サッシ・エクステリアリフォーム専門! 新田建商の仕事ブログ

自社施工実績魚津No1。新田建商店長が書き綴る、現場のこと、業界アレコレ、仕事への想い・・・。

窓に換気扇を取り付ける

2015年02月27日 15時58分37秒 | ドアや窓、引き戸の修理・メンテナンス
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


市内、某施設にて。
室内に喫煙スペースを作ることになったそうで、
窓に換気扇を取り付ける工事が必要になりました。


ということで現地から回収してきた窓がこれ。



ばらして、ガラスをカットして、格子もカットして、
新たに桟を一本追加し、丸くくりぬいた下地板を取り付け再組立て。


言葉で書くと難しそうですが、出来上がりがこれです。



えっ!こんなこともできるんけ!?
という印象を持たれる方も多いと思います。
アルミとガラスの加工技術と道具を持つ私たちにかかれば、
もっといろんなことができます。


こんなことできるかなぁ・・・できたらいいなぁ・・・
という想いに応えるのが私たちの仕事です。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

お風呂場の窓 隙間風対策の内窓工事

2015年02月26日 12時04分15秒 | 内窓・サッシ取付
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


浴室が寒い。
心当たり、あったりしませんか??


お風呂場は特に衣服を脱いで入る場所なので
なおのことそう感じます。


今回ご相談をいただいたNさま。
お風呂場のサッシがルーバー窓でした。
そこからの隙間風が寒いということで内窓を取り付けることになりました。


取付前のサッシ。


出窓、かつルーバー窓・・・
断熱という面ではよろしくない条件が二つもそろっています。


そして内窓取付後。



内開きタイプの内窓です。
ガラスはもちろんロウイーペアガラス。


これで窓から冷た~い風が流れてくることはほとんどなくなることでしょう。
さらに風呂ふたを半分ほど開けてお風呂を入れれば、
温度も湿度もあがるので、体感温度はグンと高くなります。
Nさま、よかったですね。快適すぎて長風呂にならないように注意です。


今回の工事は省エネ住宅ポイントの対象です。
この大きさなら8000ポイント!大きいですね。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

国体へ行ってきました。

2015年02月25日 19時35分59秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


今日は商売とちょっと離れた話。


21日土曜日から24日火曜日まで、
群馬で開催された冬期国民体育大会フリースタイルスキーモーグル大会へ行ってきました。
ちなみに選手ではないです。 コースを維持するコース係として行ってきました。


自分は人生の半分以上をモーグルにかけてきました。
モーグルに育てられたといっても過言ではありません。


現役を退いて、一歩引いたところから大会を見るようになってつくづく思います。
モーグルに限らずですが、やはりスポーツっていいですね。


選手はそれぞれの目標に向かって精一杯の努力をして、
大会ではみんな公平なルールの中ベストを尽くし、
それに対してわかりやすい結果がでる。
こういう経験を通して、スポーツは人を育ててくれると感じます。


そんなスポーツを、将来は会社として応援できるようになりたい。
特に地域の子供たちが、思い切りスポーツに
打ち込んで、
楽しんで、
人として成長できる
そんな環境づくりのお手伝いができたらと思います。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

ガラスを丸く切る

2015年02月24日 08時00分00秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


たまに見かける丸いガラス。
これ、どうやって切っているかわかりますか?
大きさにもよりますが、自分たちガラス屋は
こんな道具を使ってガラスを丸く切っています。


ガラスを丸く切る



ちょっとマニアックな話になりますが、
動画のように丸く切りだすのは比較的簡単です。
難しいというか手がかかるのは、丸くくりぬくというものです。
これも近々動画で紹介したいと思います。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

引戸のカギを取り替える

2015年02月23日 08時00分00秒 | カギ取替え
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


引戸のカギがこわれてしまって、
毎回マイナスドライバーをカギ穴に突っ込んで
カギをかけておられた魚津市のSさま。


いよいよ使いにくくなってきたということで、
新しい引き戸錠に取替えさせていただきました。


聞けば、この引き戸は中からしかカギをかけないということでしたので、
外カギ(シリンダー)がない、内締りタイプの錠に取替えしました。
こうすることで予算を抑えることができました。


取替え前、
中ほどに見える穴にマイナスドライバーを突っ込んでおられました。



取替え後
スライダーつまみを上下させるだけでカギがかかるようになりました。



これからは簡単に、ストレスなくカギをかけられるようになりますね。
なによりです!!


