川越市、所沢市、新座市、八王子市、練馬区周辺の障害年金申請をサポートします。 小木曽社労士事務所

障害年金の専門家です。 問い合わせ 04-2937-6856 ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

障害年金の専門家。相談料、着手金無料。 

障害年金はほとんど全ての障害を対象にした公的な年金です。ただ症状が重ければ必ず受給できるわけではありません。受給するまでにはいろいろなの書類を整えいくつかの条件をクリアする必要があります。最初から専門家に相談するのが受給への近道です。  tel 04-2937-6856  e-mail ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp URL  http://ogiso-sharoshi.com/

人工透析で障害基礎年金2級

2021年12月17日 14時28分49秒 | 障害年金

相談内容 63歳 男性  狭山市

10年ほど前、体調が悪い日が続いたので、近隣の病院で診てもらうと、血糖値が非常に高く、2型糖尿病と診断された。以後月1回程度通院しながらインスリン治療をし。仕事を続けた。数年前は糖尿病性網膜症の手術をした。自営業なので、休みながらもなんとか仕事を続けてきた。しかし最近症状が悪化し、人工透析をせざるを得なくなったので、障害年金の手続きをしてほしいとの依頼でした。

経過

社員一人の自営業でしたが、会社組織でしたので、本来は社会保険(厚生年金、健康保険)に加入すべきですが、負担が多いので税理士と相談して未加入とのことでした。(私は少なくとも社長は厚生年金に加入すべきだと思います。多少負担が多くても老後を考えれば、軽く元は取れるはずです。)

国民年金の未納はありませんでした。 個人事業として独立するまで、厚生年金の加入期間が10年間ほどありましたので、ご相談を受けたときは、月2万円程度の在職老齢年金を受給中でした。 63歳~65歳前の障害基礎年金は、障害者特例(4万円/月程度)とどちらかの選択です。

今回、障害認定日の頃は体調が悪いながらも、仕事をしておられましたので、3級なら可能性があっても2級は難しいと思い、診断書は事後重症のみで作成するようにお願いしました。ところが、市役所の年金担当者が障害認定日の診断書が必要との指示があり、何か1万円損をした気分になりました。

糖尿病の場合初診日がなかなか確定できないことが多いのですが、今回は初診日がはっきりしていたので運が良かったと言えるでしょう。

結果

3ヶ月ほどして2級の障害基礎年金の証書が届きました。

障害者特例と比べて年金額は2万円程度しかアップしませんでした。65歳からは老齢厚生年金と、障害基礎年金を受給することになります。しかし今回の場合は老齢基礎年金と老齢厚生年金の組み合わせとほとんど変わりません。

 

うつ病など精神障害での障害年金はお任せください。

〒358-0002 埼玉県入間市東町1-1-35

特定社会保険労務士 小木曽 弘司

tel 04-2937-6856

e-mail    ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

URL   http://ogiso-sharoshi.com/

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

発達障害について

2021年12月09日 21時14分32秒 | 障害年金

発達障害は障害認定基準では「自閉症、アスペルガー症候群、その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であって、その症状が通常低年齢において発現するものをいう。」と定義されている。ただこれらの定義はまだ概念化の途上にある。現在では、自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害を合わせて「自閉症スペクトラム障害」と言われている。

自閉症スペクトラム障害はASDとも言われて    

対人関係、コミュニケーションの困難さ

強いこだわり、限られた興味を持つこと

が特徴とされています。

注意欠陥多動性障害はADHDとも言われ

・感情的になりやすい

・思いつきで行動してしまう。

・不用意な発言が多い

・注意(集中力)が持続できない(落ち着きが無い)、

・忘れ物が多い

・整理整頓ができない 等

が特徴と言われています。

学習障害はLDとも言われて

「基本的には、全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなどの特定の能力の習得と使用に著しい困難を示す」と定義されている。

障害認定基準では「たとえ知能指数が高くても社会行動やコミュニケーション能力の障害により対人関係が意思疎通を円滑に行うことができないために日常生活に著しい制限を受けることに着目して認定を行う。」 とされている。

又認定においてのポイントとして、障害認定基準では以下を示している。

  • 発達障害と他の認定の対象となる精神疾患が併存している時には併合(加重)認定の取り扱いは行わず諸症状を総合的に判断して認定する。
  • 発達障害は低年齢で発症する疾患であるが知的障害を伴わない者が発達障害の症状により初めて受診した日が20歳以降であった場合は当該受診日を初診日とする。
  • 就労支援施設や小規模作業所などに参加するものに限らず、雇用契約により一般就労をしている者であっても、援助や配慮のもとで労働に従事している。従って労働を従事していることを持って直ちに日常生活能力が向上したものと捉えず、現に労働に従事している者については、その療養状況を考慮するとともに、仕事の種類、内容、就労状況、仕事場で受けている援助の内容、他の従業員との意思疎通の状況を十分確認したうえで日常生活状況を判断すること。

