サッシ・エクステリアリフォーム専門! 新田建商の仕事ブログ

自社施工実績魚津No1。新田建商店長が書き綴る、現場のこと、業界アレコレ、仕事への想い・・・。

逃げる熱を見える化するとこうなる

2017年08月31日 18時49分20秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


先日のブログで紹介したバケツと窓の話。
言われると確かにそうだとわかりますが、じゃあすぐに窓の断熱をしなくちゃ!
となかなかなりにくいのが現実だと思います。


バケツに穴があいて水がダダ漏れしていたらすぐにふさごうと思うのに
窓から熱がダダ漏れしているのをそのままにしてしまいがちになるのはどうしてか。


・・・


たぶん漏れている熱が目に見えないからだと思いました。


ということで、窓から逃げる熱を赤外線カメラを使って見えるようにしたのがこれ。
今から3年前の冬、とある会社を外から撮影した写真です。





まぁ見事ですね。


でもやっぱり、漏れているのが直接目に見える穴が開いたバケツの水と比べるとインパクトは少ないのかもしれませんが・・・。



えっ、暖房つけてこんなにすぐにあったまるの?
えっ、暖房消して時間がたってるのに、まだ部屋がこんなにあったかいの?
いつもの設定温度やとちょっと暑いなぁ。


窓を断熱した時のインパクト。
これは実際にやった人でないとなかなか伝わりにくい感覚なのかもしれないです。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

バケツと窓の話

2017年08月30日 17時54分17秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


暖房の季節には少し早いですが、今月は部屋を効率的に暖かくするコツについて。


突然ですが問題を一つ。


底の半分ほどがぬけたバケツに水をためたい。
さぁ、どうしたらいいでしょうか。


・・・


『穴をふさぐ』、という答えが一番多いのではないでしょうか。


ではもう一つ問題。


暖房した熱の半分が窓から逃げていく部屋があります。
この部屋を効率よく暖めたい時はどうしたらいいでしょうか。


水漏れを防ぐにはフタ。
熱漏れを防ぐには・・・


そう、窓の断熱です。
実際、暖房熱の半分は窓から逃げていきます。


いくら高性能の暖房をガンガンたいても
窓がそんな状態では、とても効率が悪いですね。
暖房を強力にする前に、少しの暖房であったまるように窓を断熱したほうが効果的です。





今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

暮らしが変わるリフォーム。木製サッシをアルミサッシへ。

2017年08月29日 15時00分10秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


古い木製サッシ(というか木製建具?)。
風が吹けばガタガタ音を立てて揺れ、
隙間風はピューピュー入り、
雨が降ればじっとりと雨が入る。








費用対効果を考えれば補修ではなくアルミサッシへの交換がベスト。
今回は条件も良く、一窓一時間程度で取り替え完了。


施工後。見た目にも相当パワーアップ。






隙間風がへって、
雨も入ってこなくなり、
風でガタガタすることもなく、
網戸も使えて、
開閉がすこぶる軽い。


窓がここまで劇的に変わると暮らし方も変わります。


閉じられていた窓が開けられるようになり、
そうなると今までなかった風の流れが生まれ、
エアコンや扇風機の出番も減ることでしょう。


住み心地が良くなる。 
まさにプライスレス
今回もいい仕事ができました!


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

その騒音、本当に窓の防音対策で大丈夫? 簡易的に判断する方法

2017年08月28日 18時02分14秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


最近多いお問い合わせが防音について。


車通りの多い道沿いでの交通音。
これで皆さん悩まれているようです。


防音といえばまずは窓から手をつけるのがセオリーですが、
その音、本当に窓の防音対策で防げる音なのか?
ということは常に問い続けなければなりません。


それを簡易的に判断する方法があります。
それは既存サッシを開け閉めして騒音の大きさを聞き比べ、
明らかに音が小さくなっているようであれば、内窓を設置したときに効果ありという仮説を立てられるということ。


音には大きく分けて二通りの伝わり方があります。
固体を通して伝わる音と空気を通して伝わる音です。


内窓が効果を発揮するのは空気を通して伝わる音に対してです。
この手の音は既存サッシの開け閉めによってもカットされるので、簡易的にですが大雑把に判断することができるというわけです。


ただし、正確に聞き分けるにはやはりそれなりに経験値を積む必要があるので、あくまでも参考程度に。


ちなみに、私が過去に経験した具体的な固体伝搬音は、住宅の向かいにあるコンビニの業務用室外機の動作音。


こういった類の音を、事前に現場でいかに聞き分けられるか。
騒音計や自分の耳が頼りになってきます。


ただし、騒音の多くは空気伝搬音なので、窓の防音が効果的です。
防音窓と言えばプラストサッシが頭一つ抜き出た性能を持っています。
騒音でお困りの際は、北陸唯一の推奨施工店に認定されている当店へご相談ください。
相談だけでも喜んでのりますよ。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