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

赤外線カメラを使って建物を外から撮ってみると

2015年02月20日 07時26分17秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


魚津は寒い日が続きます。
そんな寒空のある日、とある建物を赤外線カメラを使って撮影しました。





とある商業ビルの写真ですが、
2階を事務所として使っているため暖房をしています。


1階は会議室など?で無暖房。


びっくりするぐらい差がハッキリでました。
明らかに窓から逃げる熱が多い。
まさにダダ漏れです。


特に引違いサッシの真ん中(召し合わせ)部分が赤白くなっています。
ここから逃げる熱量が多いのがハッキリとわかります。
ここはガラス取り替えではカバーしきれない部分なので、
寒さ対策であればやはり内窓がベストでしょう。


あとは、建物の基礎部分が外壁に比べて少し温度が高い。
基礎断熱も必要だというのがこの写真から見て取れます。


が、やはり最初に取り掛かるべきは
『窓』
であることは火を見るより明らかです。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

ロウイーガラスに遮熱タイプと断熱タイプがあるけどどう違う?

2015年02月19日 17時40分04秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


今日もおかげさまで忙しくさせていただいています。
そんな中、ちょっと気になるお問い合わせをいただいたので
ご紹介したいと思います。


電話でのお問い合わせでした。
『ロウイーペアガラスに遮熱タイプと断熱タイプがあるけど、どう違って、
 どう使い分ければいいのか???』
といった内容です。


詳しく説明するととんでもなく長いブログになるので、
要点をかいつまんで説明させていただきます。
言葉足らずになる点もあると思いますが、ご容赦くださいませ。


さて、ポイントとなるのは


『日射取得率』
『熱還流率』



という2つの性能です。


日射取得率とは、太陽の熱をカットする性能。
熱還流率とは、暖房した熱を逃がさない性能。


で、一般的なロウイーガラスの性質として
遮熱タイプの方が、より遮熱し、より断熱する傾向にあります。


ここ北陸で、寒さ対策メインで考えるならば、
太陽が出たときのポカポカをより多く取り入れた方がメリットが大きくなります。
南側は断熱タイプ、他の面は遮熱タイプを使うのがよいですね。
逆に夏場の暑さ対策であれば、南面に遮熱タイプを持ってくるのがよいでしょう。


がしかし、実際は住む方の生活パターン、南面の窓の大きさなども
考慮すべきポイントとなってくるので、一概には言えません。
なんとも弱弱しい結論ですが、参考になれば幸いです。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

大きなペアガラスの取り替え

2015年02月18日 18時11分19秒 | ガラス修理・取替え・ガラスフィルム
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


先日大きなガラスの割れ替え修理をさせていただきました。
幅が1m20cmほど
高さ2m40cmぐらい

合わせガラスを使ったペアガラスなので重量はさらに増え、
総重量で80kgぐらいになりました。

割れたガラスを安全に撤去して、
新しいガラスにサッシ枠を組み直し、
安全にサッシ枠へ戻します。

割れた状態。
飛び石か何かでしょうか。。。



作業台の上に新しいガラスを設置して、
四方のサッシ枠組み直し



今回Loweガラスで、相方のガラスとの色合わせがどうかな~と思いましたが、
現場の状況を読んで手配したガラスがぴったりでした。


窓ガラスが割れるというのはお客様にとっては非日常です。
合わせペアガラスとなると納期もかかり、
さぞ不安だったこととお察しします。
お待たせしましたが、これですっかり元通りです。
よかったですね。


取替え風景を早送り動画で撮影するとこんな感じ。



今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

飛行機の窓ガラス

2015年02月17日 18時34分16秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


先日出張で東京に行ってきました。
今回は飛行機で行ってきましたが、席について一番最初にすることが、
窓のチェック


完全に職業病です。



三重でしたね。
小さな穴がいくつか空いているのは気圧の調整のためでしょうか。
しかも材質はガラスではなく樹脂板。たぶんアクリルでしょうか。


で、着陸後。
羽田空港のガラスに目をやると・・・

当たり前のようにペアガラスです。
今更驚くことではありませんが・・・。


写真はありませんが、山手線の電車のガラスもペアガラスでした。


富山よりもあったかい東京の方が、
富山よりも窓の断熱が進んでいる。


くやしい~!