障害等級の判定に当たっては、うつ病、統合失調症等の他の精神障害の障害等級と同様に、診断書の日常生活能力の判定と日常生活能力の程度を目安として就労状況、病歴就労状況等申立書の記載内容等を考慮して総合的に判断される。

 〇 就労状況について 

   前記に係わらず、雇用契約により一般就労をしている場合(障害者雇用、パート・アルバイト等ではない)は特別な援助、配慮がされてい ることを客観的な証拠で示す必要があります。 

 〇 病歴・就労状況等申立書

   他の障害とは異なり(知的障害を除く)出生から記載する必要があります。発達障害は低年齢から症状が出現すると言われているので、幼少期からの発達障害特有の症状により、日常生活や学校生活で困ったこと、気にしていたこと等をきちんと書くことが大切です。

うつ病など精神障害での障害年金はお任せください。

〒358-0002 埼玉県入間市東町1-1-35

特定社会保険労務士 小木曽 弘司

tel 04-2937-6856

e-mail    ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

URL   http://ogiso-sharoshi.com/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

がん(悪性新生物)での申請

2021年12月08日 07時14分57秒 | 障害年金

ガン(悪性新生物)は全身のほとんどの臓器に発生するため現れる症状は様々であり、それによる障害も様々です。

従って障害認定基準では、具体的な症状の記載は殆どなく、認定に当たっては、具体的な日常生活状況等により、総合的に認定するものとしている。各障害等級については以下のような基準で判定することになっている。

1級:当該疾病の認定の時期以後少なくとも1年以上の療養を必要とするものであって、長期にわたる安静を必要とする症状が日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの

2級:日常生活が著しい制限を受けるか又は著しい制限を加えることを必要とする程度のもの

3級:労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のもの

障害の程度を判定するに当たっては以下の一般状態区分表に基づいて行うこととされている。

区分 

  一 般 状 態

無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく発病前と同等にふるまえるもの

軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業は できるもの 例えば、軽い家事、事務など

歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、 軽労働はできないが、日中の 50%以上は起居しているもの

身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中 の 50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となったもの

身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、 活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの

各障害等級の例示として以下が示されている。

1級:一般状態区分表の オに該当するもの

2級:一般状態区分表の エ又はウに該当するもの

3級:一般状態区分表の イ又はウに該当するもの

又、認定に当たっては、悪性新生物(ガン)という疾患の本質から、組織所見とその悪性度、一般検査及び特殊検査、画像診断等の検査成績転移の有無、症状の経過と治療効果等を参考とし、認定時の具体的な日常生活状況等を把握して、総合的に認定する。とされている。

請求時のポイント

1 初診日はいつか?

〇 誤診でも初診日になることがある。

ガンの場合初めてガンと診断された日が必ずしも初診日となるわけではない。

   例1 喉の調子が悪いのでしばらく耳鼻咽喉科で治療していたが、良くならないので、別の病院でがんの疑いがあると言われた。

    例2 内科で坐骨神経痛と言われたが、良くならないので別の病院でがんの疑い

      があると言われ、甲状腺がんが骨転移していることが分かった。

 〇 ガンが原発性なのか転移したものであるかで初診日が異なる。

   ・原発性の場合はそのガンと初めて診断された日となる

   ・転移したことが確認できた場合は、それ以前にガンと初めて診断された日となる

2 障害認定基準のどの傷病(診断書)で申請するか?

ガンの種類によって症状は様々なので、一般的には「その他」の診断書を記載することになるが、肢体の障害等があれば、2つを併合すれば単独より、障害等級が上がるようであれば、2つの傷病(診断書)で障害認定を目指すこともある。

3 判定における要素

ガンの障害等級の判定には「ステージ」「体重の減少」「予後」が特に考慮されると言われているので、診断書にきちんと記載していただくことが大切です。

うつ病など精神障害での障害年金はお任せください。

〒358-0002 埼玉県入間市東町1-1-35

特定社会保険労務士 小木曽 弘司

tel 04-2937-6856

e-mail    ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

URL   http://ogiso-sharoshi.com/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

40歳を超えても発達障害で障害年金を受給できることがあります。

2021年12月06日 10時41分53秒 | 障害年金

最近、発達障害でお世話をした方は大学を卒業し、結婚しお子様もある40代の男性でした。当時はアルバイトのような形で就労されていました。話をさせていただいたのは主に奥様でしたが、ご本人と話をした時は、特に違和感を感じませんでした。しかしいろいろ話をしているうちに以下のようなことが分かってきました。

