サッシ・エクステリアリフォーム専門! 新田建商の仕事ブログ

自社施工実績魚津No1。新田建商店長が書き綴る、現場のこと、業界アレコレ、仕事への想い・・・。

やっぱり本物にはかなわない。

2017年03月31日 19時53分55秒 | アルミエクステリア・オリジナルアルミ製品
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


この業界に入って初めてメンテナンスフリーのウッドデッキ(木粉入樹脂デッキ)を見たとき。


天然木の時代は終わったな!


本気でそう思いました。


ちなみに当時初めて見たのがこれ。
YKKAPリウッドデッキ


腐らない樹脂材に本物の木の粉を混ぜ合わせたリアルな質感で、さらにメンテフリーときた。
天然木でウッドデッキを作る人の気が知れないとまで思っていました。


それから12年。
自分なりにいろいろ見て、聞いて、経験して一つわかったことがあります。
それは


やっぱり本物にはかなわない


ということ。


本物を知れば知るほどその想いは強くなりました。
(逆に、本物を知らなければ本物の良さに気づくこともなく、結果本物にこだわることもない。木粉樹脂デッキを使う方の大半がこのパターンではないかと一人勝手に想像する。)


ちなみに。
ウリン、イペ、セランガンバツ、イタウバやクマルなど、一般にハードウッドと呼ばれる材を使えば、


ほぼメンテフリー。
ささくれもほとんどでない。
そしてリアルウッド。


足元(束柱や大引き)はアルミ製。
デッキはリアルウッド。
工業製品と天然製品のハイブリッドデッキ。
これが最強なんじゃないかと感じる今日この頃。


とりあえず直近で二物件、このハイブリッドデッキの施工が決まっているので、そこをテストケースにいろいろとバージョンを増やしていきたいところです。


産地によって呼び方や特徴が変わる天然木を選ぶのは、なんかお気に入りのコーヒー豆を選ぶみたいな感覚。


おもしろい。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

資格マニア・・・?

2017年03月30日 19時07分49秒 | その他
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


先日、再発行をお願いしていた証明書が北海道より届きました。

(なぜ北海道??は話すと長いのでまた改めて・・・)


サッシエクステリアリフォームショップの店長ですが、実は二級建築士を持ってます。
資格を取ってから十数年。
ようやくこの資格を活かすタイミングがやってきました。


ふと思えばいろんな資格をとったなぁ・・・。


1級ガラス施工技能士
2級建築士
2級エクステリアプランナー
BBQエキスパート
防犯設備士
などなど・・・


自覚はないが、実は意外と資格マニアなのかもしれない。
次にとりたい資格は・・・これかなぁ。


『コーヒーマイスター』


うんちくが好きなんです、きっと。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

庭あそび

2017年03月29日 17時52分06秒 | アルミエクステリア・オリジナルアルミ製品
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


春が近づくにつれて、
『今度はいつキャンプに行こうか』
と、そんなことばかり考えている今日この頃。
野あそびにはほどよい季節になってきました。


外でテントをはって、
BBQの準備をして、
ファミリーや気心しれた仲間たちとの楽しい時間。


コットに横になって見上げる青空。
ゆっくりと流れていく雲を頭をからっぽにしてただ眺める。
思えばこうして空を眺めたのはいつぶりだろう。


夜になって少し肌寒くなってきたら、
焚火の前であつあつのコーヒーを・・・。



・・・・


と、得意の妄想はこれぐらいにして。
こんな週末、なんとなくあこがれるけど、自分で準備して自分で片付けするとなると何から手を付けていいのか・・・そう思うとなかなか腰が上がらない。
こんな方も多いのではないでしょうか。


でももしも・・・・
これが自分の家の庭でできたら?