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

省エネ住宅ポイント速報

2015年02月16日 16時46分52秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


省エネ住宅ポイントのホームページが本日立ち上げられました。
リフォームご検討中の方は一度チェックされることをオススメします。
ご不明な点は私たちになんなりとお問い合わせくださいませ。
地域は離れていても喜んで、わかる範囲でお答えさせていただきます。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

ヒートショックから身を守るには

2015年02月16日 15時40分54秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


突然ですが、ちょっと思い出してみてください。
冬、大きな温泉、旅館でお風呂に入るときの脱衣場。
エアコンがかかってたり、床があったかくしてあったりしますよね。
あれってなぜだかわかりますか???


・・・


『快適だからでしょ!』
と思った方。
正解!その通り!


その『快適』の結果、実はものすごいメリットが生まれているんです。
それが温度差による健康被害を防ぐということ。
俗にいうヒートショックを未然に防いでいるんですね。


私たちは窓の専門家です。
寒いと言われれば、家の中で最も断熱性が低い窓の断熱化を
オススメするのが大筋です。
しかし、いくら窓を断熱化したところで、熱源がないとやっぱり寒いまま。
特に脱衣場。
先日の新聞の4コマ漫画でも登場していた熱線による暖房。




これではあまり意味がありません。
一番小さなもので構わないので、エアコンをつけるべきです。


そして浴室。
よくユニットバスに取り換えたり、浴室暖房器を付けますが、
それなりに費用がかかるものです。
費用をかけず簡単にお風呂を暖かくする方法が、
フロフタを半分ほど開けてお風呂を沸かすことです。


こうすることで、湯気で浴室があったまり、
さらに湿度も上がることで体感温度もあがります。


こういう一つ一つの組み合わせが、
家の中でのヒートショックによる事故を未然に防ぐことにつながります!


脱衣場、浴室の窓は二重窓に。
脱衣場には小さなエアコン。
フタを半分空けてお風呂を沸かす。


これだけで、かなりの数のヒートショックを防ぐことができるでしょう。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

省エネ住宅ポイント

2015年02月13日 08時00分00秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


以前、住宅業界で大変好評だった住宅エコポイントが
名称を変えて戻ってきました!
その名も『省エネ住宅ポイント』。





対象となる工事を大きく分けると
エコ住宅新築
エコリフォーム
完成済住宅の購入
が今回のポイント制度の対象となります。


ここではエコリフォームの中でも重要なポイントを絞って
お伝えしたいと思います。
※より詳細は情報は以下のリンク先を参考にしてください。
 LIXILの省エネ住宅ポイント説明ページへのリンク


まず対象期間。
契約、着工は平成26年12月27日以降。
工事完了は平成26年度補正予算が成立した2月3日以降。
ということは、もうしっかり対象期間中ということです。


ただし、予算を使い切った時点で終了するので、早い者勝ちということになります。
とあるサッシメーカーの偉い方は
今年の秋まで予算もつかなぁ・・・っと独り言を言っておられました。


さて、話はポイント制度に戻し、
対象となる工事は
①窓の断熱改修。
②外壁屋根天井の断熱改修
③エコ設備改修(太陽熱システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯器、節湯水栓、この中から3種類以上を設置)
④その他(バリアフリー、エコ設備設置、瑕疵保険加入、耐震改修)


ポイント数
窓の断熱改修工事は窓の大きさにより
3,000ポイント~20,000ポイント。

外壁工事は12万ポイント
屋根天井工事は36,000ポイント
床工事は60,000ポイント
※部分だけの改修だとポイントは半分になります。


エコ設備のポイントは
太陽熱利用システム 24,000ポイント
節水型トイレ 24,000ポイント
高断熱浴槽 24,000ポイント
高効率給湯器 24,000ポイント
節湯水栓 3000ポイント


その他工事
手すり、段差解消、廊下幅の拡張など
6,000ポイント~30,000ポイント。


ポイント交換について
全国で使える商品券や省エネ環境配慮に優れた商品へ交換できます。
また、即時交換といって追加的に行う工事費用へ充当することもできます。


言葉だけだとなかなかわかりにくい部分も多いかと思います。
『結局、私がしようとしているリフォームには何ポイントつくの?』
という疑問もわいてくると思います。
お問い合わせいただければ、個別にポイント計算もさせていただいています。 お気軽にお問い合わせくださいませ。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