  • 会社でのトラブルが多かった。
  • 最初の会社では10年以上勤めたが昇給はなかった。
  • 学生時代を含めて友達が一人もいなかった。
  • 人の前でうまく話すことができない。
  • 身内(親戚)との付き合いができない。
  • 他人とコミュニケーションをとることが苦手
  • 他人の話をしっかりと聞くことができない。
  • 2社目の会社では、何度も配置転換されて退職せざるをえなかったり
  • 解雇されたこともあった。

御主人はどこで働いてもすぐに会社を辞めてしまうような状況でしたので、奥様がご主人の様子から、精神科の診断を受けることを進めて、40歳を過ぎて初めて精神科を受診されました。ここでいろいろな検査をして、発達障害と診断されました。診断書の記載をお願いし、障害基礎年金2級が受給できるようになりました。

上記のことから前記の○に記載されたような状況にあれば、たとえ30代、40代で、それまで一度も精神科等の専門家の診察を受けていなくても,発達障害と診断される可能性があります。

上記のような症状のほかに以下のような症状が発達障害の特徴です。

○落ち着きがなくソワソワしている

○気が散りやすく、集中できない 

○思いつきで行動してしまう

○期限が守れず、先延ばしになる 

○マイナス思考と劣等感

○空気が読めない、人の話が聞けない

○整理整頓ができず、忘れ物が多い 

○飽きっぽい。1つのことが長続きしない

○計画性がなく、管理が不得手

○のめり込みとマニアックな傾向    

○対人関係がうまく出来ない

○会話のキャッチボールができない

○1つのことに異常な興味を示す

○感覚、知覚の異常

このような状況(症状?)があり、働いても会社でのトラブルなどで、なかなか普通に働くことができないような場合には、発達障害かもしれません。

うつ病など精神障での障害年金はお任せください。

〒358-0002 埼玉県入間市東町1-1-35

特定社会保険労務士 小木曽 弘司

tel 04-2937-6856

e-mail    ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

URL   http://ogiso-sharoshi.com/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

膠原病(多発性筋炎)で障害厚生年金3級 再審査請求で2級

2021年11月26日 19時14分56秒 | 障害年金

相談内容  50歳代 男性 川越市

膠原病(注)の一種である多発性筋炎で会社を退職せざるを得なくなった。日常生活にも支障があり、障害年金は受給できないかとの相談でした。

多発性筋炎は難病指定されており、筋肉の炎症により、筋肉に力が入りにくくなったり、疲れやすくなったり、痛んだりする病気です。皮膚に腫れぼったい紅斑ができる場合は

皮膚筋炎と呼ばれ、そうでない場合には多発性筋炎と呼ばれます。有効な治療方法は確立されておらず、相談を受けたときには、自力で歩くことはできず、屋外は杖をついて数十mやっと歩ける状態でした。普段は車椅子でした。手にも力が入らないのでかなり不自由でした。又動くと痛みがあり辛そうでした。

経過

初診日については、当初からの病院を変更されておらず、すぐに決まりました。30年近く同じ会社で就業されており、保険料納付要件も問題はありませんでした。

筋肉の炎症により、腕を上げる、立ち上がる、座る、歩くといった日常生活に必須の動作に支障があり、「肢体の機能の障害」として診断書を記載していただくことにしました。

日常生活の動作について、詳しく記載した資料を添付して、作成を依頼しました。しかし主治医が皮膚科の先生であったせいか、1ヶ月近くたって、未記入箇所が多い診断書ができてきました。 その後何回か病院に行き、診断書の修正、再作成を依頼しました。最終的には、リハビリの先生の意見で作成されたようです。

結局、診断書の作成に2ヶ月近くかかりました。

結果

3ヶ月くらい経過した後、障害厚生年金3級が遡及適用で決定しました。

屋外は杖が無ければほとんど歩くことができず、2級でも不思議ではない症状でした。障害認定基準と、診断書の記載内容を詳細にチェックすると、2級であるはずだ。2級でなければならない。と思い審査請求を行いました。しかし信じられない理由で棄却されましたので、再度、審査請求とほぼ同じ内容で再審査請求を行いました。公開審理の連絡がきた直後、社会保険審査会から再審査請求を取り下げるよう連絡があり、結果的には審査請求が認められた形となりました。

これにより、2級で、5年の遡及適用となりました。

 

注)膠原病とは

膠原病には、多発性筋炎・皮膚筋炎以外に、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、結節性多発動脈炎などの血管炎やリウマチ熱が含まれます。コラーゲンと膠原は同じです。近年これらの病気は、コラーゲンの異常だろうと判断されて膠原病と総称されるようになりました。この病気の筋肉、関節、皮膚等に対するいろいろな症状は自分の臓器に免疫反応が起きていることが原因とわかっていますが、有効な治療方法は確立されていません。

