p.himapa Photo Gallery

実はMaintitle「p.himapaのたわごと」です。

ごあいさつ

ハンドルネーム:ひまぱのぱ(p.himapa) 外国の人とのやり取りを始めてから( )内にp.himapaを追加しています。自然風景やポートレート写真が好きなのですが、近年はなかなか撮影できず、好きな小物や日常のスナップがほとんどです。大それたブログタイトルを付けてしまいましたが、実はMaintitle「p.himapaのたわごと」です。どうぞお付き合いください。過去の記事へのコメントも大歓迎です。よろしくお願いします。連絡は右サイドバーの「メッセージを送る」からどうぞ。

著作権等について

このBlogの記事及び写真等の著作権は、ひまぱのぱ(p.himapa)に帰属します。 第三者がこれらの記事や写真等を使用するに当たっては、次のとおりとします。 リンクを貼るか、直接写真等を転用する場合は、出典を明らかにしてください。 個人使用の場合はリンクフリーです。許可も不要です。ただし、商用の場合は事前にご連絡ください。

写真機材

○αシステム ボディ:α900+VG-C90AM×2台、α9+VC-9M×2台。 レンズ:AF50mmF1.4NEW、SIGMA 50mmF1.4 EX DG HSM、AF85mmF1.4G、AFマクロ100mmF2.8NEW、Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM、AFアポテレズーム70-200mmF2.8G(D)SSM、AF1.4×テレコンバーターアポ(D)。 〇ニコンシステム ボディ:D5 XQD仕様×2台、レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR、AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR、AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G、AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G、 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED、 AF-S TELECONVERTER TC-20E III、AF-S TELECONVERTER TC-14E III、各保護フィルター(14-24mm f/2.8Gは、フィルターが取り付けられない。) フラッシュ:スピードライトSB-5000×2台。その他 XQDカード128G×4枚、予備バッテリーLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL18a×4個、 液晶保護ガラス×2枚、リモートコードMC-30A×2本、 変倍アングルファインダー DR-5。 シグマ:50mm F1.4 DG HSM。 〇手放したもの:α900+VG-C90AM×1台、α7Digital+VC-7D、AF24mmF2.8NEW、AF28mmF2NEW、AF35mmF2NEW、AF50mmF1.4、AF50mmF1.4NEW、AFマクロ50mmF2.8NEW、AF100mmF2、AFアポテレ200mmF2.8G、AF28-70mmF2.8G、AFアポテレ80-200mmF2.8G、AF1.4×テレコンバーターアポⅡ、トキナー 100-300mmF4、ケンコーテレプラスPRO300-1.4倍・2倍。120-300mm F2.8 DG OS HSM、TELE CONVERTER TC-1401、TELE CONVERTER TC-2001。  〇三脚:GIZZO 2型3段G1227、3型3段G1329、2型3段GT2532、3型4段ロングGT3542L、4型3段ロングシステマチックGT4533LS+センターポールGS3513S。 雲台:梅本製作所の自由雲台(SL-50ZSC、SL-60ZSC)、HUSKY(ハスキー)3Dヘッド×2、マンフロットのギア付きプロ雲台SKU405。

撮影賜ります

ポートレート、イベント、商品撮影など、賜ります。 お問い合わせは、右サイドバーの「メッセージを送る」からご連絡ください。

UltraTac A5 カスタマイズ特注品

2018-11-10 22:56:03 | ライト Flashlights
Tool Tiの日亜化学 NICHIA 219B 4500K - 5000K CRI90+ 搭載 / 明るさ:70ルーメンがなかなか良かったので、UltraTac A5のカスタマイズ特注品、日亜化学 NICHIA 219B 4500K - 5000K CRI90+ 搭載 / 明るさ最大70ルーメン も買ってみました。
Tool Tiがお気に入りで、あえて買う必要はないのかもしれませんが、同じLEDを搭載しているので気になって。

Tool Tiと比べ、照射範囲は同じぐらいですが、UltraTac A5の方が、ホットスポットが広く、サイドスビルトの輪郭も曖昧なので、全体を明るく照らし見やすいです。
その分遠くが見づらいかというと、そうでもなさそうです。
1AAA仕様ですので、このような配光の方が使いやすいと思います。個人的にはお気に入りです。
Lowは、Tool Tiより明らかに暗いです。

長さは、Tool Tiよりずいぶん長く、Tool AAAよりも長いですが、径が細いため、あまり大きくは感じません。

気になるところが2点。
1.取扱説明書には、Mid、Low、Highとなっていますが、Lowから始まり、メモリー機能はありません。
これは、お店のホームページに書いてありますので、仕様変更でしょうか。個人的には、Midスタートの方が良いです。
2.テイルスイッチが周りより少し出っ張っていて、新しいTool Tiと同様、ロウソク立てができないことはありませんが、不安定です。
ホームページには、Tail Standと書いてあるんですけどね。残念です。