庭にBBQスペースや、憩いの空間があれば?
さすがに街中で焚火は無理かと思いますが、夜風にあたりながら飲むコーヒーは家の中で飲むコーヒーとはまた別格。


なんなら庭にテントを張っても楽しいと思います。
子供たちも大喜び間違いなし(話し声はご近所迷惑にならない程度にね・・・)


日常の暮らしのすぐ横に広がる非日常の空間。
自分がやりたい仕事は庭にこんな空間を作る仕事。
野遊びならぬ庭遊び。


BBQエキスパートとしての知識、そして自身のアウトドア経験。
さらに今まで仕事で培ってきたエクステリア工事のノウハウを活かして一人でも多くの方にこうした庭遊び文化を伝えていきたいと日々妄想を膨らませております。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

妄想力

2017年03月28日 20時12分26秒 | アルミエクステリア・オリジナルアルミ製品
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


大好きなエクステリアの見積もりをしていると時間があっという間に過ぎていく・・・。
エクステリアの設計で大切なことはいくつもあるが、個人的に大切にしているのはこの3つ。


①妄想力
②もしもこれが自分の家だったらという視点
③低予算


プランしながら、これが実現したらと思うとワクワクが止まらない。
いろいろと妄想を膨らませるこの時間が好きだ。


気づいたらもう20:00過ぎ。
今日はもう帰らねば。


明日が楽しみだ。





今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

1秒で3コブ

2017年03月27日 18時48分59秒 | その他
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


しばらーくブログお休みしてしまいましたが、今日から元に戻ります。。
ちなみに、ここ数日ブログをお休みしていた理由がこれです。。。





モーグルスキー全日本選手権のスタッフとして現地入りしていたというわけです。


ピョンチャン冬季オリンピックを来年に控え、
さらに直近に開催された世界選手権で見事に優勝した堀島選手も参加するとあって、注目を集める大会でした。


しかし今のトップモーグル選手たち、とにかくスピードが速い。


コースにはコブが約60~65個。
それをトップ選手になると22秒ほどで滑ってくるということは・・・


1秒で3コブ


もう速すぎ・・・


自分がバリバリ選手だった11年ぐらい前と比べると、1段も2段もギアが違う。
観客が感じるのは迫力だろうか、それとも恐怖だろうか・・・。
そのぐらいスリリングなレースとなりました。


さ、多少の余韻と日本人離れした日焼け顔を残しつつ、今日から頭を切り替えてがんばろう


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

エバーアートボード 落書きスプレー 耐久試験

2017年03月21日 19時27分06秒 | アルミエクステリア・オリジナルアルミ製品
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


内外装で幅広く利用されているエバーアートボード
簡単に雰囲気ある壁面を作ることができるのが最大の特徴。


今度、市内の店舗物件でこのボードを使ったフェンスを計画していますが、お客様がこんな心配をしていらっしゃいました。


『落書きされたらショックだよなぁ。』


聞くとそのお客様が所有されている物件のいくつかが落書き被害にあったことがあるようです。写真も見せてもらいましたが、もしも会社がこんなことになったらと想像すると・・・。
ショックで数日寝込みそうな勢いでした。


幸いこのエバーアートボードは表面が平らなため清掃性が優れるのもメリットの一つ。
しかし実際落書きされた場合は水洗いでは落ちないので、専用の落書き落とし材を使うことになります。 


この落書き落としがボード表面をどの程度侵食するのか。
落書きと一緒に仕上げ面まで落ちてしまっては意味がありません。


気になったので、実験してみました。


弊社にあったボードの端材にカラースプレーをして数日。
本日、落書き落とし材を使ってみました。





結果。
落書きは落ちます。
そしてボード表面も、目視できるようなダメージはありませんでした。


写真右側にもカラースプレーしてありましたが、落とし材で数回ふき取ることできれいになりました。


エバーアートボードの清掃性は、落書き落としに対しても有効です。
店舗や人の集まる場所など、もしも落書きをされるようなおそれがある場所にも自信をもって提案することができそうです。


※この実験はエバーアートボードの耐久性を保証するものではありません。
カラースプレーや落書き落とし材の種類によっては、『落書きが落ちない』『表面が傷んだ』等起きる可能性はあります。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!


現在現場スタッフを募集しています
詳細はこちら!経験問いません。
コメント

アルミの目隠し

2017年03月17日 15時00分12秒 | アルミエクステリア・オリジナルアルミ製品
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


お風呂場や脱衣場の窓ガラスは中が見えないような半透明(業界用語では 『型ガラス』)のガラスが入っていますが、夜電気をつけてお風呂に入るとどうしてもシルエットがうっすらとわかるので気になりますよね。


そんなときは目隠しを取り付ければ問題解決。
今回取付けさせていただいた目隠しの写真がこれ。





YKKAPの『ウィンバイザー』
コストパフォーマンスに優れた目隠しで、この辺りではロングセラー品です。


写真は目隠しの羽が上を向いていますが、これを逆に下向きに取り付けることもあります。
何から目隠しをしたいかによってどちらか選びます。


今回は近所の2階の窓からの目隠しがメインということでこの向きになりました。
目隠し一つとっても設置にはいろいろとコツがあるものです。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!


