたがね.やばい,これ抜きあげどころかブリ級がかかったんじゃない?と思って,上がってきたら,あれ?って感じでして...

 今年の2匹のフクラギ,Soareでもでかいので重さはあるも,寄せてくるのにそんなにおいおいやめてやめてといったスリルもなくあがってくる感じで元気ないな...


 去年はすんごく興奮したけど,今年はあぁ...て感じでしたが,




 これ,生姜醤油で刺身にしたら,イメージ激変.めちゃうま.いや,春のフクラギ全然ありです.


 そろそろアジないかなとやって外道でフクラギが釣れてって感じでしたが,もし,この外道フクラギがなければ,多分この春は全く意識せず,家近無視して何とかめばるを 黒鯛をと,変わらぬ釣行脚になってたと思いますのでこの2匹のフクラギは僕の中では大きい.
 

 でも,なんか今のところ僕的にジギングはメインターゲットにならんなって感じではありますが,休日の日常の一こまで外せない釣りになれば.

 外道で釣らず,釣りで釣らず,狩りで釣りたい.



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村
コメント