 

うつ病など精神障害での障害年金はお任せください。

〒358-0002 埼玉県入間市東町1-1-35

特定社会保険労務士 小木曽 弘司

tel 04-2937-6856

e-mail    ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

URL   http://ogiso-sharoshi.com/

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

数年前、初診日不明で却下された事案を再申請し、厚生3級決定

2021年11月19日 19時57分05秒 | 障害年金

相談内容 40代 女性 川越市

数年前、うつ病で障害年金を申請したが、初診日が10年以上前で当時のカルテや診療記録が何もなく、はっきりしないまま自分で裁定請求したが、そのことが理由で不支給になった。第三者証明ができそうなので何とかならないか?との相談内容でした。

経過

最初に、前回申請した資料が何もなかったので、年金事務所に受診状況等証明書、診断書等の控えを請求しました。

その内容から

 〇 3番目に受診したクリニックの受診状況等証明書で、初診の病院の名称、受診のおおよその時期が記載されていたので、重要な参考資料になる。

 〇 数年前だが診断書の記載内容から、現在の症状が大きく変わらなければ、3級に認定されるか可能性が高い。

平成27年9月に 「障害年金の初診日を明らかにすることのできる書類を添えることができない場合の取り扱いについて」において厚生年金保険の施行規則が一部改正された。

この中で

「請求の5年以上前に医療機関が作成した資料(診療録等)に請求者申し立ての初診日が記載されている場合には、初診日と認めることができることとする。」

「資料により初診日のある年月までは特定できるが、日付が特定されない場合には保険料の納付要件を認定する時点や遺族年金における取り扱いを踏まえ、当該月の末日を初診日とする。

とされている。

従って、3番目、4番目に受診した時のカルテの開示請求をしたところ、はっきりとした日は不明だが、年月までは記載されており、上記の条件に当てはまることを確認しました。

よって、第三者証明は不要と判断し、開示請求したカルテを添付して裁定請求しました。

ただ認定日の頃の診療録は無かったで、現在の症状のみの診断書(事後重症)でした。

結果

約3か月後、障害厚生年金3級に決定の連絡がありました。添付したカルテは、非常に判読しにくく、明らかな誤記もあって、少なからず不安もありましたが、何の問い合わせもなく、意外と早く決定されました。初診日に限らず、諸規則は頻繁に改正されます。一度不支給になった事案でも専門家に相談してみることをお勧めします。

 

うつ病など精神障害での障害年金はお任せください。

〒358-0002 埼玉県入間市東町1-1-35

特定社会保険労務士 小木曽 弘司

tel 04-2937-6856

e-mail    ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

URL   http://ogiso-sharoshi.com/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

幼少期からの関節リウマチで障害基礎年金2級受給

2021年09月27日 18時50分43秒 | 障害年金

相談内容  43歳 男性 狭山市

お母様からの相談でした。中学生の頃、脚にケガをしてその痛みがなかなか取れないので、近隣の総合病院に行くと関節リウマチと診断された。 それ以後リウマチが徐々に進行してきた。痛みは薬で何とか抑えられるが、手や足の指の動きが悪くなってきた。学校卒業後、できる範囲でアルバイト、パート等で就労していたが、平成17年頃現在の会社で正社員となり、現在に至っている。車は運転できることもあって、会社が大きなハンデがあることを理解し、配慮してもらっているので現在まで継続できている。ただ手足の動きが徐々に悪くなり、歩行も短時間しかできなくなり身体障害者手帳2級を取得した。 障害年金は受給できないか?という相談でした。

経過

ここで問題は

  • 初診日が30年近く前の中学生の頃であり、それが証明できるか? 
  • 手足の機能障害は一見すると、普通に歩くことができて、一通りのことができるように見える。が障害年金の障害等級2級に該当するか? またフルタイムで正社員として就労しているので、2級は厳しいかもしれない?

1については、初診時の病院には、当時の記録は何もありませんでしたが、2回目に受診したクリニックに紹介状があり「そこに中学校の頃発症した」と記載があり、更に次の病院でも「幼少期から症状があった」と記載があったので、初診日を 二十歳前の平成○○年頃として申請しました。 

2については、現状を正しく診断書に記載していただく以外にありません。障害者手帳で2級であれば、身障者手帳の方が、通常は厳しいので可能性は高い。

結果

意外と早く、3月以内で障害基礎年金2級が決定しました。正社員としてフルタイムで就労していても、肢体の障害でしたのでは特に問題とはならなかったようです。

 

