サッシ・エクステリアリフォーム専門! 新田建商の仕事ブログ

自社施工実績魚津No1。新田建商店長が書き綴る、現場のこと、業界アレコレ、仕事への想い・・・。

シーリング

2015年03月31日 12時02分41秒 | ガラス修理・取替え・ガラスフィルム
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


アルミサッシとガラスを固定するゴム状の接着剤を施工することを
シーリング施工といいます。
このシーリング作業は、私たち窓のプロにとって腕の見せ所です。


いかに早く、きれいに仕上げるか。
そこにこだわっていつも作業しています。


今日は、ちょっと変わったところをシーリングさせてもらいました。
建物と、鉄枠の隙間のシーリングです。





いつもよりも目地の幅、深さが大きいので、
それなりに準備してかかれたので
順調にきれいに施工できました。


中でも一番気を使ったのが、鉄枠の塗装を傷つけないようにすることです。
いつもの金属製のヘラで仕上げると、塗装に傷をつけてしまうので、
今回のために樹脂製のヘラを準備しました。


シーリングがうまく仕上がると、本当に気持ちよいものです。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

少数精鋭 

2015年03月30日 18時54分32秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


当社の打ち合わせスペースには
スタッフの資格証が飾ってあります。





ガラス施工技能士1級3名。
バルコニー施工士1名


当社は少数精鋭です。
技術がある精鋭を少数そろえた。
ではなく、少数でやりくりするうちに、
どんどん精鋭になっていった、という感じです。


最近この資格証をご覧になられたお客さまから
立て続けにご質問をいただきました。


お客さまにとっては、安心できるお店であるかどうか判断する
一つの材料になりますね。


これからもドンドン鋭く、ますます精鋭になっていきたいと思います。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

日よけ対策 スタイルシェード

2015年03月27日 18時25分52秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


だんだんと日差しも強くなってきた今日この頃。
まだ、暑い・・・とまではいきませんが、あと2ヶ月もすると
直射日光がかなり強烈になってくるのではないでしょうか。


今日はそんな日差しを効率的にさえぎる
日よけ専用外付けスクリーン
LIXILの『スタイルシェード』
を施工させていただきました。


もともとは、夏になるとサンルームが蒸し風呂みたいになる・・・。
というご相談からサンルームに取り付けさせていただいたのですが、
いいね!
をいただき、追加注文となりました。


取付前の大きな窓。
これだけ大きいと、夏は部屋の中が日射で暑くなりそう・・・ですね。



そして取付後



部屋の中の温度上昇を防ぐときは、
部屋の中のカーテンよりも、
窓の外で遮熱するほうがよっぽど効果的です。


寝室の東面に窓がある部屋では、夏場には強烈な朝日が差し込みます。
カーテンをしていても蒸し風呂みたいになって、
汗をかいて起きる、なんていう経験をお持ちの方も多いのでは?


こんなとき、外付け遮熱スクリーンなら、
部屋の中が蒸し風呂みたいになることはありません。
気持ちよく朝起きることができますよ。





今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

ご縁

2015年03月26日 12時31分53秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


先日、スタッフ募集の告知を知った青年が面接に来られました。
彼は面接で私にこう言いました。


『アルバイト先でお客さまから ありがとう って言われるのがすごくうれしい』
『仕事を通して自分自身を成長させたい。』


面接対策のお決まりの言葉・・・ではありませんでした。
その言葉には心がこもっていました。


私たちは、
楽して儲けたい。
言われたことしかしない。
そういう方とは一緒に仕事をしません。


彼のように、お客さまに喜んでもらうため、
そしてそのために自分自身を伸ばしていこうという向上心がある方と
一緒に仕事をしたいと思っています。


よいご縁に巡り会えました。
彼と一緒に魚津の未来を作っていくのが今から楽しみです。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

玄関引戸不具合修理 LIXILエルムーブ 

2015年03月25日 11時41分02秒 | ドアや窓、引き戸の修理・メンテナンス
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