質感では、Tool Tiですが、配光と軽さでは、UltraTac A5に魅力を感じます。

※この記事は、加筆修正予定です。
コメント

LUMINTOP TOOL Ti カスタマイズ特注品

2018-11-10 22:14:00 | ライト Flashlights
LUMINTOP TOOL TiのNichia219B 4500K 92CRIがお気に入りで、いつもポケットに入れていますが、
ホルキンさんから、カスタマイズ特注品として、日亜化学 NICHIA 219B 4500K - 5000K CRI90+ 搭載 / 明るさ:70ルーメンが出ていますので、色温度が私好みかと思い、購入してみました。

室内照明の三波長形蛍光灯ナチュラル色(5000k、Ra84)と比べると色温度が高すぎ、青白っぽく感じたりしますが、手を照らしてみても不自然さはなく、高演色であることが分かります。
また、直前に見ていた光に左右されなければ、特に色温度が高すぎるとか違和感は覚えません。
4500k比べてみても、より自然な色に見えると感じます。
ただ、色温度が低い方が反射がまぶしくないとか、天候の悪いときにも見やすいとか言われますので、どちらが良いかは一概には言えず、しばらくは併用してみようかと思っています。

気になるのは2点。
1.ホットスポットの中央が黄色っぽく、サイドスビルトとの間が白っぽいドーナツ状に見えます。
無地のところを照らさなければ気になることはありませんが、白い壁を照らすと確認できます。
2.テイルスイッチが少し出っ張っています。(以前のものは、わずかに凹んでいました。)ロウソク立てができないことはありませんが、不安定です。
個体差かと思い、買い足してみましたが、同じでした。

※この記事は、加筆修正予定です。
コメント

α900発売10年

2018-11-07 22:05:08 | 写真関連 Photograph
忘れていたけれど、α900が発売されたのが、2008年10月23日。
10年になるのね。
最近α900+50mmF1.4でスナップを撮っていることが多いですが、高感度ノイズは多いものの、描写(絵作り)は、好きです。

コメント

ブラインド

2018-11-02 20:59:56 | 風景・日常 Scenery, daily life
この光面白いと思った時には撮影できず、少し時間がたってから撮影しました。
光と影の印象が変わってしまったので、撮るのに苦労しました。
コメント

はげ

2018-11-01 22:08:31 | 写真関連 Photograph
α900。
長年使っていると頭が剥げるのは分かる。
あちこちぶつけるから。
でも、αの文字も剥げているよ。

コメント

2018-11-01 20:53:37 | 風景・日常 Scenery, daily life
何を撮っているのやら。いや、光が面白かったので。
α900+50mmF1.4で撮影。
コメント

ある光景

2018-10-31 22:11:42 | 風景・日常 Scenery, daily life
こういう写真もあまり撮らないですが、好きですよ。
コメント

郷愁 (ノスタルジー)

2018-10-31 22:06:33 | 風景・日常 Scenery, daily life
こういう写真も撮るんですよ。
コメント

Happy Halloween

2018-10-31 20:23:02 | 風景・日常 Scenery, daily life
今日は、ハロウィン。
我が家では特に何もしませんが、妻がかぼちゃでJack-o'-Lantern(ジャック オー ランタン)を作りました。(^^♪
写真を撮りながら、ライティングを変えようと移動させたら・・・、黒レフ代わりのお盆が直撃っ。おぉ…。



まあ、これもネタということで。(^^;)
Happy Halloween~
コメント

シュウメイギク

2018-10-28 22:09:57 | 風景・日常 Scenery, daily life
10月24日のこと。

午後の庭のシュウメイギク。
陰影と黒バックが面白いと思いましたが、すぐに光は変わっていきました。






ちっよと説明的ではあります。(^^;)
コメント

十三夜

2018-10-28 22:02:42 | 風景・日常 Scenery, daily life
10月21日のこと。

夕焼けを見て、振り向くと月が奇麗に輝き始めていました。
十三夜です。
十五夜または十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いと言われています。
両方見られて良かった。
コメント

夕焼け

2018-10-28 21:57:17 | 風景・日常 Scenery, daily life
10月21日のこと。

この日は、良い天気で雲はありませんでしたが、夕焼けが奇麗でしたので、妻と堤防まで出かけてみました。
街中では、電線やビルがあって、奇麗に見られないからです。
山の景色にはかないませんが、広々として気持ちが良いです。
日没には間に合いませんでしたが、飛行機雲も輝いていました。



コメント

法事

2018-10-28 21:54:29 | その他 Others
10月20日のこと。

母の七回忌でした。日にちは違いますが、併せて父の十七回忌も行いました。
今回は、お坊さんの法話じゃない面白い話が聞けなかったよ。
コメント

どんぐり

2018-10-28 21:47:33 | 風景・日常 Scenery, daily life
10月19日のこと。

朝、どんぐりを撮ってみました。






わずかな時間でしたので、思うようには撮れませんでしたが、毎年この公園には、たくさんのどんぐりが落ちていて、秋を感じさせてくれます。
コメント

瞳の輝き

2018-10-28 21:44:49 | 写真関連 Photograph
瞳の輝きは美しいと思う。
理屈は忘れたが、屈折の関係でカラコンでは表せないらしい。
カラコンをTPOに合わせて使うのは全く否定しないが、向かい合って話をするときは、ない方が良い。
カラコンは、サングラスと同じで心が見えないからだ。
同じようなことを思っている人が他にもいるようだ。
コメント