うつ病など精神障害での障害年金はお任せください。

〒358-0002 埼玉県入間市東町1-1-35

小木曽社労士事務所

特定社会保険労務士 小木曽 弘司

tel 04-2937-6856

e-mail    ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

URL   http://ogiso-sharoshi.com/

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自分で障害年金を申請する場合の注意点

2021年07月16日 10時32分38秒 | 障害年金

障害年金は、初診日がはっきりしていて保険料の納付要件を満たすことが明らかであり、かつ障害の状態がはっきりしている場合は、手続きが比較的簡単で、ご自身若しくはご家族が動くことが可能であれば、十分ご自身若しくはご家族で申請することができます。例えば、重度の知的障害の方、人工透析を受けている方(初診日がはっきりしている場合に限る)などは、担当窓口の指示に従って診断書等の書類を整え、申請の書類を記載すれば比較的簡単に申請できます。

公的な相談窓口は初診日に加入していた保険制度によります。初診日が

 

二十歳未満の場合   年金事務所又は 住所地のある市(区)役所、町村役場

国民年金加入期間中  年金事務所又は 住所地のある市(区)役所、町村役場

厚生年金加入期間中  年金事務所

共済組合加入中    所属している共済組合

            (年金事務所では手続き(相談)ができません)

 

  • 年金事務所は全国どこの年金事務所でも相談できますが、市(区)役所では住所地があることが条件です
  • 年金街角相談センターも年金事務所と同様に相談、手続きができます。
  • 老齢(退職)共済年金、遺族共済年金は年金事務所で手続きできます。

 

以上のことを踏まえて一般的な注意事項は以下の通りです。

 

1,なるべく年金事務所で相談した方が良い。

障害基礎年金の相談、手続きは上記の通りは住所地のある市役所、町村役場でもできますが、地理的に特に遠隔地でない限り、なるべく専門的知識を持った職員が多い年金事務所で相談した方が良いと言われています。

2 担当職員は基本的には、支給、不支給の判断はしません。

  年金事務所等の担当職員は、基本的には必要書類がきちんと記載されていることをチェックしますので、症状が非常に軽度で、明らかに不支給になるような場合であっても

  職員によってはある程度の目安を言ってくれる場合もありまが、普通はそのことは指摘してくれません。

3 申請した書類の控えを必ず取っておいてください。

  特に診断書、病歴就労状況等申立書、受診状況証明書、添付した資料(心電図、血液検査等の記録、など)は必ず、控えを取って下さい。

  診断書は封印がしてあることが多いですが、必ず開封して、コピーを取っておいてください。 不服の申立て、再請求、の時などに必要です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

就労の状態と精神障害の障害等級のおおよその目安について

2021年07月04日 18時22分35秒 | 障害年金

障害年金の相談は圧倒的に精神障害の相談が多い。精神障害は大きく分けると次のように分類されます。

1     うつ病等の気分感情障害

 この中には双極性障害も含まれます。

2      発達障害

ADHD(注意欠陥多動性障害)、自閉スペクトラム(アスペルガー症候群)、学習障害が含まれます

3      知的障害

4      統合失調症

5       症状性を含む器質性精神障害

高次脳機能障害、アルコール依存症等

これらの精神障害の障害等級の判定には診断書の記載内容によりますが、就労状況が大きく影響します。就労状況による障害等級の目安は概ね以下のようになると考えられます。

 

1     1年以上就労できない。又は就労していない。

 就労できない期間が長期に渡る場合は2級に該当する可能性が高い。 

2      休職中である。

   休職を繰り返していたり、1年以上の休職している場合は2~3級の可能性がある。

   傷病手当金を受給中であっても、職場復帰の可能性も含めて3級の可能性がある。

   注)休職期間中、年金記録では報酬月額は20万円、30万円・・・と記載されているが、実際には全く給料が支払われていない場合が多いので注意して下さい。

3     専業主婦で育児のために働いていない。

 はっきりとした判断基準は無いが、就労できないと判断される場合もあるようだ。

4     就労支援施設B型で働いている                        

 2~3級の可能性がある。

5     就労支援施設A型で働いている

 2~3級の可能性がある。

6     就労移行支援施設に通所している

 2~3級の可能性がある。

7     障害者枠で正社員として働いている

2~3級の可能性がある。

8    アルバイト、パート等の短時間労働で働いている

 就労時間、通勤時間、収入等によって 2~3級の可能性がある。

9     フリーランスで働いている

 収入が非常に少なくても、普通に働いているとみなされる可能性が高い。

10 正社員として働いて給料が20万円以上である。(厚生年金加入)

 3級以上になる可能性は低いが、家族労働で働いていたり、経営者である場合等は給料に関係なく判断される場合がある。

11 正社員として働いて給料が20万円以下である。(厚生年金加入)

   給料の額、仕事の内容、通勤時間、勤続年数、職場での配慮等で3級の可能性がある。

 

いうまでも無く障害等級は診断書の記載内容が最も重要です。上記はあくまでもおおよその目安です。

うつ病など精神障害での障害年金はお任せください。

 