現在現場スタッフを募集しています
詳細はこちら!経験問いません。
コメント

網戸衝突防止シール

2017年03月16日 16時34分58秒 | 網戸製作・張替え
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です



『玄関網戸のぶつかり防止になにかいいものない?』


3月も中旬にさしかかると少しずつこんなお問い合わせが増えてきます。
というのも、冬の間は網戸にすることもなかった玄関に網戸をするようになった途端、網戸があると気づかずぶつかる事故が増えるからです。


こんなときにはこれが活躍します。





『網戸衝突防止専用シール』


網戸に直接貼り付けるシールタイプ。
取付けは誰にでもできます。簡単です。


網戸にぶつかるのは、どちらかというと住人さんよりもお客さんです。
これは慣れていない家のことなので仕方ありませんね。
自分たちの為、ではなく人の為。
網戸シールにはそんな優しさがこめられています。


ちなみに。
当社オンラインショップで注文できます。 
と、ちゃっかり宣伝。
(このシール、当社オンラインショップでは注文件数ダントツ1位。)


↓こちらからどうぞ~↓
ニッケンサッシパーツストア


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!


現在現場スタッフを募集しています
詳細はこちら!経験問いません。
コメント

世界に一つのフルオープンサッシ

2017年03月15日 18時28分56秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


先日取り付けさせていただいたバルコニーの囲みサッシ。
〇〇ホテルさんに少し隠れてしまっていますが、角度によっては魚津のシンボル、僧ヶ岳(そうがだけ1855m)がよく見えるロケーションです。


そこへ雨風を防ぐために設置したサッシ。



一見よくある引き違い窓に見えますが、ガラス窓を開けるとこうなります。



・・・あれ??ガラス戸はどこへ??
というみえみえな一人芝居はおいといて。


みなさんお察しの通り。
正解の写真がこれ。



ガラス戸はすべて外に引き込みする
『フルオープンサッシ』
というわけでした。


話は簡単そうですが、このような場所にこのように取り付ける後付け型のフルオープンサッシはない(あるにはあるが非常に高価・・・)なので、いろいろ頭を使いました。


折れ戸という手もありましたが、あれって意外とたたみ代が大きくて、写真ぐらいの開口幅だと案外フルオープンという感じではなくなってしまうんです。それに¥も高いし・・・。


今回は住宅用に流通しているあのサッシを、
あーして、
こーして、
そうすることで、うまく現場に合わせることができました。


魚津市民にとってのソウルマウンテン僧ヶ岳を一望できるバルコニーにフルオープンサッシ。
はやりの言葉を使うなら、まさに


『プレミアム』


な空間になりました。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!


現在現場スタッフを募集しています
詳細はこちら!経験問いません。


コメント

ガラスの結露対策いろいろ

2017年03月14日 10時32分17秒 | ガラス修理・取替え・ガラスフィルム
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


昨日の謎が残るブログの続き。
アルミ系リフォームショップのブログに突如として現れた圧雪車。


理由はこれ。





看板の上の方に注目。
なんと今月、富山県たいらスキー場で全日本モーグル選手権が開催されます。
最近、世界選手権を制した堀島選手で注目を集めたあの競技です。


昔選手だったこともあり、今でも競技の裏方をお手伝いさせていただいているというわけです。


颯爽と圧雪車に乗り込んで最初にしたこと。
窓の写真撮影…。

もう職業病です。かんにんしてください…。


ちなみの圧雪車のフロントガラス写真がこれ。





なにか特徴的なものが写っていますがわかりますか?


…。


細くて黒い線のようなものがたくさんガラスに見えませんか?
これはフロントガラスにはりめぐらされた熱線。
これがあることでフロントガラスの結露を防ぐというわけです。


住宅用にも熱線を通したガラスはありますが、いろいろ乗り越える課題が多く、普及にはまだ程遠そうです。


と、圧雪車のガラスばっかり書きましたが、しっかり仕事してきましたよ。
この日は17:00から24:00近くまでみっちり。


安全にエアー(ジャンプ)ができるように、こうして雪のベースを作ります。





今年は雪が多くてよかった…。


圧雪車のオペレーター(運転手)さんにも燃料差し入れしておいたのでバッチリすごいのにしてくれるでしょう…。





今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!