ちょうど1年ぐらい前に新築された市内にお住いのNさま邸。
玄関にはLIXILの引戸エルムーブ。
先日、突然引き戸が動きにくくなったということで修理に伺いました。


この引き戸。戸の上部に滑車(戸車)がついている上吊り式引き戸で、
下枠がフラットなのが特徴です。


通常、上枠についている傾斜レールに滑車が乗っていて、
戸を開けると傾斜レールを自然と滑り降りて戸が閉まるようにできています。
がしかし、何かの理由でこの傾斜レールを固定するビスが数本緩み、
レールの傾斜がなくなっていました。


ということでまずは傾斜レールについている長穴目いっぱいにレールを押し上げ、
固定ビスを締めて、さらに傾斜の緩み止めとして、固定ビスを一本追加で対処。


これで本来の固定ビスが緩んでも傾斜レールが緩み落ちることはなくなります。


ちなみに数か月前から、自閉速度が遅くなって、閉まりきらないこともたびたびあったようです。もしかしたら、以前から少しずつ、傾斜レールが緩んでいたのかもしれないですね。

修理の様子を動画にまとめました。
一人で作業しながらの撮影するのはなかなか難しいものがありますね。



今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎

コメント

アルミフェンス取付 木粉入樹脂素材

2015年03月24日 18時10分05秒 | アルミエクステリア・オリジナルアルミ製品
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


先日工事が終わったアルミフェンス工事の現場より。
今回はメーカー規格にはないオリジナル設計のフェンスになりました。


普通だったら、営業マンがパラパラとカタログをめくって、
お客様の思うような形の商品がないと、

『ありません、できません』

で終わってしまうこともあると思います。
当社では商品知識、施工知識、設計知識のあるスタッフが直接お客さまと打ち合わせ
させていただくので、

『アレとコレを組み合わせて・・・』
『ソッチがそうなるからコッチをこうしたらいいね』
という感じで、お客さまの想いに極力近づけたオリジナルフェンスが
みるみる設計されていきます。


こういったフレキシブルな対応ができるのも、
打ち合わせから施工、アフターまで一貫して自社だけで完結できる
当社の強みといえます。


施工前。図面による完成図確認。

図面の確認が終われば、いよいよ材料の手配、そして施工に移ります。


まずは既存コンクリートに穴あけ





柱をたてて・・・



フェンス材を取り付ければ完了!



今回のフェンス材は木粉入樹脂素材。
アルミへのラッピングとはまた違った木の風合い、質感を持ちながらも、
木と違いメンテナンスフリーを実現しています。


今回のいい仕事ができました!


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎


コメント

重たい引き戸を軽くする。戸車取り替え

2015年03月23日 18時08分53秒 | アルミエクステリア・オリジナルアルミ製品
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


もう戸が重たくて・・・なんとかなりませんか??


先日そんな電話をいただき、現場に向かいました。
現地は左右にスライドする引き戸。
自分たちは数回開閉するだけで、引き戸のどこが原因なのか
おおむね把握することができます。
さて今回は・・・

ガラガラ・・・
ガラガラ・・・

これは・・・戸車かな、とあたりをつけました。
確認のために実際に戸を外してみたら、やっぱりそうです。
戸車の芯もブレブレ。
汚れや油をまきこんで動きが悪くなっていました。





当社在庫品に同一品があったため、当日中の修理で対応できました。
この在庫品も、やみくもに在庫しているものではなく、
今までの経験から、必要と思われる戸車を数十種類常に在庫しています。
結果、ご連絡いただいたその日のうちに即修理対応でき、
お客さまへのご負担を最小限に抑えることができます。
これも私たちの大きな強みです。


一緒に引き戸レールなど周辺部分の清掃や調整も行い完了です。
引戸をお客さまに確認していただきました。
車いすのおじいちゃんが、開け閉めされました。
軽く動くようになった引き戸に、親指を上にグッとたてて
うんうん、とうなづいて喜んでおられたのを見て、
『今まで相当大変だったでしょう。良かったですね。』
と思いました。


私たちがかかれば、スグによくできるような
日常のちょっとしたお困りごと、ご不便。
きっとなんとなくそのまま使ってるという方が
魚津には多くいらっしゃると思います。


こんな小さな仕事を頼んだら悪いわ。
と思われる心優しい方が魚津には本当にたくさんいらっしゃるのですが、
そういう仕事こそ私たちの大切な仕事
だと思っています。
ご遠慮なくお問い合わせください。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