〒358-0002 埼玉県入間市東町1-1-35

小木曽社労士事務所

特定社会保険労務士 小木曽 弘司

tel 04-2937-6856

e-mail    ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

URL   http://ogiso-sharoshi.com/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

先天性変形性股関節症で 初診日を確定し障害厚生年金3級受給

2021年06月23日 06時24分41秒 | 障害年金

相談内容  50代 女性 入間市

変形性股関節症で人工関節を挿入した。病院では先天性の変形股関節症と診断されたが、30歳位までは脚の痛みは無く、走ることは遅かったが、歩行には特に問題が無かった。

30代の頃から、脚が痛くなり始めたので、接骨院等で治療をしていた。一度だけ整形外科でレントゲンを撮ったことがあり。その時、変形性股関節症と言われたような気がする。とのことだった。その後最近になって、はっきりと先天性股関節症と診断され、人工関節を挿入した。最初に変形性股関節症と診断されたと思われる病院にはもうカルテが残っていないので、初診日が証明できないとして相談されました。

経過

ご本人が、最初に変形性股関節症と診断された病院に行ってもカルテが残っていないとして、初診証明を記載していただけなかったが、私が他の資料を添えて初診証明を依頼すると最初は、書けないと言われていたが、しばらくして初診証明が書けます。と電話がかかってきました。これには自分でも驚きました。

ただ初診証明はこれだけでは不十分で、この病院で診察を受けるまで、脚は悪くなかったことを証明する必要があります。

ご本人の信頼のおける人にお願いして、それ以前は普通に歩いていたことを第三者証明として記載していただきました。

結果

申請まで2月以上かかりました。当初はご自身で申請されようとしていましたが、初診日がはっきりしない場合は早く専門家に相談する方が良いでしょう?

又先天性の病気は、基本的には症状が顕著になって初めて医師の診察を受けた日が初診日になります。この先天性股関節症や発達障害など30代40代になってからの初診は多くあります。

今回申請後2月くらいして障害厚生年金3級の受給が決定しました。

後記

初診証明を病院等にお願いすると最初にカルテは5年で破棄されるので、資料は何もありません。と言われることが多々あります。しかし稀にですが、カルテは無くても、受診記録や入院記録、若しくはレントゲン写真のみ、健康診断の記録等が残っている場合もあります。

うつ病など精神障害での障害年金はお任せください。

 

〒358-0002 埼玉県入間市東町1-1-35

小木曽社労士事務所

特定社会保険労務士 小木曽 弘司

tel 04-2937-6856

fax 04-2937-4626

e-mail    ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

URL   http://ogiso-sharoshi.com/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初診日がはっきりしない場合の対応について

2021年06月01日 20時42分53秒 | 障害年金

障害年金の申請手続きをしていると、私の感覚では3割程度は、初診日の証明に何らかの問題があります。カルテの保存期間が5年と定められていることもあって、初診日が5年以上前にある場合、初診日をはっきりと証明することができない場合がよくあります。例えば

1 受診記録や診察券はあるがカルテが無い。

2 お薬手帳しかない。

3 廃院になっている。

4 別のクリニックで疑いがあると言われた記憶があるが、紹介状がない。

5 2番目以降に受診した病院には、最初に別の病院に通院していたことが記載してあるがはっきりとした病院名、時期が不明だ。

6 一定期間内に通院していたことははっきりしているが、カルテ等の証拠が何もない

7 健康診断の記録しかない

8 別の診療科には通院していた。(例えば不眠で内科に通院していたが、その後精神科でうつ病と分かった)

このような場合、その時の傷病の種類(精神なのか、糖尿病なのか肢体なのか・・・)や状況によっては、第三者証明、医師の所見、補聴器などの装具作成時の異常所見、健康診断の内容等で初診日として認められる場合があります。びまん性脱毛症が7年後の統合失調症の初診日として認められた事例や、甲状腺の機能障害と診断された日が統合失調症の初診日として認められた事例があります。しかしこれらを初診日として認めてもらうためには、個々で状況は違い、説得力のある資料を整える必要があります。これをご自身で証明するには非常に難しい。このような場合にこそ専門家に相談するのが一番よいでしょう。

うつ病など精神障害での障害年金はお任せください。

〒358-0002 埼玉県入間市東町1-1-35

特定社会保険労務士 小木曽 弘司

tel 04-2937-6856

e-mail    ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

URL   http://ogiso-sharoshi.com/

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

裁定請求から2年半、却下から再審査請求で障害等級1級が認められました。

2021年05月08日 23時19分07秒 | 障害年金

40代 男性 狭山市

相談内容

ご両親からの相談でした。10年程前、別の社労士の先生にお願いしたが却下だった。

却下とは、ほとんど初診日が納付要件等を満たさない場合です。

もう初診の頃から20年以上経過しているが、本人は精神病で今も働くことができない。このままでは自立して生きていくことは難しい。自分達(ご両親)も年老いて、十分面倒を見ることができなくなってきている。可能性が少しでもあれば再請求をしたい。とのことでした。