ヒートショック 浴室や脱衣場での事故

2015年02月12日 08時57分15秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


なんとなく
『ヒートショック』
という言葉を聞いたようなきがする方は多いと思います。


これは急激な温度変化により起こる血圧変化で発症する健康被害のことを言います。


よくあるのが浴室。
寒い脱衣場で裸になり、
鳥肌を立てながら熱いお風呂へドブン!
その瞬間ヒートショックを起こし、
失神してそのまま溺れてしまう


これがヒートショックで起こる死亡事故の典型的な例で、
ヒートショックによる死亡者数は交通事故の3~4倍(2011年)になるそうです。そして、ここ富山県はヒートショック事故率が全国ワースト1。


そんな状況を裏付けるかのように、
先日の北日本新聞の4コママンガにもヒートショックネタが・・・。





暖房を買うところまではナイスなんですが
(輻射式電熱ヒーターはあまりナイスではありませんが・・・)、
このままだとたぶん、暖房の前以外は寒いという状況になるので、
脱衣場の断熱工事、特に窓の断熱が実は必須。
ということを私たち専門家がもっと伝えていかないといけないと感じます。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

仕事への想い、その原点

2015年02月10日 06時00分00秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


2006年。私が石川県へサッシ屋の営業修業に出ていた時の話です。
なかなかノルマを達成できず、 毎晩のように社長や上司から
愛のお説教を頂いていました。
帰りの車の中で涙したことも一度や二度ではありません。


そんなある日、 大工さんから新築分譲住宅の案件を頂きました。
それも3棟同時!これを決めれば大きい! 
心が躍りました。 


提示された予算は大変に安いものだったので、 
断熱性も何もない単板ガラスのサッシを提案し、見事に受注。


大喜びで報告する私に、上司は言いました。


『バカヤロウ! 一生かけてローン組んで家を買うのに、
そんな窓だったらお前どう思う? 夏は暑いし冬はめちゃくちゃ寒いんだぞ!
お前、自分がしたことわかってるのか!?』


返す言葉もありませんでした。
とにかく取り返しのつかないことをしたということだけはわかりました。
そして情けないことに、その時初めて自分がしている仕事の責任の重さを理解したのです。


人の人生を左右するような仕事。
ということは、やり方次第ではいい影響も与えられるんじゃないか?
そう気づくのに時間はかかりませんでした。


暑さ、 寒さ、 雨風、 音、 ドロボウ・・・。
窓から入ってくるものはたくさんあります。
私の仕事は、窓を通して人の暮らしを守ることだとこの時ハッキリと自覚しました。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント

窓の役割

2015年02月09日 06時00分00秒 | その他
富山県魚津市で窓周りのリフォームを専門としている
有限会社新田建商の窓職人 新田健太郎です


先日とある勉強会に参加しました。
これから求められる住宅における窓の役割について勉強しましたが、
結論を一言でいうと、今までここ北陸で主流だったアルミと樹脂の複合サッシから
今後は断熱性がより高い樹脂サッシにとって変わっていくでしょう。


根拠。


現在国策として住宅の高性能化が進められています。
温熱環境という側面から見た住宅の高性能化で
最も効率がよく、コスパが高い部分が

ダントツで窓

だからです。
いろいろ資料、数字を見せてもらいましたが
窓がぶっちぎりです。


ただし、ここで一つ重要なことが。


家づくりって温熱環境や家の燃費だけで選ぶわけじゃありません。
車選びの時もそうです。 燃費は重要なファクターですが、すべてではありません。
燃費はよくないけどカッコイイ車、渋い車に乗りたい人もいます。


樹脂サッシはまだまだバリエーションが少ないのが欠点です。
窓を含めた総合的なデザイン、使い勝手など
どうしても樹脂サッシでは難しい部分がでてきます。
そんなときは、アルミ樹脂複合サッシの出番です。


何を大事にするのか優先順位をしっかりと決めて
でも全体のバランスも見ながら家づくりに取り組むことが
失敗しない家づくりつながると思います。


ただ、これから家づくりをする方にとって避けて通れないのが
窓の高性能化だというのは間違いなさそうです。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
窓から出入りするあらゆるものから地域の暮らしを守る!
窓のことなら新田建商  新田健太郎
コメント