フロアヒンジ取替え ドアの修理

2015年03月20日 07時05分41秒 | ドアや窓、引き戸の修理・メンテナンス
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


フロアヒンジ。
あまり耳慣れない言葉ですが、日常身の回りによくあるものです。


毎日通う会社の入り口の扉に。
毎日通うスーパーの入り口の扉に。
毎日通う学校の入り口の扉に。


フロアヒンジとはそんな扉を支える重要なパーツです。





写真はとある施設のドアの下部を写したものです。
銀色の箱状のものが床に埋まっていますね。
これがフロアヒンジです。
ドアを支える蝶番の役割、
そしてドアをゆっくりと閉めるドアクローザーの役割を持っています。


フロアヒンジは消耗品です。
長年使うと、内部のダンパーオイルが抜けてしまったり、
汚れや、雨で腐食が進みます。


今回不具合のフロアヒンジ取り替え前。



中央部にある本体の不具合だけなら比較的容易に取替え可能です。
しかし写真のように、周囲を囲む通称『ケース』と呼ばれる部分にまで腐食が進むと、ケースごとの取り替えが必要となり、工事は比較的大掛かりになります。


まずはコンクリートカッターでケース周囲をカットして、
ハツリ機でケースをハツリとり、
新しいケースをレベルを出しながらセット。





その後ケースを溶接で固定して
周囲をモルタルで埋め戻し、
ドアを設置し、調整して工事完了です。





先ほど、大掛かりになると書きましたが、当社の場合、
コンクリハツリ、ケース溶接、モルタル埋戻し、ドアの設置再調整、
すべて自社だけで工事を完結できるので、
比較的コンパクトに工事を進めることができます。


必要な道具、知識、技術を持っているからこそできる一社完結型工事。
これも当社の大きな強みとなっています。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎


新田建商では、現在スタッフを募集しています。
詳細はコチラ 

コメント

ドアの隙間風を止める モヘア

2015年03月19日 13時38分33秒 | ドアや窓、引き戸の修理・メンテナンス
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


『そんなうまいことできる材料はないですよ。』
『これはもう部品がないので直りませんよ。』


期待して声をかけた職人さんからこんなことを言われた経験をお持ちの方、
結構多いのではないでしょうか。


新田建商なら必ず探し出しますっ!


とは言い切れませんが、少なくとも即答はしません。
必ず宿題にさせてもらい、会社でいろいろ探します。
自分たちが知らないところに、何かいいものはないだろうか、と。


あちこちに問い合わせをして手間暇をかけた結果、
探しているようなものが必ず見つかるというわけではありません。
しかし、この『探す』という経験を通じて、
様々な金物メーカー、サッシメーカーの部品や納まりが頭に入ります。
その結果が、将来必ず役に立ちます。


今回の現場もそんな知識が役に立った現場でした。


ドアの下から入ってくる隙間風や小さな虫。
ピッタリシャットアウトするときは下枠を取り付ければよいのですが、
段差ができたり、割に大げさな仕事になったりして、
お客様への負担もでてきてしまいます。


こんな時はすきまふさぎのモヘア(毛)を取り付けるL字アタッチメントを使えば
こんなにシンプルで効果的な(もちろんリーズナブル)な対策がとれます。





このL字モヘアアタッチメントのような、あると便利な汎用部材を
どれだけ知っているかどうかで現場の仕上がり、納まり、工事費用なんかも
大きく変わってきます。


このように、サッシメーカーだけではなく、
様々な金物メーカーの製品を知っているということは私たちの大きな強みです。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎


新田建商では、現在スタッフを募集しています。
詳細はコチラ 
コメント

出窓の風対策。西日対策。視線コントロール

2015年03月18日 17時20分16秒 | アルミエクステリア・オリジナルアルミ製品
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


最近はあまり流行っていないようですが、
一時期、出窓がよく出ました。


出窓のある生活。
響きはなんだか憧れますね。


出窓は、字のごとく、壁から少し出ている窓なので、
風当たりがつよくなる傾向があります。


ということで今回の現場は風よけ対策のルーバー取付。
本来は視線コントロールのための製品ですが、
雨風が直接窓にたたきつけることがなくなるので、
だいぶ落ち着いて感じます。





西日を防ぐ効果もあって一石三鳥ですね。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎


新田建商では、現在スタッフを募集しています。
詳細はコチラ 
コメント

風除室の引き戸レールの段差をなくす

2015年03月17日 18時33分48秒 | アルミエクステリア・オリジナルアルミ製品
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


玄関先に取り付ける風除室。
雪国富山では、これがあると便利で快適です。


風除室には引き戸を取り付けることが多いのですが、
普通に取り付けると、引き戸のレール段差がついてしまいます。


今回は、引き戸のレール段差がつかないように、
あらかじめ取付予定面をコンクリートカッターとハツリ機でカットして、
フラットに納めました。





使いやすさバツグンでしょう!
今回もいい仕事ができました。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎


新田建商では、現在スタッフを募集しています。
詳細はコチラ 
コメント

北陸新幹線の窓ガラス

2015年03月16日 07時35分46秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


先日、東京に用事があったので早速北陸新幹線に乗って行ってきました。
乗るのはもちろん初めて!
初めて乗る乗り物でまず最初にしてしまうことが・・・


このブログをいつも見ていただいている方はなんとなく先が読めたと思います。
そうです、窓ガラスのチェックです!





AGC旭ガラスのペアガラスでした。
強化ガラスと合わせガラスのペアガラス。
空気層は6mm。 あまり断熱性が高い!というわけではありませんでした。
東海道新幹線のぞみの方がよっぽど断熱性が高いです。


でもとっても快適でした。


ちなみに黒部宇奈月温泉改札奥にある待合室のガラス。
小さくてわかりにくいですが、銀色の丸いシールがガラスにはってありますね。






これは衝突防止用サインです。
このサインも設置する高さの目安が決まっています。
大人目線と子供目線。どちらも必要です。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎


新田建商では、現在スタッフを募集しています。
詳細はコチラ 
コメント

網戸 ステンレス24メッシュ

2015年03月13日 06時19分17秒 | 網戸製作・張替え
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


先日、とある公共施設で網戸工事をさせていただきました。
全部で50枚ぐらいの網戸。
すべてステンレスネット24メッシュ。


ステンレスネットは一般的なポリプロピレンネットに比べると
とにかく頑丈!張替ほぼ不要。
さらに24メッシュということで、ネットの目が細かく、
小さな虫も入りにくくなっています。


写真はほんの一部ですが、これからステンレスネットを貼る網戸達です





多種多様な網戸用ネットがありますが、
お客さまの状況に応じてさまざまなご提案ができるよう
日々準備しています。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎


新田建商では、現在スタッフを募集しています。
詳細はコチラ 
コメント

一部屋単位の断熱リフォーム 部分断熱

2015年03月12日 07時52分01秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です

以前のブログでも紹介させていただいた
一部屋単位の部分断熱リフォーム
『ココエコ』が、新聞で紹介されていました。





住みながら、短期間で、効率よく
住みよい部屋へ作り変えることができます。


どうせやるなら家中まるごと!
ができれば一番よいのですが、
諸事情でそうもできない方には
とても有効な選択肢のひとつになりえると思います。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎


新田建商では、現在スタッフを募集しています。
詳細はコチラ 
コメント

ガラスを外してシャッターを取り付ける

2015年03月11日 18時32分55秒 | ガラス修理・取替え・ガラスフィルム
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


魚津市中央通り商店街。
その一角にあるテナントスペースを
オーナーが駐車場として再利用することになり、
店先のガラス、サッシを撤去してシャッターを取り付けることになりました。


施工前の写真。



右端に写っているドアはそのまま残して、
左側の大きなガラス2枚と真ん中の柱を撤去します。


今回の工事の一番のポイントは
上部に残るガラスの荷重をどうやって受けるか?という点です。


施工後の写真はコレ。



なんとなくわかるでしょうか。。
新しくアルミの角材を一本、下から補強材としてあてがうことで
上部からの荷重をうけています。
もともと、ガラスはシーリング施工で、
アルミ枠もRC躯体に固定してあることを考えると、
なくても問題はない補強かもしれませんが、
より安全を考えての施工です。


この後、シャッター屋さんが施工されて工事完了です。


今まですぐ近くに駐車場を借りていたそうですが、
夢のインナーガレージが完成しましたね!


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎


新田建商では、現在スタッフを募集しています。
詳細はコチラ 

コメント