経過 

前回請求した時の資料を取り寄せて調べると、保険料の納付要件を満たす日にカルテが残っているのは頭痛で受診し額関節痛と診断された整形外科のみであった。整形外科のカルテではそれが精神的なこと原因である可能性については全く触れていなかった。

しかし、残っているカルテはここしかなく、頭痛が精神的な病気の初期症状であることを主張する以外に方法はない。整形外科受診後の精神科での治療経過、精神病の症状の特徴、額関節痛の症状等の諸条件を検討した結果、これが初診日として認められる可能性が少なからずあると判断し裁定請求をしました。

結果

裁定請求は却下の判定でした。すぐに審査請求をしましたが再び却下でした。して公開審両親と一緒に出席し意見を述べました。この時審査員対して、却下の判断について疑問である趣旨で質問されました。これまで公開審理に何度か出席しましたが、審査員が保険者の判断に疑問を投げかけるのは異例でしたので、私達の張が認められる可能性があると思いました。その6月後、最初の裁定請求から2年半後分(却下)を取り消す裁決書が送付されてきました。このような裁決書を受け取ると感激しますね。

うつ病など精神障害での障害年金はお任せください。

〒358-0002 埼玉県入間市東町1-1-35

小木曽社労士事務所

特定社会保険労務士 小木曽 弘司

tel 04-2937-6856

fax 04-2937-4626

e-mail    ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

URL   http://ogiso-sharoshi.com/

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

パニック障害等の神経症は障年金の対象外です

2021年05月06日 23時08分21秒 | 障害年金

先日、3日後に年金事務所で申請手続きをする精神の診断書の最終的なチェックをしていました。

ここで、診断書の項番①障害の原因となった傷病名が「適応障害 ICD-10コード F43」と記載されていました。はっと思って改めてICD-10(国際疾病分類)コードを確認すると「適応障害 ICD-10コード F43」は神経症に分類されている。

障害認定基準によると

神経症にあっては、その症状が長期間持続し、一見重症なものであっても、原則として、認定の対象とならない。ただし、その臨床症状から判断して精神病の病態を示しているものについては、統合失調症又は気分(感情)障害に準じて取り扱う。認定に当たっては精神病の病態がICD-10による病態区分のどの区分に属す病態であるかを考慮し判断すること。」 

とありこのまま請求すれば認定の対象にならない可能性があります。幸い診断書の備考欄等に、抑うつ気分が蔓延している等、精神病の病態を示している状況がきちんと記載されていたので、認定の対象になると思いましたが、不支給の可能性もあります。念のため主治医に傷病名に「うつ病 ICD-10コード32」を追記していただきました。

ここできちんと整理しておくと、基本的には神経症に分類される傷病名は、一定の条件がないと認定対象外になります。具体的な傷病名は概ね以下の通りです。

パニック障害

不安障害(パニック障害を含む)

恐怖症

ストレス障害

強迫性障害 強迫神経症

適応障害

解離性障害

身体表現性障害

心身症

パーソナル障害、人格障害 (神経症ではありませんが同様の扱いになります)

睡眠障害         (神経症ではありませんが同様の扱いになります)

摂食障害 等       (神経症ではありませんが同様の扱いになります)

これらの傷病名は医学書によって必ずしも同じ症状ではありません。ICD-10(国際疾病分類)コードがF40~F69 の場合要注意です。

 

うつ病など精神障害での障害年金はお任せください。

〒358-0002 埼玉県入間市東町1-1-35

小木曽社労士事務所

特定社会保険労務士 小木曽 弘司

tel 04-2937-6856

fax 04-2937-4626

e-mail    ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

URL   http://ogiso-sharoshi.com/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

厚生年金の障害者特例 ( 障害厚生年金より金額が多い場合もある)

2021年02月21日 21時50分16秒 | 障害年金

特別支給の老齢厚生年金を受給できる人は一定の条件で満額(厚生年金の定額部分+加給年金と報酬比例部分)の老齢厚生年金を受給できます。特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分のみ)の受給開始年齢は以下の通りです。