現在現場スタッフを募集しています
詳細はこちら!経験問いません。
コメント

こんな仕事も…

2017年03月13日 23時45分48秒 | その他
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


今日は諸事情あって後半戦これに乗って仕事です!
といっても助手席ですが…。







詳細はまた後日…。

今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!


現在現場スタッフを募集しています
詳細はこちら!経験問いません。

コメント

保証について考える。

2017年03月10日 18時57分08秒 | その他
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


先日のブログでもちょっと話題にあがった
『工事保証』について思ったことを少し。
先日のブログ➡『オンラインショップ沼』


工事や製品に対する保証をよくよく観察してみると、だいたい期間を設けたうえでこういう条件がついてきます。


・施工上の不備で起きた不具合に対してはしっかり直します。
・正しい使い方をしているのに壊れたものに対しては直します。
・初期不良に対しては交換します。
などなど。



当たり前、ですな


これを保証と呼ぶのであれば、期間を設けることに自分は違和感を覚えます。


私たちが手掛けた作品に対して、寿命が来るまで直し続けるのは私たちにとってごく自然なこと。だから私たちの作品(工事物件)に対してはあえて保証期間は定めていません。
壊れたり、機能が損なわれたときはいつでも修理対応しています。


製品の初期不良や施工不良に対しては期間に縛られることなく無償修理になりますし、
そうでない場合でも適正な価格で修理対応をしています。


私たちは
保証 = 無償 
ではなく
保証 = 責任
と考えます。


作ったものに対しては製品の寿命が尽きるまで責任を持つ。
いうなれば『永久保証』。
これが私たちの基本スタンスです。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!


現在現場スタッフを募集しています
詳細はこちら!経験問いません。
コメント

オンラインショップ沼

2017年03月09日 19時07分33秒 | アルミエクステリア・オリジナルアルミ製品
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


『沼』シリーズが続きます。
今日の『沼』は
『エクステリアのオンラインショップ沼』


友人がエクステリアのオンラインショップへ問い合わせをしたそうです。
ちょっと軽い気持ちで見積もり依頼をしたところ、すぐに見積もりがメールで届いたそうです。


たいそう軽いフットワークで、その後何度かかかってきた電話の対応もよく、施工にも保証がついていて信頼できそうなオンラインショップだったそうです。


がしかし


こうして知らず知らずオンラインショップ沼にはまっていったと気づいたのは数週間も後だったようです。


この後、もろもろの事情により話は頓挫してしまいます。
断るタイミングを見計らっているときにかかってきた電話で断れなくて、その後ずるずると時間が過ぎました。


その間、数日おきになる電話(が、出にくくて出れない・・・)。
数日おきに届くメール(返事しにくくて返事できない・・・)。
そして期間限定で最初の見積もりから2割弱値引きした見積もりも届いたそうです。


本人はこのまま話が流れていくことを期待していたようですが、
『逃げ切れない・・・』
と悟った様子でした。


たぶん今こんな状況なんでしょう・・・。




百戦錬磨の営業マンに完全にロックオン。


ショップ側もネット広告にそれ相応のコストをかけているわけで、かかった獲物は逃がさない!という気持ちもわからんわけではありませんが、返事が来ないその理由にも少-し配慮した行動を期待してしまうのは私だけ??甘い??


とはいってもスパッと断らないのが何よりの原因だということは明白なわけで、言いにくくてもメールでスパッと一言お断りしなさい。とアドバイスしておきました。
その友人は今日にもお断りのメールを入れるそうです。


全てのオンラインショップがそうだとは言いませんが、
何気なく問い合わせたネット広告がもしかしたら、
なかなか抜け出せない『沼』の入り口・・・なんてことも・・・。


これは顔や素性がわからないネット世界の大きなデメリットと言えるかもしれません。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!


現在現場スタッフを募集しています
詳細はこちら!経験問いません。
コメント

ドアクローザー沼

2017年03月08日 19時53分53秒 | ドアや窓、引き戸の修理・メンテナンス
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


ドアクローザー沼


ドアを自動で閉めるドアクローザー部品の奥深さ、幅広さを例えてそう呼んでいます。


そもそもドアクローザーとは。


ドアの上の方についている、長い棒がついた箱のような機械。
開けたドアが自動で閉まるようにするものです。





上の写真は今日取り替え修理してきたドアクローザー。
あなたの家のドアにもきっとついていると思います。


ドアクローザー修理で難しいのはそのドアにあったクローザーを探し出すこと。
ドア本体や枠の形状によってさまざまな取り付け金具があり、
ドアの大きさや重さによってもクローザーの種類が異なります。


ちなみに先の写真のクローザーは超ド級のメジャー品なので、まったく問題なく探し出すことができましたが、一度レアなクローザーに出会ってしまうと結構大変です。


廃盤、
代替品なし、


そんな二重苦が重なることもしばしば。


この時点で
『ドアを取り替えないと直らない』
と安易に結論付けてしまう業者さんもちらほら。
こういう方は決して沼にはまることはありません
(ある意味で賢明なのかもしれない・・・)


ドアクローザー沼にはまった人はここからが勝負。


日本のどこかに眠っている流通在庫を探し出すか、思い切ってドア、もしくはクローザーを加工するか。


こうして少しずつドアクローザー沼にはまっていくのです。。。
ちなみに、ドアクローザー沼にはまってしまった人の特徴としては、現場で出会うクローザーがレアなほどワクワクしてきます。





自分も結構あやしい・・・。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!


現在現場スタッフを募集しています
詳細はこちら!経験問いません。
コメント

窓リフォームの切り札となるか!? LIXILのリプラス

2017年03月07日 20時18分03秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


店長が個人的にとても期待している今春発売されるLIXILのリフォーム用断熱サッシ『リプラス』


今日はその説明会にLIXIL小矢部工場まで行ってきました。


結論!
リプラスが本領を発揮するシーンはズバリ
『結露対策!』


圧倒的に多い『寒さ対策』として考えると、やはり費用対効果を考えたときには内窓に軍配があがります。


しかし一部少数派の
『二重はイヤだ。』とのご要望や、
『根本的に窓を新しくしてほしい』、
とのご要望に対してはドンズバリのリフォームプラン
だと思います。


短時間で、外壁や内装をさわることなく新しいサッシに取替えできる『カバー工法』をベースにおきながら、窓が小さくなるというカバー工法最大の欠点を解消してきたところに『リプラス』の価値があると思います。


ちなみにカットサンプルで少し説明すると、
まず施工前。 これは既存サッシ下枠をズバッと切った断面になります。





そして施工後。






わずかに窓が小さくなっていますが、従来のカバー工法と比べるとなんともわずかなものです。ちなみに従来のメーカー規格のカバー工法との差の写真がこれ。





写真左が従来のカバー工法。赤色が段差高さ。
写真右は新しいカバー工法リプラス。


その差衝撃的。
特に外に出入りするようなテラスサイズのサッシになるとこの差は大きい。
従来のカバー工法ではこの段差は完全にアウトでしょう。


今までこのブログで口酸っぱく言い続けてきた方向にようやくメーカーも舵取りをしてくれた感があって少し安心です。

ちなみに今までの口酸っぱく言い続けてきた歴史の一部・・・

『サッシカバー工事 マドリモ いいとこわるいとこ』
『LIXILリフォームサッシリフレム』
『簡単にサッシを取り換えできる新製品 リフレムⅡ』


パッと新しいサッシに取り替えられて、
しかも窓の大きさもほとんど変わらない。
リプラスは非の打ちどころがない・・・


わけでもない。


さぁいよいよここからがこのブログの真骨頂。
いいところばかり書かないのが自分の信条。


リプラス最大の弱点は断熱性にあり。


室内側は樹脂でカバーされているので結露に対しては大変有効ですが、枠構造が単純なため比較的外気温の影響を受けやすい構造になっていると思われます。


LIXILの新築向け基幹サッシであるサーモスXシリーズに採用されている枠の多層化(ホロー構造)に見慣れていると、このリプラスの枠はやはり見劣ります。


なので暖かさを最優先される方にとっては従来のカバー工法で、より断熱性の高いサッシを選択するか、内窓を設置するのが現実的。


そういうこともあり冒頭リプラスは結露対策向け、とさせていただいた次第です。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!


現在現場スタッフを募集しています
詳細はこちら!経験問いません。
コメント