木製サッシの行く末

2017年08月25日 19時08分53秒 | その他
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


木製サッシ。
県内では某Sハウスがこの木製サッシを前面に押し出してCMしてますね。


高い断熱性、
アルミサッシにはない質感、
そしてなによりも木のぬくもり。


木製顕在はある意味建築業界の頂点にあるものなのかもしれません
(あらゆる住宅建材が、木の雰囲気に近づけるよう製品開発されているぐらいなので)


今回のお客様の家も雰囲気あるログハウスに木製サッシ。



が、木製サッシゆえの大きな問題があり、今回私がお邪魔しております。


それは、木の腐食。


アルミや樹脂に比べると、圧倒的に腐食に弱い木製サッシ。
定期的な塗装などのお手入れはもちろん、枠に水がたまらないよう常にメンテナンスしていくことが必要です。


しかし実際そこまでメンテするのは至難の業。
結果、枠の隅など水がたまりやすく、ジトジトしがちな部分から腐食が始まり、腐食した部分にさらに水がたまり腐食が進行する悪循環に陥りがちです。


今回はサッシ枠の角の部分が腐食し、そこから漏水して部屋の壁をぬらしていました。



水の問題は難しいので普通の業者さんは敬遠します。


外壁全部やりかえんなんわ、
屋根全部やりかえんなんわ、


原因を特定せずに全体を直さないといけないというのは、敬遠されているなによりの証拠ではないでしょうか。


さて、今回はどう対処しようか。
雰囲気ある住宅だけに、全体の雰囲気に合わせながら漏水を止める。
簡単ではありませんね。


・・・


燃えてきた。


やべぇ時ほどわくわくしてくるのは
サイヤ人の血がながれているからでしょうか。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インタネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

暮らし方が変わるリフォーム事例その2

2017年08月23日 19時22分58秒 | その他
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


昨日のブログで、開かずの扉をサッシに入れ替え、生活動線が変わった事例を紹介しましたが、今日はこの子の暮らし方が変わる工事。





ペットドアを後付け施工。
ネコちゃんの暮らし方が見事に変わりましたねぇ。


これからは誰の手も借りず、自分で出入りできます。
飼い主からしたらちょっと寂しいかもしれませんが。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インタネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

木製サッシをアルミサッシへ入れ替え

2017年08月22日 18時00分00秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


かなり年季が入った木製の古い片引き戸。
動きも悪くなり、最近はほぼ開かずの戸となっているようです。





ここを
パッと
アルミサッシへ入れ替えするとこうなります。





下レールの土台木材も一部入れ替え、動きは比べ物にならないほどよくなり、出入り口として機能するようになりました。
さらに室内側にスライド網戸も設置してあるため、夏場はこの勝手口を通して風の動きができあがります。


こうなると暮らし方が変わります。
ちょっとした投資ですが、そのリターンは計り知れない、とてもよい例ではないでしょうか。



今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インタネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

働きやすい環境を作るのも店長の仕事

2017年08月21日 20時05分37秒 | アルミエクステリア・オリジナルアルミ製品
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


熱中症対策。
今の時代、なにもしないのはもはや自殺行為といってもいいかもしれません。


今日もとにかく暑かった・・・。
そこで以前から気になっていた思っていたアレをついに導入。


それがコレ。空調服。



早速午後から着てもらって作業をしてもらいました。
今までと作業勝手は大きく変わるので違和感はあるようですが、かいた汗はかいたなりから蒸発していくようで、体は全然汗で濡れない様子。


まだまだ改善の余地ありという感じですが、これはこれで使った感じもわかり今後の熱中症対策の参考になりそうです!


スタッフみんなができるだけ仕事しやすい環境を作るのも店長の仕事。
これからもいろいろ試してみます。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インタネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

ペアガラスのくもり現象 内部結露 

2017年08月18日 13時09分38秒 | ガラス修理・取替え・ガラスフィルム
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


ペアガラスの内部結露。
ガラスとガラスの間の空気層がくもることを言います。


曇りをふきたくても手が入らない部分の為、新しいガラスに取り替えるしかありません。


今回ご相談いただいたSさま邸の浴室サッシ。
やはりペアガラスの内部結露。





取替したのはスリガラス調のガラス。
今までの型ガラスとくらべて浴室内部の人影もわかりにくいガラスです。








これで気分よくお風呂に入ることができますね。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インタネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

盆明け今日から通常営業

2017年08月17日 17時41分45秒 | その他
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


お盆もあけて今日から通常営業の新田建商です。
みなさまお盆はいかがおすごしでしたでしょうか。


プライベートな話になりますが店長一家は群馬県へファミリーキャンプへ行ってきました。


軽井沢にほど近い標高1200mの高原は明け方になると16度まで気温が下がり、肌寒さを感じるほど。もはや避暑を超えた寒さがそこにはありました。














高原の雑木はなぜにこうもきれいなんだろう・・・。
大自然に囲まれていろんな意味でしっかり充電してまいりました。
さぁ、これから数か月は勝負月。
次のステージに向けて突っ走ります!


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インタネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

防音内窓プラスト その他内窓との違いシリーズその3

2017年08月09日 17時23分49秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


防音内窓プラストの秘密最終回。
第一回はコチラから
第二回はコチラから


最終回は気密材の話。


気密材というのは、平たく言うと隙間をふさぐゴム(樹脂製)パッキンのこと。
足りなければ隙間ができて、防音、断熱性が著しく落ちます。
逆に多すぎてもあまり意味がありません。


適切な素材を適切な場所へ配置することで初めて効果的に隙間をふさぐことができます。


さらにプラストのメーカー大信工業は樹脂素材メーカーであることから、
プラストにピッタリな気密素材の開発から設計まで一貫して手掛けているのがすごいところ。





まさに防音内窓のための気密材というわけです。


ちなみに某サッシメーカーの内窓、プ〇マードUとプラストの一部の比較写真。
プ〇マードUがパッキン一重に対してプラストは二重。





こうした部分への作りこみに、メーカーとしての気密へのこだわりを感じずにはいられません。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インタネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

防音内窓プラスト その他内窓との違いシリーズその2

2017年08月08日 16時29分50秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


先日から始まった
『防音内窓プラスト その他の内窓との違いシリーズ』


第二弾の今日は構造について。
文字でいろいろ書いてもわかりにくいので、以前作ったyoutube動画を貼りつけます。


プラスト



ここまで気密のために仕掛けの施してある内窓は他にありません。
防音の世界ではプラストが一つも二つも抜き出た存在といえるでしょう。


『内窓はどこもいっしょですよ。変わんないですよ。プラストまで使わなくてもプラマードUで十分ですよ』
という営業さんがもしも、もしもいらっしゃるようであれば
このyoutube動画をそっと見せてあげてくださいね。


内窓はどこも同じではありません。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インタネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

防音内窓プラスト その他内窓との違いシリーズ

2017年08月07日 18時49分16秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


防音と言えば、まず窓から手を付けるのがセオリーです。
その中でも費用対効果が最も高いのが内窓の設置でしょう。


各メーカー、さまざまな内窓を出していますが、防音目的であれば
大信工業製の『プラスト』。
この一択でいいと思います。


仕組みが他メーカーとまったく異なるのですが、それを今週はシリーズでお届けしたいと思います。


プラストの秘密第一弾。
防音ガラスの最高峰、12mm厚の防音ガラスを国内で唯一組み込むことができる。


他のブランドの内窓はせいぜい8mm程度のガラスまでしか取り付けることができません。
ささいなことですが、防音に対するメーカーの姿勢を感じる点です。


他のメーカーも、ガラス溝をちょっと広げるだけでできそうなものですが。
いろいろ大人の事情があることとお察しします。


ちなみに弊社のプラスト出荷内訳をみてみると、4割前後は12mm防音ガラスとの組み合わせ。
まず間違いない鉄板コンビで、私たちも自信をもっておすすめしています。


車の走行音、ピアノ教室に代表される音楽教室、近隣の生活音にお困りの方は内窓をご検討されてみてはいかがでしょうか。
QOL(クオリティオブライフ = 暮らしの質)の向上はお金で買えない価値があります。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インタネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

音の正体をつかむ

2017年08月04日 11時02分57秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


先日伺ったお客様宅。
交通量の多い道路沿いにご自宅があり、車の音でなかなか眠りにつけないのがお悩みとのことでした。


防音対策の基本的な順番はまず窓からです。
今回も騒音アプリを使って簡易測定。






簡単に言うと、音は大きさと音質にわかれます。
どんな音質がどの程度の大きさで部屋に入っているのか。
その音源、特徴は?
窓の開閉状態など条件を変えると音の具合はどう変わるか。
壁から伝わる音はどの程度か?
部屋の中の家具の配置は?


こういったことを一つずつ検証していくことで、
お客様が感じる騒音の正体、特徴の全貌が見えてきます。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インタネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント

サッシ入れ替えと内窓工事

2017年08月03日 14時55分07秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


久々?の施工現場投稿でしょうか。





昔ながらのアルミ建具。
枠は木製で板金が巻いてあるだけ。
すきまも多く、よくもわるくも風通しがよい造りになっていました。


お客様のTさまは風だけでなく、ここから虫が入ってくるのが悩みのタネ。
なにせTさまのお宅は魚津の中でも山の中の山。
ムカデやなにやらいろいろな虫と共存共生しておられたようです。


ということでまずはデコボコだった下地の矯正から入ります。
左右で出の違う部分については風除室の材料なんかをうまく使って通りを合わせました。








一緒に和紙調内窓も3か所ほど施工して工事完了。
吹寄格子がステキです。





窓が二重になり、サッシの気密性も高まり、今年は虫の悩みからすっかり解放されることでしょう。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インタネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
コメント