男 性 

支給開始年齢

    女 性

昭和24年4月2日~

 昭和28年4月1日

60歳

昭和29年4月2日~

 昭和33年4月1日

昭和28年4月2日~

 昭和30年4月1日

61歳

昭和33年4月2日~

 昭和35年4月1日

昭和30年4月2日~

 昭和32年4月1日 

62歳

昭和35年4月2日~

 昭和37年4月1日

昭和32年4月2日~

 昭和34年4月1日

63歳

昭和37年4月2日~

 昭和39年4月1日

昭和34年4月2日~

 昭和36年4月1日

64歳

昭和39年4月2日~

 昭和41年4月1日 

〇 上記年齢に達していて以下の条件を満たす方が障害者特例を受給できます

1 障害等級1級~3級に該当すること。

障害者手帳の障害等級とは異なります。手帳で4級でも受給できる場合もあります。

2 被保険者でないこと

特別支給の老齢厚生年金は厚生年金に加入し保険料を払っていても受給できますが、障害者特例では受給できません。

3 請求をすること。

年金事務所で手続きをして下さい。市役所、区役所ではできません。

請求した月の翌月分から支給されます。 障害年金のように遡及適用はありません。

** 障害年金のように保険料の納付要件は問われません**

〇 さらに以下の点に注意して下さい

1 一定の条件で加給年金が加算されます。

  通常は障害厚生年金の加給年金より多いのでしっかりと年金事務所で金額を確認してください。

障害厚生年金の加給年金額は 年間約22万4千円ですが、老齢厚生年金の加給年金はこの金額に特別加算(通常約16万6千円)が加算されます。

 

2 障害厚生年金より金額が多い場合もある。

障害厚生年金も受給できる場合、初診日、加給年金の有無等の諸条件で障害年金より金額が多い場合もあります。

 

障害年金と障害者特例は単純に金額のみでは比較はできません。所得税、住民税、健康保険料等で総合的に判断する必要があります。

 

うつ病など精神障害での障害年金はお任せください。

〒358-0002 埼玉県入間市東町1-1-35

小木曽社労士事務所

特定社会保険労務士 小木曽 弘司

tel 04-2937-6856

fax 04-2937-4626

e-mail    ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

URL   http://ogiso-sharoshi.com/

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

生計維持について(結婚していても、別居し生計維持関係が無ければ、加給年金は支給されない)

2021年02月07日 09時00分00秒 | 障害年金

先日 加給年金を受給している方から、生計維持についての問い合わせがありました。

その趣旨は

・10年程前から障害年金を受給し加給年金が加算されている。

・その直後から妻とは別居したが、離婚せず、わずかだが仕送り等の金銭関係はあった。

・8年位前から別の女性と同居している。

・半年ほど前、妻とは住民票上の住所も別にし、交流も金銭関係も全く無くなったが、離婚はしていない。

 

現在受給している加給年金はどうなるのか?

という問い合わせでした。

 

国民年金法の「生計維持関係等の認定基準及び認定の取扱いについて」

https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tb7210&dataType=1&pageNo=1

によれば、以下の通りです。

 

3 生計同一に関する認定要件

(1) 認定の要件

生計維持認定対象者及び生計同一認定対象者に係る生計同一関係の認定に当たっては、次に該当する者は生計を同じくしていた者又は生計を同じくする者に該当するものとする。

① 生計維持認定対象者及び生計同一認定対象者が配偶者又は子である場合

ア 住民票上同一世帯に属しているとき

イ 住民票上世帯を異にしているが、住所が住民票上同一であるとき

ウ 住所が住民票上異なっているが、次のいずれかに該当するとき

(ア) 現に起居を共にし、かつ、消費生活上の家計を一つにしていると認められるとき

(イ) 単身赴任、就学又は病気療養等の止むを得ない事情により住所が住民票上異なっているが、次のような事実が認められ、その事情が消滅したときは、起居を共にし、消費生活上の家計を一つにすると認められるとき

(ア) 生活費、療養費等の経済的な援助が行われていること

(イ) 定期的に音信、訪問が行われていること

これによると、今回の場合は、法律上の婚姻関係にある女性とは住民票上の住所地とは異なり、金銭関係も無く、既に別の女性と同居し事実婚の状態にあるわけであるから、少なくとも正式な配偶者(奥様)と住民票上別居状態になった時から生計維持関係は無かったと判断されることになり、その時からの加給年金額の返還の対象になると考えられます。

 

今回の場合は、事実婚の状態にある女性と同居されているので、この方が加給年金の対象となる可能性があります。

現在の正式な奥様との婚姻関係があっても、別の女性との事実婚が認められるケースもあります。

その方法についての詳細は、市役所、年金事務所等で確認してください。

 

うつ病など精神障害での障害年金はお任せください。

 

〒358-0002 埼玉県入間市東町1-1-35

小木曽社労士事務所

特定社会保険労務士 小木曽 弘司

tel 04-2937-6856

fax 04-2937-4626

e-mail    ogiso0827@oregano.ocn.ne.jp

URL   http://ogiso-sharoshi.com/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする