サッシ・エクステリアリフォーム専門! 新田建商の仕事ブログ

自社施工実績魚津No1。新田建商店長が書き綴る、現場のこと、業界アレコレ、仕事への想い・・・。

西日対策。意外な落とし穴

2017年05月31日 18時16分30秒 | ガラス修理・取替え・ガラスフィルム
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


明日から6月。
いよいよ暑くなってきました。
暑くなるに従って網戸や日よけの問い合わせが増えてきます。


特に西日。


西日対策として最もオーソドックスなのは、
日よけシェードを付けたり、
すだれをつけたり、
庇をつけたり。


ここで注意するべき点が一つ。


西日対策として遮熱タイプのガラスへ取り替えするのはあまり効果的ではないということ。


遮熱という名前がついているのでいかにも西日に効きそうです。
実際普通のガラスと比べると入ってくる熱量はかなり減ります。


がしかし。


長時間直射にあたるとジワジワと部屋の温度はあがり、結局部屋の中は蒸し風呂になります。


ガラス単体で西日対策をするという考えも以前はありましたが、
今はガラス単体ではなく、ガラスの外側に遮蔽物をするという考えのほうが一般です。


西日を何とかしたいと思ったとき、相談する会社の営業マンに


『遮熱ガラスを使ったらどうなる?』


と聞いてみてください。
『遮熱ガラスなら西日対策バッチリですよ』
と自信満々にいう営業マンだったとしたら、ちょっと疑ってかかってもいいかもしれません。。



今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

ちょっとずつ。

2017年05月30日 18時18分29秒 | その他
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


ここ1~2年ぐらいでだいぶ見えてきた未来があります。
今は大きな声ですべてを言うことはできませんが。
今日もそんな仕事の現場調査で朝からアチコチ回ってきました。


数年前。
最初は頭の中の
『こうなったらいいな』
のイメージだけ。


それがここ一年ぐらいで続々と実際の仕事として形になってきました


本当はこのブログでもガンガン紹介したい物件、仕事がたくさんあるんですが今はちょっと控えます。かなりもったいぶってますが、時期がきたらしかるべき場所でしっかりご報告していきます。


今はそのための準備期間。
ちょっとずつ、できるところから。


ある意味仕事とプライベートの境目があいまいになってきた。
あー楽しみ。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

パっと取り替えシリーズ。 玄関取り替え工事が続く・・・。

2017年05月29日 18時31分59秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


玄関引き戸の取り替え。
何度も言いますが、玄関を取り替えるのは意外とパッとできるお手軽リフォームです。


今回の仕事はこちら。





きれいな木目調の和風玄関。
ぱっと見た目はステキなたたずまいがしかし。
近づいてよくよく見ると・・・








アルミ型材にラッピングされた木目フィルムが大変なことに・・・。



ラッピングがはがれるということ自体がほとんどないことですが、
さまざまな環境条件によって、はがれることもまれにあるようです。
でもここまではがれているのは初めて見ました。


見た目に難あり、ということで今回はアルミ仕上げの玄関へ入れ替えることになりました。


あらかじめ現地調査して構造をしっかりと把握したうえで、工事当日は古い玄関の周りの外壁をカッターで切断し古いサッシはゴッソリ撤去。





そこへあらかじめ製作しておいた新しい玄関をスッポリ納め、内外の仕上げをしたのち、左官埋め戻しをすればあっという間。





今回の工期は実質2日。
入った業者さんは私たちと左官屋さんのみ。


通常玄関を取り替えるとなると外壁屋さんや大工さん、もしかしたら内装屋さんも絡むような仕事になりがちですが、私たちのような
アルミ系を得意とするリフォーム店ならではの発想と工法
が今回のようなパッとリフォームに活きてきます。


短工期 = 予算削減、普段の生活やご近所の皆様への影響も最小限。


リフォームは意外と身近なものです。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

日本板硝子社のY氏来社

2017年05月26日 17時57分41秒 | ガラス修理・取替え・ガラスフィルム
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


今日は大阪から日本板硝子社のY氏が弊社へ訪問されました。
Y氏はあの超高断熱真空ペアガラススペーシアの担当セールスさん。
業界のアレコレいろいろ話を伺うことができました。


スペーシアをベースにしたトリプルガラス、スペーシア21が大手ハウスメーカーのオプションとして設定され出荷が伸びている話や、


一部の温熱先進工務店を除き、なぜ今も遮熱系ロウイーを使う工務店が多いのかその裏事情、


さらには近年急速に普及しつつあるトリプルガラスへの取り組みや、あるサッシメーカーが新しく発売するサッシへの対応、


そして日本板硝子社専売特許のオンラインロウイー ペアマルチEAにまつわる話など、
かなーりマニアックな話を聞くことができました。


中でも今回特に収穫として大きいと思ったのが、スペーシアを使うべきシーンとそうでないシーンを、メーカーであるY氏から直接伺うことができた点でしょうか。
持論としては持っていましたが、その方向性が間違っていないという確認ができたのは大きかったですね。


真空ペアガラススペーシアもそうですが、状況によってそれぞれ一長一短があります。
今回の場合は何が適切か?
お客様の立場でそれを見極め提案できる目があるかどうか。


それには日々の情報収集と勉強が欠かせません。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

内窓プラスト といえば・・・

2017年05月25日 19時27分03秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


気になるものを発見しました。


とあるオンラインショップ。
そこには高性能内窓『プラスト』の見積もりがネット上でできるというなんとも便利なシステムが。


どれどれ、まずは取り付け場所を選択して・・・
次に内窓のタイプ。 引き違いか、開きタイプか・・・。
で、次は内窓の色。
そして次は使用するガラス、と・・・。



ここで事件発生!



選択できるガラスの種類が
3mm単板
5mm単板
複層ガラス
ロウイーガラス
の4種類。


これは・・・基本的に断熱系リフォームを前提としたラインナップ。


もちろんプラストは内窓としての基本性能が高いので、こうした断熱系を目的としたリフォームでも有利といえば有利。


がしかし、プラスト推奨施工店店長の私としてはどうしても感じる・・・。
そう、ガラス選択肢の中に『アレ』が、ない・・・。


例えが適切かどうかわかりませんが、
野球のイチロー選手に持たせるとしたら次のうちどれ?と問われたとき、あなたならどう答えますか?


①ボール
②グローブ






・・・おや?何か足りない!?


そう、その感覚です。さっきわたしが感じた感覚は!!



答えは、
バット
ですよね。


イチローといえばバット。
プラストと言えば


防音ガラス
ですよ。


ここを外してプラストを語ることはできないと思います。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

独自の世界観

2017年05月24日 18時16分52秒 | その他
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


月曜、火曜とブログをお休みしてしまいました。。
今日からブログ通常営業??に戻ります。


さて、わたしがブログを休む時は大抵どこか出張へでているときです。


今回は九州の宗像市。
実は数週間前にも九州(対馬)へ行ってます。


そのときのブログ、こちら
➡『対馬の旅』


お金も時間もかかりますがこういうのは未来への投資です。
人と会って、現地の様子を肌で感じる。
こういう情報はグーグル先生に聞いても教えてくれないですからね。


ちなみに、今回視察に伺ったのはある分野で九州No1のお店です。


かれこれいろんなお店を勉強させてもらっていますが、こうしたお店のマスターは必ずと言っていいほど共通して持っているものがあります。


それは


『独自の世界観』


見た人が圧倒されるような世界がそこにはあります。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

パッとシリーズ。  玄関取り替え

2017年05月19日 19時33分10秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


パッと取り替えシリーズ。
今日は玄関引き戸の取り替え現場より。


玄関を取り替える。


思わず眉間にしわがよりそうなほど大掛かりなリフォーム・・・
というイメージをもっている方が多いのではないでしょうか。


現場にもよりますが、基本的に一日あれば工事は終わるものもあります。
今回はカギがかけられなくなった玄関引き戸を新しくアルミサッシに取り替えるということで、土間コンクリートにカッターを入れたため左官屋さんにも入ってもらいました。
それでも二日ほどで工事が終わります。


玄関を取り替えるのは意外と
パッと簡単一日お手軽リフォーム
だったりします。


工事前。
歴史を感じる木製引き戸。
自分よりもよっぽど先輩の引戸です。





工事後。
カギもかけやすく、
軽く開いて使いやすいアルミ製引戸に変わりました。



細めのタテ格子が歴史ある和風住宅によく似合います。


古くなった玄関を木目がステキな新しい玄関にリフレッシュしたり、
かけにくくなったカギを最新式の電気錠付玄関にしたり、
玄関は毎日使うところだけにこの変化は暮らしに大きなインパクトがあるでしょう。


この手の記事を書くといつも感じるのですが、
これから毎日この玄関を使うたびに
ちょっとした喜びというか
ちょっとした優越感というか、
心の中で


いいね!


とつぶやきたくなることでしょう。



今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

窓の大きさは○○の大きさ!

2017年05月18日 07時49分03秒 | その他
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


先日、後輩のS君がいよいよ家を建てるということで話が盛り上がった。
そこには省エネ系建材の販売施工店につとめるMさんも同席。


S君が家への夢をいろいろ語り、
リビングには大きな窓をドーン!
みたいな話が出たとき、省エネの事ならオレに聞け!というMさんから


『断熱にこだわるのに大きな窓!?そこおかしくない!?』
というツッコミ。


そうなんです。
単純に断熱性を高めるには、窓は弱点となります。
ということは、究極に断熱性能を求めるなら、窓のない家がベスト。
となるわけです。





がしかし!


窓には外部の熱、風、光を取り入れる大事な役割があります。
自然の力を最大限利用することで、快適さ、省エネを両立できます。


特に昨日のブログでも触れたように
窓をうまく利用することで太陽の熱を積極的に取り入れる
パッシブ
という考え方はこれからの家づくりには必須です。


だけど自分は窓を選ぶにあたってそれよりももっと大事なことがあると思うのです。


冒頭、S君が語った
『リビングには大きなまどをドーン!』


家づくりにおいて窓はロマンです。
夢です。


大きくて明るい窓。
その窓際から差し込む明るい陽射し。
窓のそとに広がるウッドデッキや庭の風景・・・。





窓の大きさは夢の大きさ!





家づくりにかける夢が大きいほど、窓が大きくなるわけではありませんが、
やっぱり大きな窓は気持ちいですよね。


その結果、熱的に不利になるなら、そのでかい窓だけトリプルガラスにしたり、アルゴンやクリプトンガス入りにして
断熱性をおぎなってやることもできるわけですから。


今なら5重窓なんてのもあるしね。
LIXIL レガリス


S君。
いい家建ててね。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

窓選びのコツ。 ロウイーペアガラスとはいったいどんなガラス??

2017年05月17日 16時21分07秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


先日のブログでチラリと触れた
ロウイーペアガラス
のカラクリについて。


昨日に引き続き、今日も脳みそに汗をかくこと必至の小難しいブログになりそうなので今日もあらかじめあやまります。ゴメンナサイ。


では早速、ロウイーペアガラスってどんなガラスか?
これにしっかり答えられる方って意外と少ないんじゃないでしょうか。


答えに移る前に熱の伝わり方について知っておく必要があるでしょう。
熱には3通りの伝わり方があります。


①伝導
②対流
③輻射(放射)



①伝導は熱を持ったものが何かに触れることで相手に熱が伝わることです。
 例えばフライパンで肉を焼く。 これは伝導によるもの


②対流は流体の流れによって熱が耐えられる現象。
 鍋に入れた水を沸かすときはこの伝わりかたです。


③輻射(放射)は離れたものに対して、直接熱が届くこと。
 太陽の熱はこの輻射(放射)によって宇宙を超えて伝わってきます。



一般的に断熱性というと
①の伝導による熱移動を抑える性能を言います。


断熱性が高いペアガラス ➡ 家の暖かさがガラスを介して外に逃げない。


そしてここで冒頭でてきたロウイーペアガラスに話が戻ります。
ロウイーとは日本語でいうと低放射。
ということは、③の輻射による熱移動を低く抑えることに重きを置いたペアガラスということです。(とはいうものの、ロウイー加工によって断熱性も相当あがる)


一般に単板ガラスからペアガラスになることで断熱性がアップし(①の伝導対策)

ペアガラスに高断熱ガス(アルゴンやクリプトン)をいれることでさらに断熱性がアップし(①の伝導対策)、

ペアガラスにロウイー加工をすることで、遮蔽(しゃへい)性能と断熱性能があがる(①の伝導と③の輻射熱対策)。


となります。


断熱性は高いがロウイー加工していないペアガラスは
冬の暖房熱は逃がしにくいが、夏の日差しによる熱が入ってくる。


ロウイー加工がしてあるペアガラスは、
冬の暖房熱も逃がしにくいが、夏の日差しによる熱もカットする。


まとめると、春や秋口など太陽高度が低いシーズンはロウイー加工なしでめいっぱい断熱性を高めたペアガラスを使い、窓から日射熱を最大限に取り入れ、夏はシェードや出幅の大きな軒を設計して輻射対策をするのが筋だと思っています。


・・・


そろそろ頭の中もゴチャゴチャになってくるころですね。
窓一つとってもなかなか奥が深いものです。


結局自分の家には何が一番いいんだ!?


こういうときは工務店さんに聞くのもいいですが、
セカンドオピニオンとして窓のプロ、サッシ屋さんに直接聞くのも一つの方法だと思います。
もちろん、私たちでもご相談に応じますのでその際は遠方の方でもお気軽にお問合せを。


弊社ホームページお問合せページへのリンク
 


わたしの想いは
窓選びで失敗する人を一人でも減らしたい。
この一点にあります。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

真空ガラススペーシア クリアFit

2017年05月16日 19時07分54秒 | ガラス修理・取替え・ガラスフィルム
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


今日のブログは少し専門用語が多発しそうです。
あらかじめ謝っておきます。。ごめんなさい。


さて、先日もチラリとこのブログでご紹介した
鬼のような断熱性を持つリフォーム用ペアガラス
スペーシア



※その時のブログはコチラから。


そのスペーシアと同じ真空構造を持ちつつ、性能を一般的なペアガラス並みとして大幅なコストダウンを実現したのがリフォーム用真空ペアガラス、


クリアFit


このガラスはロウイー膜(低放射膜)をもたないガラスゆえ
熱的性能では遮熱、断熱性能ともにスペーシアには劣るものの、
春の日差しを取り入れられるというメリットがあります。
(そのあたりのからくりついてはまた別の機会に・・・)


この手のガラスの使い方としては、
東、南、西面の大開口ガラスに採用することで寒い時期は太陽の恩恵を最大限取り入れつつ、
夏場の遮蔽(日よけ)対策を別にシェードなどでとることです。


こうすることで一年を通して快適な環境を作ることができます。


先日納品されたクリアFit。



断熱性が高いロウイーペアガラス。
でも状況によっては盲目的に
『ロウイー(低放射)ガラス』
を使わないほうがよいこともあるということです。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

外壁も、内装も壊さずにマンションのドア取り替え

2017年05月15日 10時06分08秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


とあるマンションの玄関ドア。



だいぶ歴史のあるドアで、蝶番やドアノブなど金物にもどこと言わずガタがでてきています。
金物の取り替えでとりあえずは良くなるでしょうが、ここは
パッと
ドアだけ新しく取り替えることになりました。


実は数ヶ月前にも同じ大家さんから別の玄関ドアを
パッと
取り替えさせていただいています。


その時の取り替え後がこれ。



目がさめるような鮮やかな青!
そして今回は…





青とくれば次は赤ですよ。


鮮やかですねぇ。
住まわれる方も、玄関がステキだと何かテンション上がります。


大家さんの口癖は
『気持ちよく住んでもらいたい。』
その想いが、こうしたところに現れるんでしょう。


どうせ住むならこんな想いを持った大家さんのところにすみたいものです。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

すっぴん勝負

2017年05月12日 18時00分00秒 | その他
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


衝撃的なタイトルから始まりました今日のブログ。
決してお化粧の話ではありません。


ここに家を建てたくて住宅会社を探している人がいるとします。


ある日テレビをつけるとゴールデンタイムのCMで
『着工棟数No1!』


着工棟数が多いのは信頼できるよなぁ・・・と思ったら別の会社のホームページでは
『顧客満足No1!』


やっぱ顧客満足大事だよなぁ・・・と思った翌日の新聞折込では別の会社が
『断熱性能No1!』


やっぱ性能かなぁ・・・
結局どれがいいんだ!?


よくあるパターンではないでしょうか。


例えが適切かどうか疑問が残りますが、一般に多くの企業の
ホームページや広告は厚化粧
(といいつつ、弊社のホームページもなかなかの厚化粧ですが・・・)


少しでもよく見せようとして、結局どれが本当にいいのかがわからなくなっていることが多いのではないでしょうか。


自分も何か探し物をするときにこうした情報におぼれて
『結局どれがいいの!?』
と決断がつかず、ただただ調べ疲れて終わることも。


だからというわけではありませんが、せめてこのブログは
『すっぴん勝負』
でいきたいと思っています。


いいことも悪いことも包み隠さずすべてを白日の下にさらす。
いいことばかり書かない。悪いことも知ってもらう。あえて書く。


ブログを書く上で大切にしていることです。



この厚化粧は大好きです。。。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

高性能内窓プラスト 推奨施工店に指定!

2017年05月11日 19時00分50秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


最も身近な窓リフォームと言えばやはり内窓だと思います。
内窓といえど各メーカーから様々なものが出ていますが、その中でもダントツの高性能を誇るのが大信工業社の


『PLAST(プラスト)』


このたび当社は、過去の実績や経験等を熟考頂いた結果、
プラストの推奨施工店に認定頂きました!
北陸唯一の推奨施工店です。その責任の重さを痛感しております・・・。


思い返せば今から6年前。
プラストの高性能を知ってしまった私はメーカーである大信工業へ猛アタック。
東京にある大信工業さんへの突撃訪問を敢行し(しっかりアポはとりましたが)、取扱店として認定いただくに至りました。


現地で樹脂の奥深さを知り、
施工のイロハを教わり、
気密に対する大信工業さんの強いこだわりを肌で感じてきました。


そして窓リフォーム業を通してご縁をいただいた日本全国の熱すぎる先輩窓野郎たち。
彼らの活動の中心にもやはり、大信工業のプラストがありました。


わたしは、なにがなんでもプラストがいいですよ。
というつもりは毛頭ありません。


状況によってはプラストではないほうがいいこともあります。


しかしこれはプラストじゃなきゃまずいでしょ、
という状況のときは迷いません。もうプラスト一択です。


このあたりの判断基準を持っているかどうかも推奨施工店の大きな役割の一つだと思います。


日本を代表する高性能内窓の、数社しかない推奨施工店であるという自覚の元、これからも窓の道(ウィン道)を究め続けていきたいと思います!



今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

リフォーム補助金制度、住宅ストック支援事業の実態

2017年05月10日 08時53分26秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


住宅リフォームや中古住宅の売買に対して国から補助金が出る
『住宅ストック循環支援事業』
最大で30万円の補助金が出る制度です。


全予算のおおよそ26%ほどを消化しているようで、申請受付は6月末までだったのが9月までに延長されたようです。予想よりもスローペースな感じですね。


実ケースを見てみると、確かに思った以上に対象外になるケースが多いのが現実。
当社で最も多いケースが、


『補助金額5万円以上』
という条件に引っかかるパターン。


一窓あたり数千円〜最大2万円の補助金が出ますが、補助金合計が5万円を超えないと対象にならないわけです。
そうなると一窓、二窓では絶対に対象にならない。


ただし一旦補助対象となるとその恩恵は大きい。
当社の実例でいうと、全体の工事費60万ほどで補助金が12万ほど。
こういう例がザラにあります。
補助割合実に20%


10万円前後の小規模リフォームでは恩恵が少ないですが、それなりの規模になるとこの制度のメリットが一気に出てくる。寒さや結露対策で3窓以上のリフォームを検討されている方は、早めに動かれた方が良さそうですよ。


この補助金、積極的に取り組んでいる業者さんはあまり多くないようですが、もしわからないことや、対象になるかどうか知りたい方がいらっしゃれば遠慮なくご相談ください。わかる範囲で精一杯お応えします!


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

真空ガラススペーシアへ取り替え

2017年05月09日 18時21分32秒 | ガラス修理・取替え・ガラスフィルム
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


だいぶあたたかくなってきましたが、
寒さ対策としてガラスを真空ガラススペーシアへ取り替えさせていただいた現場より。


縁側と和室のサッシです。





内窓は使い勝手上NGということで残る選択肢は
サッシ取り替え
ガラス取り替え
の2択。


その中から今回はガラス取り替えを選択したというわけです。


ガラスを取り換えするとなると、当店では基本、日本板硝子社の
『真空ガラススペーシア』
をおすすめしています。


以前はアタッチメント付きペアガラスをメインにしていた時期もありましたが、
費用対効果(特に体感)を考慮した時多少初期投資は増えますが、やはり
真空ガラスの鬼のような断熱性
は投資の価値が十二分にあるという結論にいたったわけです。


取り替えはいたってスムーズ。
一窓あたり30分程度。





今なら住宅ストック支援事業も継続中。
いくつかの条件が合えば、
国から最大30万円の補助金
もでます。


窓をリフォームするなら今はよいタイミングです。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント